最近の地震で会社の内壁がひび割れました。石膏は問題ないと思うのですが・・・このひび割れの補修を自分達でやっていくことになりました。場所的に目の通るところなので、いかにも補修しましたっていう感じにはしたくないです。
私は塗装初心者です、無礼者は承知ですが、どなたかこのクラック補修のノウハウを持った方はいらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何の素材のクラークか判りませんし、どの程度進んだクラークなのか?深さは?長さは?巾は?



判らない事だらけです、クラークの補修は色々あります。


URL参考にして下さい。
http://homepage2.nifty.com/psp/gaiheki_top.htm

2級建築士です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。情報不足ですみませんでした。
頂いたサイトを参考にチャレンジして見たいと思います。

お礼日時:2011/04/21 10:18

石膏ボード面ですかね?


でしたらホームセンターで石膏ボード用のパテを買ってきて
パテで埋めて紙やすりで平らに削って
塗装でしょうか。。。

同じような色の塗料を買っても微妙に仕上がりが違うので
ある程度大きい面積を塗り直す必要がありますね。

それか、家具を前において隠しちゃうのはどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パテ、やってみたいと思います。何も知らない私にはかなりの進歩です。有難うございます。ちまみに今は鏡で隠して凌いでいます。

お礼日時:2011/04/21 10:21

ノウハウ持ってても ココで教えられるのはやり方であって技術じゃないよ


文字通りに同じことやったて まったく違う結果になるけどいい?

ヒビが入ったところにモルタルを隙間にうめて壁一面が平らになるように小手でならしてください
ちなみにまっすぐならすのに3ヶ月以上かかります。

ヒビだけ埋めるのであればモルタルをしっかりとつめヒビに沿って盛って行きます
乾いたら壁になじむようにリューターややすりを掛けてペイントするなり壁財張ってください
ペイントはきれいに塗るのに2ヶ月以上 波を打たずに壁紙を張るのには1ヶ月はいります。

プロに任せたほうがよっぽどきれいに楽できます。
よれよれの補修 手作り感満載のペイントでもよしとするのであればいいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構時間がかかるんですね・・・難易度も高い・・・
手作り感はさすがにやばいので、少し検討して見たいと思います。貴重なご回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/21 10:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁のひび割れについて教えてください。

壁にひびが入りました。
不動産屋に原因と改修の要否・費用について確認する予定ですが、
建築の知識がないため、不動産屋から問題ないと言いくるめられそうで不安です。

事前に少しでも知識を付けたうえで、不動産屋に問い合わせたいので、
もし原因等が分かる方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

よろしくお願いいたします。

<参考情報>
築3年の在来工法で、2階廊下窓の片側の上下に亀裂が入っています。
(写真右の赤色のマーキング箇所に亀裂が入っています。
 写真左に亀裂を拡大した写真を張り付けています。)
 写真:http://blog.goo.ne.jp/jjjj2095

年末大掃除のときに亀裂はなく、年明け(2015年)に気づきました。
その間に大きな地震は発生していません。

 

Aベストアンサー

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。

2)考えられる理由
 一般的には、竣工後1年以内位で、クロスの切れ、割れ、等が発生する可能性が
 あります。

 その発生箇所は、クロスの継ぎ目、サッシ両サイドの上下(ちょうど今回の事例に近い)
 ドアの両サイド上部、等です。

 原因は、クロスの収縮、下地ボードの動き(挙動)、下地ボードのジョイント部
 処理に何らかの欠陥が有った、等、多岐に渡ります。
 (しかし、発生箇所はある程度共通しています。)

 建物もある意味生き物なので、木材の乾燥収縮、温度差、急激な暖房、その他で
 微妙に動きます。
 そのひずみが生じやすいのが、サッシ廻り等であるとも言えます。

 今回の場合、築3年と経過年数が比較的経過していますが、事例が無い事も
 無い、と思います。
 
 少なくとも、写真で拝見する限りは、下地ボードに割れが入っているように
 思いますし、その箇所はボードジョイントの箇所で、割れているようにも
 見えます。

 ボードジョイントを潰すためのパテが、寒冷紗等の必要な補強が不十分で
 ボードの動きに付いてこれなかったのかも知れません。

 いずれにしても、クロスをはがせば、解ると思います。

 対策としては、クロスをはがし、亀裂部分を補強して、再度クロスを張り替える、と
 いう事になると思いますが、その辺りは、業者と相談するしか無い、と思います。

 絶対再発は防止したい、と言う事であれば、サッシの両サイドに「縦目地」を
 入れる手法も無い事はありません。

 いずれにしても、業者にご相談ください。

3)その他
 時間が或る程度経過しているので、微妙ですが、「当然、無償で」とアプローチ
 してみる価値は、あると思います。

 原因が、先に記したように、良くある事例であれば、当然、発生することが
 予測できるので、十分な対策を取ることが、必要だったでしょう?と言う
 理屈です。

 頑張ってください。

1)積雪は如何ですか?
 この年末、年初は、日本列島大雪の地方が多かったようです。
 
 そちらの地方の積雪状況、屋根の雪の状態は、通年に比べ、如何でしょうか?

 恐らく、原因は異なると思いますが、余り降雪量の多くない地域で
 予想外の大雪が、屋根に溜まっている場合、可能性が無い事もありません。

 雪の重さで、梁がたわんでいると、発生する可能性が無い事もないか、と
 思います。

 確認方法は、問題の箇所のアルミサッシを開けて見れば解ります。

 簡単に開くようであれば、大丈夫です。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報