ノルウェイの森を読みました。
いろいろと考えさせられました。自分の恋愛観、今まで本気で人を愛していたのか、どんな愛を求めているのか…一週間くらい経つけど、未だにふと頭をよぎることがあります。

最後にワタナベは緑とともに生きていこうと決めましたが、直子を亡くした世界で、自分の居場所がわからなくなってしまったように、私は解釈しました。

実際、村上春樹さんはどういう意図だったのでしょうか?
ワタナベは直子を愛し、緑を愛せていたのですか?

初め読み終わった後は、ワタナベが直子とともに生きていけなかったことを残念に思い、緑にもすぐに答えを出してあげられないワタナベにも憤りを感じました。
でも何度か読み直すと、緑に惹かれたのは自然なことで、作品の中の緑の台詞も、最初はわがままな人だなあなんて、思ったのに、私も心の奥にずっとあった想いをそのまま言葉にしたようであることに気付いて、ハッとさせられました…。

「私に何してもいいのよ。でも傷つけるのだけはやめてね。今までの人生で充分傷ついてきたの。幸せになりたいのよ。」---すごく共感してしまいました。

私も大切な人を失うことがとても怖いです。愛されたいと願います。
好きな人が突然いなくなったり、家族もいつ失ってしまうかわからない経験もしました。

男の人を心から信じるのが怖いです。
でも本当は信じたいし、愛したいのです。

皆さんはどう読まれましたか?

長くなってしまいましたが、意見を伺いたくて投稿しました。

A 回答 (3件)

30代前半女性です。


参考にならないかもしれませんが、つい半月ほど前に私も読んで悩んでしまった作品なので書き込みさせていただきました。


村上春樹作品の中でも評判が高いこの本を楽しみに読み始めたのですが、特にラストの「自然な流れでカラダで慰めてもらって直子を乗り越え、緑と新しいスタートをきる」が衝撃でした。吐き気さえおぼえてしまいました。
この独特な雰囲気の作品を一気に読んで、どっぷり世界にハマっていたのですが、どうもラストは納得いかなかったです。
その後1週間は気分が沈みがちになり、直子のように施設に自分が入っている夢もみたりしました。

ベストセラーということはこの作品に共感した方がたくさんいるということで、私は精神的に子供なのかとも悩みましたが、今は気分一新で時代小説などを読んでいるので深く考えないようにしました。

あくまで「小説」の中の話なのです。
すべてを現実と結び付けることはないと私は思ってます。


気分を害してしまったら申し訳ございません。
    • good
    • 0

『ノルウェイの森』は、人間関係に摩擦がないという、恋愛を取り扱った作品にしては珍しい特徴を持っています。

通りすがりのスチュワーデスですら主人公の哀しみを理解してしまうことに象徴されるように、主人公をはじめとして、登場人物の誰ひとりとして趣味やライフスタイルを否定されることがありません。登場人物の自殺にしても、お互いがお互いを否定しない結果、起きることです。
 一般の恋愛小説なら、主人公が何かを犠牲にして、直子を予定調和の死から救おうとするような筋書きになったりするのでしょうけど、この作品ではそんな面倒くさいことはしません。何かをした気になるだけで実際には何もせずに、ただ身の回りで起こった悲劇に対する己の無力を嘆くだけで、そうしたら都合良く、その嘆きを共有できる誰かが現れて慰めてくれるのです。
 そのため、実際の人間関係に疲れている人にとっては居心地のいい作品になっています。

 この主人公は何もしてくれない代わりに何も要求しない(ただし、彼を否定しないことが条件ではある)ので、精神的に傷を負った女性にとって、こういう男と付き合うのは楽に見えます。しかし、怪我や病気は放置したら悪化するものです。主人公みたいな男は一時的に傷を忘れさせてくれるでしょうが、それは結果的に病状を悪化させているのです。
 緑に共感するようならなおのこと、この作品に惹かれ過ぎるのは危険です。既に人生で傷ついてきたのなら、必要なのは傷つけない男(や作品)ではなく、傷を治療してくれる何かです。それを見つけるのは簡単ではないでしょうが、かといって安易に麻薬に頼るのは良くありません。
 人生には気休めも逃避も必要ですから、一時的に『ノルウェイの森』に浸るのはいいでしょう。しかし、居心地が良すぎて長居しすぎると、直子のようになってしまうか、もしくは主人公のように無力で気取り屋な臆病者になってしまう、ということは覚えておいてください。
    • good
    • 0

日本の純文学って、なんであんなに登場人物が自殺ばかりするのでしょうね。


私には理解できません。

日本近代文学の黎明のころに西洋私小説の影響が大き過ぎたのでしょうか。
不幸自慢をみているようで気が滅入ります。


村上春樹さんの作品が海外で受けているのは、プロットもさることながら、日本人らしからぬ「引用」のうまさだと思ってます。
私小説世代だけでなく、ビートルズ世代をうまく取り込んでいると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹「ノルウェイの森」について

村上春樹「ノルウェイの森」について
本日ようやく「ノルウェイの森」を読み終えました。国語・漢字がだめで、本を読むのが好きじゃない私が、めずらしく何時間でも読んでいられる、集中できる面白い小説でした。
この一冊で村上春樹のファンになってしまいました。今、平行して「1Q84」を読み始めていますが、やはり「ノルウェイの森」が面白い、私は好きです。
どなたか村上春樹の小説で、これは面白いという本、教えてください。

Aベストアンサー

ノルウェイの森、いいですね。
私も最初に衝撃を受けた村上作品です。

ただ、ノルウェイは村上作品の中では異色です。
殆どの長編は概念的な解釈を要求する
非現実的な設定が入っていますので
受け付けにくい人にはなんじゃこりゃとなります。
(ノルウェイも入っていますがわからなくても読める)

ノルウェイの森と比較的同じような感じで読みやすいとしたら
「国境の南、太陽の西」じゃないでしょうか。



文章的に一番冴えがあると思うのは
「羊をめぐる冒険」~「ダンス・ダンス・ダンス」の頃ですね。
「ダンス・・」は「羊をめぐる冒険」の続編ですので
読むのなら先に「羊」を。
(正確には「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」からも繋がっていますが
「羊」から読んでも大丈夫)


個人的には最近の作品より「ねじまき鳥クロニクル」までの作品の方が好きです。
ノルウェイの森は殿堂入りとして
他でベストをあげるのなら
「羊をめぐる冒険」
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「ねじまき鳥クロニクル」
です。

文章の面白さを軽く味わいたいなら
エッセイもおすすめです。
「村上朝日堂はいほー!」「村上朝日堂の逆襲」など。

ノルウェイの森、いいですね。
私も最初に衝撃を受けた村上作品です。

ただ、ノルウェイは村上作品の中では異色です。
殆どの長編は概念的な解釈を要求する
非現実的な設定が入っていますので
受け付けにくい人にはなんじゃこりゃとなります。
(ノルウェイも入っていますがわからなくても読める)

ノルウェイの森と比較的同じような感じで読みやすいとしたら
「国境の南、太陽の西」じゃないでしょうか。



文章的に一番冴えがあると思うのは
「羊をめぐる冒険」~「ダンス・ダンス・ダンス」の頃ですね。
「...続きを読む

Q男が読んでも面白い恋愛小説【男の人お願いします】

好きな人に本貸してって言われて今までに何冊か貸してます。

次もまた何か貸そうと思うのですが、恋愛小説でオススメってありますか???

できるだけ恋愛恋愛してないやつが良いです♪

よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

ふふっ好きな人ですか♪

青く澄んでいく、この恋も未来も

とゆー話は良かったです
ちなみにライトノベルです絵は放電映像さんとゆー方が書いております。
高瀬ユウヤ 作ですー

Qノルウェイの森について

村上春樹の「ノルウェイの森」を読み返しました。最後の「僕はどこでもない場所の真ん中から緑を呼び続けていた」の深層の意味がよくわからないのですが理解されている方おられますか?

Aベストアンサー

解釈は色々ありますし、こうだというものはありませんけどね、
直子との関係は彼の内側世界の体現。
緑との関係は内的世界からの回復、外側の世界の象徴なんでしょうね。
直子が自殺して、僕に悲しみが訪れ、最後にレイコさんが霊界からの使者のように死んだ直子の服をまとってこの世界にやってきて、僕に許しのようなものを与える。そして彼自身がその試練を整理し乗り越え地獄を通過した何処でもない場所から緑に電話する所で小説は終わってますよね。内側世界からの回復という重いテーマですが、方向性は伝わってくる何度も味わいたい作品ですよね☆

Q「半落ち」を読んで。【 どこで泣けましたか? 】

映画化にもなった横山秀夫作、半落ちを読みました。
泣けるところが数箇所あるよと言われて読みましたが、私は
一箇所でした。

それは、裁判官、藤林氏の章の奥さんとの会話場面です。
涙がぼろぼろ出てきました。
小説全体としては、組織の中の立場・行動の制限など興味深く面白く描写されていて
一気に読んでしまいました。

ちなみに最後の真相が明かされる場面では、眠い状態で読んだためか、「ふぅん・・
そういう訳だったんだー」位でした。

個人の感覚の違いはもちろんあると思いますが、
実際に読んだ方は、どこで涙(感動・感極まり)ましたか?

(人によって感じ方が違うとはいえ、感受性が乏しいのかなと
少し不安に思いました。まぁこういう方もいるよねきっと。と思いつつ、
この質問を書いてます)
是非返答願います。

Aベストアンサー

#1です。お礼有り難うございました。

 再びになって申し訳ないですが、コメントに記されていた点について。
 感覚とすれば、自分も藤林圭吾と奥さんの会話と藤林が思い至った結論がいちばん共感できた部分でした。

 「違う。梶の行為が優しさなら、優しさなどこの世になくていい。」

 という一文でしょうか。
 ただ、藤林の思考にしても、それに続く「殺さなかった優しさ」と言う部分には釈然としない違和感を感じました。殺す・殺さないに「優しさは」関係するのか?また、関係させてよいのか?と。
 人のあらゆる意味での「弱さ」は関係するかもしれない、とは思うけれども・・・

 いろいろなケースはあるでしょうが、老人性にしろ、アルツハイマーにしろ介護は、意味不明の言動を繰り返す者との昼夜を問わない汚物にまみれた格闘になります。正直、かなり消耗します。
 梶はまだそういう状態に至らない間に妻を殺してしまった。梶自身の心情や子供を亡くしているという周辺の事情は作品内で語られますし、確かに、まだ正気の部分も残る「まだら痴呆」の状態は、本人が痴呆を自覚した場合、本人も含めた上での辛さと、痴呆はこれからも悪化するという状況的な閉塞感はあります。それはわかるのですが・・・やはり、スッとは読めなかったです。そこで殺してしまうというのはアリなのか?それは梶の「弱さ」であり「逃げ」では?という感じですかね。(別に自分も強くはないとは思いますし、日々逃げ回っている人間なのですが・・・)

 結局、物語のそもそもの始まりである梶の妻殺しそのものに疑問符がついたままだったので、梶が隠す2日間の行動に感心が向かず、結末にもやはり疑問符がついてしまいました。
 全体が「作り物」くさく感じてしまった、というところでしょうか。(小説ですから、「作り物」なのですが・・・)
 藤林夫妻にしても、このキャラクターは自分のような感情を抱く読者を想定して作者が用意したんだと、かなり強く感じました。(作者の本当のところはわかりませんが。自分にはそう読めました。)

 こんなところです。では。
 

#1です。お礼有り難うございました。

 再びになって申し訳ないですが、コメントに記されていた点について。
 感覚とすれば、自分も藤林圭吾と奥さんの会話と藤林が思い至った結論がいちばん共感できた部分でした。

 「違う。梶の行為が優しさなら、優しさなどこの世になくていい。」

 という一文でしょうか。
 ただ、藤林の思考にしても、それに続く「殺さなかった優しさ」と言う部分には釈然としない違和感を感じました。殺す・殺さないに「優しさは」関係するのか?また、関係させてよいのか...続きを読む

Qノルウェイの森の中で、読めない漢字が・・・・。

ノルウェイの森(上)の中で、「木樵女」という熟語がでてきます。
なんて読んで、どういう意味でしょうか?
辞書には、載っていないんです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

きこりめ・・らしい
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/8232/geobook.html

でもよくわからないですが

Q中学生が読んで感動する本

中学生が読んで感動する本を探しています。
できるだけ主人公は小中学生の本でよろしくおねがいします

Aベストアンサー

香月日輪『僕とおじいちゃんと魔法の塔』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043943318.html

香月日輪『地獄堂霊界通信』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061826271.html

川端裕人『銀河のワールドカップ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4087463001.html

エーリヒ・ケストナー『飛ぶ教室』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334751059.html

Q村上春樹  「ノルウェイの森」について

みなさんは、ノルウェイの森を読んだことがありますか?
私も読んだのですが、究極的に何が言いたいのか、よくわかりませんでした。
よければ、教えてください(>_<)

Aベストアンサー

おはようございます。

@すべては無常であるということ@
つまり、時が経つにつれて人間関係やら周りの環境は刻一刻と変化するものだ

ナオコとの関係が一段落して、また新たな生活が始まる。
これがこの小説の一番のテーマなのかなと感じました。

@努力してもダメなこともある。でも、それでもいいではないか。@

これは、主人公が一生懸命ナオコに尽くしたが、ナオコは主人公でなくキズキを選んだ。
というところからです。
でも、それでもいいではないか。時が経てばすべては変っていくんだから・・・。と、一番↑のテーマに絡まっていくのかなーと感じました。

ちょっとでも参考にしていただければうれしいです。

Q中学生が読んで感動する本 

中学生が読んで感動する本を探しています。タイムスリップするような本がいいです。
ちなみに今持っている本は「虹いろほたる」「からくり夢時計」「青木学院物語」です。

Aベストアンサー

松久淳+田中渉 「天国の本屋」をおすすめします。

Qノルウェイの森の映画をみにいく

今度ノルウェイの森を見に行きます。

激しいセックスシーンとかあるらしいのですが、彼氏と見に行っても問題ないですよね?

Aベストアンサー

つい先日彼氏と観に行きました。
休日だったせいか、カップルで来ているお客さんがほとんどでしたよ(9割以上?)。

ただ、やはり性的な描写とセリフが多かったので、付き合いがまだ浅いカップルや若い方だと気まずいかも…。
私達(30代)は大丈夫でした(^^;)

Q読んで後悔した本

読んで後悔した本、時間の無駄だったという本はありますか?
逆に知りたいです。

ベストセラーなど、皆がいいと言った本は、それなりに理由があるのだと思い、読みますが、自分には合わないことが多々あります。

自分が後悔した本は「藁の盾」です。
映画化もされて、人気なのかもしれませんが、合わなかったです。
読んでる最中は最後何かがあるのだろうと思っていましたが、度肝を抜かされることがある訳でもなく、ただ何人も人が死ぬという...
グロいのが苦手という訳ではありません。
面白さも感動も教訓も、得たものが何も無いなと、読み終わって、どっと疲れた思い出があります。

藁の盾については、皆さんどのような感想を持ちましたか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

数知れずありますねえ・・・。
『このミステリーがすごい!』大賞で、
1位だった「薔薇の名前」
2位の「ダヴィンチ・コード」
どちらも映画化までされましたが、本を読む限りでは全く期待はずれだったのを覚えています。
どちらも完読に耐えなかった。

「藁の盾」ですか。
日本のミステリー・アクション物は、ほとんど手にしません。
圧倒的に外れが多いでしょう。
『このミステリーがすごい!』大賞の一位でも、まず読む気は起きません。
作家の名前だけで拒否反応が。

外国のは、外れもあるけど当たりが多いです。
R.D.ウィングフィールドのフロスト警部シリーズ。
パトリシア・コーンウェルの「検死官」。
トマス・クックの「緋色の記憶」。
スチュアート・ウッズの「警察署長」。
などがイチオシです。
あ、ご質問の意図とはずれてしまいましたね。
どうも失礼。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報