アルバイトの掛け持ちについてお聞きします。

現在 A社で月10日でのアルバイトをしています。
月収は約4万円ほどです。
年末調整はしています。

もう少し収入が必要なので、新たにアルバイトを検討しています。
2つあわせても 月収10万は超えないでいたいので
希望としては5万円以内での収入で考えています。

今まで税金等、無頓着あったため教えていただきたいです。

新しく探すB社には A社について話そうと思っていますが
こちらの都合で 出来ればA社には新しいB社のことは伝えずに
掛け持ちできればと思っています。
調べたところ、税金の徴収で掛け持ちが分かってしまう、と聞きました。
そこで 今年の年末調整等が不安です。

(1)去年もA 社で行ったので、今年もそうなると思います。
もし B 社でもその様な話が出た時はどうすればいいのでしょうか?

(2)去年は収入も少なかったので税金(所得税・住民税)はひかれていません。
収入が約倍になると 税金も発生しますか?
また、その事でA社に 掛け持ちのことが分かリますか?


(3)もし わかってしまうとしたら、対処できる方法はありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

<前回の続き>



なお確定申告は還付の場合ですと税務署も年明け早々の1月頃から受け付けています、このころはまだ人もまばらで職員もヒマなので結構親切に教えてくれますよ。
2月半ばを過ぎると一般の個人事業の人が確定申告のために殺到して戦争状態です、初心者がゆっくり説明を聞くなどという時間は殆どないのでなるべく早めに行くと良いでしょう。
確定申告の際に必要なものは本業と副業の両方の会社からもらった2枚の源泉徴収票と印鑑です。
それから還付は振込みになりますから口座の判るもの、キャッシュカードや預金通帳、あるいは必要事項、金融機関名(銀行、信用金庫、信用組合、郵便局)、支店名、口座種別(一般には普通預金口座でしょうが)、口座番号、口座名義人(当然質問者の方自身になりますが)をメモして行ってもいいでしょう。

>(1)去年もA 社で行ったので、今年もそうなると思います。
もし B 社でもその様な話が出た時はどうすればいいのでしょうか?

つまりA社には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出して年末調整をしていると言うことですね。
その場合は二ヶ所に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は出せないので、B社には他社に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出して年末調整してもらっているので、B社には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は出せないと言ってください。
そうすればB社は乙欄で処理してちょっと多めの金額を源泉徴収します、しかし確定申告でその多い分だけ還付も多いので結果としては同じです。
つまり掛け持ちの場合は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出している本業のA社では甲欄で処理され源泉徴収は少なめで、またある金額より低いと全く引かれません(質問者の場合A社ではこれに該当します)。
一方「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を出していない副業のB社では乙欄で処理され源泉徴収は多めです。

>(2)去年は収入も少なかったので税金(所得税・住民税)はひかれていません。
収入が約倍になると 税金も発生しますか?
また、その事でA社に 掛け持ちのことが分かリますか?

収入が倍になるということではなく収入がある限度を超えると課税されると言うことです。
例えば所得税ですとA社とB社の収入の合計が103万を超えれば課税されます。
また住民税ですとA社とB社の収入の合計が92万~100万(自治体によって異なる)を超えれば課税されます。

>(3)もし わかってしまうとしたら、対処できる方法はありますか?

ですから第一にわかるかどうです。
それは前述したように確定申告や所得税ではわかりません、わかるのは住民税です。
そしてポイントは、今年の収入がA社とB社を併せて92万~100万を超えるのか?
と言うことです。
もし超えなければそもそも住民税は発生しないのでわかりません。
もし超えた場合は前述のようにA社とB社の収入の合計から計算された住民税が役所からA社に通知されるのでわかります。
また確かにアルバイトは特別徴収ではなく普通徴収にすることもありますが、それは今までも住民税が発生していてA社が普通徴収にするように手続をしている場合であって、今まで質問者の方は住民税が発生せずにA社は何の手続も取っていなかったのですから、A社に特別徴収の通知が行くはずです。

住民税は前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから平成23年の年収に対して住民税は、平成24年6月から平成25年の5月までに掛けて支払うことになります。
つまり平成23年に住民税が課税されるほど収入があれば平成24年の5月頃にA社に通知が来てわかるはずです。
そしてそうならないと為には冒頭に書いたような手順で確定申告をするということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても具体的に、分かりやすく教えていただき
ありがとうございます。
住民税がネックなようで、その金額しだい、ということなのですね。

もう1度、色々と考えてみたいとおもいます。
無知な自分でも分かりやすく教えていただき、感謝します。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:36

掛け持ちが知られてしまう原因は主に住民税です。


住民税の納税には窓口で本人が直接支払う普通徴収と給与からの天引き特別徴収とがあり、通常は勤め人の場合は特別徴収になります。
この住民税が普通徴収の場合でしたら心配は要りませんが、特別徴収の場合は知られてしまう可能性が大きいということなのです。
なぜかと言うと本業と副業のように複数で働いている場合は、市区町村の役所がそれらを合計してその合計された金額を本業の会社に特別徴収をするように通知するからです。

いずれにせよ2ヶ所から給与をもらっているのであれば、確定申告をしなければなりません。
本業と副業の収入を合計して確定申告をすることになります。
その書類が税務署から質問者の方がお住まいの市区町村の役所へ報告されます。
役所はその本業+副業の金額を合計して住民税を計算して、本業の会社へ特別徴収(給与からの天引き)するように、通知してきます。
このときに会社に来る特別徴収の税額の通知書には、主たる給与所得(つまり本業での所得)、その他の所得(つまり副業での所得)、主たる給与以外の合算合計所得区分(つまり副業の所得の種類、給与所得とか事業所得とか雑所得とかの区分)、総所得金額(つまり本業の所得+副業の所得)が書かれています。
つまり副業をしていなければ、その他の所得と主たる給与以外の合算合計所得区分は空欄のはずで、主たる給与所得と総所得金額は同じはずです。
まっとうな会社のまっとうな担当者であれば、数字に間違いがないかこれをチェックするはずです。
ですから副業していなければ本来数字の入っていない箇所や、区分チェックの入っていない箇所に数字やチェックがあればすぐに気づくはずです。
また主たる給与以外の合算合計所得区分が出ていますので、例えば株で儲けたと嘘を言っても、給与所得欄にチェックが入っていればすぐにバレます。
もちろん会社自体がずぼらであったり、あるいは担当者がずぼらであったりすればそのまま通ってしまうか可能性はあります。
そこらの会社の内部事情はわかりませんので、質問者の方自身が判断するしかないでしょう。
ではその場合にはどうしたらいいかというと、役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)へいって、訳を話して住民税の支払方法を本業分は特別徴収(給与からの天引き)に副業分は普通徴収(窓口で本人が直接支払う)に分けてくれるようひたすら頼む。
そうしてくれることが役所の義務ではないのでどうしてもダメといわれたら、それまでであきらめるしかない。
しかしラッキーにもやってくれるといえば、その手順を詳しく聞いてそれにしたがって本業+副業の収入を税務署に確定申告をする。
そうすればバレる可能性は少ないでしょう。

もう一度手順を書くと。

まず会社で住民税を特別徴収されている場合は原則として普通徴収に出来る副業分の住民税は給与所得以外で、給与所得は出来ません。

そこで市区町村の役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)に電話して、給与所得の副業分の住民税だけを普通徴収に出来ないか聞きます。

1.原則に則り出来ないと言われたら出来ませんのであきらめてください

2.できますと言われたらその指示に従ってください

例えば

A.確定申告のときに「自分で納付(普通徴収)」を選択するだけで良いといわれたら

来年になって確定申告のときに申告書の下記の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」にあるように、「□ 自分で納付(普通徴収)」にチェックして申告書を提出すれば良いだけです。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

来年になって確定申告をするときに事前に役所に連絡して副業分を普通徴収にするように頼んで、あとはAと同じ手順です。

それから本業、副業共に源泉徴収票をもらうこと、その両方を併せて確定申告をするからです。

また副業が給与所得以外の場合はそのままAの方法でかまいません。

確定申告をしなければ、本業と副業の両方の会社が役所に提出した給与支払報告書が役所で合算されて住民税が計算され本業の会社に特別徴収のために通知されます。
ですからバレます、そうしないために確定申告してその段階で本業分と副業分に分けるのです。

<字数制限で続く>
    • good
    • 0

>(1)去年もA 社で行ったので、今年もそうなると思います。


もし B 社でもその様な話が出た時はどうすればいいのでしょうか?
かけもちの場合、年末調整は1か所でしかできません。
A社に「扶養控除等申告書」というものを出したと思いますが、それはB社には出せません。
それを出した会社でしか年末調整ができないということです。
なので、A社で働いていて「扶養控除等申告書」を出してあることを言えばいいです。

>(2)去年は収入も少なかったので税金(所得税・住民税)はひかれていません。
収入が約倍になると 税金も発生しますか?
いいえ。
貴方の今年の年収は100万円以下でしょう。
年収103万円以下なら所得税かかりませんし、住民税は93万円~100万円(市によって違う。役所に確認してみてください)以下ならかかりません。

なお、「扶養控除等申告書」を出さないB社では、毎月の給料から所得税引かれるはずですが、来年、確定申告すれば引かれた所得税還付されます。
貴方は確定申告する義務があるし、確定申告すれば引かれた所得税戻るので申告してください。
来年になったら、A社、B社両方の源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行けばいいです。
還付の申告なので、1月以降いつでも(2月からではありません)申告できます。

来年以降、年収110万円とした場合
国民年金払っていれば、その分控除できるので所得税はかかりません。
年末調整のとき、A社にその金額を申告(控除証明書も提出)するか、確定申告のときその控除の申告(控除証明書が必要)も合わせて申告すればいいです。


>また、その事でA社に 掛け持ちのことが分かリますか?
通常、両方のバイト先から「給与支払報告書」が役所に提出されます。
役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算しバイト先(年末調整をしてあるA社)に通知し給料から天引きしてもらいます。
そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。
ただ、これは「特別徴収」といいいますが、会社が住民税を給料天引きしないならわかることはありません。
もちろん、住民税がかからない収入(93万円~100万円以下)であれば、住民税の通知がバイト先に行かないのでA社にわかることはありません。
少なくとも来年(住民税は前年の所得に対し翌年課税)は大丈夫です。
なお、A社に確認しないとわかりませんが、バイトの場合は、会社が住民税を天引きしないことが多いです。

>(3)もし わかってしまうとしたら、対処できる方法はありますか?
あります。
住民税がかかる年収だった場合で、もし、A社で住民税を給料天引きの場合、これを防ぐには、確定申告書の第二表に「給与所得・公的年金等に係る所得以外の住民税の徴収方法の選択」という欄があるので、そこで「自分で納付」にチェックを入れれば、バイト分の住民税の通知は貴方のところ郵送され本業の会社に行かないのでばれません。
バイトも「給与所得」ですが、ほとんどの役所でこの対応をしてくれます。
心配なら役所に確認されたらいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく回答いただき ありがとうございます。

具体的な方法、説明で良く分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:42

税金に関しては


どれかの会社で年末調整し、源泉徴収票を受け取ります、他の会社では年末調整せず源泉徴収票のみ受け取ります
全ての会社の源泉徴収票を添付した確定申告を行います
所得税納付となる場合には2月15日~3月15日に申告します

(1)は 話しても話さなくても確定申告
(ただしB社を10月ころまでに退職していてB社の源泉徴収票があれば、それをA社に提出すれば、合算して年末調整されます)

(2)は 所得が課税相当になれば所得税・翌年住民税を納付するだけのこと
(3)は 住民税をいずれかの会社で特別徴収すれば、その会社の給与以上の収入があったことは注意していれば判ります
住民税の普通徴収を申告すれば、税額からだけではわかりません が なぜ特別徴収にしないのか と疑問を持たれる可能性はあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔に教えていただき、ありがとうございます。

収入によってかわってくるんですね・・・。
色々考えていきたいとおもいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:31

税務関係の資格を有する物です。



新たにバイトをするとなると、現在は税金を納めていませんが
納める事になると思います。
税務署にバレない可能性もありますが、バレた場合に追徴税などもかかる
恐れがあるため、税金は納めるべきだと思います。

仮に、A社、B社で5万ずつ収入があったとして、年間120万になります。
この場合は、所得税を納めなければなりません。

しかし、毎月給与からの徴収は出来ません。
この場合だと、来年の2月頃に確定申告をしなければなりません。
各社源泉徴収票を持って、税務署などに赴きます。
そして、納税する事になると思います。
1~2万程度でしょう。

と、面倒だと思うのでバイトを掛け持ちするのはあまりお勧め出来ません。
1社で10万円くらい稼げるバイトを探した方が良いと思いますよ。
確定申告の必要はありませんし。
年末調整の書類を出すだけで、会社が払ってくれます。


また、バイトなので別に隠していても各社には全く問題ありませんし、
バレても何にも音沙汰はありませんので、ご安心を。
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資格をお持ちの方からの回答、
詳しくありがとうございます。

出来れば掛け持ちではない方が・・・
いいですよね。
色々考えていきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:28

(1)B社にA社のことを話すと(A社で年末調整していること)「平成**年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」はA社に提出されているため、B社では給与が少なくても(一定額以上は)所得税を徴収することになります。


所得税の還付請求するには、A社の年末調整後、源泉徴収票をA社、B社からもらい、来年2月16日~3月15日までに「確定申告」します(還付のみは2月1日から受け付ける)
本年度はA社に掛け持ちのことはわからないと思いますが(源泉徴収票が必要とのことでわかるかも)来年は行政からの何らかの通知で年収が増えていることからわかるかも知れません。

B社のことを隠すとA社の社内規定(兼業を禁止の項目があれば)により解雇される場合があります。(企業では、B社が同業でありA社の企業秘密をB社に渡す「産業スパイ」行為の可能性防止のため兼業を禁止していることがあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答、ありがとうございます。
もう1度色々考えたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 13:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q履歴書へのアルバイト歴記入について

私は高校卒業後、1つのアルバイトを6年継続し
その後、正社員として1つの会社に8年勤続し今年の
6月に一身上の都合で退職しました。現在就職活動中です。
1991年3月高校卒業
1991年4月~1997年3月アルバイト
1997年4月~2005年6月正社員勤務
今までの履歴書にはアルバイト期間は書いておりませんでしたので履歴書だけを見ると高校卒業から正社員
勤務までの6年間、年月上空白期間があります。
職務経歴書には冒頭からアルバイト経験を記入し、履歴書上の空白期間は何をしていたかが判ります。
最近、長期間継続したアルバイトは書履歴書に書くべきと聞きました。正式には履歴書にアルバイト経験は書けるのでしょうか。
履歴書にはアルバイト経験は書かずに職務経歴書で詳細を補うという事では見る側としては不信感の様な感じを抱くものでしょうか。迷っています。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

>正式には履歴書にアルバイト経験は書けるのでしょうか。
 アルバイトでも立派な社会経験ですよ。
 問題なのは社会経験がないことであって、
 アルバイトだって奉仕活動だって何らかの
 社会経験をしていれば履歴の一部ですので書いて下さい。
 できるだけ履歴書の空白部分は避けましょう。
 また、最近ではパート・アルバイト・準社員・嘱託社員等呼称がいろいろありますが
 実質的には社員と変わらない仕事をしている人がたくさんいます。
 アルバイトで店長という人も知っています。
 ですから単にアルバイトしていたということではなく、
 どんな職務で何を任されていたか等を詳細に記入すると
 採用側もわかり易いのではないですか。
>履歴書にはアルバイト経験は書かずに
 職務経歴書で詳細を補うという事では
 見る側としては不信感の様な感じを抱くものでしょ うか。
→そんなこと位では不信感は持ちませんのでご心配なく!

Q本業とアルバイトの掛け持ちについて

 他の方の質問を拝見していたのですが、自分の事を改めて知りたくて質問させて頂きます。

 現在パート社員です。(勤務歴10年、源泉徴収はこちらの会社にて毎年行っております。)
社内規定では副業は禁止です。
 今年、生活の足しにと初めて副業をしました。(約3ヵ月、収入合計6万円弱。先月辞めました。)
雇用保険の時間にさえならなければ、ばれないと思っていましたが、源泉徴収わかってしまうという話を聞いて、今さらながら焦って調べています。

 副業をしているときも、同じ境遇の方が結構いて中には6年掛け持ちをしている方もいましたが、皆さん本業にばれていないと言っていました。

 何から調べて、本業にばれないように手を打てばよいのか・・・
同じような質問を読んでいましたが、具体的に教えて頂ければ幸いです。
 どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ダブルワーク歴は長めです。

まず、根本的なところから。
・個人の収入情報は、他所のものを知りえる権限がない。
この例でいうと、今の本業でされているところが、貴方の副業情報を知りえることがない、ということです。

・確定申告が引き金になっても、所得税・住民税の金額が、当初の確定申告時の数値と異なっていても、事由を聞かれる心配はない
一番の肝はここにあると思いますが、確定申告をしてしまった結果当初の税金より多く(あるいは少なく)支払うことになっても、その理由を聞かれることは100パーセントありません。何しろ、納税は義務であり、所得が出たから支払っている(仮に理由を聞かれた時、兼業禁止なら、競馬などの配当金を申告したなどと報告するのがいい)ことになるわけで、それ以上の弁明や説明は不要です。

・ただし兼業先が同業者の場合はさにあらず。
普通は選択するものでしょうが、この場合、ばれたら即首が飛びます。

というところが基礎的な部分です。
実際にどう動くのか…
この6万円で、税金が多少なりとも動くはずです。そもそも源泉徴収されている可能性も否定できませんから、ここは来年の2月に行われる、確定申告で、「2014年の収入はこれだけで、実際払った税額はこれだけでした。でもこの年収なら本来の税額はこれだけであり、ずれがありますので確定申告します」ということを税務署に行って行う必要があります。
ここでは給与支払者を明記する欄がありますが、ここに正確に記入したからといって、その情報が、税務署から本業の会社に伝えられることは考えられません。
つまり、確定申告してもばれることはあり得ないのが通例です。ただ、この「確定申告をしに来ている」ということを職場の誰かに見られるという可能性もありますよね。それを避けるためには、税務署に書類を郵送するといった方法もあります。

では確定申告をしないとどうなるのか…いくばくかの脱税になる場合はヤバいですが、結果的にすでに所得税徴収済みで申告しても戻ってくる税金が微々たるものであれば、しないという選択もありです(そもそも確定申告が、自由意思によるものです)。

「バレない」ために確定申告をやっていないとしても、そうそう罪に問われることはありません(巨額に及ぶ/悪質である/常習犯という事由があれば話は別)。もちろん確定申告を回避することを推奨しているのではなく、手間暇かけて数百円の還付ならやらなくても問題ない、ということです。
質問者様の例も、年間通して6万円と考えると、はっきり言って競馬の儲け・パチ/スロでの勝利レベルの金額であり、普通なら、申告なんかしない金額です(もう一ケタ上に違うと、これはこれでしておいた方が身のため)。
ここから先は、質問者様の判断・選択にお任せします。

ダブルワーク歴は長めです。

まず、根本的なところから。
・個人の収入情報は、他所のものを知りえる権限がない。
この例でいうと、今の本業でされているところが、貴方の副業情報を知りえることがない、ということです。

・確定申告が引き金になっても、所得税・住民税の金額が、当初の確定申告時の数値と異なっていても、事由を聞かれる心配はない
一番の肝はここにあると思いますが、確定申告をしてしまった結果当初の税金より多く(あるいは少なく)支払うことになっても、その理由を聞かれることは100パー...続きを読む

Qアルバイトの履歴書について3つ質問

いくつか同じ様な質問を拝見させていただきましたが、少し疑問を持ったこともあったので新しく質問させていただきました。


短期のアルバイトに応募しようと考えているのですが、まず第一に、履歴書は「パート・アルバイト用」と「普通の履歴書(パート・アルバイト用と記載されていない)」ものとどちらがいいのでしょう?

以前、アルバイト(長期と短期)に応募した時は普通の履歴書で採用されたのですが。
また、昔見たタウンワーク(アルバイトや派遣の仕事情報誌)の見本では、普通の履歴書が用いられていた気がします。

第二に、職歴の欄には長期のアルバイトを書くべきでしょうか?
「パート・アルバイト用」の履歴書にはアルバイトの経験を書く欄があったのですが、就職の際にはアルバイトは職歴に書かないほうがいいと先生に言われました。

第三に、「パート・アルバイト用」の履歴書は今日、初めて見たのですが、世間では多用されているものなのでしょうか?

普通の履歴書に比べると、おもちゃみたいだなと感じてしまったので、いまいちアルバイトへの真剣さを採用の方に伝えられない気がしました。

宜しくお願いいたします。

いくつか同じ様な質問を拝見させていただきましたが、少し疑問を持ったこともあったので新しく質問させていただきました。


短期のアルバイトに応募しようと考えているのですが、まず第一に、履歴書は「パート・アルバイト用」と「普通の履歴書(パート・アルバイト用と記載されていない)」ものとどちらがいいのでしょう?

以前、アルバイト(長期と短期)に応募した時は普通の履歴書で採用されたのですが。
また、昔見たタウンワーク(アルバイトや派遣の仕事情報誌)の見本では、普通の履歴書が用いら...続きを読む

Aベストアンサー

履歴書は普通ので大丈夫です。パート・アルバイト用などと言うものは聞いたことがありません。
バイト暦は短期から長期まで書いていただくとありがたいです。レジができるか、厨房作業ができるか、など、わかるとありがたいです。もちろん就職用の履歴書にバイト暦は書かないほうがいいです。

Q確定申告でアルバイトの掛け持ちはバレますか?

今、2箇所のアルバイト先で働いています。
最近始めたバイト先(A社)で、前職の源泉徴収票を提出するよう言われました。以前から働いているところ(B社)は、数ヶ月の改装に入り、改装後また働く予定で、籍も残っています。しかし、A社が掛け持ち禁止なので前職は辞めたと言ってあります。

B社の源泉徴収票ですが、お店が閉まっているので、電話など繋がらず連絡が取れないので、手に入れることができません。
それをA社に告げたら、「用意できないなら、自分で確定申告やってください」と言われました。

いろいろ調べてみたのですが、2箇所以上の会社で働いている場合は、たとえどちらかの会社で年末調整をやってもらっても、自分で確定申告をする必要があると知りました。年末調整はたぶんB社でやってもらうと思います。確定申告は自分でやろうと思っています。
ただ、自分で確定申告した場合、アルバイトを掛け持ちしているということがA社にわかることはあるのでしょうか。
また、B社で年末調整をしてもらうことによって、A社に掛け持ちがばれることはあるのでしょうか。
B社で年末調整をやるほうが良いのか、やらないほうが良いのかも教えていただきたいです。
わかる方いらっしゃいましたら、お願い致します。

今、2箇所のアルバイト先で働いています。
最近始めたバイト先(A社)で、前職の源泉徴収票を提出するよう言われました。以前から働いているところ(B社)は、数ヶ月の改装に入り、改装後また働く予定で、籍も残っています。しかし、A社が掛け持ち禁止なので前職は辞めたと言ってあります。

B社の源泉徴収票ですが、お店が閉まっているので、電話など繋がらず連絡が取れないので、手に入れることができません。
それをA社に告げたら、「用意できないなら、自分で確定申告やってください」と言われました。

...続きを読む

Aベストアンサー

一番バレやすいのは住民税です。
年末調整はA社でもB社でも、あるいは両方でも独立してできます。一方で行った年末調整が他方に知られることはありませんが、最終的に全て合わせて確定申告することになります。

住民税をA社の特別徴収(給与天引き)にしているなら、確定申告で住民税が増えるとA社にバレる可能性があります。普通徴収(自分で払う)なら住民税額ではバレませんが、普通徴収にすることでかえって怪しまれる可能性があります。
また、そうでなくても意外なところでバレないとも限りません。みんなが考え付くことはその道のプロならお見通しですから。ヘタな細工が命取りになりかねません。

Qパート・アルバイト用の履歴書?

現在失業中の者ですが、アルバイト面接の為に履歴書を購入しようとしました。

しかし、履歴書に二通り? ある事がわかりました。
  ・普通の? 履歴書:
    学歴・職歴、免許・資格、志望動機、希望記入欄と一通りある

  ・パート・アルバイト用履歴書:
    学歴・職歴、免許・資格の記入欄が狭い
    利用交通機関、本人希望記入欄がとにかく細かい
    (希望職種、勤務地、勤務可能期間など・・・)

どちらが良いものか判断がつかず、とりあえず両方買ってきたのですが、
やはりアルバイト用の履歴書を使用したほうがよいでしょうか?

ご存知の方がおりましたら、ご指導頂ければと思います。

Aベストアンサー

 はじめまして。元人事部のスコンチョといいます。(^_^)

>>どちらが良いものか判断がつかず、とりあえず両方買ってきたのですが、
>>やはりアルバイト用の履歴書を使用したほうがよいでしょうか?

 結論から書けば、どちらでも大丈夫ですよ。履歴書の記入欄に無いこと
でも、先方が必要なことがらであれば必ず聞いてくると思います。それは、
どの履歴書を使っても同じ事ですよね。

 もっと言えば、普通のバイト面接であれば求人誌の間にオマケで付いて
いるものを使う人もかなりおられます。市販の物を準備されているのであ
れば、ご自分をより表現できると思う方を使ってください。また、下記の
アドレスに書き方も詳しく解説されています。ご参考にしてください。

 ご健闘をお祈りしております。

参考URL:http://www.jinzainews.co.jp/sinsotu/pub/rirekisyo.html

Q学生掛け持ちアルバイトの年末調整についての質問

学生掛け持ちアルバイトの年末調整についての質問

現在私は2つのバイトを掛け持ちしています。A社は2年以上働いていて、今年の4月からB社でも働くようになりました。しかしB社には掛け持ちしていることを内緒にしていて、A社を辞めたことにしてあります。正直B社に掛け持ちしていることをバレたくありません。しかし、B社から年末調整関係なのでしょうか、A社の源泉徴収を提出しろと言われています。バレずに済む方法はあるでしょうか?

・20才の学生で2つ合わせても103万は越えませんが、月の収入が10万を越えたことがあります
・正直数千円程度なら過剰に税金とられてもいいです

・A社にバレるのは平気です

Aベストアンサー

>B社から年末調整関係なのでしょうか、A社の源泉徴収を提出しろと言われています。
A社をやめた、ということだとそういうことになります。
その場合、今の会社でやめた会社の分も合わせて年末調整します。
そのためには、A社の源泉徴収票が必要です。
でも、今、A社の源泉徴収票を発行してもらうことはできません。

>バレずに済む方法はあるでしょうか?
A社の源泉徴収を出せない理由を考えるしかありません。
A社を悪者にするしかないでしょう。
「いくら源泉徴収票をほしいと言っても、A社がなかなか発行してくれない」と言うしかないでしょう。
そして、「源泉徴収票もらったら、来年、自分で確定申告します(貴方に確定申告の義務はありませんが…)」と言えばいいでしょう。
貴方の年収が103万円以下なら、本来ではありませんがB社でA社の分の年末調整しなくても問題はありません。

>正直数千円程度なら過剰に税金とられてもいいです
本来ではありませんが、A社でA社分、B社B社分をそれぞれ年末調整すれば過剰にはとられません。

Qパート、アルバイト用履歴書を普通の就職に

就職活動中でして、履歴書を買いにコンビニに先ほど行ってきた所、履歴書がアルバイト用置いてありませんでした。
まぁどうせ中身は殆ど一緒だろうと思って買ったのですが
希望曜日や希望勤務時間等を書き込む欄があり、一目で「アルバイト用」というのが分かる仕様だったので
流石にこれはまずいのでは、と思い質問させていただきました。

履歴書に公式にアルバイト用等の区分が無いことは分かっていますが
このようなアルバイト用履歴書を正社員として募集している場所に送るのは失礼や非常識に当たりますか?

Aベストアンサー

面接官です。
なぜベストを尽くさないのか疑問でなりません。

1.「あの時、アルバイト用でなければ採用されていたかも?」
  という疑問が(不採用だった場合に)無駄だと思いませんか?
  実際はどうあれ、エネルギーを浪費しますよね?

2.面接の際に「なぜアルバイト用の用紙を使ったのですか?」
  という質問になんと答えるのでしょうか?
  合理的な説明なんて無い様に思います。

3.同時にアルバイトの採用を行っていた場合に(募集媒体が違えば、
  それに気付かない可能性はある)、「この人はアルバイトかな?」
  と応募自体がアルバイトの方に回される可能性がないとはいえません。
  リスクを最小限にするという原則はどの場面だって変わらないはずです。

「100年に一度の危機」だという事をマスコミや政治家が連呼している時期に
わざわざ危ない橋を渡らなくても良いと思います。

Q掛け持ちでアルバイトしている場合の年末調整

現在2箇所でアルバイトをしていますが、両方の会社から、給与所得者の扶養控除申告書と給与所得者の保険料控除申告書を貰いました。2箇所のうちどちらか1箇所にしか提出出来ないみたいですが、どちらへ提出するべきでしょうか?また、両方とも提出せずに、自分で確定申告する事は出来ないのでしょうか? 

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養控除申告書はどちらへ提出してもかまいませんが、どちらか一方にしか提出でき
ません。また、どちらにも提出しないことも可能ですが、いずれにせよ翌年に確定
申告をして税金の清算をする必要があります。
なお、扶養控除申告書は来年用のものですが、保険料控除申告書は今年の年末調整用
ですから、この年末に年末調整をしてもらう方の会社(昨年末に扶養控除申告書を
提出した会社)の方にしか出せません。もしくはこれも提出せずに確定申告の際に
提出してもかまいません。

Qアルバイトの履歴書

履歴書について質問です。

1)アルバイトの履歴書は就職用のもので大丈夫ですか?
(就職用と言っても志望動機と本人希望記入欄位の簡易的なものです。)

2)クリエイティブ系の事務のアルバイトなんですが、履歴書を書く上で何か気をつけた方が良いことはありますか?

以上です。何か不明な点があれば補足します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
回答がないようですので回答します。

1)大丈夫でしょう。
 ※逆の場合は履歴書を選んだほうがよい場合も有ります

2)Googleで「履歴書」もしくは「履歴書の書き方」
で検索すれば関連サイトが沢山でてきますよ。
URLはそのうちの一つです。

アルバイト頑張ってくださいね!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~sien/sinnsotu1.htm

Q夫海外駐在中、妻国内アルバイト収入についての税金還付について

御教示いただければ有難く、何卒宜しくお願いします。
夫である私は現在単身海外駐在中で、妻及び子女2人は日本国内居住です。昨年迄は日本の持家を賃貸に回しており、その家賃収入(某不動産管理会社経由で賃貸)及び僅かの株式の配当に対し源泉徴収されていましたが、それら以外に国内収入はなかった為、確定申告により、それらの税金の還付を受けてきました。納税代理人も立てています。本年は賃貸を中止しました(日本居住の家族が持家に戻った)ので、家賃収入はなくなり(家賃収入に対する源泉徴収も当然なくなった)、夫に関しては僅かの株式配当に対する源泉徴収だけが残ることになりました。最近(11月から)日本の妻がアルバイトを始めたようです。月額10万円強の収入のようですが、当然源泉徴収されています。以上の環境で、夫に関する株式配当に対する僅かな源泉徴収分と妻のアルバイト収入に対する源泉徴収分に対する税金の還付を受けようとする場合、確定申告はどの形で行うべきですか。夫は夫で僅かの還付の為の確定申告をし、妻は妻で別途自身の収入について確定申告しなければならないのかということです。希望は、夫と妻が各々申告という方法を取らずに、私だけが昨年の流れで申告して(夫が毎年同様の形態で申告を続けてきたため、税務署に番号が登録され、複数の必要事項が既に印字された申告用紙が自動的に送られてくるので、新規申請でまっさらの申告用紙に全てを記入するよりなのです)、その中に扶養家族の一人である妻のアルバイト収入分を合算させて全収入とするいう夫だけの申告だけで済ませたいと考えています。如何なものでしょうか?

御教示いただければ有難く、何卒宜しくお願いします。
夫である私は現在単身海外駐在中で、妻及び子女2人は日本国内居住です。昨年迄は日本の持家を賃貸に回しており、その家賃収入(某不動産管理会社経由で賃貸)及び僅かの株式の配当に対し源泉徴収されていましたが、それら以外に国内収入はなかった為、確定申告により、それらの税金の還付を受けてきました。納税代理人も立てています。本年は賃貸を中止しました(日本居住の家族が持家に戻った)ので、家賃収入はなくなり(家賃収入に対する源泉徴収も当然...続きを読む

Aベストアンサー

>夫に関する株式配当に対する僅かな源泉徴収分と妻のアルバイト収入に対する…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉は載っていませんので、夫と妻と別々に考えなければなりません。

>夫は夫で僅かの還付の為の確定申告をし…

源泉徴収される株取引のようですから、わずかの還付金のために申告の手間、特に納税代理人への報酬がもったいないと思ったら、確定申告はしなくてもよいです。

>妻は妻で別途自身の収入について確定申告しなければならないのか…

パート先で年末調整をしてくれるなら、確定申告の必要はありません。

>その中に扶養家族の一人である妻のアルバイト収入分を合算させて全収入とするいう…

前述のとおり、そういうことはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング