採点方法なのですが、60パーセントの正解(92問中60問を選択し、36問正解にて合格)
との事ですが、この6割って全体での6割正解すればよいのでしょうか?
それとも、全体で6割あっても、各分野で6割とれてなければダメでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

残念ながら講習会でも、はっきりとした事は説明されませんでした。


しかし午前と午後の部がありますので、マークシートが変わるという事はこの2つは別採点と考えてよいのではないでしょうか。
ただ、分かる問題を選択できるので、そんなに気に病むことはありません。
お勧めの問題集は、地域開発研究所の1級電気工事施工管理技術検定試験問題解説集録版です。
歴代の問題集ですので、出題の傾向が分かります。
答えの意味が分からなくても、丸覚えしてください。
同じような傾向で出題されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございます。
この試験って、分野で何パーセント以上などの決まりってない試験なのですかね。
参考になりました。

お礼日時:2011/04/17 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1級電気工事施工管理技士の実地試験の施工体験とは?

 私は、現在、第一種電気工事士の免許は持っていますが、キャリアアップの為に、1級電気工事施工管理技士を受験したいのですが、施工体験記述をどの様に書けばいいのかわかりません。
一種を持っているとは形だけで、実際している工事は、太陽光発電の工事や、一般家庭のオール電化等、低圧ばかりで、高圧の工事は経験したことがありません。
 1級と言うとやはり高圧の工事の現場責任者ぐらいの経験談を書かないと、受からないんじゃないかと思います。でも嘘を書いてもすぐにばれてしまうとおもいますが、低圧工事の経験でもいいのでしょうか?試験内容はあまりそこまでは書いてありません。
 こんな私では無理でしょうか?
 

Aベストアンサー

一級電気工事施工管理技士に合格した場合、どういった工事に従事できるかを考えれば答えは出てきます。

一級を持っている場合、請負金額が3000万円以上の工事管理ができます。
そして同じく3000万円以上の金額で、下請け発注ができます。
つまりこれがなければ、大型の公共工事はもとより、大規模民間施設の受注は出来ません。
これが、2級と1級との違いです。
低圧と高圧は、全く関係ありません。

要するに、工事経験の中からなるべく大型の工事で、かつ最近のものについて、記述する方が良い答えになると言われています。
勿論、記述内容の方が重要ですので、問われている事に対しては的を得てなくてはなりません。
安全なのか、工程なのか、品質なのか、施工計画なのか、いずれかの管理をどういった方法で成し遂げたのかを記述すれば、良いと思います。
特に難しく記述することはありません。
「高所足場より転落の恐れがあった。セーフティロープ付の安全帯を使用させた」というように簡単に記述すれば良いと思います。
ここで重要なのは、管理の資格なので、管理した経験を記述する事です。
実際は自分が作業員だったとしても、自分が気を付けた事をさせたように記述する必要があります。
それに加え、工事件名、工事場所、請負金額なども記入する必要がありますので、どの工事について記述するのか、予め決めておきましょう。

この他に、2次試験にはやっかいな問題が出てきます。
電気設備について記述する問題です。
太陽光発電についてや誘導電動機についてなど、多くから7つを選択し、それについて何かしらを2つ記述するものです。
7×2=14も記述する必要がありますので、意外と苦労させられます。
浅くても良いので、普段の仕事範囲以外の事も、少しは頭に入れておきましょう。

一級電気工事施工管理技士に合格した場合、どういった工事に従事できるかを考えれば答えは出てきます。

一級を持っている場合、請負金額が3000万円以上の工事管理ができます。
そして同じく3000万円以上の金額で、下請け発注ができます。
つまりこれがなければ、大型の公共工事はもとより、大規模民間施設の受注は出来ません。
これが、2級と1級との違いです。
低圧と高圧は、全く関係ありません。

要するに、工事経験の中からなるべく大型の工事で、かつ最近のものについて、記述する方が良い答えに...続きを読む

Q【電気】「第1種電気工事士」と「第1級電気工事施工管理技士」だとどちらの方が難しいですか? 両者の違

【電気】「第1種電気工事士」と「第1級電気工事施工管理技士」だとどちらの方が難しいですか?

両者の違いって何ですか?

Aベストアンサー

電気工事士は、一般電気工作物の工事に従事する為に必要な資格で、施工管理技士は、特定建設業で、主任技術者や監理技術者として選任される為に必要な資格です。
どちらが難しいかと言っても、試験の内容も業務の内容も違います。(電気工事士の場合は、施工の為の実技試験があります)
なお、第一種電気工事士免許を所持している場合は、実務経験年数を問わず、一級電気工事施工管理技術検定を受験できます。(それ以外は、出身学校、資格により、一定の実務経験が必要です)
なお、第一種電気工事士の場合は、検定試験の受験資格要件はありません。(ただし、免許交付の為には、学歴に応じた実務経験年数が必要です)

Q一級電気工事施工管理技師実地試験

施工管理実地試験の施工体験記述について参考になるホームページはありませんでしょうか?
図書は購入済みでいろいろ勉強しているのですが,施工体験記述に関しては模範解答的な物が無く,自分の解答が良いのか悪いのか判断できない状態です。
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

模範解答は無いですね。私も困りました。
施工体験は各人異なるのと、工事内容で工夫した点や失敗した点を書くため公開できないためだと思います。周りに合格者がいれば教えてもらえると思います。
私はいませんでしたので、講習会に参加し質問時間にたずねました。
結論からすると、
1) 十分な施工管理者としての実務経験があるかどうかが判るように書かれている。(作業員や設計だけ、一定の部分の施工の監督だけではダメで、統括管理や現場所長などで管理した経験があればよい)

2) 施工管理(工程、品質、人員、資材調達、費用管理、安全管理、周囲との折衝などの業務)の経験が盛り込まれている。(尋ねられるテーマは年により異なるため、設問に対応して記述)

3) 工夫した点、失敗した点、今後改善を要する点など教科書に沿ってオーソドックスな知識があると認められるように書かれている

などといわれています。(OHM社等の受験参考書でも同様に記述されていると思います)

準備として自己の経歴、工事実績(現場名、工事概要、工事規模、請負金額、人員、工期)を整理しておきました。また、施工管理のポイント(安全、品質、工期等の施工管理すべき項目)のそれぞれに対して自分の経験を整理しておくことです。

回答スペースは少ないので、冗長に書かずにキーワードを盛り込んで簡潔に記述する必要があります。

たとえば安全を問われたら、
自分の現場と立場を説明の上、朝礼やパトロール、玉掛け、墜落防止など重点実施した内容を記述すればOKと思います。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~JK2M-MRT/2sekou.htm

模範解答は無いですね。私も困りました。
施工体験は各人異なるのと、工事内容で工夫した点や失敗した点を書くため公開できないためだと思います。周りに合格者がいれば教えてもらえると思います。
私はいませんでしたので、講習会に参加し質問時間にたずねました。
結論からすると、
1) 十分な施工管理者としての実務経験があるかどうかが判るように書かれている。(作業員や設計だけ、一定の部分の施工の監督だけではダメで、統括管理や現場所長などで管理した経験があればよい)

2) 施工管理(工...続きを読む

Q1級電気施工管理技士 実地試験の合否について

先日、1級電気施工管理技士 実地試験を受けてきましたが、
うっかりミスで問3(ネットワーク問題)2つと、問5の(2)の
(監理儀技術者の職務)の記述2つを間違えてしまいました。
ただそれ以外の、問1・問2・問4・問5の(1)については、ほぼ
完璧に記述ができたと思っています。
配点は一切公表されていませんので、質問すること自体無意味
なのかも知れませんが、合格できる見込みはあるでしょうか?
来年2月1日まで、気になって仕方ない日々が続きそうです。

Aベストアンサー

実地試験は論文が主眼なので、付属めいた学科試験みたいな部分は半分取れれば充分、と言う感覚でしょう。
問題は論文の構成で、管理すべき全般に触れているかどうかでしょう。
論文を思い起こして検証したほうがいいと思います。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QEB と ELB (漏電ブレーカ)

ずばり、EBとELBの違いは何ですか?
実は、家の分電盤の電力会社のリミッターが30Aで、時々切れてしまうため、40Aに取替えを電力会社に依頼したら、
「まず、今ついている30AのEBを30AのELBまたは40AのELBに交換してからでないと出来ない。」と言われました。
取替えは工事屋さんに頼みますが、自分でもいろいろ知っておきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。40A契約というのは100V利用時換算で40Aということですから単相3線式の場合は20A+20Aや30A+10Aというような使い方となります。
それに対し、30AのELBはどちらか一方の電線に30A以上の電流が流れた場合動作するという機能となります。30AのELBでは最大60A使用が可能ですが最悪30Aしか使えないという場合があります。リミッターが契約目的、ELBが電線保護と目的が違うため機能にも差が有るということです。
40Aのリミッターでは最悪の場合、片線に40Aの電流が流れる可能性があるため、EBの破損や電線の焼損につながる恐れがあることから電力会社では取替えの要請を出したものと思われます。
googonさん宅の工事ではgoogonさん宅の電線太さを確認して30Aか40Aかの選択になるものと思われます。

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。4...続きを読む

Q電気工事の会社

お尋ねしたいのですが、電気工事専門の会社を立ち上げたいとおもうのですが、資格や電気関係の仕事でのルートなどありましたら、教えて頂きたいのですが・・
多分第2種電気工事士の資格がいるのではとおもうのですが・・
起業の方法がよくわかりません。
誰かわかる人がいれば、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

今年の2月に電気工事会社として起業しました。
ご質問の内容にのみお答えさせて頂きます。
公式に電気工事業を営むには電気工事店として都道府県に届け出て知事の許可が必要です。
その申請に資格で最低限必要なものは主任電気工事士としての登録者に第2種電気工事士。または第1種電気工事士です。どちらも年1回の試験で特別な受験資格はありません。あなたに資格が無い場合は社員として雇用した人を主任工事士として任命し電気工事士の資格を持っている必要があります。
先に建設業許可の事にも触れられていますが、起業直後に建設業許可を取得するには一定の条件が必要です。経営者であるあなたが同様の職種で経営に携わる部署にいたかどうかを証明する必要があります。また、資格も必要です。建設業許可の場合は1級電気工事施工管理技士、電検3種以上でも可能です。さらに経営を安定させている証拠として500万円以上の運転資金を口座に確保していることが条件です。一定の条件が満たせない場合は先の県知事許可を得て正規に営業し、約5年間の会社としての実績を提出し建設業許可を得る事になります。電気工事業の営業許可と建設業許可は別のものですが建設業許可で電気工事業を取得すると先の営業許可は兼ねる事が出来ます。
また、営業許可についても主任電気工事士が第二種電気工事士なら営業の種別が一般用電気工作物に限られ、第1種電気工事士だと自家用電気工作物に拡大されます。
概ねこんなところでしょうか。長い文章なので申し訳ありません。
公共工事以外でも再下請負でゼネコンなどの工事を受注する場合など色々と許可についての提出を求められる場合がありますので最低限電気工事業の届出だけでもされたらいかがでしょうか。
法人にされるのであれば尚更必要だと思います。
下請で電気工事業を請負でなく常庸程度でお考えならどうするかは判断されたら良いかと思います。
仕事のルートは多岐に渡ると思います。ある程度の基礎があるからこそ起業されるのでしょうから客先も私から特定出来ないと思います。民間専門、官公庁メイン、ゼネコン、電気工事業の下請負などなどです。請負工事をされるのでしたら、保険関係、許可関係と既得資格を整備されるのが望ましいですね。

今年の2月に電気工事会社として起業しました。
ご質問の内容にのみお答えさせて頂きます。
公式に電気工事業を営むには電気工事店として都道府県に届け出て知事の許可が必要です。
その申請に資格で最低限必要なものは主任電気工事士としての登録者に第2種電気工事士。または第1種電気工事士です。どちらも年1回の試験で特別な受験資格はありません。あなたに資格が無い場合は社員として雇用した人を主任工事士として任命し電気工事士の資格を持っている必要があります。
先に建設業許可の事にも触れられ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報