It is easy to say that English will be the dominant language of the 21st century.
After all, it is the main language of the world's biggest economy, the United States, and the common language of business.
A large percent of the information on the Internet is in English, and worldwide, many countries are rushing to learn English, since they regard it as vital for economic success.For example, English is the working language of the Asian trade group ASEAN.
ln addition, in Malaysia English recently replaced Malay as the language used to teach mathematics and science in schools.
The dream of many is that English will develop into a truly global language so that wherever we go, we can understand and be understood.
This would ease cultural misunderstandings, encourage tourism, enable trade to work smoothly,reduce the conflict between nations, and lead to a more peaceful world.



たくさん投稿しますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

英語が21世紀の支配的な言語であると言うことは、簡単です。


結局、それは、世界最大の経済大国、アメリカ合衆国の主要な言語であり、ビジネスの共通語なのです。
インターネット上の情報の大部分は英語です、そして、世界全体では、多くの国が英語を学ぼうと急いでいます、と言うのは、それらの国が、英語は経済的成功に不可欠と考えるからです。例えば、英語は、アジアの貿易グループであるASEANで使われている言語です。
さらに、マレーシアでは、英語が最近学校で数学や理科を教えるために使われる言語としてマレー語にとってかわりました。
多くの人々の夢は、英語が本当に世界的な言語に発達するということです、そうすれば、どこに私たちが行っても、私たちはわかるし、わかってもらえるのです。
これによって、文化的な誤解は和らぎ、観光は促進され、貿易が円滑になり、国家間の対立が減リ、より平和な世界になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2011/04/15 11:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング