Arabic is the language of lslam, which has about 1.5 billion fllowers worldwide, and dialects of this language are spoken from Turkey to Indonesia, from Pakistan to Sudan.
Perhaps more surprisingly, Hindi and Urdu are the second most-spoken languages in the world after Chinese.
The world may increasingly organize itself around a relatively small number of languages.
But why?
lt is no surprise that the strongest languages are those of cotintries and regions that are powerful,maybe not only in an economic or political sense, but perhaps more importantly,in a cultural sense.
For example, since using a translated copy of the Koran is forbidden, Muslims worldwide must learn Arabic.
What about weaker countries?Many cultures are fighting keep their languages alive, particularly in the face of increasing exposure to English.



よろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アラビア語はイスラム世界の言語です、そして、世界には約15億人のこの言葉を話す人々がいます、また、この言語の方言はトルコからインドネシアまで、そして、パキスタンからスーダンまでで話されています。


おそらくより驚くことは、ヒンズー語とウルドゥー語は中国語に次いで世界で2番目に最もよく話される言語です。
世界はますます比較的少ない数の言語の周りにまとまってゆくのかもしれません。
しかし、なぜですか?
最も強い言語が、おそらく、経済的、政治的な意味だけでなく、おそらくより重要なのは、文化的な意味で、力強い国々や地域の言語になることは、驚くべきことではありません。
例えば、コーランの翻訳された本を使用するのが禁じられているので、世界中のイスラム教徒はアラビア語を勉強しなければなりません。
より弱い国々はどうでしょう? 多くの文化が、特に英語との接触がますます増加することに直面している場合、その言語を生き残らせようとして戦っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報