調べてみましたが 分かりませんでした
宜しくお願いします

去年 324m2・428万円 の更地を買いました
昨年末から家を建て始め 今年の夏前に完成予定です

固定資産税の納税通知が届きました
(これは 土地のみの通知でしょうか?)
納税額は 41900円とあります

建築中の建物は
・木造
・延床面積100.06m2
・1890万円
です

来年は 建物の固定資産税も来ると思うのですが
土地と建物で どの位の金額が来るのでしょうか?

宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1月1日の時点で、建物が完成している場合、その年の建物の固定資産税・都市計画税を支払う必要があります。



chee-さんの場合、今年(2011年)の1月1日の時点では、建物は完成していないので、今年の固定資産税・都市計画税の対象は、土地のみとなります。

ですので、今年の41,900円は、全額、土地の分のみとなります。

そして、来年(2012年)の1月1日の時点では、建物は完成しているようなので、来年の固定資産税・都市計画税の対象は、土地と建物の両方となります。


それでは、来年の固定資産税・都市計画税を算出してみたいと思います。

実際に算出する前に、かなり複雑ですが、以下の計算式をご覧ください。

◎更地の場合
 ◯土地
  固定資産税 = 課税標準額×1.4%
  都市計画税 = 課税標準額×0.3%
 ◯建物
  なし

◎住宅が建っている場合
 ◯土地
  ◯200m2以下の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/6
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%×1/3
  ◯200m2超の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/3
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%×2/3
 ◯建物(一般住宅の場合)
  ◯新築3年間、120m2以下の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/2
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%
  ◯新築3年間、120m2超の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%
  ◯新築4年目以降
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/2
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%
 ◯建物(優良住宅の場合)
  ◯新築5年間、120m2以下の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/2
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%
  ◯新築5年間、120m2超の部分
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%
  ◯新築6年目以降
   固定資産税 = 課税標準額×1.4%×1/2
   都市計画税 = 課税標準額×0.3%

上述の計算式を元に具体的に計算してみたいと思います。

ちなみに、評価額とは、購入額とは異なりますので、ご注意下さい。
また、土地の評価額は今年の額より、求めることができますが、
建物の評価額は、正直いくらになるか分からないので、適当な数字です。


■来年以降の土地の固定資産税・都市計画税

 土地の評価額を250万円(1年目の固定資産税・都市計画税より算出)とした場合、

 ◯200m2以下の部分
  評価額×(200m2/324m2)×1.4%×1/6 + 評価額×(200m2/324m2)×0.3%×1/3 = 5,144円

 ◯200m2を超える部分
  評価額×(124m2/324m2)×1.4%×1/3 + 評価額×(124m2/324m2)×0.3%×1/6 = 6,379円

 ●合計
  11,523円

■1年目(2012年)~3年目(2014年)の建物の固定資産税・都市計画税

 一般住宅とし、評価額を1,500万円とした場合、

  評価額×1.4%×1/2 + 評価額×0.3% = 150,000円

■4年目(2015年)以降の建物の固定資産税・都市計画税

 一般住宅とし、評価額を1,500万円とした場合、

  評価額×1.4% + 評価額×0.3% = 255,000円


まとめると、1年目~3年目が161,523円、それ以降が266,523円となります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変分かりやすく 助かりました!
来年支払いができず えらいことになるところでした(;-;)
聞いておいてよかったです
凄い金額になるんですね・・・びっくりしました
ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2011/04/18 12:00

まだ建物が完成していないのならば、それは土地だけです。


この税金は1月1日の状態で課税されます。従って来年の1月1日に完成していれば、来年は家屋も課税されます。

その場合は、家屋の構造等にもよるのですが、大体課税標準が建築費の70%くらい、税金はその1.4-1.7%程度です。

従ってご質問の例では課税標準が 1323万円、税額は185,000から310,000円くらいの範囲でしょう。
建物は減価償却文だけ年年税額は減少します。
一方土地のほうは時価が横ばいでも少し上がると見たほうが良いと思います。
これは住宅地はもともと減免措置があるので、理論値より安くなっているのですが、年々これが本来の税金に近づけるという仕組みになっているからです。
最後は時価の1.4-1.7%になるのですが、今は多分それよりもかなり低いのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

給料よりかなり多い金額にビックリしています
毎月2~3万ずつ貯めないと 支払いができませんね
大変参考になりました
ご丁寧にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2011/04/18 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q固定資産税は年々減額になっていくのでは?

固定資産税が今年度56,000円以上も上がってしまいました。この野田地区の土地の評価額が上昇しているのでしょうか?2010年2月にに木造の新築入居のあと、5年目に入るのに固定資産税は増えていきます。年金額は減り、介護保険・国民健康保険・消費税・電力料など公共なものは上がっていきます。苦しくなるばかりです。
固定資産税の計算の仕方もいまいち解りません。
高齢者にも解るように、どなたかご指導いただけませんでしょうか?
どうか、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費税増税の陰に隠れてしまっていますが,
本年度は年金額の減額や高齢者の医療費負担増があるようですね。

さて。
前回の評価替えは平成24年度だったはずなので,
今年は(原則として)固定資産税評価額に変化はないはずです。

地価が下がっているにもかかわらず税額が上がる土地というのは,
本来あるべき課税標準額に比べて現在の課税標準額が低いために
負担調整措置により本来の課税標準額に向けた是正過程にあるのだそうです。
この土地に該当すると,地価が下がっているにもかかわらず
税額算定のための課税標準額が上がるので,
その額に税率を乗じて算出される税額は上がっていくことになります。

また,建物のうち,居住用建物(120m2までの範囲)については,
一般住宅では新築後3年度分(3階建以上の中高層耐火住宅等は5年度分),
長期優良住宅では新築後5年度分(3階建以上の中高層耐火住宅等は7年度分),
固定資産税額の2分の1が減額される制度があります。

あなたの場合は後者の建物の減税期間が過ぎたからのような気がします。
役所の固定資産税課に問い合わせると教えてくれると思います。

こういったことについては,役所の固定資産税課に
『固定資産税のしおり』といった冊子があると思いますので,
それをもらってきて読んでみるといいかもしれません。

消費税増税の陰に隠れてしまっていますが,
本年度は年金額の減額や高齢者の医療費負担増があるようですね。

さて。
前回の評価替えは平成24年度だったはずなので,
今年は(原則として)固定資産税評価額に変化はないはずです。

地価が下がっているにもかかわらず税額が上がる土地というのは,
本来あるべき課税標準額に比べて現在の課税標準額が低いために
負担調整措置により本来の課税標準額に向けた是正過程にあるのだそうです。
この土地に該当すると,地価が下がっているにもかかわらず
税額算定のための...続きを読む

Q毎年固定資産税は安くなっていきますか?

建物の固定資産税は時の経過とともに価値が下がるから
毎年固定資産税は安くなっていきますか?

Aベストアンサー

岡山市のホームページのコピペです。
基本的に、全国同じ制度です。


質問
 家屋は年々古くなっていくのに、評価替えの年度でも家屋の固定資産税の額が下がらないのはなぜですか。

回答
 土地・家屋は、3年ごとに評価替えをおこないます。

 家屋の評価は、「評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点において、その場所に新築することとした場合に必要とされる建築費(再建築価格)」に、「家屋の建築後の年月の経過によって生じる損耗の状況による減価率(経年減点補正率)」を乗じて評価額を求めることとされています。

 したがって、評価替えの年度から次の評価替えの年度までの間の再建築価格の基礎となる建築費の上昇率が経年減点補正率という減価率を上回る場合は評価額が上がることとなり、反対に建築費の上昇率が経年減点補正率を下回る場合は評価額が下がることになります。

 つまり、家屋は、建築費の上昇が激しい場合には、見かけは古くなってもその価値(価格)が減少せず、かえって上昇することがあるわけです。しかし、固定資産税においては、評価替えによる評価額が評価替え前の価格を上回る場合には、現実の税負担を考慮して原則として評価替え前の価格に据え置くこととされています。

 このようなことから、古い家屋の固定資産税は、必ずしも評価替え年度ごとに下がることにはならないのです。

家屋の評価替え
 どちらか低い方の評価額となります。
新たな評価額=再建築価格×経年減点補正率
以前の評価額

岡山市のホームページのコピペです。
基本的に、全国同じ制度です。


質問
 家屋は年々古くなっていくのに、評価替えの年度でも家屋の固定資産税の額が下がらないのはなぜですか。

回答
 土地・家屋は、3年ごとに評価替えをおこないます。

 家屋の評価は、「評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点において、その場所に新築することとした場合に必要とされる建築費(再建築価格)」に、「家屋の建築後の年月の経過によって生じる損耗の状況による減価率(経年減点補正率)」を乗じて...続きを読む

Q固定資産税と築年数について。

固定資産税と築年数について。

一戸建て住宅の購入を検討している者です。
疑問があるのですが、建物の固定資産税は築年数によって変わってくるのでしょうか。
新築で建てても、年数の経過とともに、税額は下がるものなのでしょうか。
また、変わらない場合、極端な話ですが、たとえば新築で3000万円で購入した建物と、中古で1000万円で購入した建物でも、固定資産税は変わらないということでしょうか(もちろん建物は同じものとしてです)

また、たとえば、全く同じ新築建物でありながら、A社で2000万円、B社で3000万円だとした場合でも、固定資産税は変わるのでしょうか。それとも建物が同じなので固定資産税も同じになるのでしょうか。

わかりづらい、乱文・散文になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地部分の税金は割愛させていただいて…

家屋の評価額は、築年数によって減価されていきます。
ただし、毎年ではなく3年おきの評価替え時に3年分が減価されます。
確か、木造家屋は30年、鉄筋コンは50年で最低価格になりますが、その評価額は当初の概ね20%なので、ボロボロでも意外に評価が結構あることがあります。

ということで、まったく同じ材質で同じ作りの新築と中古では中古の方が低いです。

それと、固定資産税評価額は材質と構造により評価されるので売値は関係なく、全く同じ物件をA社は2000万、B社は3000万で売ったとしても、固定資産評価額は同一となり税金は同じになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報