日本語には、他人(第三人称)の話すのを引用や伝達する時表現は幾らありますか、それぞれの例を挙げていただきます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1、N1というN2


話す人や相手が良く知らないひと、もの、場所などを云う時のいい方、
今度北海道の礼文島という所へ行きます
ここにジョンさんという方はいらっしゃいますか。

2、によると~そうです
 話す人が聞いたり読んだりして得た情報を伝える伝聞の伝え方。
情報の出所「による」「によれば」「によると」「~では」
テレビのお天気予報によると明日は寒くなり雪が降るそうです

3、~といいます。~といいました。~といっていました。
外国の人は「日本語は難しいと」言います。
ジョンさんは日本の桜を始めてみたといいました。
ちょうさんはいつも早く勉強を終えて中国に帰りたいと言っていました。

4、~ように(と)いいます。
先生は洋さんに字をもっときれいに書くようにと云いました。
母の手紙には何時も早く国へ帰るようにと書いてあります。
お医者さんはKさんにお酒を飲まないようにと注意しました。

質問をする場合、回答者に挙げて頂きます。というより挙げてください。挙げて頂けませんか
の方が適切です。
    • good
    • 0

 基本的には、四っつぐらいでしょうね。



1。「と」で引用する。
 「わたしは鈴木です」と彼は言った。

2。「という(こと)」およびその変種。
 あの人、鈴木と言うことだ。
 あの人、鈴木ちゅうこった。
 あの人、鈴木だって。
 あの人、鈴木だとさ。

3。「そう」を使う。
 あの人、鈴木だそうだ。

4。「とか」
 あの人、鈴木さんとか。

 鈴木の代わりに文を入れても伝聞になります。
 例:あの人、明日京都へ行くとか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉

2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉遣いが乱暴だったりする子って 何が影響していると思いますか?

Aベストアンサー

まぁでも2歳以降ってそういう時期じゃない?その悪いことを悪いと学ぶ時期じゃないかな?5歳以降で意地悪してたら家庭環境に問題があると思うけど

Q日本語における第一人称と第二人称の表現

【適当ではないかも知れませんが、思いつく例です】
 1.手前、お手前などの例
  『手前どもは、・・・』と『てめぇ、なにしやがるんでぇ』

 2.おのれ(とは、己ですね。時に二人称を指示することもありますね)
  『おのれ、このままでは、すまさぬぞ。覚えとおけ・・・』

 日本語に限るのか、時として第一人称で第二人称の表現をしている場合があります。
 (1)このような混同的使用の仕方は言語的にはどのような経緯をたどってきているのでしょうか?
 (2)そしてどのような効果を狙って使われるようになったのでしょうか?
  

Aベストアンサー

「自分」「おのれ」「手前」「われ」など、元は全部自分自身をさすのですが、「あなたから見た自分」という意味で、相手をさす言葉になっていったものと推測します。

日本では、その場のいちばん年下の人物目線で人を呼ぶ、という習慣があるらしいです。
一家三世代そろったときに、自分の母親に向かって「おばあちゃん」と言うでしょう? 自分の子、つまり三世代の中での孫から見た「おばあちゃん」なんですね。

また小さい子に向かって「ぼく、どうしたの?」と聞くこともありますね。その場での一番年下からの目線で、その人物から見ての「ぼく」ということです。同様の例と言えるのではないでしょうか。

また、その場での年下の者、という使い方から、相手を年下、目下と見ている感じがあります。だから、この使い方は年下の者や、相手をののしるとき、そんなに尊重しないでよいときなどに限られるのではないでしょうか。
「自分、前からそんなんやった?」
「われ、いてまうど」
「おのれのやったことやないか」
あまりきれいな言葉に聞こえないのは、そんなわけでしょう。

Q「言葉」ってどういうものだと思いますか?

「言葉」ってどういうものだと思いますか?

テレビをつけても人が集まっても言葉が飛び交っている…。言葉言葉言葉…。

なんででしょうか?

Aベストアンサー

言葉は、人間が生きるための『ツール』として捉えています。

TVで言葉が飛び交うのは、コンテンツとしての情報発信のためです。
最終的には放送局が広告主から広告費をもらうために
視聴者をTVの前に釘付けにするためのツールとして
言葉がスピーカーから出てくるのです。
要するにこれも広告費を稼いで生きるためでしょう。
TVの場合は、言葉で無い場合もあります。映像だけでも成立しますからね。
ラジオも同じです。

人が集まって言葉が飛び交うのは、
何らかの情報の出力・入力をするわけですが、
これも究極は生きるためのツールです。

もし、緊急事態が起きて助けが必要な場合、
言葉を使って誰かにコミュニケーションをとらなければなりません。

言葉を使って緊急事態を伝えることが出来なければ
すなわち死が待っています。
SOSという信号も、SOSという言語=記号=言葉があって
初めて成立するものです。

言葉が存在する究極の意味は
人間が生存するために与えられたものだと思います。


逆に言葉がない世界を想像してみてください。
何か野蛮な匂いがしませんか?

獣の世界に変わると思います。

言葉が無ければ法律も成立しないでしょうし、
ましてや自制なんて働かないでしょう。

人にモノをとられても、取り返すことを伝える術がありませんからね。

言葉は、人間が生きるための『ツール』として捉えています。

TVで言葉が飛び交うのは、コンテンツとしての情報発信のためです。
最終的には放送局が広告主から広告費をもらうために
視聴者をTVの前に釘付けにするためのツールとして
言葉がスピーカーから出てくるのです。
要するにこれも広告費を稼いで生きるためでしょう。
TVの場合は、言葉で無い場合もあります。映像だけでも成立しますからね。
ラジオも同じです。

人が集まって言葉が飛び交うのは、
何らかの情報の出力・入力をするわけですが、
これも究...続きを読む

Q誰かから聞いたセリフ・言葉を第三者にそのまま話すこと。

誰かから聞いたセリフ・言葉を第三者にそのまま話すこと。

誰かから聞いたセリフ・言葉を第三者に、あたかも自分で考え得意気にはなす事を、どの様な表現を用いるのでしょうか?

ーからのうけいり言葉?ーからのうけいれ言葉?
たしかこの様なニュアンスの表現だったはずですが、どうしても思い出せません。

どなたか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うけ‐うり【受(け)売り/請(け)売り】

[名](スル)
1 製造元・問屋などから卸してきた品を転売すること。
2 ある人の意見や学説をそのまま他人に説くこと。「人の話を―する」

Qこの意味の言葉の熟語って・・・

この前どこかの本で「無に還す」とか「無に還る」という言葉を聞きました。この言葉の意味の二字熟語を何か知りませんでしょうか??辞書にのっている言葉でお願いします。

Aベストアンサー

「抹殺」
  http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%8A%B9%E6%AE%BA&stype=1&dtype=0

「帰元」
  http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B8%B0%E5%85%83&stype=1&dtype=0

など近いかと思います。

Q小説の一人称、三人称の使い方。改行?

(1)
小説を読んでいて疑問に思ったのですが、一人称表記していて、句読点の丸(。)で締めた後、三人称表記で文章を続けている事にです。
これは普通、改行するのではないでしょうか?
それとも、”あり”、なのでしょうか?

(2)
また、一人称の文章で一人称代名詞を表記する時、”私”を使わず、固有名詞で表記してしている事に、です。
これは、”作家さん次第”、なのでしょうか?
やはり、”あり”、なのでしょうか?

Aベストアンサー

小説家は文章に「トラップ」を作るのが仕事です。
読者に罠をかけて、感動させるためだったら、なんでも「アリ」です。

Q疑心暗鬼をやめたい

疑心暗鬼をやめたい。周りが信用できないのはなぜ?

Aベストアンサー

あちゃ~疑心暗鬼に陥ってしまったわけですね。
でも、疑心暗鬼を払拭するには、ただただ信じるしか
ありません。
誰かに、嘘をつかれたり、裏切られたりすると、どうしても
疑心暗鬼に陥ることになりますが、すべての人がそうとは限り
ませんから、ちょっと人を信じてみてください。
私自身も実は、過去のおいて、人を信じることができず、人間不信の渦へと。
しばらくは、疑いの目、距離を置いて、人と付き合うことにしました。
しかし、それが凄く疲れ、自分が嫌になり、人を少しづつ信じて付き合うことに
なりました。

周りが信用できないのは、自分が疑心暗鬼になっているからです。
なので、逆に疑心暗鬼にならなかったら、周りが信用できるように
なります。
私自身はそれで、人を信じることができるようになりました。

Qこの言葉は、三人称ですか?

「仏」
 という言葉は、三人称ですか?

 どうか教えて下さい。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

補足、拝読しました。

私は、専門家ではないので、きちんと答えられるかどうか分かりませんが、再度質問を受けたので、それについて思うところを書いてみたいと思います。

専門知識を持たない私には「三人称小説」というものがよく分からないのですが、
>「『私』と『君』は結婚して、二人の『神仏(これ)』に近づくのだ」
という文章について述べますと、「私」は一人称、「君」は二人称でしょう。
問題の「神仏(これ)」ですが、「これ」と読ませるという意味では代名詞ともとれますから、三人称と言えると思います。ただ、「神仏」という名詞でもありますから、厳密に三人称と言えるかどうかは微妙です。

tareteruさまがおっしゃっているように、人称は代名詞にのみ定義されるものですから、「これ」であれば三人称ですが、「神仏」といえば「何人称」とよばれるものではなくただの名詞となります。

で、また私の推測となるのですが、もしかするとお尋ねなのは、「神仏(これ)」とは一般名詞でもなく固有名詞でもなく、何と呼ぶべきなのか、ということでしょうか。

だとすると、「抽象名詞」というのが相当すると思います。

具体的な神仏(例えばキリスト教の神だとか、釈尊など)ではなく、かといって、一般的に解釈される「神さま仏さま」といった神仏でもなく、「二人の近づくべき『神仏』」という、一般人の理解とは離れた、抽象的・観念的な概念を表わしている、ということを言いたいのであれば、「抽象名詞」と言えばよいのではないかと思います。

とはいえ、私は専門家ではないので、これ以上のことはきちんとした専門家の方に回答を委ねたいと思います。

あと蛇足ですが、もしかするとお尋ねになりたいことは、文学のカテゴリーか哲学のカテゴリーに行かれた方が、よい回答が得られるかもしれません。

補足、拝読しました。

私は、専門家ではないので、きちんと答えられるかどうか分かりませんが、再度質問を受けたので、それについて思うところを書いてみたいと思います。

専門知識を持たない私には「三人称小説」というものがよく分からないのですが、
>「『私』と『君』は結婚して、二人の『神仏(これ)』に近づくのだ」
という文章について述べますと、「私」は一人称、「君」は二人称でしょう。
問題の「神仏(これ)」ですが、「これ」と読ませるという意味では代名詞ともとれますから、三人称と言...続きを読む

Q「誤解」という言葉の使い方

ある特殊法人が間違った税金の使い方をしたため、幹部数人が並んでお辞儀をして謝る場面をテレビで見ました。
このとき「今後こういう『誤解』を招くようなことは、一切致しません。」とのお詫びの発言がありました。
「誤解」という言葉の使い方は、これで合っているんでしょうか。
間違った行為をしながら、「誤解を招いた」というのは、おかしいような気がします。
しかし、いつも辛口のテレビコメンテーターも、変だとは指摘しません。
そして、このような「誤解」という言葉の使い方については、過去にも同様の謝罪会見で、何回か耳にたことがあります。
やっぱり、「誤解」という言葉の使い方は、これでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

