何故国はヨウ素とセシウムしか測定せず、もっと恐ろしいストロンチウムやプルトニウムを測定しないのですか?

原発 緊急情報(53) 海と魚
福島原発の事故レベルが7になり、多くの人がビックリされていますが、3月中旬に起こった最初の2回の水素爆発で、1時間1万テラベクレルの放射性物質がでていましたので、実は3月中旬の時期でレベルは7だったのです。
でも、その頃にはまだ政府は「健康に影響はない」などと言っていたので、レベル7にしませんでした。民主主義の世の中なのに、政府は情報操作をしたのです。
まったく、国民不在の事故対応で、その結果、浪江町をはじめとした近隣町村の人を中心として初期被曝をされたので、実に残念です.
また、国際的にも大きな不信感を買いました。
それに加えて、福島原発がこれまでのチェルノブイリと違うのは、「海に直接、放射性物質が放出された」ということす。これは日本の漁業への影響ばかりではなく、「海」は「世界につながっている」という点で、さらに難しいことになっています。
・・・・・・・
難しい事が起こりつつあります。
原子炉では、ウランから、ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、バリウム、プルトニウムなどができるのですが、最初には、飛びやすいヨウ素、セシウムがでます。
次に、ストロンチウム、プルトニウムなどやや飛びにくいものがでるのですが、今回は原発から直接、海に流れたので、海には「ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、それにプルトニウム」が流れたと考えられます.
ところが、最初の段階で放射性物質の測定間違いがあり、それを怒られたので、(むくれて?(理由不明ですが))今では、ヨウ素とセシウムしか報告されていません.
(略)
今、魚からヨウ素とセシウムが検出されて、基準を超えていますが、もしかするとストロンチウムやプルトニウムも基準を超えているかも知れません。
さらに、福島の海岸は沖の黒潮と海岸の間に「南下する沿岸流」があり、少なくとも銚子までいきます。そこで働いてきた漁業の方には大変、申し訳ないのですが、事実は次のように進むでしょう.
1)
海には、ヨウ素とセシウムの他に、ストロンチウム、プルトニウムも含んだ汚染水が流れた。
2)
ストロンチウム、プルトニウムはまだ測定されていない。
3)
測定しているヨウ素、セシウムは基準値を上回っていた。
4)
ごく一部の海や魚しか測定されていない。
5)
だから、福島沖から茨城沖、千葉沖でとれる魚を食べることはできない。
6)
特に、海底に沈むセシウム、ストロンチウム、プルトニウムは魚ばかりではなく、貝、海藻にも取り込まれる.
7)
海外で日本製の魚を拒否しているのは、測定していないからで、理屈にあっている。
8)
放射性物質で被曝しないためには、「測っていないものは食べない」ということが大切だ。
9)
千葉から南の湘南まで海が汚染されるのは1ヶ月ぐらいかかると思うが、測っていないので、判らない。
10)
福島から湘南までの海での釣り、サーフィンを含めて「測定されるまで」は気をつけた方が良いだろう。
11)
現在は小魚、そのうち中型、さらに4ヶ月後から大型の魚に放射性物質が取り込まれる(大型の魚の放射能が増えるのは6ヶ月後).
12)
ヨウ素が初期、セシウムも早くて肉に蓄積するが、ストロンチウムやプルトニウムは骨にたまるので、小魚のように「骨ごと食べる」ものはやめておいた方がよい。
13)
北海道、四国沖、九州、日本海の魚はまだ大丈夫.もしこれらの地域が汚染され始めたら、このブログで報告します。
・・・・・・・・・
測定値がなければ食べることができないのは、放射性物質の汚染の鉄則ですから、「風評」ではありません。
お魚を買うときには、「どこでとれたか?」を聞くのが、まず第一。もし外国産、北海道、四国沖、九州、日本海の場合は測定値がなくても食べられます.
その他の産地のばあい、「ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プロトニウムの測定値が表示されているか?」をチェックしてください。まだ、測定されていないので、現在のところ、表示されたものはないはずです。

http://takedanet.com/2011/04/53_3dac.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

プルトニウムもストロンチウムもごく微量で、検出するのに非常に手間と時間がかかるようです。


単純に放射線量を計るようなわけにはいきません。

一部の高濃度汚染水と、低濃度とはいえ大量の汚染水を排出してしまった以上、海産物への影響が科学的にある程度確定されるまでは注意したほうが良いと思います。

私はもうじき50歳になるのでなんでも食べる、というか、被災地復興の支援に少しでもなるなら東北産の海産物も喜んで食べていますが(安いですし)、子供にははっきりしないものは食べさせません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

さっき、原子力の専門家である知人と立ち話したのですが、彼の親友は若い頃から原研で研究に没頭してて、大量の被曝をしていたそうですが彼の親友は「あまり気にしてなかった」そうです。
その後、癌で亡くなったそうです。

知人は週に1~2回しか原研に行ってなかったので、そんなには被曝してなかったとのこと。
知人も言ってました。「僕ももう歳だし、一杯放射線を浴びてもいい。どうせ、癌になって死ぬって言ったところで、もうこんな歳になってるし。でもこの事故をどうにかしないと。一杯浴びても良いから早く解決しなければ。。。。。
事故が起きてから忙しいんだよね。あっちこっちから呼ばれて。寝る暇もないよ。ハハ。」

あと、「メディアに出て安心ですって言う御用学者の言うことは出鱈目だ。信用してはならない!!」とも言ってました。

子供には放射能汚染された食べ物は食べさせないで下さい。

お礼日時:2011/04/15 00:33

ヨウ素はセシウムや分析法を見るとわかるけど、ストロンチウムやプルトニウムよりも容易です。


まぁコレが一番の理由でしょうね。

ヨウ素は他の3種類と比べると半減期も短く、甲状腺に溜まると言うことで測定はいるでしょう。
っで、セシウムは測定しているし、プルトニウムは微量な上、経口毒性は低い(角砂糖5個分でなんてバカな話しもありますが)ので、余り必要ないでしょう。
http://www.atomin.go.jp/reference/atomic/plutoni …
ストロンチウムは確かに怖いですね。実際大変とはいえ測定して欲しいです。

>プルトニウム食べても「全部おしっことして排出されるから大丈夫」とまさか本気で思っていますか?
まぁ何れは排出されるでしょうね。割とスグにしかもプルトニウムは物理学的半減期も長いですし、あんまりきにならん。
プルトニウムの半減期は約2万4000年!っとまるで永遠に被曝するかのように騒いでいる人が居ますが、経口で摂取した場合なら(肺に入った場合は別)排出される方が早いでしょうね。

どこまで半減期と言うのを理解しているか不明ですが、半減期が長いと言うことは単位時間あたりの放射線が出る回数は少ない(線種が違うので一概に強い弱いは言えませんが)です。

極端な話ですが、2個のヨウ素と2個のプルトニウムを取り込んだとして、8日立てばヨウ素は放射線を1回は出すでしょうが、プルトニウムは出さない可能性が高いです。
まぁだからプルトニウムが安全と言うわけではありませんが。

「少量でもDNAを傷つける」ってそんなの当たり前。別にプルトニウム限った事じゃない。
ヨウ素だって「少量でもDNAを傷つける」です。

普段からDNAは少量の傷が付いてます。普通は修復される可能性が高いからです。

だから確定的影響って言うんですよ。
    • good
    • 0

jupitera175a


震災から一ヶ月。
今では毎日少なくとも600t以上の水を放水、あるいは
注水しているわけで。
循環機能も回収機能も無いのに、その水は何処へ行ってしまう
はずだったのでしょう。

タービン建屋で高濃度の放射能汚染水がみつかりました。
屋外ピットで高濃度の~が見つかりました。
高濃度の~が海へ流れているのが見つかりました。
って、

予想外の不思議な事が起こったかのように報道されているけど、
おかしいと思いません?
んじゃ、その水何処へ行っているはずだったんですか?

