生物学的に優れた遺伝子を持って生まれる確率が高い条件は
母親にとって2人目以降の子供であること。
母親父親共に20代前半の若い時の子であること。
だそうです。

ただの噂ですか?
本当のことを教えて下さい。


私は
母親にとって初めての子供である◯
母親が30歳以降に生んだ子である◯
父親が50歳以降に仕込んだ子である◯
私は劣った存在なんでしょうか?
子供の頃からモテたことがないし、10歳以下のときから不細工って言われたこともあるし、勉強も運動もパッとしません。
生まれたときから劣等だった可能性が高いですよね?
※だからといって努力しなくていい言い訳にしようと思っているわけじゃないですよ。

A 回答 (3件)

特にそういう統計データはありません。


ただ、高齢出産者をけなすためにそういうことを言い出す人はいるようです。
気になさる必要はありません。

ちなみに私も母親が30過ぎてから生まれた子供ですけど、20代のころに生まれた上の兄弟よりもIQと学力は格段に上でした。
そのかわり運動や芸術的な能力は私のほうが劣っていましたけれども。

あと、最近は親が30代、40代で初産という人もたくさんいますので、その説が正しいとしても、特にあなたが親の出産年齢のせいで劣っているということにはならないですね。
結局は個人差でしょうね。
    • good
    • 0

>優れた遺伝子を持って生まれる


優れた(?)遺伝子が「無い所から湧き出す」「あるものが無くなる」わけはありません。
親の遺伝子は決まっているので、その噂がたとえ統計的に正しいデータだとしても、たかだか「兄弟姉妹」の間での比較でしかないのです。
    • good
    • 0

その情報はどこのものかは私には判りませんが・・・


とにかく劣等っいうのは自分個人の経験によってのみ覚醒されます。
そしてその劣等は個人差がつきやすいので定義化されません。
ただ、劣等は個人の将来に大きな影響を与える性質をもっています。
その劣等を上手く利用して優越に変化させなければ、なりません。
優越は劣等がなければ存在しません。

結論は、本当の劣等感をもっている人で
遺伝子の確立論を話す人はいないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報