その特殊法人がどんなことをしたのかにもよりますが、
「間違った行為をした」のならば、「誤解を招いた」という言い方は間違っています。

ただ、お役所が行う謝罪というのは「間違った行為」に対して謝罪をしている場合は少なく、
「社会問題になったこと」に対して謝っている場合が多いです。
謝罪の言葉も、「間違った行為をして申し訳ありません」という言い方より、
「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」という言い方が圧倒的に多いですね。
つまり、「間違った行為をした」のではなく、「間違ったと『思われる行為』をした」という認識です。
これは「自分たちは間違ったことをしたつもりはいないが、間違ったと思われる(誤解される)行為をして、
それが社会問題になり、(結果的に)国民に迷惑をかけてしまった」という考えになります。
こう言えば、本来処罰されるべきである間違った行為そのものに対しては、責任が問われないことになります。
そして、「国民に迷惑をかけたこと」という事に対してのみ責任を取って、幹部などの座を退く、
これで処罰は免れることができます。
特に、その行為が刑事罰の対象になるような場合、そこは徹底的に隠し通して、
マスコミや世論の責めを回避するために、その行為に対して責任をとったように見せかけて
事をうやむやにして終わらせようとしているのです。

>しかし、いつも辛口のテレビコメンテーターも、変だとは指摘しません。

確かにこれもおかしいですね。
本来、責任を取るというのは、その行為の詳細や原因を明らかにし、
二度とこのような「行為」がおきないように、対策を講じるのが本来あるべき姿です。
やめるかどうか、処罰されるかどうかなどはその後の話です。
しかし、日本ではこのようなことをしても評価されず、自ら退くのが善いとされています。
少なくとも政治やビジネスの場ではこのようなことはよろしくないですね。

その特殊法人がどんなことをしたのかにもよりますが、
「間違った行為をした」のならば、「誤解を招いた」という言い方は間違っています。

ただ、お役所が行う謝罪というのは「間違った行為」に対して謝罪をしている場合は少なく、
「社会問題になったこと」に対して謝っている場合が多いです。
謝罪の言葉も、「間違った行為をして申し訳ありません」という言い方より、
「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」という言い方が圧倒的に多いですね。
つまり、「間違った行為をした」のではなく、「間違っ...続きを読む

Q三段階で表現する言葉を教えて下さい

質問のタイトルがわかりにくくて、すみません。
今、企画書を練っているのですが、3ヵ年のスケジュールに、1年ずつ「進化」を表すわかりやすい簡単なキャッチフレーズをつけようとして、悩んでいます。
それを「三段階」と表現するのかはわかりませんが、例えば簡単な例で「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」のような言葉です。
1年目にルールを導入して、2年目にそのルールを隅々まで浸透させて、3年目にはルールだと意識しないくらいに日々の行動の基準となっている、というようなことをキャッチフレーズで表現したいのです。
1年目のフレーズは、「仕込み」、「種まき」などが思いついたのですが、語彙が無いため、その後が続きません…。
こんな感じの三段階の言葉、どなたかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<1年ずつ「進化」を表すわかりやすい簡単なキャッチフレーズ>

ご質問内容からは企画書の内容がわかりませんので、正確なフィーリングはつかめませんが、「進化」というニュアンスの3段階だと、以下のようなものが思い浮かびます。

例:
卵(幼虫) さなぎ 蝶
卵 ひよこ にわとり
種 花 果実
計画 実行 成果(結果)
助走 疾走 ゴール
過去 現在 未来

ご質問2:
<1年目のフレーズは、「仕込み」、「種まき」などが思いついたのですが>

その続きというのであれば、以下のような例もあります。

仕込み 醸成 熟成

種まき(芽) 開花 果実
種まき 成長 豊穣

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報