現在22歳で、今まで育ててもらったことに対して父に感謝はしています。
ただ、好きになることができません。

・母親に対して、「使えない人」や、人前で「このおばはんが~」など言う(同い年なのに)
・自分で「家族の中で一番偉いのは俺」(夫婦が対等じゃない事がショックでした)
・同じ会社の仲間を見下したような発言が多い
・私の事について、私へ直接ではなく母へ文句などを言う

などのことがとても気になり、人として尊敬ができません。
また私はずっと実家へ住み父とも一緒にいますが、父がどんな仕事をしてるのか、どんなものが好きなのか嫌いなのか、土日はいつも何をしてるのか(ずっとパソコンに向かっていることは知っていますが)など、父のことを何にも知りません。
知りたいとも思えません。
一度戸籍を見たことがあるので血縁関係があることは知っていますが、正直身近な存在だとは全く思いません。
何かあっても相談をすること、したことは、記憶の限り一度もありません。(いつも報告です)
普段も挨拶以外はほとんど会話をしません。
たまに会話をする時は、とても緊張します。

愛されているということを感じることは何度かありました。
殴られたなど、虐待のようなことをされたこともないと思います。
普通なら大人になるにつれて関係が良くなることが多いのではないかと思いますが、私は今後どうなっていくのかがとても不安です。

大人になっても親と仲良くなれなかったという方はいらっしゃいますか?
やっぱり、嫌でも仲良くならないといけないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

連投ですみません。


昔を思い出しながら書いていたら腸が煮えくり返ってきましたが、必死で抑えています。

ウチは極端な例だと思います。
質問者様がここまでの事を言ってるんじゃない事も分かっています。

でも好きになれないものを好きになれと言われても嫌悪感は増す一方。
嫌いな時は嫌いで良いと思います。
お父さんがジャレ合ってきてるわけでもないんだしね、お父さんはお父さんで現在は貴方と同じようなスタンスなんでしょ?

質問者様がこの先どういう風に心境変化していくのか分かりませんが、(お互いに)無理なく好きと思える時が来るのを自然体で待つのも良いんじゃないでしょうか?
嫌いなものは考えてるだけで余計にでも嫌いになりますって(笑



因みに既婚者ですか?
もし未婚なら、子供(孫)が出来たりするとまた父親の対応も変わってくるかもしれませんよ。
それがきっかけで家族円満になることもあります。
別に子供を小道具にするって意味じゃないので悪しからず…ね。



ウチは前述の通り両親が離婚して妹とも離れ離れ。

一時はどこで何をしているのかさえ知りませんでした。
(母親と妹2人は繋がりあったようですが。)

みんな独立してやってたけど誰かが病気で倒れれば祖母の家で預かり、また誰かが病気なれば祖母の家へ…という繰り返しで、自分も世話になりました。
そして自然と祖母宅周辺に皆が住むようになりました。

自分もその一人ですが、何年も会ってない妹達とはギクシャクした関係が続いていて悩みの種だったんですよね。
母親ともなかなか上手に付き合えず困っていました。
お互いもうイイ歳になってるし、これまで生きてきてお互いに甘え方や甘えさせ方ってのが分からなかったですからね。


そんな時、足の悪い妹はついに左足切断を決意。
もう痛みが我慢できないし、みんなと同じようにミニスカート履いたり走ったりしたいが理由でした。
因みにホステスをしていて、長女も界隈では名の知れたホステスです。

その見舞いに行ったりして仲が多少深まり、1年前に子供を産んでからは何かと家族が集うようになりました。


母親は良い人と再婚して、長女と共に歩いて10秒の所に住んでいます。


当然ここに父親の入り込む余地はないのですが、質問者様の場合はまだ家族がありますから、また何かがきっかけとなって仲が深まったりする可能性もあるんじゃないでしょうかね。
無理すると相手も感じてしまうことだし、長い目で自然体が良いのかも。


>>やっぱり、嫌でも仲良くならないといけないものなのでしょうか?

あまりこの事は気にし過ぎない方が良いですよ。




己の話ばかりで長々となりまして大変失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。

>でも好きになれないものを好きになれと言われても嫌悪感は増す一方。
嫌いな時は嫌いで良いと思います。

この言葉にとても胸がすっとしました。
私はまだ既婚者ではないので、この先もし結婚や出産があるかもしれませんし、そこで関係を改善することができそうであればそれを素直に受け入れる、やはり合わないと思えば、それはそれでそういうものだった、と思うようにしようと思います。

お母様、妹さん達との関係がよくなり、本当に良かったですね。
これからもっと良くなっていかれることを願っています。
辛いお話なども聞かせていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 15:43

親子と言えども、相性がある。



好きになれないのなら、そのままで良い。

時が解決する事もある。
今はその時期ではないだけ・・とおもう。

ちなみに、私も下の娘とは相性が悪かった。
子供が産まれて・・それも何時のまにか解消・・

焦ることもない、何しろ親子・・永久に縁が切れない。
他人にはない絆がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>焦ることもない、何しろ親子・・永久に縁が切れない。

おっしゃるとおりですよね。関係が良かろうと悪かろうと、一生ついてくる繋がりですし、無理にいじらずに様子を見てみようと思います。
子どもを産んで関係が良くなったという話もちらほら聞きますし、その時に期待をしてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 15:46

ちょっと長くなりそうですが読んでいただいて宜しいでしょうか。



自分は長男で妹が二人です。
幼少~中学まで自分だけ虐待を受けていました。
虐待に加え、奴隷的な扱いや、年に何回か家が崩壊する程の暴挙を繰り返していましたから、その際は大人の力で本気で殴るけるの暴行を受けていました。
母親も暴行を受けています。
家の中に灯油を撒き、火を着けようとしたこともありますし、出刃包丁を投げつけられたり、セットウ(大きいハンマー)を投げつけられたこともあります。
今自分が生きているのが不思議でなりません。

外ヅラは良いのですが、家族には徹底した奴隷主義。
自分が一番で、しかも自分が可愛くてたまらないタイプです。

そして発言に関しては無神経なものが大半で、人を傷つけるなんて何とも思っていない。
喋ると不快な思いしかしたことがありません。

一番腹が立ったのが、一番下の妹が生まれつき足が不自由で回復の見込みがない難病でした。
動脈や静脈のみならず、細い血管に至るまで「もずく状」に絡まっているらしく、将来的にはいつか我慢できなくなり、切断するしかないという診断です。
正常に足をついて歩けないので、ハイハイから二足歩行になってからは左足はつま先しかつけず、ほぼケンケンで飛びながら歩く状態です。

それを承知のはずなのに、人前に出ると妹に対し「お前歩き方が気持ち悪いのう」などと辱めを受けさせ、それが面白いと思っているキ〇ガイです。

また、自分が小学生の頃、たまに捨て犬を拾って帰ったのですが、エサを与えるふりして後ろ手にはバットを構え、近付いてきたら殴り倒すようなことを平気でしていました。
俺の目の前でやるんで強烈に記憶に残っていますよ。

あと小学生の頃に聞いた話ですが、過去に猫の首にロープを巻き、橋からぶら下げて殺して新聞に載っただの、人間とは思えない言動を平気でする悪魔でした。
あんなクズは人間でも父親でもないと思っています。



自分、小さい頃の写真がほとんどありません。皆無と言っていいです。
小学生の頃、なにげに食器棚の奥をあさると、ビリビリに破られた写真が出てきました。
母親に抱かれている写真、一人で写っている写真。
破かれた部分を母親がセロテープで繋ぎ合わせ、食器棚の奥へ隠していたのです。
理由は聞きませんでした。
でも自分は父親の子供で間違いないようです。


父親と生活する中で、いつか殺されるという思いの他に、やはり人前に出ると調子に乗って家族に辱めを与える。
これが非常に嫌でした。
精神的な部分ですね。

とにかく自分本位で無神経、自分以外の生き物はゴミ以下だと思っている、外ヅラだけ良い、家族には強いが自分より強い者には手のひら返す…言い出したらキリがありません。


早く離婚すればいいのにと思っていましたが、母親の思いとして俺が20歳になるまでは…と我慢していたようです。
因みに母親は一番下の娘を産んだころから自律神経失調症を患い、ほぼ動くことも出来なくなりました。
それをサポートすべく母方の祖母が手伝いに来ていましたが、何も状況は変わりません。
そんな生活が続いていた時、自分が夜遅くに帰宅すると何やら雰囲気が違うのを感じました。
祖母に聞くと、母親がビール瓶で殴られ、病院に運ばれたとの事でした。

それが引き金となり、数日後に離婚。


自分は何やら面倒臭いので父親姓のまま、実家にいました。
経済的な問題があるからなのか、長女だけ母親が引き取り、次女はまだ10歳だったのでそのまま父方に。


書くと原稿用紙1000枚でも足りないのでエピソードはこの辺にしておきますが(本当にこれじゃ収まらないですよ)、風の噂で父親が脳梗塞か何かで倒れたと聞きました。
そして今は半身不随らしいです。

父親の口癖は、家族に対して「お前カタワ(身障者に対する差別用語)にしたろうか!」でした。
それが今ではこのザマです。
本当にザマだと思いますし、因果応報全て自分に返ってくるとはこの事です。
こんなこと書いて良いか分かりませんが、もっと苦しんで死んでほしいと思っています。


他人は簡単に「それでも父親なんだから」と言います。
しかし当の本人にしてみれば、一番言われたくない言葉です。

この先父親が死んだらどういう心境になるかは分かりませんが、笑っていられる自信がありますし、何をしようとも思いません。

借金でも残されちゃたまらないので、戸籍上の問題などここで質問しようと思っている次第です。


こんな奴もいますから、自分に正直に生きても良いんじゃないですかね?

父親自身が既に家族や我が子と言う認識さえ持たずに接してきたんだから、こちらが父親と思う必要もないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
辛いことを思い出させてしまい、申し訳ございませんでした。
本当に様々な家庭があるのだと驚かされました。

私は自分の父が悪い人間だとは思いません。いつも働いて帰ってきて、お金も入れてくれて、お酒やギャンブルもせず、暴力もありません。
tnwakabaさんと比べたら、私の悩みなんて本当に大したことではないと思います。
ただ、「それでも父親なんだから」と言われたくないということにはとても共感をしました。
私はやはり父の考え方に共感をすることはできません。「父親なんだから」と言われると、私も父とひとまとめにされているような、今後もずっと付き合っていくことを強要されているようなことを感じます…

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 15:33

私は現在19歳の娘の父親です。


自分自身早くに親を亡くし、複雑な環境で育ってきたこともあり、親のありがたみは身にしみております。親がいないとそれだけでハンデになることも少なくありませんでした。差別さえされることもありました。そうはいっても、親がいたらいたでそれが大変ということもあるでしょう。その大変さは否定しません。

あなたの父親と私が同じであるとは限りませんが、父親にとって娘は壊れものを扱うようなものです。どのように扱っていいのか分からない部分が多いので、戸惑っていることが多いのではないでしょうか。無関心を装った方が楽ですが、何らかのメッセージを母親とのやり取りを通して発しているのではないでしょうか。

あなたの母親は父親のことをどのように思っているのでしょうか。やはりあなたと同じように考えておりますか?まず、あなたの母親の目を通した父親とはどんな人なのかを聞いてい見てください。少しずつでもよいので、父親が本当はどんな人なのかを見てください。そしてあなたから少しずつ話をしてみたらいかがでしょうか。友達の悩みでもいいので、相談してみると意外な一面が見えるかもしれませんよ。

人として・・・・という部分がありますが、私が言うのもおかしな話ですが、男は?(人は)弱い存在です。仕事などにおいては、どこかで自分を優位に立たせておかないと精神的に潰れてしまうこともあります。人を下に見るような言動をすることで自分のポジションを正常に保っていると思ってみてください。あなたの母親は、そんな言動について「ウザい」と思っているくらいでうまく流しているのではないでしょうか。家で偉そうにしているのは、ある意味子どもに戻ってしまっていると考えてみてはいかがでしょうか。子どもだから仕方がないな・・・そう考えてみると、強がっている父親が可愛く見えてくるかもしれません。

私も同じように、家で同僚や後輩を出来が悪い・・・・などとこぼすことがありますが、妻も娘も「へー、そんなんだ、大変だね、頑張って」と聞き流しています。本気で聞いていません。でも、発する当の本人としてはそれだけでストレス解消になることがあります。単純でしょ。

あなたの父親と私が同じであるかどうかは分かりませんが、母親を通してでも構いませんが父親に関心を持ってください。話しかけられたら父親はとてもうれしいと思いますよ。もちろん、あなたは両親の子どもでもありますが、22歳ということは成人した一人の人間ですから、人として父親と接してみてください。それでも本当に人として尊敬できないのであれば、無理に仲良くなる必要はないと思います。反面教師として自分の人となりを構築していけばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早くに親御さんをなくされたということで、この質問でo-rinさんを不快にさせてしまったのであれば、申し訳ございませんでした。
失礼は承知で、私の思うことを書かせていただきます。

>何らかのメッセージを母親とのやり取りを通して発しているのではないでしょうか。

自分に関係のない文句を聞かされるのは、母も気分の良いことではないと思いますし、人を通さずに直接言った方が内容も正確に伝わると思います。父から私へ伝えたいことがあることは分かりますが、なぜわざわざ人を巻き込むのかが理解に苦しみます。
時々父から直接私に何か言われることもあるのですが、私の考え方を否定されることがほとんどです。そうするうちに私も父の事が怖くなってしまったのか、たまに私から声をかけなければならない時はとても緊張し、手の震えが止まりません。

>人を下に見るような言動をすることで自分のポジションを正常に保っていると思ってみてください。

♯2さんのお礼欄にも書かせていただきましたが、やはり根本的な考え方が違うのかと思いました。父は、o-rinさんのおっしゃるようなタイプだと思います。そうしたくなることも、なんとなく理解することはできますが、やはり共感はできません…
そうした考え方もあるんだということで、父のその点については深く考えないようにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 15:23

<嫌でも仲良くならないといけないものなのでしょうか?


好き嫌いは貴方の気持ちで他人の私がどうこうということを言えることはできませんが、貴方はお父様の悪い面ばかりが際立ち、自然と距離を置いてしまっている様子が伺えます。
貴方が列挙したお父様の悪い面を否定する気持ちも分からないでもないですが、人間って完璧な者なんかいません、家族だから本音が言えることもあるし、年頃の娘さんとの対応に照れがあるのかも知れません。
昔、貴方が小さい時、一緒にお風呂に入れてくれたり、遊びに連れてくれたり、学校等の行事には参加してくれたりとお父様と接した時期を一度、思い出してみては如何ですか?

私も貴方程の年齢ではなく中学生の娘がいます(上に高校生の息子がいます)が、まだまだ、ねんねで、お父さん、お父さんと小学生の時よりは、ひっついてこなくなりましたが、当てにはしてくるので、まだよいのですが、父親ってさびしいものなんですよ、この子が大きくなったらなーと、どんな対応になるかなあーとか今とかわらないかなあーとか、ふと考える時もあります。

きっとお父様は貴方との対応も言葉の表現も不器用なんでしょうね、

ただ、貴方の文面の最初に「育ててくれたことに感謝している」ということは救いです。
貴方は、一人で勝手に大きくなったわけではないのです、もちろんお母様との接点の方が圧倒的に多いと思いますが、父親も一生懸命貴方を育ててきたことにより今の貴方があるのですから。
もちろん娘の幸せを祈っているはずです。

置いてしまった距離を修復するのは、即というのは難しいことですが、一例として将来、貴方が結婚したりとか孫が生まれたりとかのきっかけで、簡単に修復出来るものではないですか、
時間が良い方向に解決してくれると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私と父は根本的な、人間性?の部分から違っているのではないかと思います。
私は自分が人の事を言えるくらい立派にできた人間ではないと思っているので、人の事を悪く言うことができません。良い人間ぶりたいとか、そうしたことではなく、「それ、おまえが言うか?」など逆に言われるのが怖いので、言えません。
ですので、父に限った事ではありませんが、簡単に人を悪く言うことそのものが、私は理解できず、あまり好きになることもできません。

父との楽しい思い出も、あるはずだとは思うのですが、全然思い出す事ができません…

私は中学生のころには既に父とはほとんど会話をしていませんでしたので、Gusdrumsさんの娘さんはきっと私よりは素敵な、家族思いの方になるのではないかと思います!

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 15:02

私はそうですよ。

母親と折り合いが悪いです。原因は小学校中学年頃から始まった「私に対する過干渉」です。大人になっても、結婚してもそれは止まず、おまけに元嫁も(離婚しました)過干渉で、私は鬱病になった程です。ところが困った事に、母親は自分が私の病気の原因の大きな要因になっている事を解かっているのかいないのか(一応、先生からは母親に直接、説明はありました)。今は一人暮らしですが、もし同居してたら発狂してるかも知れません。障害者に認定されている為に働くのもままならない。そうゆう時は姉や兄を引き合いに出してくるんだから、たまったものではありません。全然、態度が違うんですよ。私がたま~に実家に行っても「お帰り」でもなければ「ご苦労さん」でも無い。で、姉はパートで働いてるから、帰ってきたらニコニコ顔で「ご苦労さん」と声を掛けるんです。私が喜ぶだろうと思ってDVDから録画した昔の映画を持っていったって喜ぶでもない。酒癖は悪いし、この前なんかあまりの酒癖の悪さに思わず本蹴りを入れてしまいました。絶対に私の忠告なんか聞かないしね。

私はどちらかが先に死ぬまで母親を憎み続けるでしょう。母親といるだけでイライラします。無理に仲良くなろうなんて思いません。無理に仲良くしようと思ったら自分の心に負担がかかってしまいます。たとえ肉親でも嫌いなものは嫌い。それで良いと思いますが。育ててくれた事には感謝しなければならないのでしょうが、それでも憎いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

父も、私が父に対してあまり良い感情を持っていないということは気づいているとは思いますが、なぜ良くないと思っているかの理由も父に話していないので、父も私の事をわけが分からないと思っていますよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報