ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

昨年、当時84歳だった父が、1500万円の一時払い養老生命保険(5年満期)に入りました。
その際、死亡時の保険金受取人を、長男である私にしてあるそうです。
現在、父は健在ですし、満期を迎える 89歳になっても、元気で長生きして欲しいと願っていますが、高齢の為、満期を迎える前に亡くなるのではないかと、心配しております。

父が生きて満期を迎えた場合は、利息分に 20% 課税されると理解していますが、これは間違いないでしょうか?

万一、満期を迎える前に亡くなった場合は、私が受け取った 約1500万円の保険金を 一時所得として課税されると聞きましたが、正しいでしょうか?
その場合の 税額の計算方法をお教え頂けませんでしょうか?
私は安月給のサラリーマンで、年収600万円程です。

もし、多額の税金がかかるのでしたら、父が亡くならないうちに解約しようと考えております。

お詳しい方、お教え頂ければ幸いに存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

生命保険専門のFPです。



保険料負担者=御尊父様
契約者=御尊父様
被保険者=御尊父様
満期保険金受取人=御尊父様
死亡保険金受取人=質問者様
という契約として、お答えします。
一つでも、違うようでしたら、話が別になってきます。

Q>父が生きて満期を迎えた場合は、利息分に 20% 課税されると理解していますが、これは間違いないでしょうか?
(A)はい。そうなります。

Q>万一、満期を迎える前に亡くなった場合は、私が受け取った 約1500万円の保険金を 一時所得として課税されると聞きましたが、正しいでしょうか?
(A)いいえ。相続税となります。
一時所得となるのは、「保険料負担者=受取人」の場合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速 ご回答を頂き、ありがとうございます。
大変参考になります。

保険料負担者=父
契約者=?(質問者になっているかもしれません)
被保険者=父
満期保険金受取人=?(質問者になっているかもしれません)
死亡保険金受取人=質問者

上記のように、調べないと分からない点があります。
保険証券に記載されているかと思いますので、確認して見たいと
思います。

その上で、再度質問させて頂くかも知れませんので、その際は
宜しくお願い致します。

お礼日時:2011/04/16 00:52

5年満期の養老保険は金融商品として所得税を賦課する規定(源泉分離課税20%)ですが、死亡保険金は相続財産として相続税の対象に。


遺産総額に基礎控除1億と相続人の人数控除を適用し、ここから算定します。
で、相続割合に応じて納税します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き、ありがとうございます。
rokutaro36様に頂いた回答と同じく、矢張り相続税が課税されると言う事ですね。
一時払い養老保険と書きましたが、正しくは JAの一時払い養老共済でした。
私は相続税が掛かると思っていたのですが、先日 農協職員に尋ねたところ、一時所得となるから相続税は掛からないとの説明を受けた為、疑問を感じ 質問させて頂きました。
再度、農協職員に確認して見たいと思います。

お礼日時:2011/04/18 00:13

>これは間違いないでしょうか?



確実で正確なことを知りたいのであれば
こんなところで質問せずに
税務署か保険会社に電話した方がいいです。
誰も責任取ってくれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに仰るとおりですね。
ご忠告、ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJA養老生命共済の解約か満期返戻金か

JA養老生命共済の解約か満期返戻金か
 昭和58年に契約した上記生命保険(30年満期、満期共済金額100万円、死亡共済1500万円、災害給付特約500万円、災害死亡割増特約1500万円、入院費用保障特約5000円)は掛金15万1300円で、掛金は割戻金相殺で初めの頃は半額位、最近は割戻金が余り無く入金は12~13万円くらいです。かつて盛んに解約して新共済に転換を勧められましたが、利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
 昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。積立金が解約返礼金と思い、今後減額されるなら解約しようと思ったのですが、今年も28回目を入金しました。
 後2回振り込めば満期なのですが、このまま満期まで入金するほうが得なのか、解約したほうがよいのか教えてください。また、満期となったらどれ位の満期返戻金があるのかもお教えください。

Aベストアンサー

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するためには、この15型をいかにたくさん売るかにかかっていました。(ノルマは補償額で課せられます。)

>利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
利率がいいのは3型までで、5型以上は満期共済金よりも掛け金のほうが多くなります。

>昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。
これは本当なのでしょうか?
もし、正確な解約返戻金を知りたいのでしたら、JAに電話して「今解約したらいくら返ってきますか?」と聞いてください。機械ですぐに出ます。
聞きにくければ、「共済でいくらまで借りられますか?(共済担保貸付)」と聞いても、大体の数字は把握できます。
共済で借りられる上限は、解約返戻金の90%までだったと思いますので、逆算すれば解約返戻金が出ます。

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するた...続きを読む

Q養老保険の満期受取人と死亡受取人について

あと5年で満期を迎える養老保険があります

契約者=私
被保険者=私
保険金受取人=私
死亡保険金受取人=夫

となっています。

1 保険金受取人とは満期金のことでしょうか?

2 死亡保険金受取人を夫にしていおいていいのでしょうか?
  税制上、私にしておいたほうがいいのか?

税金対策として受取人を私か夫
どちらにしておいたほうがお得なのか、教えてください。

Aベストアンサー

(Q)専業になる前に自身で働いて稼いだお金からずっと支払っています
(A)税務署から問い合わせがあったとき、それを説明できれば
大丈夫です。

保険会社は、満期保険金を支払ったとき、税務署に対して、
保険料負担者、受取人、支払金額を税務署に報告します。
保険会社が把握できる保険料負担者は、口座名義人です。
その口座名義人が自分で収入を得ているのかどうかは、
把握しようがありません。
税務署は、保険会社から報告のあった支払調書を見て、
どのような課税をするのか判断するのですが、そのとき、
保険料負担者に収入があったかどうかは、
過去の課税状況を見ればわかります。
過去に一度も課税されていなければ、保険料を実質上、
負担していたのは誰か、という問題になります。
そこで、本人を呼び出して、質問するということになります。

質問者様が保険料を負担していたことを説明できるならば、
満期保険金の受取人は、質問者様であるべきです。
そうすれば、所得税(一時所得)となります。
(満期保険金)-(支払った保険料総額)-50万円
が、プラスになれば、この金額の二分の一が他の所得と
合算されて、課税されます。

税金対策上、名義はどのように……という質問は
よくあるのですが、保険料負担者は、
「誰が保険料を負担したのか」という過去の事実なので、
名義変更をしても、事実を消せるわけもなく、
対策は、常に、将来に向けてだけ、有効ということになります。

となると……あと5年で満期とのことですが、
ご自分の口座に5年分の保険料の預金がない場合……
これは、ちょっと困ったことになります。

また、ややこしい話をして恐縮なのですが、
保険の場合、保険料に対して課税するのではなく、
保険金に対して課税します。
つまり、夫様が50万円の保険料を負担したら、
50万円が贈与になるのではなく、保険料50万円に相当する
保険金に課税されます。
つまり、支払った保険料総額が100万円で、
受取が200万円だった場合、
保険「料」50万円に対して、保険「金」100万円なので、
100万円に課税されるのです。
そこで、どうしても、保険料に課税して欲しい場合、
これが贈与であるという証拠を残すこととなります。
つまり、贈与証明書を作成して、贈与した証拠として、
夫様の口座から質問者様の口座へ送金して、
送金明細書を証拠として残しておくことです。

いろいろと書きましたが、贈与税には、110万円の控除が
あるので、贈与と見なされても、110万円以下ならば、
課税されませんでの、対策も不要となります。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)専業になる前に自身で働いて稼いだお金からずっと支払っています
(A)税務署から問い合わせがあったとき、それを説明できれば
大丈夫です。

保険会社は、満期保険金を支払ったとき、税務署に対して、
保険料負担者、受取人、支払金額を税務署に報告します。
保険会社が把握できる保険料負担者は、口座名義人です。
その口座名義人が自分で収入を得ているのかどうかは、
把握しようがありません。
税務署は、保険会社から報告のあった支払調書を見て、
どのような課税をするのか判断するのですが、そのと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報