今年から高校3年生の者です。
進路が決まらなくて困っています。

学びたいのは語学系で、今のところ国公立は
千葉大学:国際言語文化学科
か、
筑波大学:比較文化学類
がいいかなと思っています。

それぞれの長所・短所が詳しくわかる方、
学べる内容などを具体的に教えてくださる方がいたらお願いします。
入試で気をつけたほうがいいことなども、もしあれば。


学校の先生に、「文系ならばどこもやることは変わらない」という
ようなことも聞いたのですが、そうなのですか?
そうだとしたらほかに決め手となるポイントってどこなんでしょう?

ちなみにですが、筑波大学なんかは寮が多いようですが私は自宅から通う予定です。


在校生、卒業生の方でしたらそのことも書いておいてくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>学校の先生に、「文系ならばどこもやることは変わらない」というようなことも聞いたのですが、そうなのですか?  そうだとしたらほかに決め手となるポイントってどこなんでしょう?



言語学・文学系でいえば,大きな大学には,いろいろな国や時代の言語・文学を専門としている教員や,意味論,音韻論,文化論などを専門にする教員がそろっているでしょう。歴史学でも同様のことがいえます。

小さな大学では,これらの人員を揃える余裕(予算)がありません。しかし,ひとりの教員が講義や卒論ゼミでは狭義の専門(その分野で論文が書ける)だけでなく,隣接領域までカヴァーしていることが多いでしょう。文系では高価な実験機材を必要としませんし,原則として個人営業なので(卒論生や大学院生を教員の研究に巻き込まないので),こういうフレキシブルな運用が可能なのです。ぼくも地方国立大学に勤めながら,ずいぶん隣接領域まで教えてますからね 笑。隣接領域では,修士課程までは指導できますが,博士課程となると「かんべんしてほしいな;よその大学院に行ってほしいな」という気がします。

だから,かなり限られた分野を博士課程レベルまでやりたいと明確に思っているなら,文系でもその専門の人がいる(確率が高い)大学を選ぶほうがいいです。大学の公式サイトで教員リストをみれば,簡単に判断できます。
    • good
    • 0

言語学を学びたいのですか?それとも実用外国語(喋ることに力を入れる)ですか?あるいは外国語文学?


各大学のHPで学部学科の開講授業を調べ、その担当の教授の専門分野を調べる、などなど。もっと詳しく調べるのには
専攻学科の研究室などに直接問い合わせることも考えに入れることも、、。先方が嫌とは思わないのでは? 
    • good
    • 0

素朴な疑問ですが、……語学を学ぶのに比較文化学類ですか?


筑波なら国際総合学類かな?と思うのですが。
語学力をつけるにはよいところだと思います。

帰国子女や留学経験者も多く、英語のカリキュラムは充実していると
思います。
あれ?「語学系」って、英語とは限りませんね。


すみません。千葉大はわかりません。
子供時代から慣れ親しんだ大学なのですが(^^;

「文系ならばどこもやることは変わらない」ということはないと思います。
もしかすると、先生の立ち場から見るとそうかもしれませんが、
自分が入学するとなったら、制度にしろ講義にしろ学生生活にしろ
相当違うと思いますよ。


筑波は、1年のときだけ寮で生活する人が多いです。
意外と自宅から通うより安かったりします。
(つくばエクスプレスは高いので……。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一年の時だけ寮とは?
そういった人たちは残りは自宅から通っていたのでしょうか。

お礼日時:2011/05/31 23:23

http://www.chiba-u.ac.jp/exam/nyushi/kokusaigeng …
http://www.hibun.tsukuba.ac.jp/exam/career.html
一般には 大学院進学率の高いほうが、お勉強を頑張っていると言われています
    • good
    • 0

千葉大の特徴を3つだけ挙げると。



駅前から門までダッシュで20秒の好立地。
http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/
東大並みの教養課程を学ぶ。
http://www.fuhen-chiba-u.jp/pub/index.html
学科単位の入試。
http://www.chiba-u.ac.jp/exam/pdf/ippan.pdf

通学が必要以上に便利なのは、言いかえると、大学の前に学生街がないということ。
教養課程(普遍教育)が長いというのは、言いかえると、1年次はすきな学問になかなか入れないということ。
学科単位で入試が違う、ということは、予備校などでぴったりの勉強法は教われない、ということ。
私は、第一志望じゃなかったんですが、この大学で学べて良かったと思っています。ゆっくりじっくり勉強に専念できる環境です。
私は、自分の専攻と違う方向で就職をしたんで、この教養課程がしっかりしているというのは、とても良かったです。また、専攻の分野もこの中で学ぶので、学問全体の中での位置がいきなり専攻を学ぶよりもより鮮明になったり、外部の講師を招いての講義も多く、いろいろな話を聞けたというのは宝物です。勉強していた当時は気づかなかったですけどね。

でもね。もし、どこでも同じように学べる大学がいいのなら、千葉大と筑波大は向いてないと思う。学ぶことが仮に一緒だとしても、環境は全然違うし、どっちの大学も、結構頑張って、かなり特殊な勉強環境を用意してくれていますよ。
向き不向きもあると思うし、自分の判断で考えるしかないし、運も大きいと思いますし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング