商業登記簿謄本の「役員に関する事項」で代表者名とその住所が記載されていますよね。

その住所というのは代表者の住所の事ですか?
またその住所は架空という事もありえますか?
謄本に記載されていた会社の本店の住所と同じだったので、何かおかしいと思って調べたところ、
古いアパートのような感じでした(/_;)

詳しく調べたいならその住所の不動産登記を取得すれば分かりますでしょうか・・・?

会社が自宅兼会社という意味なのか・・・
でもネットでその会社を調べた所、同じ地区内ではありますが違う住所で書かれています。
代表者名と事業内容はあっていました。
これもどういう事なのかよく分かりません。

その会社は株式会社で従業員5人(ネットでは)の電気工事系の会社です。

無知なもので教えて頂きたいです(゜-゜)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>その住所というのは代表者の住所の事ですか?


YES

>またその住所は架空という事もありえますか?
NO
登記申請時時にはその住所だったはず。(添付書類に代表者の印鑑証明書などが必要な為)
もちろんその代表者というのが、実際の代表者でなく他人名義とかで悪意ある登記申請していれば架空かもしれませんが、少なくとも、その住所氏名の人物が居たであろう事は間違いないでしょう。

本店所在地ですが、会社設立時、自宅兼会社だった可能性はあります。
その後、本社(工場)を新たに建築し、変更登記されていないのかもしれません。
(もしくは代表者住所地にまだ会社機能があるのかもしれません。)

ネット上で公開している情報ですが、連絡先が必ずしも登記簿上の本店所在地とは同じとはかぎりません。会社概要等あれば、そこも確認された方が良いかもしれません。

小さな個人経営の会社だと、登記の方は最初にした後は、あまりきっちりしてない可能性があります。
本店の所在地の変更なんかしたら、結構色々面倒なんで不都合がなければ、旧所在地のままって事はありえると思います。(代表者の現住所と変わらなかったりするなら尚更だと思います。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社役員の退職慰労金にかかる税金を教えて下さい。

小企業の経営者です。
近々、代表取締役を退任する予定です。
退職慰労金の計算式は、下記の通りで間違いないと思っています。

最終の月額報酬額 × 勤続年数 × 功労倍率

功労倍率については、社長の場合は2.5~3.0だと書いてありました。

そこで、気になるのは税金です。
退職慰労金額から控除額を差引いた金額が、まるまる課税対象額となるのでしょうか。
一般社員の場合は、控除額を差引いた金額の1/2が課税対象額となるようですが、役員の場合はそうではないのでしょうか。

私の場合だと、税率は最高の50%かかると顧問会計事務所の職員に言われました。
そんなにかかるのかと、がっくりしてしまいました。

専門知識をお持ちの方がいらっしゃれば教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>功労倍率については、社長の場合は2.5~3.0だと書いてありました。

一般的にはそう云われていますが、ケースバイケースですね。

>役員の場合はそうではないのでしょうか。
個人課税に従業員も役員も区別などあろうはずもなく


>私の場合だと、税率は最高の50%かかると顧問会計事務所の職員に言われました。

金額によってですが。
4000万円程度からだと住民税とあわせてそういうこともあるかもしれませんね。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

Q商業登記簿に「社長以外」の役員の住所は載るか?

有限・株式会社登記簿に社長、役員の「住所」は載るか?


お世話になります。
会社を設立する際は商業登記簿謄本を作成し、法務局に届ける必要があります。
この登記簿には代表取締役の住所は記載の必要がありますが、そのほかの役員(代表権のある取締役、無い取締役)の住所は記載の義務があるのでしょうか?
ネットでいろいろ調べたのですが、代表取締役の住所に関してはほぼ「記載義務あり」で一致しているのですが、そのほかの取締役については「記載必要あり」「記載必要なし」の意見があり、どちらが正しいのかわかりません。
どちらが正しいのでしょうか?

なお、有限会社については現在は新規設立ができないのは知っていますので、”設立済み”の有限会社の登記簿に代表権のない取締役の住所の記載義務があるか否か、を教えてください。

Aベストアンサー

有限会社の場合、取締役の住所が記載される。
そして代表取締役を定めた時は、氏名のみがさらに追加される。

会社法施行に・・・・整備法43条

会社法施行平成18.4.1

Q役員退職慰労金の上限

【質問1】
株主総会で「役員退職慰労金の上限」を決議する必要はあるでしょうか?

【質問2】

もし、決議する必要があるとしたら、その内容としてはどの程度のことを
決議するのでしょうか?
例えば、「毎年役員退職金を引き当てしています。その引当額は役員全員が
当期に退職した場合に役員規定に記載されている慰労金の計算式で計算された退職慰労金の額を上限の額とする。」
という内容でよいのでしょうか?


【質問3】
実は、「役員報酬総額」については、総会で決議しております。
「役員報酬総額」を取り決めしているのであれば、「退職慰労金の上限」を決議する必要がないと考えるのですが、いかがでしょうか? (役員報酬総額とは、年間の報酬額及び退職慰労金も含む)

Aベストアンサー

不思議ですね。

>、「役員報酬総額」については、総会で決議しております。
>(役員報酬総額とは、年間の報酬額及び退職慰労金も含む)


のであればわざわざ株主総会で「役員退職慰労金の上限」を決議する必要はないでしょう。
そもそも役員退職慰労金の規定は定めているのでしょうか?
これも必須ではありませんがあった方が税法上も支払上もスムーズになります。


退職金は受け取る方から見れば税法上報酬(所得税)よりも大きく優遇されていて
非常に魅力的な存在です。
逆に企業経営から見ると一時に大きなキャッシュが出ていきますし下手すれば
会社経営が行き詰る危険性があります。
これでは残った方(会社)はたまったものではありません。
(もっともこれには保険の活用などで対策をとることができます)

これは安易に株主総会で上限を決めておけばいいというものではないと
思います。株主もそこまで認識して決めるならまだいいでしょうが
そういう株主は多くはないでしょう。

Q商業登記の代表取締役の住所変更登記について

先日、会社の社長(有限会社)をしている友人が結婚しました。
そして、新居を構えることとなったのですが、会社の代表取締役が住所を変更すると商業登記が必要とのことです。
そこで、登記申請書のOCR用紙の書き方で今、困っております。
「役員に関する事項」
「資格」代表取締役
「住所」○○県○市○町1111
「氏名」丸田角男
「原因年月日」平成17年○月○日[ここが?]
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご相談の事例の場合、無理してOCR用紙に印刷する必要はありません。有限会社変更登記申請書に次のように記載して下さい。

登記の事由 取締役の住所変更
登記すべき事項
平成17年○月○日取締役丸田角男の住所移転
住所 ○○県○市○町1111番地

 代表取締役でも、取締役と記載して下さい。(代表取締役の資格及び氏名の登記には、住所が記載されていないからです。)また、住民票の添付は不要ですが、正確に登記する必要があるので、住民票の記載通りに書いて下さい。

Q役員退職慰労金規定はどこかに届け出るのですか?

このたび役員退職慰労金制度を作ろうと思い、役員退職慰労金規定を作成します。
この規定はどこかに届け出なければならないのですか?
また、実際、役員が退職するときに退職金を支払うとき、議事録とか何を作ってどこに届け出ればよいのかわかりません。
あやふやな、質問で申し訳ありませんが、どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

#3の追加です。
次のようになります。

1.株主総会の決議が必要ですから、取締役会議事録や
株主総会議事録を作成しておく必要があります。

2、株主総会で役員の変更をすること。
3、2の登記をすること。

Q商業登記簿謄本について

自分の会社の商業登記簿謄本を誰が取ったか調べる方法はありますか?

Aベストアンサー

民間ではありません。
なお、全国どこでも取れます、全国の法務局を調査しなければならない。 不可能です。

Q役員退職慰労金規程のサンプルを探しています。

役員退職慰労金規程について、
「功労金の支給」として、
年々の業績に応じて柔軟に、退職慰労金に加え功労金を積み上げていける条項が含まれた役員退職慰労金規程のサンプルを探しています。
「年々(1年ごと)の業績に応じて」というのが、一つ重要なポイントなのですが、そのようなサンプル規程がありましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

内部監査業務を行っています。
年度計画によ利、規程、規則等のチェックを行い、、実施状況の確認を求めております。
以下は、私が役員退職慰労金規程策定時にサンプリングとしたものです。

http://www9.ocn.ne.jp/~hasegawa/yakuinirou.pdf#search='%E5%BD%B9%E5%93%A1%E9%80%80%E8%81%B7%E6%85%B0%E5%8A%B4%E9%87%91%E8%A6%8F%E7%A8%8B'

Q商業登記簿謄本について

商業登記簿に記載されている代表取締役とその会社案内のパンフレットに記載されている代表取締役の名前が違う場合ってどういうことが考えられるのでしょうか。

Aベストアンサー

貴方がおそらく名前を聞いた事がある会社の1つで、代表取締役をはじめ社員の
ほとんどが、本名ではなくニックネームで仕事をされているところがあります。
これは創業者の意向を踏襲している為です。

他には占いなどで本名は縁起が悪いということで、別の名前で長年仕事をされている。

他の事例は知りません。

Q役員退職慰労金の支出について

役員退職慰労金の支出規定はありますが、退任する取締役から退職慰労金の返上の申し出がありました。
この場合、株主総会で退任慰労金を支出しない内容の議決が必要ですか?

あるいは支出する内容の議決をして、その場で辞退を申し出る手続きが必要ですか?

Aベストアンサー

退職慰労金の支給は株主総会の決議事項ですが、支給しないことは決議は何もいりません。退職慰労金の内規があったとしてもそれは金額計算お基準を決めただけで、支給する場合はその都度総会決議になります。内規はあくまで内規でそれがあっても総会決議がなければ支給はできないのです。
逆に言うと支給しない場合は総会で決議すべき事項は何もないということなのです。
ただし社内手続きとしては後日の紛争を防止するため(無理強いされて辞退したなどの訴え)文書で自発的に辞退する旨の記録を残したほうが良いでしょう。
また毎期内規に合わせて役員退職慰労金引当金を積立ている場合は自体と同時にそれを取り崩し、特別利益に計上する必要があります。

Q商業登記簿謄本の取得方法について

タイトルのとおり、商業登記簿謄本の取得方法についてです。
遠方の会社の商業登記簿謄本が必要なのですが、管轄の法務局まで行くのが大変です。
近くの法務局で取得可能でしょうか?
また、郵送等で取得する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 お近くの法務局の商業登記がコンピュータで処理されていて、かつ遠方の会社の管轄法務局の商業登記もコンピュータで処理されている場合、登記情報交換システムにより、お近くの法務局で遠方の会社の商業登記簿謄本(登記簿がコンピュータ化されていますので、正確には謄本ではなく証明書ですが)を取得することができます。
 そうではない場合、あるいはコンピュータ前の閉鎖登記簿謄本を取得したい場合は、返信用封筒(切手も貼って下さい。)を同封して、遠方の会社の管轄法務局に郵送で申請して下さい。謄本取得の手数料は、1通1000円です。(ただし、謄本1通の枚数が、10枚を超える場合は、5枚超えるごとに200円が加算されます。)手数料は、登記印紙(収入印紙ではありません)を謄本の申請書に貼って納めることになります。
 どうしても急ぎの場合は、遠方の会社の管轄法務局近くの司法書士に依頼して下さい。その場合は、上記手数料の他、司法書士の手数料がかかります。
 登記情報交換で謄本が取れるかどうかは、下記のURLで確認して下さい。

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji42.html

 お近くの法務局の商業登記がコンピュータで処理されていて、かつ遠方の会社の管轄法務局の商業登記もコンピュータで処理されている場合、登記情報交換システムにより、お近くの法務局で遠方の会社の商業登記簿謄本(登記簿がコンピュータ化されていますので、正確には謄本ではなく証明書ですが)を取得することができます。
 そうではない場合、あるいはコンピュータ前の閉鎖登記簿謄本を取得したい場合は、返信用封筒(切手も貼って下さい。)を同封して、遠方の会社の管轄法務局に郵送で申請して下さい。謄...続きを読む


人気Q&Aランキング