日本は借金大国なのになぜODAで海外に援助してるのでしょうか?
震災を機に止めれないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず基本的な事項として、ODAにも大きく四つのパターンがあります。



一つめは、多くの人が認識している発展援助の為の無償資金援助です。
これは、戦争で負けたことによりアジア諸国に対する戦後賠償として始まったモノと、それに準じて開始されたモノがあります。
「無償」とあるように、援助対象国は日本へお金を返す義務はありません。
事実上の「寄付」ということですね。

二つめは、たまにマスコミなんかにでてくる「円借款」とよばれるもので、有償資金援助です。
「有償」とあるとおり、援助対象国は日本へお金を替えす義務があります。
つまり、借金(日本側から言えば貸し付け)ということです。
もちろん、すぐ返せって訳ではなく、「発展したら少しずつ返してね。利子も低いですよ」ということです。
日本は、こっちの比率の方が高く、「ODAは先進国の義務だ」とする立場の人たちから非難されていたりします。
(そういえば、中国への有償ODAは打ち切りになったニュースが北京五輪あたりにありましたね。)

三つ目は、お金での貢献ではなく技術供与です。
つまり、日本の技術力で援助対象国のインフラや福祉政策を支えましょうって事ですね。
これは、他の方の回答にもありますが、日本企業の海外進出という側面もあります。
その為に、経済界がバックアップしています。

四つ目は、、世界銀行 (IBRD)、国際連合世界食糧計画 (WFP) 、アジア開発銀行 (ADB) などの国際機関に資金を拠出して、多国間で援助を行おうというものです。
日本は、軍事力ではなかなか国際支援が出来ないため、こうした資金を供出することで国際貢献を行ってきました。
ただ、湾岸戦争の時にクウェートの戦後の感謝決議に、日本がその対象に入らなかったことにあわてて「PKO協力法」を策定したなんて事もありましたね。


ODAは戦後アメリカが欧州復興に行った支援(マーシャルプラン)が起源とされています。
最初は欧州の復興のためでしたが、それにある程度目処が立つと、別の問題が国際社会で起こりました。
それが、先進国と発展途上国との経済格差(南北問題とも言われる)です。
格差の是正・解消を目指して国際的に資金援助が行われることになりました。

日本の場合は、最初はアジア各国に対する賠償金の替りに払われていました。
その後、高度経済成長という「奇蹟」を成し遂げてからは、円借款や技術供与を中心に支援が行われてきました。
これには、日本企業の海外進出と軍事力での貢献は出来ない替りに、という二面的な目的があります。
実際、日本のODAに感謝し、親日国家となっている国も多々あります。
ただ、インフラ整備の為に日本企業を優先的に採用するような契約をしたり、政治家や企業家との間の癒着に消えたりと、色々と問題点が多いのも事実です。


>震災を機に止めれないのでしょうか?

完全に辞めるってのは、国益にとって有害ですね。
むしろ、無償援助の割合を増やすべきです。
とはいえ、復興に費用と時間が掛かるという現実があるのも事実でうす。
なんで、二~三年くらい予算のODA比率を下げて復興資金に充てるというのもありだとは思います。
その場合は、契約の一方的な打ち切りなどで相手国の恨みを買わないよう上手く立ち回る必要はあるでしょうね。

ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

借金しながらODAしまくってきたおかげで


今回の震災では莫大な支援を受けることが出来ました。

今は援助される側なので一時的に止める可能性はありますが、
先進国として援助し続けなければ有事に孤立することになりますよ。
    • good
    • 0

1,建前としては国益の為です。


  ODA援助国は途上国です。
  途上国には資源があります。
  途上国に恩を売っておくのは、国益になります。
  目先の国益も大切ですが、将来の国益も大切です。
  
2,政治家の利権が絡んでいる、という話もあります。
  途上国へ壱万円援助して、そのうちの
  いくらかを、色々な形でキックバックされる。
  そういう利権にぶら下がっている人たち
  の利益を害することになるので、簡単に廃止
  できない、という図式です。
  これは、インドネシアに駐留している
  日本企業の幹部から聞いた話です。
    • good
    • 0

「ODAなんかやめてしまえ」という方も多くおられますね。


私はODAは先進国としての義務という側面があると思います。
世界には先進国と後進国がありますが、圧倒的に後進国のほうが多い状況です。
日々の食べ物にも困る人々がたくさんいます。

日本も今回の震災で多額の財政負担が生じますから、ODAも減らさざるをえないとは思います。
しかし、まったくなくすという訳にはいかないでしょう。

今回の震災に対して、決して豊かではないと思われる国々からも多くの善意がよせられています。
助け合いの精神を大事にしたいものです。
    • good
    • 0

事情により止める事はできると思いますよ。

 政治家次第ですが。
    • good
    • 0

 企業が海外進出する足がかり的な意味もあります。

今回の震災で本当はそのお金を出せば自分たちが苦しくなるのにお世話になった日本への恩返しとして義援金を集めて送ってくれています。
 それに日本を知ってもらう為にも必要ですよ。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報