穴の開いたタンクに水を入れても、漏水量以上入れないと水位は維持できないのと同じ状態。破損箇所にもよるでしょうが、破損は修復しない限り、徐々に拡大してるでしょう。圧力容器の底が破損していれば、注水で水位を維持するのはかなり困難では?
今は注水→燃料棒の冷却→漏水の開放系で現状維持していますが、破損が修復できない以上、そのうち注水が間に合わなくなり、冷却できなくなる可能性も。

部分的メルトダウンは、すでに報道されていますが、温度の急上昇(計器の故障←いつもの)などの事象も出てきています。最終的なメルトダウンになるやも?そうしないようにドンドン注水→漏水を増やし、環境ヘ放射瀬物質を拡散させ続けるのか?
格納容器を含めた、水棺で、循環冷却機能を外付け(オープン系)する案も検討されているらしいですが、かなりの時間がかかりそう。

米軍はすでに指揮統制機能を佐世保に移転完了したそうです。政府は関東地区にも死の灰が降り続いていることにも触れず、世界標準とかけ離れた基準値を国民に示し、「すぐには影響はありません、安全です」をくりかえしています。

安定冷却に最低でも5年、その間、基準値以下の水を飲み、基準値以下の野菜を食べ、ストロンチウム90の蓄積した魚を食べ、基準値以下の乳製品を摂取し、基準値以下の風に吹かれ、基準値以下の海で泳ぎ、被爆し続けることを受容しなければならないのでしょうか?

少なくとも政府や御用学者たちはそう言って国民を納得させようとしています。遺伝子レベルでの小さな傷を蓄積して、運命だと子供や孫達に理解させられるでしょうか?

A 回答 (7件)

>米軍はすでに指揮統制機能を佐世保に移転完了したそうです。


 いや、「在日米海軍司令部」が横須賀から佐世保への移転を検討中か?」となっている段階みたいですね。三流夕刊紙みたいな話だな。

>政府は関東地区にも死の灰が降り続いていることにも触れず、世界標準とかけ離れた基準値を国民に示し、「すぐには影響はありません、安全です」をくりかえしています。
 アメリカは在東京米大使館職員の家族らを対象に出していた日本国外への自主避難の勧告は解除したようです。原発から80km圏の避難勧告は維持してますが、とりあえず関東地区での当面の安全性は認めたようですね。

>安定冷却に最低でも5年、その間、基準値以下の水を飲み、基準値以下の野菜を食べ、ストロンチウム90の蓄積した魚を食べ、基準値以下の乳製品を摂取し、基準値以下の風に吹かれ、基準値以下の海で泳ぎ、被爆し続けることを受容しなければならないのでしょうか?少なくとも政府や御用学者たちはそう言って国民を納得させようとしています。
 基準値以下なら安全性は確保できる、ってのは別に日本政府の御用学者の専売特許じゃありません。世の多くの学者や医者も同意見のようですね。ただ、この基準に異論がある学者さんも確かにいますが。

>遺伝子レベルでの小さな傷を蓄積して、運命だと子供や孫達に理解させられるでしょうか?
 看過できるレベルの傷であれば納得させることもできるかと思います。あなた自身が納得できないのであれば直ちに日本を離れるべきです。でも、私を含めた多くの日本人は様々な理由でここを離れるわけにはいきません。そういう人間にとっては「怖いぞ、怖いぞ!」情報を連発されても何の助けにもなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
色んな情報が錯綜し、不安なので、ここに質問してみて、皆さんの考えや意見を参考にして、少しでも安心を得ようとしました。

お礼日時:2011/04/15 16:54

現在は、淡水注入中で、


http://atmc.jp/plant/detail/

炉内の水位は維持しています
http://atmc.jp/plant/water/

見える部分への汚染水は
http://atmc.jp/water_plant/

炉内温度は
http://atmc.jp/plant/temperature/
圧力は
http://atmc.jp/plant/container/


基準値による最悪の場合の被曝レベルは、水・環境・食物で、アマチュアの方の計算では、
75ミリシーベルト/年 以内にはおさまりそうです。
これで、大丈夫かどうかはわかりかねますが、これが政府の暫定の安全基準であり、アマチュアの方の試算では最悪で、1%程度の方が危険であるとか? しかし、実際は基準を大幅クリアの食品のほうが多いでしょう。
ならば、基準を厳しくすべきかと思うのですがね。

ここは、周辺知事と政府の関係で決められるのでしょうか?
内情がよくわかりません。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6667237.html

医者でも学者でもありませんので、これが正しいかどうかまでわかりかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2011/04/15 17:10

何が質問したいのか、全く判りませんが?



まず前段の、町の御隠居レベルの、原発復旧に対する「評論」は不要ですね。
ココは質問をするトコだから。

> 被爆し続けることを受容しなければならないのでしょうか?
> 遺伝子レベルでの小さな傷を蓄積して、運命だと子供や孫達に理解させられるでしょうか?

コレがご質問?
そんなコト、聞かなきゃ判りませんか?

受容する必要は有りません。
理解させられないでしょうね。

以上です。


政府などは「大丈夫。」しかし海外は「危険。」
まあ、そう言う風潮はありますね。

しかし、当たり前ではないかな?
外国人は、自国に帰れば良いから。
外国政府としては、「自国に帰った方が良いヨ」って言っとかないと、後で何かあれば、政府が非難されますしね。

あるいは、自国政府が全く信頼出来ないと言う点を問題視されているのなら、ご自身が最も信頼する海外に移住すれば良いですね。
一番簡単に問題解決出来るし、根本的にはソレ以外、解決策は無いと思いますよ。
ただ、海外に住めば判ると思いますが、日本って割と良い国だし、理想の国家など、過去にも現在も、存在したコトは無いです。

そもそも放射線は、御用学者とか関係ナシに、専門家でも明言が困難で避ける様なシロモノです。
「何を信じるか?」と言う問題なんでしょうかねぇ?

グレーゾーンに関して言えば、「絶対に安全」「絶対に危険」などと言う方がウソで、「すぐには影響が無い程度には安全」って言うのは、極めて正しい情報です。

海外を含め、自分なりに情報を集め、自分なりに判断し、その判断で自分で行動する。
それだけですよ。
別に政府は、自主避難を禁じてるワケじゃないんだし。

大丈夫と思えば関東に居ても良いし、水道水を飲めば良いし、野菜でも魚でも食えばいい。
危険だと思うなら、ドコへでも逃げりゃいい。自分で安全と思うモノを口にすればいい。

コレは「出来る/出来ない」じゃなく、「やる/やらない」です。
命の問題だから。
自分や子供や孫たちの健康や命は、政府や東電の責任しても、取り返しがつかないですヨ。

最後は間違い無く自己責任です。
自分の命の問題を、他人に押し付けるのって、究極の依存症じゃないかな?

あるいは、日本人はドコへ行って、どうすれば良いと仰るんですかね?
関東以東の大半の皆さんを、西日本に移住させるべきと言うお考え?
少しでも怪しそうな食材は全て廃棄し、水処理設備も放棄して、海外から輸入?
これだとまあ、アナタ様でもソコソコ安心なさるでしょうね。

でも、そんなコトをしたら、恐らく震災以上の経済的被害で・・・亡国論だと思います。

あるいは、避難して来た人は、どうやって生きろと?
国に補償しろと仰るんでしょうか?
無理だろうなぁ。

政府が、「アナタ好み」の発表をするハズも無いですが、出来るハズもなさそうです。

アナタはどうすれば良いと仰るのか?
それは実現可能か?
って考えたら、一瞬で破綻すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

どうしていいか分らないので、取り敢えず、質問して、皆さんの反応やご意見や考え方を参考にしたいと、考えました。かなり無理な質問ですが‥

お礼日時:2011/04/15 17:07

>基準値以下の水を飲み、基準値以下の野菜を食べ、



基準値を超える水を飲み、基準値以下の野菜を食べることを希望しているのですか?
変わった方ですね。

私は、この事故の前から、基準値以下の水を飲み、基準値以下の野菜を食べ続けていましたし、これからもそうですが。いまだに基準値を超える物を口にしたことはありません。

遺伝子レベルの傷の蓄積は、別に放射線の専売特許ではありません。
車の排気ガスによる有害物質のことを考えたことがありますか?

貴方が何処にお住まいかは存じませんが、車が通るような環境におられるのであれば、排気ガスによる遺伝子レベルの小さな傷を蓄積させて、子供や孫達に運命だと理解させられるのですか?

定量的なことを無視して、感性的に不安を煽るような行為は慎むべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
世界標準よりも、レベルが高くても政府の言うままの基準値を信用していれば、健康で安心な生活が保障されるという事ですね。また車の排気ガスの影響は放射線と同じように考えてもいいという事ですね。
確かに不安を煽るような内容でしたm(_ _)m

お礼日時:2011/04/15 16:49

>遺伝子レベルでの小さな傷を蓄積して、運命だと子供や孫達に理解させられるでしょうか?



(自然放射線による)遺伝子レベルでの小さな傷がなきゃ、人間はここまで進化してなかったと思います。

「遺伝子の変化の否定=進化の否定」です。

遺伝子の変化が種にとってマイナスに働けば絶滅を、プラスに働けば繁栄を引き起こします。

今回、放射線を浴びた人達の子孫が「生物学的に言う新人類になる可能性」も否定できません。影響がマイナスに出るかプラスに出るかは、誰にも判りません。
    • good
    • 0

それが、現代消費社会を生きてきたわれわれの支払うべき代償です。


まあ、本当に支払うべきだった当事者はとっくにくたばってるんですがね
それを受け継ぎ放置していた者にも責任はありますよ。
    • good
    • 0

>注水で水位を維持するのはかなり困難では?



そうですね。でもほかに現実的で有効な手段をすぐに用意できないですもんね。

>被爆し続けることを受容しなければならないのでしょうか?

そうですね。イヤなら個人的に逃げるしかないです。
他人事だから突き放したように聞こえるかもしれませんが、優しく言っても事実は事実ですしね..。

>遺伝子レベルでの小さな傷を蓄積して、運命だと子供や孫達に理解させられるでしょうか?

させられないんじゃないかな。させる気があるかどうか。
まぁ理解させられなくっても仕方ないよね。
理解させられないから、誰でも納得する完璧な放射能対策や保証をします、ってそんなの無理だし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング