現在、化学を勉強してますが専門用語が難しくて苦戦してます。

原子、元素、単体の違いがイマイチ理解できません。

わかりすく説明してください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たとえば、ただ単に「炭素」と言った場合、それが原子、元素、単体のどれを指すのかは誰にもわかりません。

つまり、前後関係とか文脈から判断するしかないんです。それを的確に判断するにはそれなりの知識が必要であり、これがややこしさの原因です。

まず、「元素」というのは概念であると思ってください。「原子」と言った場合には物質を構成する最小単位としての実体をもっています。
あまり適切でない例かもしれませんが、例えば「茶色」といった場合に、それは特定のものを表すわけではありません。しかし「茶色の団子」と言った場合には実体を伴っています。つまり、「茶色」というのが元素に相当し、「茶色の団子」というのが原子に相当します。ただし、多くの場合、原子は1個1個がバラバラになった状態では存在せず、いくつかが集まって分子になります。モノによっては何種類かの分子を作る場合もありますし、金属のように分子にならないものもあります。

では単体とは何かと言えば、同種の原子からなる物質です。また、原子や分子は目に見えないほど小さいものですけど、単体という場合にはそれらが目に見えるほどたくさん集まった状態でもかまいません。たとえば臭素は2原子分子になります。つまり原子が2個つながった分子(すなわち2個の「茶色の団子」がつながったもの)を構成します。その分子自体が「臭素の単体」です。もちろん、それは1個だけでは目に見えませんが、たくさん集まれば目に見えるようになります。その集まった状態であっても「単体」と呼びます。また、金属であれば分子になりませんが、たくさんの金属原子が金属結合でつながった状態になります。これが金属の単体です。
    • good
    • 1

原子とは物質を細かくしていったときの最小の粒子です。


これ以上分解できないという意味でアトムと名付けられました。
(ア=否定 トム=分割する)
元素とは原子の種類です。現在112種類の元素が認定されています。
単体とは1種類の元素だけでできている物質で化合物とは2種類以上の
元素でできている物質です。

たとえば、レゴブロックの巨大なお城があるとします。
このお城が「物体」であり、これを分解すると最小単位のブロックに
なりますが、これが「原子」です。原子は何万物種類があるわけでは
なく、直線のパーツや曲線のパーツや90度曲がったパーツなどの
100種類くらいに集約されます。このパーツの種類が「元素」です。
多くの物体はいくつかのパーツの組み合わせでできていて、これが
「化合物」です。たまに直線パーツのみや曲線パーツのみでできている
物体がありますが、これが「単体」です。
    • good
    • 6

緊急度:至急 の質問ですね#


千秒経過しても解答ないので素人回答#
1.原子とは中性子や陽子などでできた核とそれをとりまく電子雲により構成された物理的存在のある一レベル
2.元素とは様々な構成をとる原子の種類のことであり元素周期表に一覧される原子のリスト
3.単体とは同一種類の元素つまり同一種類の原子だけでそれらが結合して存在している状態
#解凍自己診断10%
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNaClって分子じゃないのですか?

H2やH2Oが分子,Feが分子じゃないのは分かりますが,
NaClは分子じゃないのでしょうか?

分子は2つ以上の原子が結びついたものだと思っていました。

Aベストアンサー

分子であると分子でない物質について前に説明しました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5190771.html

その中でどういう席の座り方をするかは好みによって決まると書きました。
原子の場合は電子の配置で決まります。イオンを作る性質の強いもの、分子を作る性質の強いもの、イオンの電価は、共有結合の場合の結合の数は、・・・。全て電子配置で決まります。これは確かです。
しかし
原子が複雑になると電子配置がはっきりとは決まりません。
(決めることが出来ていないというべきなのかもしれません。本に載っているのはこういうところまではいえるのではないかという大雑把なものです。物質の性質を全て説明できるというところまでは行っていません。)
電子配置と性質とがどういう風に結びつくかが分からない部分もあります。

高校では構造の簡単な原子について電子配置から原子の性質を判断するということをやっています。(番号が20番までの元素を対象にしています。)
電子配置は周期表からわかります。したがって周期表の位置から元素の性質はかなりのところまでわかります。
周期表はそのためにあるのです。「水平リーベ・・・」で覚えて試験が済んだら忘れてしまうというためのものではありません。
「水平リーベ・・・」と覚えて対応できるような問題を出す大学があるかぎりこういう流れはなくならないだろうとは思います。
「悪貨は良貨を駆逐する」という有名な言葉があります。

分子であると分子でない物質について前に説明しました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5190771.html

その中でどういう席の座り方をするかは好みによって決まると書きました。
原子の場合は電子の配置で決まります。イオンを作る性質の強いもの、分子を作る性質の強いもの、イオンの電価は、共有結合の場合の結合の数は、・・・。全て電子配置で決まります。これは確かです。
しかし
原子が複雑になると電子配置がはっきりとは決まりません。
(決めることが出来ていないというべきなのかもしれません。本...続きを読む

Q純物質 混合物 単体 化合物 元素 原子 分子 の用語の使い分け方・違い

化学なんですが、
純物質 混合物 単体 化合物 元素 原子 分子 の用語の使い分け方・違いがいまいち分かりません。

化学初心者にもわかる使い分け方を教えてください。

Aベストアンサー

正しくは,それぞれ次のように定義される語ですが,世間一般には混同して使われる場合も少なくありません.

純物質
ただ一つの化学式によって書かれる物質で構成されるもの
※実際に不純物の全くない(純度100%)物質を作るのは困難で,何らかの不純物が混入している
例)水(H2O),硫酸(H2SO4)

混合物
純物質同士が混ざり合ったもの
例)食塩水(H2OとNaCl),空気(N2,O2など)

単体
ただ一種類の元素から成る物質
※純物質との違いに注意.例えば酸素(O2)は単体であり,純物質でもある.
例)酸素(O2),水素(H2)

化合物
複数の元素から成る物質
例)水(H2O),二酸化炭素(CO2)

元素
原子の種類を指す語.現在,百十数種類の元素が発見されている.
※元素の名称と単体の名称とが同一であることが多いので,そのどちらであるかは文脈から判断
例)水素,ナトリウム
使用例)
カルシウムは骨をつくる成分の一つである.(この場合のカルシウムは元素の名称)
カルシウムは水と触れると激しく反応する.(この場合のカルシウムは単体の名称)

原子
物質を構成している粒子.原子核と電子から成り,原子核は陽子と中性子から成る.さらに,陽子と中性子は素粒子から成る.
原子核に含まれる陽子の個数によって名称(元素)が異なる.
例)水素(陽子1個),金(陽子79個)

分子
その物質としての性質を示す最小単位.原子1個あるいは複数から成る.
例えば水分子はH2Oで,これ以上分割(HとO)すると,水としての性質が失われる.
ヘリウム,ネオンなどの希ガスと呼ばれる元素は,原子1つで分子を構成する.(このような分子を単原子分子と呼ぶ)
例)二酸化炭素(C1つとO2つから成る,三原子分子)
酸素(O2つから成る,二原子分子)
ヘリウム(He1つから成る,単原子分子)

正しくは,それぞれ次のように定義される語ですが,世間一般には混同して使われる場合も少なくありません.

純物質
ただ一つの化学式によって書かれる物質で構成されるもの
※実際に不純物の全くない(純度100%)物質を作るのは困難で,何らかの不純物が混入している
例)水(H2O),硫酸(H2SO4)

混合物
純物質同士が混ざり合ったもの
例)食塩水(H2OとNaCl),空気(N2,O2など)

単体
ただ一種類の元素から成る物質
※純物質との違いに注意.例えば酸素(O2)は単体であり,純物質でもある.
例)酸素(O2),...続きを読む

Q原子分子

中学理科の原子分子で納得できない点があるので、教えてください。
炭素は『分子をつくらないもの』に分類されてるのに、なぜ二酸化炭素分子を作るのですか?

Aベストアンサー

> 二酸化炭素という物質は、その性質を持つ際に分子という形を採る。
> 炭素という物質は、その性質を持つ際に分子という形を採らない。
> このように考えてよろしいですか?

はい。「分子をつくらない物質」だけを言うと誤解されやすいですから、「分子をつくる物質」と比べながら説明するのがいいと私も思います。

Q単体は一種類の原子でできたもの 化合物は二種類以上の原子でできたもの 化学式は物質を原子の記号で表し

単体は一種類の原子でできたもの
化合物は二種類以上の原子でできたもの
化学式は物質を原子の記号で表したもの

原子でできた?
原子で表した?

単体は水素などH_2 Hが2つあるのに原子でできたのはどういうことですか?
分子でできてるくないですか?

Aベストアンサー

気体などでは、単体と分子は被るものがあります。
単体と分子と両方とも要件を満たしていて、どちらも正解といえるのがあります。
ご指摘の気体水素H2は、分子であり単体でもあり、純物質でもあります。
窒素N2、酸素O2、オゾンO3、等は、単体であり分子であり純物質です。
酸素O2もオゾンO3も単体で分子で純物質で同じ酸素原子からできているのですが、分子を作る原子の数が違います。
これを同素体と呼びます。
原子番号(陽子数)が同じで質量数(中性子数)が異なる(放射性)同位体とは別なので注意が必要ですね。

また、希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe、アルゴンArなども、単体であり分子であり純物質ですが、特に単原子分子と言います。

>単体は一種類の原子でできたもの
>化合物は二種類以上の原子でできたもの
上の二つの文章は正確に表現すると、原子ではなく元素と表現したほうが良いですね。

でも、上記の文章で
>…同じ酸素原子からできているのですが…
と表現した部分は、分子の構成要素である原子の数を問題にしているので酸素元素ではしっくりこないです。

>化学式は物質を原子の記号で表したもの
基本的にはそうですが、化学式には種類が多く存在していて、目的に合わせてその都度使い分けることがあります。

また、慣用的な表現で、メチル基をMe、金属元素をM、ハロゲンをXと表すことがあるります。
他にもいくつかの省略表現や、特定の族の原子がくるが数種あるので原子記号に使われていない記号を使い化学式の中での表現に組み込むことがあります。
でも、多分、中学高校ではあまり習わないと思います。
ただ、原子記号だけが化学式の中で使われることはない、と頭の隅でも置いておいても良いかもしれませんね。

言葉遊びのような印象を受けるかもしれませんが、結構、物質を理解する上で重要なことだと私は考えます。

気体などでは、単体と分子は被るものがあります。
単体と分子と両方とも要件を満たしていて、どちらも正解といえるのがあります。
ご指摘の気体水素H2は、分子であり単体でもあり、純物質でもあります。
窒素N2、酸素O2、オゾンO3、等は、単体であり分子であり純物質です。
酸素O2もオゾンO3も単体で分子で純物質で同じ酸素原子からできているのですが、分子を作る原子の数が違います。
これを同素体と呼びます。
原子番号(陽子数)が同じで質量数(中性子数)が異なる(放射性)同位体とは別なので注意が必要ですね。
...続きを読む

Q単原子分子について

二原子分子は「2つの原子からなる分子」なので
単原子分子は「1つの原子からなる分子」だと思っています.
しかし,中学校のとき「銅や鉄は分子を作りません」と習ったような気がします.
銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示すので単原子分子ではないのですか?
もし「銅や鉄が分子を作らない」と言うのが正しいなら,
単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされるべきなのですか?

Aベストアンサー

IUPACの定義によれば、

 電気的に中性な「2つ以上」の原子からなるモノ(entity)

が分子です。
http://dx.doi.org/10.1351/goldbook.M04002

この定義に従うと、「1つの原子からなる分子」というものはありえないので、「『単原子分子』という言葉は誤用」になります。中学校では、この点ではIUPACの定義に忠実な教え方をしていて、ヘリウムは鉄や塩化ナトリウムと同様に、分子をつくらない物質に分類されます。

しかし、岩波理化学辞典第5版の「分子」の項には

 1個の独立の粒子として行動すると考えられる原子の結合体をいう.1個の原子でも化学的に不活性で独立の粒子として行動する場合(希ガス原子)は分子である.

とあります。この定義では、単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされています。

> 単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされるべきなのですか?

どっちでもいいです。その場にいる一番エラい人の言うことに従って下さい。

> 銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示すので単原子分子ではないのですか?

銅や鉄を単原子分子という人はあまりいないです。理化学辞典の定義によれば、少なくとも水銀蒸気は単原子分子と言えるので、銅の蒸気や鉄の蒸気も単原子分子と呼んでも間違いではないはずなのですが。

> 銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示す

この部分も決して間違いではないのですけど、誤解を招きやすい表現だと思いますので、使わない方がよいでしょう。「その性質」と言った時に、物質の融点や電気伝導性など、原子や分子が集まることによってはじめて現れる性質を思い浮かべる人が多いからです。


なお、「学術用語集」に収録されている用語であっても、無批判に使ってよい用語であるとは限らないので注意してください。たとえば、学術用語集 物理学編(増訂版)に収録されている

 グラム原子、カイザー【波数の単位】、モル比熱、Avogadro number、

などの用語は、少なくとも化学の分野では、現在では使わない方がよいとされている用語です。

IUPACの定義によれば、

 電気的に中性な「2つ以上」の原子からなるモノ(entity)

が分子です。
http://dx.doi.org/10.1351/goldbook.M04002

この定義に従うと、「1つの原子からなる分子」というものはありえないので、「『単原子分子』という言葉は誤用」になります。中学校では、この点ではIUPACの定義に忠実な教え方をしていて、ヘリウムは鉄や塩化ナトリウムと同様に、分子をつくらない物質に分類されます。

しかし、岩波理化学辞典第5版の「分子」の項には

 1個の独立の粒子として行動す...続きを読む

Q「単体を表す原子」と「元素の周期表の原子」と何か違いがあるのでしょうか!? 宜しくお願いいたします。

「単体を表す原子」と「元素の周期表の原子」と何か違いがあるのでしょうか!?
  宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

違いどころか!!!「元素の周期表の原子」はありません。
・元素には周期的に良く似た性質の物が現れる 周期律
・周期律を表にしたものを周期表と言います。
周期表は【元素】を並べた物で、【原子】ではありませんから、
「元素の周期表の原子」は二つの意味で成り立ちません。
1) 「元素の周期表」は『元素を周期律に従って並べた表』
2) それの原子というのはない

せいぜい、
★周期表で示される元素を構成する原子は、単体の原子と何か違うのか
でしょうね。
 元素の実体は原子であるが、元素には質量数の異なる同位体原子含む

★化学の教科書の最初の最初を何度も読み返すこと!!
>「単体を表す原子」と「元素の周期表の原子」と何か違いがあるのでしょうか!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という質問が出るという事は、そこを理解できていないことを示します。

 その元素と原子の区別を理解したうえで、
・物質は一種類の元素からなりたつ単体
・異なる元素から成り立つ化合物
 と進むはずです。

違いどころか!!!「元素の周期表の原子」はありません。
・元素には周期的に良く似た性質の物が現れる 周期律
・周期律を表にしたものを周期表と言います。
周期表は【元素】を並べた物で、【原子】ではありませんから、
「元素の周期表の原子」は二つの意味で成り立ちません。
1) 「元素の周期表」は『元素を周期律に従って並べた表』
2) それの原子というのはない

せいぜい、
★周期表で示される元素を構成する原子は、単体の原子と何か違うのか
でしょうね。
 元素の実体は原子であるが、元素に...続きを読む

QNaClはなぜ分子ではないのですか?

NaClは化合物ですが分子ではないと書かれています。何故ですか?何がH2Oと違うのでしょうか?

Aベストアンサー

NaClのNaとClの結びつき方とH2OのHとOの結びつき方の種類が異なるからです。

おそらく中学生の方だと思いますので、くだいた説明をすると、H2Oは水素原子2つと酸素原子1つが非常に強く結びついていて、この3原子の結びつきだけで独立している。NaClはナトリウム原子と塩素原子が同じ割合で結びついているが、ナトリウム原子1つと塩素原子1つだけに特別に強い結びつきがあるわけではない。したがって、NaClはナトリウム原子1つと塩素原子1つが結びついていることを示しているのではなく、ナトリウム原子と塩素原子が1:1の個数比で結びついていることを示しています。たくさん並んでいてどこまでがひと塊か分からないので、一番小さい単位を切り出してきたと考えてもいいですね。

Q単体が気体である元素と、単体が液体である元素をすべて教えてください。

単体が気体である元素と、単体が液体である元素をすべて教えてください。
あと周期表などで覚え方や規則性があったら教えてください。

Aベストアンサー

>>>単体が気体である元素と、単体が液体である元素をすべて教えてください。

この周期表では、原子番号(上の数字)が緑は気体、赤は液体です。(枠の色ではないので注意)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E8%A1%A8
液体は2つしかありません(Br、Ag)

>>>あと周期表などで覚え方や規則性があったら教えてください。

覚え方は、過去のQ&Aがたくさんあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/?status=select&MT=%BC%FE%B4%FC%C9%BD%A1%A1%B3%D0%A4%A8%CA%FD&from=&PT=&nsMT=

「規則性」については、20番のカルシウムまでは、「電子が座る席」というたとえで簡単に説明できます。
S席2つ、A席8つ、B席8つ、C席たくさんがあります。
S、A、B、C順番で、良い席から順番に埋まっていきます。
そして、いちばん後ろの席の半端の数で性質が決まります。
たとえば10番のNeは、Sが2、Aが8つで、ぴったり埋まるので、化学的性質は極めて安定で反応しにくい。
12番のMgは、B席に2つ半端があるので、2価の性質。
9番のFは、A席に1つだけ空席があるので、1価の陰イオンになりやすい。

ご参考に。

>>>単体が気体である元素と、単体が液体である元素をすべて教えてください。

この周期表では、原子番号(上の数字)が緑は気体、赤は液体です。(枠の色ではないので注意)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E8%A1%A8
液体は2つしかありません(Br、Ag)

>>>あと周期表などで覚え方や規則性があったら教えてください。

覚え方は、過去のQ&Aがたくさんあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/?status=select&MT=%BC%FE%B4%FC%C9%BD%A1%A1%B3%D0%A4%A8%CA%FD&from=&PT=&n...続きを読む

Q原子と分子と原子団の違い

高校の化学の質問です。
原子と分子と原子団ってどう違うんですか?

あと原子団は「原子の集まり」と書いてあったのですが
分子も「原子と原子が結びついたもの」だから
分子と原子団って同じじゃないんですか?

誰か教えてください
今週テストなので
すぐ回答がほしいです!!
お願いします

Aベストアンサー

「原子団」と「分子」の違いが疑問なのですね?それらと「原子」との違いは大丈夫ですね?

 簡単に言うと、「分子」はいくつかの原子が結合して完結していると思えばいいでしょう。それに対して、「原子団」は分子の中の部分的な構造です。例えば、酢酸の分子は CH3COOH で、この中に -CH3 とか -COOH とかの原子団がある、という風になります。

Q化学:元素と単体について…

私は今、化学で物質の構成について学んでいます。
問題集の中でよく分からないものがあったので詳しく解説して下さい!

Q.次の文の()内は、ア.元素,イ.単体 のどちらの意味で用いられているか。

A.鉱山から(銅)やヒ素を含んだ水が川に流れ、その流域に鉱毒問題が起こった。

B.(塩素)は少し水に溶け、その水溶液は漂白剤などとして利用される。

C.地殻全体の質量の約47%は(酸素)だ。

D.空気中には酸素、(窒素)などが含まれている。

E.(黄リン)は自然発火する為、水の中に保存する。

F.デンプンやセルロースは(炭素)、酸素、水素からできている。

G.速効性の(窒素)肥料として、硫安{硫酸アンモニウム}が使われる。

H.ダイヤモンドとフラーレンは、(炭素)の同素体だ。

この8つです_φ(・_・;
回答宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

教科書に載っている内容の確認です。
原子・・・物質を構成する基本粒子
     原子が集まって物質を作っている
元素・・・原子の種類
     原子の数は無限と言ってもいいほどであるが種類は少ない。
     約100種類
単体・・・一種類の元素の原子だけでできている物質
化合物・・・・二種類以上の元素の原子からできている物質

A.鉱山からの銅やヒ素を含んだ水が川に流れ・・・
  これを単体であると答えていますね。
  銅の単体は電線の銅と同じものです。固体の金属です。
  水に含まれている銅の塊が川に流れ込んで・・・
  おかしいですね。
     


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング