親族がアパートを借りることになり連帯保証人を頼まれています。
連帯保証人引受承諾書が郵送されてきたのですが、物件住所や名称、借主氏名が記入されていませんでした。
賃貸申込書のコピーも同封されており、そちらのほうには物件名が記載されています。

だからといって無記入の書類に実印を押し、連帯保証人になることに抵抗があります。
親族、不動産会社に確認するべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 大家しています。



 多分仲介業者のミスでしょう。

 仲介業者に連絡して賃貸物件の物件住所や名称、借主氏名が記入されているものを送りなおしてもらうか、お手数でしょうが、ご自分で記入されて署名捺印して送付すれば良いと思います。ただ、家賃等はこれから交渉の余地があるなら記入してしまうと“二重手間”になりますからよく確認なさってください。

 今確認してみましたが、私のところに来ているものは管理会社?が印字したものでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます!

以前、別の物件の連帯保証人になったときは、きちんと印字されているものだったような気がします。
親族とよく話し合ってから署名捺印しようと思います。

お礼日時:2011/04/15 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあ

賃貸借契約について、変更契約や覚書を交わす際、連帯保証人の署名も必ずあったほうがいいでしょうか。(たとえば賃料減額改定のような賃借人に有利な変更でも)一般的には連帯保証人もその都度署名しますか。教えてください。

Aベストアンサー

>連帯保証人の署名も必ずあったほうがいいでしょうか

「連帯保証契約」とは「貸し主と保証人が交わす契約」です。借り主は直接には関係ありません。

なので「連帯保証契約の内容を書き替える」とか「連帯保証契約を更新する」とか、そういう時にだけ「連帯保証人の署名捺印」が要ります。

で、通常、連帯保証契約は「連帯して保証する」とだけ書かれていて、借り主がどういう賃貸契約をしていようが、借り主が賃貸契約の内容を変更しようが、影響を受けません。

将来「連帯保証人のサインが必要な事態」が訪れるとしたら、それば「物件の所有者(貸し主)が変わり、主契約と連帯保証契約の両方を、イチから契約し直さなければならない時」でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報