こんにちは

新聞やフリーペーパーの記事を
そっくりそのままブログに載せたら違法でしょうか?
著作権が関係してくるでしょうか?

その記事の内容を元に、自分の言葉で意見を書くのはOKだと思います。
それなら違法ではないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

過去の事例としては、若林史江という女性タレントが、自分の運営するWebサイト、有料メールマガジンに日経新聞関連の通信会社が配信している株式市場概況記事を、約2年間にわたって1700回もの回数、コピーしていたことが問題になりました。



詳細は下記のURLの内容を見てください。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008061604_
http://www.zakzak.co.jp/top/200810/t2008102932_a

レギュラー出演していたTV放送でも生謝罪していました。

この事件で問題になった点は
・若林氏自身が運営するWebサイト、有料メールマガジンであるにも関わらず、問題を指摘されると、急に「他人に記事作成を委託していた」との弁解
・若林自身は「委託者が作成した記事は、毎回必ず私が目を通してチェックしていた(TV番組での生放送お詫びコメントでの弁解)とのことであるが、その割には元記事のネットアップからほんの数分で若林のWebサイトにアップされた記事も多く、本当にチェックしていたのか? という疑問が残る。
・若林自身、”株式投資に知識のあるタレント”として活動していたが、”委託者が作成した”という1700回にもわたるコピー記事を毎回チェックしていながら(この記事原稿、日経新聞の記事によく似ているなあ)ということに一度も疑問を持たなかったのは不思議である。
日経新聞なんて読んだことなかったのでは?

いずれにしろ、彼女の弁解、言い訳で事実を述べたのか、それとも架空の第三者に罪を擦り付けたのかは定かではないが、周囲の人間にまったく受け入れられなかったようです。
周囲の信頼を完全に裏切った彼女は、TV,ラジオ、雑誌などの一般マスコミでの仕事を完全にホサれました。

日経新聞社に記事使用料金を後払いすることで勘弁してもらったとのことです。
(ある雑誌記事によれば100万円支払ったらしい)

ということで、バレた場合は大変な事態になることもありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
そんな事になったりもするのですね、
よくわかりました!

お礼日時:2011/04/25 19:38

日本新聞協会「ネットワーク上の著作権について」


http://www.pressnet.or.jp/statement/copyright/97 …

>その記事の内容を元に~

例えば、ある新聞の記事を全文引用して、
最後に「そんなのおかしいでしょ(あくまで例です、念のため)」
--と一文だけ付け加えるような利用の仕方はアウトです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考になりました!

お礼日時:2011/04/25 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国内のニュース記事を【英語】で読めるサイトを教えてください。

こんにちは。
すいません、さっきちょっと質問を間違えたので、
もう一度質問します。

英語の勉強をしているんですが、
英字新聞を買わずに、インターネットニュースで
英語の勉強をしようと思います。
海外のYahooの中のニュース記事を読めばいいのですが、
できれば国内のニュース記事を読みたいので…
日本のニュース記事の英語版を読めるサイトをご存知ないですか?

以前、どこかの検索サイトのニュース記事を見ていたら
したの方に【英語で読む】ってクリックするところがあって、
日本語で読んだ後、英語でニュース記事を読めたので、
すごく便利だなって思ったんですが、
どこのサイトだったか、思い出せず…困っています。

お知恵を貸していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

いくつかあると思うのですが
共同ニュースでは、このTOPページの上部にある「English」をクリックすると、国内ニュースが英語で見られます。

http://www.kyodo.co.jp/

Qネット上の新聞記事全文を引用してホームページ等に載せるのは違法でしょうか?

自分はブログに載せてその記事に対するコメントを書こうか・・などと思っておりますがこれは法に触れるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは著作権違反になります。記事の主題や記事へのリンクなどは許可されておりますので、そのように対処して下さい。

Qおもしろい英語記事について

英語記事を毎日読むことでリーディング力をつけたいと思っております。
しかし、どうしてもJapanTimesなどの少し堅い記事には興味を持てず
毎日読む週間が出来ません。

3面記事や可笑しな記事が英語で載っているサイトなどを
お知りでしたら教えていただけないでしょうか。

以上、よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

どうしてもJapanTimesなどの少し堅い記事には興味を持てず
毎日読む週間が出来ません。
→言っちゃ、悪いですけど、私の場合、Japan Timesはつまらないと思っております。むしろ、アメリカのニュースが面白く、アメリカのCBS Evening NewsやABC News などを見て、読んでーーというのが面白いと思います。じっくりよむというより、ネットのテレビ局ですから、さっさと読むという感じですね。

3面記事や可笑しな記事が英語で載っているサイトなどをお知りでしたら教えていただけないでしょうか。
→おかしな記事もときどきありますよ。そういうニュースには。こつをつかんでくると、おかしな記事・映像を捜すのが速くできるようになると思います。まずは、慣れて、楽しんでみるといいと思います。おすすめは、CBS, ABC,イギリスが好きならお堅いところもありますがBBCです。NBCも悪くありませんが、CNNはおすすめしません。

以上、ご参考になればと思います。

Q新聞記事をサイトに載せること

新聞記事を自分のサイトに載せるのって法律に触れるんすか?

たとえば、日経新聞に、「2007年度のテレビ用液晶パネルの世界シェア」というタイトルで、会社名や国名やシェア名の表があったとします。

こんな表をサイトに載せるときは、何月何日の日経新聞よりとかって書いとけばええんすか?それとも載せたら駄目なんすか?どっちなんすか?

Aベストアンサー

著作権に関する新聞社の公的見解は、あくまでも、法的に妥当とされるところよりも自社寄りに構成されています。したがって、それをそのまま鵜呑みにする必要はないといえます。

新聞記事からの引用は、出来事(事実)を単に伝える程度のものであれば、引用の要件を満たしていなくても違法ではないと考えられています。

しかし、図表はそれに該当しないため、著作権者の許諾を得ていない場合には、引用の要件を満たす必要があります。また、図表に工夫をこらしているなどオリジナリティーが高い場合や、制作費のかかっている場合などであれば、許諾なしの引用は違法とされてしまう可能性があります。

リスク中立ないしリスク回避でお考えなら、新聞に掲載された図表をサイトに転載する際には、新聞社の許諾を得ておいたほうがよいのではないでしょうか。

なお、図表がそもそも白書などからの完全な引用であるときは、新聞社の許諾は不要といえるように思います。

Q英語の記事を探しています。

英語の授業で、毎週理系的な内容(科学的な内容でも化学的な内容でもどのような内容でもかまいません)について書かれた英語の記事を1つ選んで訳しなさい、というような課題が出題されることになりました。

英語の記事(できれば大学受験レベルの英語力でもなんとか読めるくらいのもの)が載っているサイトをご存じの方、いらっしゃらないでしょうか??もしよろしければ、そのサイトのURLを教えていただけないでしょうか??よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらにないでしょうか。
http://www.bbc.co.uk/sn/
たとえば、こちらのページなんかは簡単そうですよ。
http://www.bbc.co.uk/nature/animals/conservation/cats/

Qホームページに新聞の記事載せたらだめなんでしょうか?

自分のホームページに地元の新聞記事載せたいのですが、載せたら何か法律に引っかかるのか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全文の転載だと著作権法に違反になります。
一部抜粋などの形での引用で、著作者がだれかを明記すれば
問題ありません。

 また、ニュース速報程度の短い文章の場合ならば、
単なる事実の伝達にすぎず、著作権を認めないという判例が
出ています。

Q英語の記事について

2014年夏のニュース記事を英語で見れるサイトを教えてください

Aベストアンサー

かなり確実にニュース記事を入手できるのは、

http://www.highbeam.com

です。7日間無料ですので、それを利用することもできます。
それを過ぎますと、料金が発生することになります。
クレジットカード情報が必要です。
英語圏のニュースがかなり手に入るところです。
これ以上のサイトはないでしょう。

以上、ご参考になればと思います。

Q新聞記事をHPやブログで掲載することって違反?

お世話になっております。

記事にしてくれた新聞記事をスキャナーで読み込んでPDFファイルにし、自分のHPやブログから好きにダウンロードできるように掲載するのは著作権違反ですよね??常識ですよね。。

ぜひご意見ください。

Aベストアンサー

>常識ですよね。。

そうですね。

批評・論説その他の目的のために必要な範囲で引用することは、一定の要件を満たせば大丈夫です。
しかしダウンロードの必要性はまずないでしょうから、
ダウンロード可能になっていれば送信可能化権の侵害にあたる危険性がかなり高いと思われます。

なお当然のことながら、著作権者の許可を得れば完全に合法です。

Q英語で書かれた日本の芸能記事はありますか?

 日本の芸能や、エンターテインメントについての英語記事を
探しています。どなたか、ネット上で英語の勉強に使える、正し
い英語で書かれた、芸能などについての文章のありかをご存知の方
いないでしょうか?

 私は個人塾で英語を教えていて、女子高性などが興味を持ちやすく、
楽しくできる英語教材を探しているものです。お願いします。

Aベストアンサー

雑誌TIMEアジア版の先週号は、世界のポップシンガーの特集で、宇多田ヒカルが4ページにわたってとりあげられています。ネット上でもアーカイブで探せるのですが、残念ながら有料になっていますね。

Q新聞の記事をブログに引用して損害賠償を請求される

弁護士の方や法律に詳しい方にお尋ねします。
新聞に掲載されていた事件の記事を自分のブログに引用して訴えられ、業務妨害で500万円の損害賠償を請求されています。
どのように対応すべきでしょうか?
相手の方は新聞の記事内容が間違っていたのに、そのまま引用したことを問題としています。
また、このケースの場合ですが地裁の呼び出しに応じる必要はありますか?
記事はすでに削除しました。
相手は記事を9か月間もブログに掲載して放置していたことを問題にしています。
なお、ブログの削除の要請、依頼はこれまで一度もありませんでした。

Aベストアンサー

>新聞の記事内容が間違っていたのに、そのまま引用したことを問題
相手は、そもそも新聞社も訴えているのでしょうか?
もしそうでないとしたら、形を変えた「恐喝」「ゆすりたかり」の可能性もあります。
それと業務妨害とのことですが、ブログへの掲載との因果関係も不明です。
500万円の根拠も分かりませんし、その相手はきちんとした法人格を伴った会社なのかも怪しい気がします。
自治体に無料法律相談などの窓口がありますから、まずはそこに行って相談されることをお勧めします。


人気Q&Aランキング