従業員5名くらいの小さな会社でOLをしています。
残業で遅くなると時々社長が食事に連れて行ってくれるので、1度何かお礼をしようと思い、明日買い物に行く予定です。
そこで質問なのですが、上司にお礼として何か贈るには、どんなものがいいでしょうか?
社長は65歳、男性です。
お給料日前なので、あまり高額のものは買えないのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も小さな会社で仕事をしています。


社長に食事をご馳走になることも有ります。

何か品物でお礼をする前に

ご馳走して頂いたお礼の気持ちを必ず言葉で示していますか?
食後の後はモチロンですが、次の朝「おはようございます」
の挨拶とともに、「昨日はありがとうございました。」の一言を
必ず添えていますか。

aika07さんが、それでも形としてお礼したいのであれば

身に付ける物は個人の趣味があるので、日ごろ使う消耗品などは
いかがでしょう?
因みに、「会社履きのサンダル」をプレゼントした友人もいますし、
ゴルフなどをする方には「ティ」とか、会社で使う「湯のみ」とか。
これから外回りをする機会が多い方でしたら、「ミニタオル」とかでしょうか。

高額な物は、ご自身でお買いになる立場の方には、さり気ないプレゼントが
妥当なのではないでしょうか?

「ありがとう」の気持ちを常に伝える事が、一番大切だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただいて、明日色々見て回ろうと思います。
お礼の気持ちはその都度言葉で伝えてはいるのですが、仕事以外でも何かとお世話になっているのと、ご馳走してもらう機会がこのところ重なりましたので、何か形にしたいな、と思った次第です。

お礼日時:2001/04/22 02:18

こんにちは。


私もaika07さんと同じようなことが多々あり、お礼にはいつも煙草、ビール等にしてます。食事や飲み行くなどの形に残らない事へのお礼には、形に残らない物、つまり消耗品がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今日(4/22)、買い物に出かけ、タオル地のハンカチと評判のいいお菓子を買いました。
明日、これを渡してお礼の気持ちを伝えようと思います。

お礼日時:2001/04/22 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営業で、社長(父)が倒れました。そこで銀行員が・・・

タイトルのとおりなのですが、先日、父が脳梗塞で倒れ、入院いたしました。脳梗塞としては軽いもので、2~3週間程度で退院できます。

それ自体は不幸中の幸いだったのですが、倒れた次の日に会社に銀行の担当者が現れ、「試算表と他行の貸付残高を提出してほしい」と言ってきました。

現在、新たな借り入れの予定はありませんし、毎月の返済はきちんとしていますし、追担保が必要な状態でもありません。そのような状態の場合でも、銀行が試算表と他行の借入残高を要求するというのはあることなのでしょうか?
もしかしたら、父が倒れたことを知って(銀行の支店は会社から歩いて1分、倒れたときに救急車を呼びました)私どもの会社に何かあっても自分たちの貸付金だけは回収しようという意図の表れなのでしょうか?

もしそうだとしたら、これからの付き合いを考え直そうと思っているのですが・・・

質問が2つになってしましましたが、銀行員の方、もしく銀行に詳しい方の回答が聞けるとありがたいです。

Aベストアンサー

相手は銀行さんですから深く考えてください。
私も全く同じ経験の持ち主ですが、私の場合は商工会や得意先さんがいっせいにうちで付き合ってた銀行さんに対して一言言ってくれたので私は何も言わずにすみました。そのときは本当に感謝しました。今はその銀行さんとも過去のことはあれど良好に付き合ってます。ここは落ち付いて対処してください。気持ちだけで動いて損をすると大変ですから。
がんばってください。

Q社長就任祝いにお花や祝電を贈るタイミングは?

取引先の人事異動で社長が代わりました。新聞発表は4月9日でしたが、異動は6月29日付けです。お祝いのお花や祝電は、すぐに贈った方が良いのでしょうか?それとも6月29日に合わせた方が良いのでしょうか?すぐに贈ると現社長は在籍されているわけですから、少々気まずいようにも思えますし。。。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

会社ごとの事情によっても異なるとは思いますが、新聞発表をしていると言う事は対外公表済みですので、一日も早く祝電を打たれた方が良いと思います。

厳密に言えば就任するまでは確定では無いとも言えますが、ご本人が一番喜ぶタイミングでお祝いするのがお祝いの本義であり、多分社外公表された今がそのタイミングだと思います。

現在の社長を気にされているようですが、社長は会長にご昇役されないのでしょうか?もし会長にご昇役されるのであれば、同時に現社長にも祝電を打たれれば角が立たないと思います。

Q従業員が業務でやり取りするメールを社長が断りなく見ることについて

従業員が業務でやり取りする電子メールを社長が断りなく見ることには、法律上どうなのでしょうか。
電子メール(PCやメールソフト通信設備)などの資産は、会社の物ですが無断でその内容を見ることは盗聴に等しいのでは、ないのでしょうか。最近は、企業は業務上の担当者メールを断りもなくのぞき見していると聞くのですが本当なのですか。
申し訳ないがお教え願えませんか。

Aベストアンサー

時折問題となるケースとしては、私的メールを含めた社内ネットの監視の合法性だけど、

社員に一定のプライバシー権を留保しつつ,社内メールは一定の範囲でサーバーや端末に残り,社内のシステム管理者が存在して,ネットワーク全体を適宜監視して保守点検しているという電話とは異なるメールシステムの特性を指摘し,電話の場合と全く同程度のプライバシー保護を期待することはできないとした上,社内メールの場合は,「監視の目的,手段及びその態様等を総合考慮し,監視される側に生じた不利益を比較衡量の上,社会通念上相当な範囲を逸脱した監視がなされた場合に限り,プライバシー権の侵害となる」

との裁判所の判断(東京地判H13.12.3)が1つの基準になっていて、社内のネットワーク管理者など権限を付与されている者(社長は、権限を付与する者=より上位の権限を持つ)が監視を行う限り、業務上の正当行為で有り、違法性が問われるコトは無い(ネット管理部門以外の一社員が”のぞき見”することは許されない)。

また、社会常識としても実務上も、業務上貸与された機器で業務上の連絡を行うことにプライバシーの概念は存在しない。

無断でその内容を見ることは盗聴に等しいのでは、ないのでしょうか。
「権利のはき違えも甚だしい」としか・・・

時折問題となるケースとしては、私的メールを含めた社内ネットの監視の合法性だけど、

社員に一定のプライバシー権を留保しつつ,社内メールは一定の範囲でサーバーや端末に残り,社内のシステム管理者が存在して,ネットワーク全体を適宜監視して保守点検しているという電話とは異なるメールシステムの特性を指摘し,電話の場合と全く同程度のプライバシー保護を期待することはできないとした上,社内メールの場合は,「監視の目的,手段及びその態様等を総合考慮し,監視される側に生じた不利益を比較衡量の上...続きを読む

Q家族経営についてですが、主人が小企業の社長で従業員7人なのですが、息子を将来入れたいのですが、主人に

家族経営についてですが、主人が小企業の社長で従業員7人なのですが、息子を将来入れたいのですが、主人に聞いたら会社は俺の物ではなくてみんなの物だ。そんなかに息子を入れたら部下が息子に気を使うあまり、会社が回らなくなる…それに俺は先代からまかされて社長になったから社長ではない…第一息子を入れた時点で先代に失礼だし顔向けできないって言われました。私的に息子は高学年のときから夫の仕事の手伝い[先代からやって良いと言われ]を進んで行ったり、道具配線わかってますので任せていいのかなとも思います。美奈さんはどう考えますか?

Aベストアンサー

私も零細企業の経営者です。息子はまだ小さいですが、いずれそういう問題もでてくるでしょう。

質問者様のご主人の会社の「先代」というのは、旦那さんと血縁関係ではなかったのでしょうか?そこが質問文から読み取ることが出来ません(雰囲気的には血縁関係は無いのだろうと想像します)

これはけっこう重要なことで、私の周りの同業者も先代-現社長-次代と親子などの血縁関係で継承していく会社と、その会社に跡取りがおらず、社員から選ばれた人が会社を継承していくところと、分かれています。

血縁関係で継承していく会社は分かりやすいのですが、社員から選ばれる会社はちょっと違う雰囲気があります。

それは「御輿を担いでいる」という感覚とでもいえばいいのでしょうか。先代が形を作った「社業」という形を、社員が全員で担いで運営し、社長はその先頭で方向を指示している、というイメージです。

ですから社長が抜けても、他の社員が御輿を担げるなら会社の運営に支障はありません。ただ、社長がいないと道筋ができませんので、御輿を担いでいる誰かが抜けた社長に代わって次代の社長になる、ということです。

このような文化の会社で「今の社長の息子を跡継ぎにする」ということは、やはり「みんなで御輿を担ぐ」というルールに反することになります。もちろん、社員全員がそれに賛同すれば別ですがなかなかそうはならないでしょう。

ですから、ご主人の言う「先に社長にするならリーダーを社長にしてからあいつを中に入れようと思う」というのは、あくまでも「現社長の息子」という意識を減らして、御輿を担ぐ新人、として会社に入れということであり、自分が社長だとえこひいきになる、と考えているのでしょう。「あいつが直ぐに幹部になるのは遥か先でよくあるような飛ばして幹部は不可能だ」というのも、御輿を担ぐ新人としてみんなに認められて育ってはじめて幹部になれる、ということだと思います。

質問者様のご主人は経営者としてとてもすぐれたバランス感覚をお持ちだと拝察いたします。

>確かに同族経営の場合は子供を入れるのが前提かも知れないですが、そういった会社は子供をどうやって育てるのでしょうか?
同族の会社において、なにより重要なのは「先代の息子・娘というのはものすごいブランドと信用である」ということです。私はちょっと違う方向から跡継ぎになったのですが、私に代わった途端に取引が終了したところもありました。息子であれば継続していたと思います(なにせ代替わりの挨拶をして1ヵ月後には切られましたから、私のせいではないと思います)

ですので、その会社の経営が安定していて、十分に仕事が回っているなら息子が後を継いでも基本的には問題はありません。しかし、リーマンショックとかバブル崩壊などの変革期はその手腕が問われるだけです。

こういう会社の継承を見ていると、大体二つの方法があるように感じます。
1、高卒または大卒ですぐに入社し、10年以上かけて継承する方法
 ほとんどの会社がこういう感じですが、デメリットは親子の仲がおそろしく悪くなることです。それはそれは、まあ大変らしいです。

2、同業他社または関係取引先の大手で修行させる
 ようするにコネ入社なのですが、こういう会社も意外にあります。質問者様のところは電気関係だと思いますが、たとえば制御盤を扱う会社とか最近だとLAN関係の工事会社などの入社させて修行させる、なんてことがあるでしょう。そこで、小さな会社にはない「大きな会社での人の動かし方」などを勉強してくるのです。

どちらの方法がいいのかは、その個人や会社の文化などによるのでしょう。成功したか失敗したかは、何十年と立たないと分からないものです。

うちの会社も新聞配達と違って、何年もノウハウがないと仕事ができない職種です。ご主人の会社は仕事の分担と責任感が育っている会社なのでしょう。そういう文化の会社であれば、ご主人の「先代から任されたから社長ではない」というのは名言だと思います。

私も零細企業の経営者です。息子はまだ小さいですが、いずれそういう問題もでてくるでしょう。

質問者様のご主人の会社の「先代」というのは、旦那さんと血縁関係ではなかったのでしょうか?そこが質問文から読み取ることが出来ません(雰囲気的には血縁関係は無いのだろうと想像します)

これはけっこう重要なことで、私の周りの同業者も先代-現社長-次代と親子などの血縁関係で継承していく会社と、その会社に跡取りがおらず、社員から選ばれた人が会社を継承していくところと、分かれています。

血縁関係で...続きを読む

Q社長就任を祝う会のお礼文

先日、私の「社長就任を祝う会」を友人に、開いていただき、来ていただいた人に、お礼文を書こうと思っているのですが、適切な文章が、何か参考になるサイトがあれば、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

先日は社長就任を祝う会にお越し戴き誠に有難うございました。
お陰様で盛況のうち無事終了することができました。
これも単に日頃よりの皆様方の温かい後押しの賜で、
身が引き締まる思いでいっぱいです。
今後ともお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。


参考になると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報