現在、ヘルパーの仕事に興味をもっています。周りにそういう仕事に就いている人がないため、ネットで調べましたが、目にするのは「重労働だけど低賃金」「腰痛を患ってしまう」「心身共にとても大変で長く続く人は少ない」等々ネガティブな意見が主でした。

社会的に弱い立場の人達のお世話をしたり、役にたつ仕事がしたくて志したのですが、やはり現実的にはそういうものでしょうか?ちなみに私は日常生活に全く支障はない程度のものですが、腰痛持ちでもあり、それも気になるとこでもあります…。

現在の仕事は介護とは全く関係のない仕事に就いており医療や福祉関係には無縁の業界に20年近くいますが、営業経験もあり、特に年輩の方とはうまくコミュニケーションをとることができます。


震災以来、特に、介護職に強く関心を持ちはじめています。

現在ヘルパーをされている方やヘルパー経験のある方、詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

かつて介護職をしていました。



ネガティブな意見ばかりになるのは当然の状況です。腰痛持ちで定年まで
働けませんし。理想は確かにいい仕事なんですが、腰痛を抱え、給与は
上がらず(ひと月支給20万もいかないところが多いです)、日勤に
早出、遅出、夜勤と交代制、有給の消化も難しいところもあります。
当然お盆や正月なんてありません。希望休を出しても全体の希望を
調整して認められないこともあります。この業界は人材は使い捨てと
言う人もいます。腰痛で貴方が使い物にならなくなれば違う若い人を
採用する、という悪循環です。また下の世話もします。

本来はなくてはならない仕事だとは思います。しかしなかなか
評価されない業界です。国も本気で待遇改善に取り組む気はないようですし。
そのことをご了承されたのなら是非来て頂きたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。思ってたより大変な仕事みたいですね…。参考になりました。

お礼日時:2011/04/19 10:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報