A statement of claim filed in the High Court at Auckland by the Pepperwood Mews body corporate says that in 2002-03, Housing NZ and developers Prime Group hatched plans for what has now become Pepperwood.

About August 2003, Housing NZ struck an agreement with Prime for the design and construction of the big complex.

Investors were drawn to buy units, the claim says, because they were marketed as a "blue chip" investment.

The complex was leased as state housing but evacuated when severe structural defects were found.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 2002-3年度オークランドのニュージーランド最高裁にペパーウッド会社によって提出された損害請求書で、ニュージーランド建築省と開発業者プライム・グループは結託して、現在のペパーウッドとなった計画を立てたと述べた。



 2003年8月頃、ニュージーランド建設省とプライムは、この大きな住宅群建設のデザインで合意に至った。

 これらは「ブルーチップ(優良)」株と印象づけられため、投資家は、買いに走った、と損害請求書は言う。

 この住宅群は政府所有の物件として貸し出されたが、構造的に大きな欠陥が発見され、空にされた(=住めないことになった/住居として不適当だと判定された)。

 the Pepperwood Mews body corporate は、「ペパーウッド会社」としておきました。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング