こんにちは

フランス語の文法で質問があります。
否定表現のne~ni niの表現です。

Il n'a ni voiture ni moto.

Il n'aime ni le poulet ni le poisson.

という2つの文章を文法書で見かけました。上はniの後ろに冠詞があるのに、下の文章にはありません。どういう場合に冠詞をつけるのか教えていただければと思います。


また、
Il aime la viande et le poisson.という文章は
Il aime et la viande et le poisson
としてもよいと文法書にありました。

では、
Je cherche un hotel et comfortable et pas cher.
でもいいんですか?

この2点お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Il n'a ni voiture ni moto.



Il n'aime ni le poulet ni le poisson.

この二つの違いは、目的語の名詞が数えられる(と考える)ものか数えられない(と考える)ものかにあります。

数えられるものが目的語で否定であれば il n'a pas de voiture のように無冠詞になるのはご存知と思いますが、pas を ni に変えて2つ並べ「AもBも…ない」と言うときはやはり無冠詞のままです。*ni de となってもよさそうですがここは慣用的にこうなると考えてください。

ni le poulet ni le poisson「鶏も魚も」というのは個体(可算)を意識しているわけはなく物質(不可算)としての鶏肉と魚肉で、これは単数形に現れています。そして定冠詞は「総称」を表し「鶏肉や魚肉というものは全て(好きでない)」ということになります。鶏も魚も細かく言えば種類があるわけですが、ここではそういう細かいことは言わず単に物が好きか嫌いかの問題としているため、「全部」という意味の定冠詞を付けて好き嫌いを表現しているわけです。なお数えられる名詞の総称は les 複数形 とします。

ついでに、動詞が manger「食べる」boire「飲む」avoir「持っている」のようなときは目的語が総称の「全て」というわけにはいかないので部分冠詞を付けます。

Je mange et du poulet et du poisson.「私は鶏も魚も食べる」

これが否定されると Je ne mange pas de poulet. / Je ne mange ni poulet ni poisson. となります。


et A et B は上の文にもあるように「AもBも」という強調形で、A et B と同じではなくニュアンスの違いがあります。et comfortable et pas cher は「快適でもありかつ安くもある」という感じでしょうか。「快適でしかも安い」なら et は一つで足りるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/18 19:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語でショップ名を募集!!!!

フランス語で素敵なショップ名を考えてください!

(例)PETIT JOIE
ぷてぃ じょわ
小さい 喜び

読み方も教えていただけたら幸いです!

覚えやすく響きが良いものが◎。
2つの単語を組み合わせたもよでも可。
アパレル関係に相応しい名前。

素敵な案をお待ちしています。
よろしくお願いします !

Aベストアンサー

上げ足を取るようで済みません。joieは女性名詞なので、この語を修飾する形容詞にeがついてpetite joieとなります。私ならその前に冠詞をつけます。une petite joie(ユヌ・プティット・ジョワ)としたいのですがユヌが言いにくいので、定冠詞をつけてla petite joie(ラ・プティット・ジョワ)の方が、日本人には良いかもしれません。私は悪くないお店の名前だと思います)。

Qフランス語 否定のne

こんばんわ、宜しくお願いします。
フランス語で否定の時に、例えばJe ne suis pasって書きますよね?
これは、書く時はneを入れますが、口に出すときは
neを発音しないと聞いたのですが、本当でしょうか?
お教えください!

Aベストアンサー

現在フランスにいるので、私の周りのフランス人を考えてみると、ほとんどの人が日常会話ではneを省いているといっていいと思います。ただ、正式な発表の場や、先生やかなり目上の人との会話などでは、 ne を入れてるかな、、、 ne を省いた言い方に慣れてしまうと、 ne を入れて話すほうが抵抗感があったりします。あとは、強調の問題かな。前にあげた、Je ne sais pas. ですが、軽く言い流すように、「知らないなー」とか「知らないっ」という感じだと「シェパ」ですが、「しらないわよー!!」という感じで言うなら「ジュ ヌ セ パ」と一音節ごとにはっきり発音して協調する感じになるかと思います。

日本人が日本できちんとした文法を習って、フランスに来て、フランス人と話す場合、「きれいなフランス語を話すね」と言われるというのは、よくある話です。文法にかなったフランス語という意味で。

まだよく文法などがわかっていないうちから ne を省いて会話をするのは、ちょっと危険かもしれないので、一応の文法を習って、実際のフランス人同士の会話を聞いたりする機会が増えてから、話し言葉として ne を省くようにするというか、省くのに慣れたほうがいいと思いますよー。この省略に慣れるのは、簡単なので。映画や、日本の漫画のフランス語訳なども見てみると日常の会話の実情がわかると思います。

日本語と同じで臨機応変というところもあるので、衛星放送で見られるフランス2のニュースで話されるフランス語も聞いてみたりすると、日常会話との違いがわかったりして、おもしろいかもしれませんね。

フランス語を教えるフランス人の先生も、特に初心者には混乱がおきないように、また基本をきちんと覚えてほしいという意味から ne の省略については、話さないあるいはエピソードとしてちょっと話すくらいにとどめているのが普通だと思います。

現在フランスにいるので、私の周りのフランス人を考えてみると、ほとんどの人が日常会話ではneを省いているといっていいと思います。ただ、正式な発表の場や、先生やかなり目上の人との会話などでは、 ne を入れてるかな、、、 ne を省いた言い方に慣れてしまうと、 ne を入れて話すほうが抵抗感があったりします。あとは、強調の問題かな。前にあげた、Je ne sais pas. ですが、軽く言い流すように、「知らないなー」とか「知らないっ」という感じだと「シェパ」ですが、「しらないわよー!!」という感じで言う...続きを読む

Q初めてフランス語を学ぶのに、良い辞書は?

 この春から、ラジオでフランス語を学ぼうと思っている高校生です。
 「フランス語の辞書が必要だな」と思ったのですが、、、なにしろ、初めてで、どの辞書を選んだら良いのかわからなくて困っています。
 ・初心者用
 ・わかりやすい
 ・なるべく持ち歩ける
そんな辞書を捜しています。おすすめの辞書を教えていただきたいです。
ついでに、効果的なフランス語の学び方などがあったら教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

Le Dicoというのが良かったと思います。
白水社から出ています。
かなり分かり易いと思いますよ。
普通の辞書のサイズなので持ち歩きには不便かもしれないですけど・・・

フランス語は発音が難しいので、TVのフランス語講座とかも合わせて講師の口元に注意してみるのもいいかもしれません。
フランス人の友達とかできたらいいですね。

Qフランス語否定文の文法

フランス語初級者です。
否定文の作り方で質問があります。

Nous avons des gommes.

この文を否定文にすると
(1)Nous n'avons pas de gommes.
(2)Nous n'avons pas des gommes.

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1です。直接目的語に付いていた不定冠詞は否定文ではすべて de になります。

J'ai une gomme. → Je n'ai pas de gomme.
J'ai un stylo. → Je n'ai pas de stylo.

不定冠詞の des も de les に由来しますが否定文の目的語という“存在しないもの”に定冠詞の les はありえないという考えがあるそうです。以前ここの回答で見ました。

Q七色 虹色 天使 のフランス語を教えてください

タイトルどおりですが、フランス語は全くわかりませんので「七色」「虹色」「天使」をフランス語では何と言うでしょうか?

また、「七色天使」「虹色天使」だとどうなるでしょうか?

変な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく必要ないかと思い、冠詞の類い(un, une, le, la, lesなど )
は省きましたのであしからず。

◆「七色」ー sept couleurs

◆「虹色」・・・様々な表現が可能です。
ー iris = 虹色
ー coloration irisée = 虹色の彩り
ー couleur arc-en-ciel = 虹色の色調
ー sept couleurs de l'arc-en-ciel = 虹の七色

◆「天使」ー ange

◆「七色天使」ー ange en sept couleurs

◆「虹色天使」・・・より自然な表現を2つほど。
ー ange arc-en-ciel
ー ange en iris

Qフランス語文法・表現で詩的な事象

うまく質問をお伝えできるか自信がありませんが、先日、他の方の、フランス語の名詞の性に関する質問(QNo.3424473・フランス語 女性名詞 男性名詞 )へのお答えから、「男性名詞である大西洋にそそぐ川の名前は女性名詞で、女性名詞の地中海にそそぐ川は男性名詞」というのを拝見し、何か夢想的な詩情を感じました(いまの実際のフランス人がとりわけロマンチックだとは思いませんが・・・)。他に、フランス語文法や表現でこうした類の事象・現象がありましたら是非知りたいと思います。質問の意がお伝えできましたなら、どなたかお教えいただければ嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

帽子に出会うと、何処でも何時でも
女性のうなじの美にも、目線がいく

かような感覚に囚われかねない作品
下記のサイトを是非クリックして下さい

http://peinturefle.free.fr/activite/calligram.htm

Reconnais-toi ではじまり、顔中にはoeil,nezなど
Un peu plus bas c'est ton coeur qui bat と終る
実際の心臓鼓動は自分の方なのでしょう、きっと

ミラボー橋で有名な Guilllaulme Apollnaire の詩
詩に絵画的な視覚導入を図る Calligrammes です
(平たく言えば、-へのへのもへじ-フランス語版)

Qフランス語翻訳サイト

日本語からフランス語への翻訳

友達とドッグタグを作るのですが、そのときに英語じゃありきたりだからフランス語を使おうという話になりました。

日本語からフランス語に翻訳してくれるサイトを探したのですが、英語から翻訳というのしか見つけられませんでしたOTL

どこかいいサイトはありませんか?

Aベストアンサー

私が知っているサイトでは、以下のようなサイトがあります。

・Infoseek翻訳
日本語から翻訳できます。
http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=fr

・Livedoor翻訳
英語から翻訳ができます。
もちろんInfoseekよりも翻訳精度は高いです。
日本語→英語→フランス語としたほうが精度は高いと思います。
http://translate.livedoor.com/

Q『~と思う』の表現法 【フランス語】

フランス語で「~と思う」という意味合いで
Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?

また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すなわち、強い肯定・確信を表す場合に使われます。

例:
Je ne crois pas.
「そう思わない」=「そんなことありえない」
Je ne crois pas qu’il a tort.
「彼が間違っていると思わない」=「彼は間違ってない」

2.penser:

(1)croireとの明確な線引きはありませんが、croireより確信の高い「思う」の意味で使われているように思います。

例:
Je crois que c'est vrai.
「たぶん本当だと思う」
確信度は50%といったところでしょうか。

Je pense que c'est vrai.
「本当だと思う」
確信度は70%ぐらいでしょう。

(2)従って、否定形で強い肯定を強調する用法では、やはりpenseの方が確信が強くなります。

例:
Je ne crois pas. 「信じないわ」
<Je ne pense pas.「思いもしないね」「想定外だね」

3.trouver:

この語が3つの中で一番確信が強い語です。

もともとtrouver「見つける」「発見する」という意味ですから、「~を思う」と判断するまでに、その理由や根拠をある程度吟味してその判断に辿り着いた場合に使われます。従って、それなりの確信を持って判断する場合に用います。

例:
Je trouve qu'il est intelligent.
「彼は頭いいと思うね」
Je trouve qu'il a raison.
「彼は正しいよ」


ご質問2:
<また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?>

状況によりけりで、自由に使えます。

(1)文頭に持ってくると、副詞的な働きも加味して、文のニュアンスを予め示唆できます。

例:
Je crois que,~
「たぶん、~でしょう」
Je trouve que,~
「恐らくほぼ、~だ」

つまり、これから述べる内容の確信度を予め示唆できるというわけです。

(2)文末だと、「100%事実じゃないから念のため」という念押しのニュアンスになるでしょう。

例:
Il es Ichiro, je crois.
「彼、イチローよ。たぶん、、、」
Il es Ichiro, je tvouve.
「彼、イチローよ。絶対そうよ、、、」


ご質問3:
<相手)イチローと松井、どっちが野球優れてるの?
私)うーん、イチローだと思います。>

主観で決められるといいと思います。ご質問の例ですと、以下のように答えると次のようなニュアンスになるでしょう。

例:
Je crois.
「たぶんイチローは松居より少し上」=「そうあってほしい」
Je pense.
「イチローは松居より上」=「そう信じている」
Je trouve.
「客観的にもイチローは松居より上だと思う」=「客観的にそうだ」

ご質問文では、「うーん、イチローだと思います。」と「うーん」と熟考している感嘆詞が入っているので、熟考の結果の判断ですから、確信の強いJe trouve.でいいと思います。


以上ご参考までに。

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すな...続きを読む

Q「ほのか」というフランス語での単語

「ほのか」というフランス語の単語を知りたいのですが辞書等で調べてもわかりません。「ほのかに漂う」などの「ほのかに」という単語は」どんな単語になりますか?フランス語を勉強しているわけではないので全くわからなく失礼な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

natsu0517 さん はじめまして

ご質問の「ほのかに」:フランス語で
通常和訳される副詞を幾つか示します

● delicatement (デリカットマン)
● doucement(デゥースマン)
● faiblement(フェブルマン)
● insensiblement(エンサンシブルマン)
● legerement(レジェールマン) etc

ほのかな対象物(つまり名詞)に焦点を
当てて副詞を形容詞を換えてしまう表現も
十分可能なこと 単語のほのぼのとした
違いはや発音記号は省略です お許しを

Qフランス語(文法その他)の質問

よろしくお願いします。

1.再起代名詞を辞書で引くと、se+動詞 で書かれていますが、
前置詞a(アクサングラーブ) などの後に不定詞で来る場合も、seはやはり主語にそろえるのでしょうか?

また、NHKの講座で下記のような表現がされていたのですが、なぜsesでなくseなのでしょうか?
 Julien et Sophie se marieront un jour.

2.「運も実力の内」という言い回しが日本語にありますが、この意味合いをフランス語ではどういう風に表現できますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問1については、既に回答が出ているので、2について回答します。

先ほど英語のご質問に回答した通りの表現になります。仏語では

La chance accompagne le talent.
(直訳)「運は才能に伴う」

La chance est une bonne compagne du talent.
(直訳)「運は才能の良き仲間である」

La chance est compatible avec le talent.
(直訳)「運は才能と両立する(と一致する)」

La chance consiste dans le talent.
(直訳)「運は才能の中にある」

ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報