年齢と共に基礎代謝が落ちると言われますが基礎代謝を落とさず太りにくくするには、どうしたら良いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 年齢とともに進む基礎代謝量の低下は、おもに歳とともに進む筋肉の衰えつまり筋肉量の低下によります。

筋トレを欠かさずにやっても鍛えられる筋肉は限られており(平滑筋・心筋・骨格筋の中の骨格筋だけ)、鍛えられる骨格筋でも数100はあると言われる全部を満遍なく鍛えるのは、日頃の相当な努力がいります。

 しかも筋肉の中でも基礎代謝量に貢献するのは、内臓などを動かす平滑筋や心筋が主になり、骨格筋が貢献する程度は多くありません。ですから歳とともに基礎代謝量を維持するのは、極めて難しいことです。

 基礎代謝量の低下を少しでも食い止めるためには、各種の筋トレを欠かさないようにするとともに、体温を高めに保つ体質に変えることです。体温が1℃高くなると12%ほど、基礎代謝量にすると(体格にもよりますが)140kcalほど増えます。
    • good
    • 0

 基礎代謝は人間が何も活動をしなくても消費するエネルギー量のことですよね。


 一日中寝ていて、食事もせず、呼吸だけをしている時の消費するエネルギーの量です。
 これは体重によって決まります。
 
 一般的には、基礎代謝は17歳頃が最大で、その後は減少傾向にあります。
 年齢とともに、減少することは避けられないことです。
 
 この両方から考えられることは、常に体重を増やしておけば良いと言うことになりますが、それもどんどん太っていくので無理なことになります。
 したがって、一定年齢までは筋肉をつけることで体重を増やさずに基礎代謝を増やすことはできますが、体力の衰えとともに、基礎代謝は落ちざるをえません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング