福島の放射能に関して、またまた地下水の汚染濃度が高まったとの報道がありました。これにともない、保安院から東電へ「海水調査の強化」が指示されたようですが、この汚染濃度(特に近隣海水)の調査って東電に一任されているのでしょうか?

東電としては不都合な数字が出た場合は発表を控えたり、最悪の場合は改ざんしてしまう可能性があると思うのですが、国による調査はされていないのでしょうか?

昨今の異常な東電バッシングによって東電側の情報公開の硬化の可能性が高まってしまった様にも感じ、地震津波、政府・東電の後手の対応、マスコミの煽動による三重難の状況になってしまったように思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

少なくとも国による調査は、海洋(原発から10km~30km?)くらいでは


囲むような形でコの字型に実施されているはずです。
    • good
    • 0

--東電に一任されているのでしょうか?


>>原子力安全・保安官ってちょっと指図するだけの機関なんでしょう。
あとは、政府とIAEAに報告するとか。。

--国による調査はされていないのでしょうか?
>>されていないようです。

--昨今の異常な東電バッシングによって東電側の情報公開の硬化の可能性が高まってしまった様にも感じ、地震津波、政府・東電の後手の対応、マスコミの煽動による三重難の状況になってしまったように思うのですが。
>>マスコミは原発の情報を報道しないようになっていると思います。
新聞記事です。 情報統制されているそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報