地下か海水に高濃度の放射能汚染水を垂れ流し続けていることは、
あきらかに意図されてやっていることと思うのですが。

もちろんやむをえずでしょうけど。報道の仕方というか発表の仕方
というか、とっても ”変” です。

汚染水の濃度が10倍以上・・・

原子力の専門家なんてある意味日本の頭脳集団でしょ?
地下水にも海水にも、高濃度放射能汚染水がどんどん流出してる
ことは、バカでも解ると思うのですが。だってピットからいまだ溢れて
こないんだから。

風評風評って、国民の健康の方がまず、大事だと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

海から海水を炉の中に入れたら、いずれどこかから出てきますよね。
そんなの幼稚園生でも分かりますよね。

でも、マスコミ見てると確かに「変」。

以前TV見てて「変」って思ったこと。
アナウンサー  トレンチに水が溜まっていることが確認されましたがこれは何処から出てきたのですか?
解説員     それは・・・現時点では分かりません。東電、保安院は何処から出てきたのかは分からないと言っています。

>原子力の専門家なんてある意味日本の頭脳集団でしょ?
そうだと思います。でも、その専門家からして、「プルトニウムは食べても大丈夫。健康に被害はない」って言っているもんですから、「へ~プルトニウムは食べても大丈夫なんだ」って本気で思い込んでいる国民が出ちゃったり、トレンチに溜まっている水が何処から漏出した物なのかすら分からない政府や東電やマスコミや国民が出てきちゃったりしても不思議ではないそういう「変」な国が日本だと思います

>風評風評って、国民の健康の方がまず、大事だと思うんですが。
おっしゃるとおりです
でも、菅政権にとっては国民の健康よりも風評対策の方が重要なようです。
実に、不思議な国・日本です

お礼日時:2011/04/17 11:54

>直ちにと云うのは直ぐには死なない意味で言っている意味であって、将来死ぬかも知れないことを言っているのですよ。

枝野さんもそのつもりでそれを言っているのではないですか。直ちにというのは直ぐに死なないということであって、孫の代に影響出るかも知れない、暗に。そういうことではないですか?

違います。将来的にも影響が無い、と言うことです。
それは、放射線の専門家なら常識の話なのですが・・・。


No2さん。
存じておりますが、だからといって危険度は非常に低いです。濃度を考えれば。

この回答への補足

プルトニウム食べても「全部おしっことして排出されるから大丈夫」とまさか本気で思っていますか?
上原先生は「少量でもDNAを傷つける」とのこと。

あと、食物連鎖で体内への蓄積は全くされないのですか?半減期は2万4千年。

チェルノブイリの事故を受けて或る水産物の学者が太平洋で調査、比較的大型魚スズキは食物連鎖の結果、長期間体内に放射能が残存、その結果に驚いてましたよ。
良く言われる「おしっことして排出される」ならば↑のようなことは起こらない筈。プルトニウムは残らないでセシウムだけが残る、というのも変な話に聞こえます。

きのう、原子力の専門家である知人と立ち話したのですが、彼の親友は若い頃から原研で研究に没頭してて、大量の被曝をしていたそうですが彼の親友は「あまり気にしてなかった」そうです。
その後、癌で亡くなったそうです。

亡くなった理由は「放射能とは関係ない」と言われればそれまでですが。
今でも因果関係がはっきりしてないのですから。

補足日時:2011/04/15 06:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>違います。将来的にも影響が無い、と言うことです。それは、放射線の専門家なら常識の話なのですが・・・。

上原先生や京大の小出先生や私の原子力専門家の知人や官僚達及び私とは、御用学者派と完璧対峙してますからいくら議論しても平行線です。

さっき、原子力の専門家の知人に「御用学者は本心であんなバカなことを言っているのか?」と尋ねたら「いや、分からん」との返事だった。
御用学者は「本心で『大丈夫』」と思って言っているのかも知れないし、官僚から依頼されている都合上「本心に反して『大丈夫』」と言っているのかも知れません。

知人は、何マイクロシーベルト/h人体に受けたかによって「危険だ」「危険のレベルではない」と常識的なことは言ってました。それは私も認めるところです。

しかし、プルトニウムは重い。海の下に沈殿する。それも調べない段階で「安全です」と決めつけることはできません

ちゃんと調査してからでないと判断できません

お礼日時:2011/04/15 01:01

生体に蓄積される性質があろうがなかろうが、放射線量が少なければ検出もされにくいし人体への影響も比較的微小です。



放射性物質1pg(ピコグラム=1兆分の1グラム)あたりの放射線量
ヨウ素131:4581ベクレル
セシウム134:48ベクレル
セシウム137:3ベクレル
ストロンチウム90:5ベクレル
プルトニウム239:0.002ベクレル

ストロンチウムやプルトニウムが「もっと恐ろしい」と断ずるには相当無理があります。

生体内に蓄積されるといえば、放射性のカリウム40は原発事故が起きるよりも原爆が落とされるよりもずっと前から人体内に蓄積され続けて、人間一人当たり約4000ベクレルの放射線を人体内で発し続けていますが、恐ろしいですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=v3zg8mt6ll0&featu …
上杉 プルトニウムがどれだけ危険か(なのかを説明を・・・)
上原 プルトニウムはそれはもうそれでどれだけ亡くなって苦しんだ人達がいるか分からないんですから、そんなこと安全なんて言う人達がいたら、本当頭が可笑しいとしか言いようがないですね。そんな人が本当にいるんですか?直ちにと永久にとは違うんですから、そりゃ直ぐには死なないかもしれませんよ。直ちにと云うのは直ぐには死なない意味で言っている意味であって、将来死ぬかも知れないことを言っているのですよ。枝野さんもそのつもりでそれを言っているのではないですか。直ちにというのは直ぐに死なないということであって、孫の代に影響出るかも知れない、暗に。そういうことではないですか?直ちに、というのは善意に解釈すると。

お礼日時:2011/04/15 00:12

No1さんへ


ストロンチウムは、周期表でカルシウムの下にあり、カルシウムと化学的性質が似ています。
カルシウムの代わりに骨に取り込まれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=v3zg8mt6ll0&featu …
上杉 プルトニウムがどれだけ危険か(なのかを説明を・・・)
上原 プルトニウムはそれはもうそれでどれだけ亡くなって苦しんだ人達がいるか分からないんですから、そんなこと安全なんて言う人達がいたら、本当頭が可笑しいとしか言いようがないですね。そんな人が本当にいるんですか?直ちにと永久にとは違うんですから、そりゃ直ぐには死なないかもしれませんよ。直ちにと云うのは直ぐには死なない意味で言っている意味であって、将来死ぬかも知れないことを言っているのですよ。枝野さんもそのつもりでそれを言っているのではないですか。直ちにというのは直ぐに死なないということであって、孫の代に影響出るかも知れない、暗に。そういうことではないですか?直ちに、というのは善意に解釈すると。

お礼日時:2011/04/15 00:11

ストロンチウムとプルトニウムがヨウ素、セシウムより恐ろしいのですか?



そりゃ、ストロンチウムとプルトニウムも海に流れていると考える方が正常でしょうけれど、じゃぁ、それがどれだけ重要なのか、です。
ヨウ素もプルトニウムもいろいろありますけど、例えば半減期8日でβ線を出すヨウ素131と半減期24000年でα線のプルトニウムなら、危険なのは断然「ヨウ素131」です。
しかも、ヨウ素の方が放出量が圧倒的に多いわけですから。

別に、食べたくなきゃ食べなきゃ良いけど、サーフィンはダメとか、小魚ダメとか・・・。


質問についての回答としては
「体への影響が小さいから」です。Puの測定よりヨウ素の測定の方がずっと意味があるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=v3zg8mt6ll0&featu …
上杉 プルトニウムがどれだけ危険か(なのかを説明を・・・)
上原 プルトニウムはそれはもうそれでどれだけ亡くなって苦しんだ人達がいるか分からないんですから、そんなこと安全なんて言う人達がいたら、本当頭が可笑しいとしか言いようがないですね。そんな人が本当にいるんですか?直ちにと永久にとは違うんですから、そりゃ直ぐには死なないかもしれませんよ。直ちにと云うのは直ぐには死なない意味で言っている意味であって、将来死ぬかも知れないことを言っているのですよ。枝野さんもそのつもりでそれを言っているのではないですか。直ちにというのは直ぐに死なないということであって、孫の代に影響出るかも知れない、暗に。そういうことではないですか?直ちに、というのは善意に解釈すると。

お礼日時:2011/04/15 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング