6月にプラド(120系2700TX)を購入しました。
車をその日はじめて使用する(最低1晩はおいた状態)際、エンジンを始動して、エアコンのスイッチを入れると、ガッーというギアが空でかみ合うような嫌な音がします。
1日の最初の始動でしか音がしないため、ディーラーに行っても原因が分かりません。(通勤で使っているため、点検ではなかなか預けられません)
プラドのエアコンはこんなものなのでしょうか?将来的に故障しそうでちょっとドキドキしています。ちなみに、エアコンの効きの悪化や運転中の異音などはありません。
原因が思い当たるかたは是非教えてください。また、早めに手を打ったほうが得策と思われるなら預けて点検してもらいます。
アドバイスください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

エアコンのコンプレッサーはギアで接続されているわけではなく、ベルトによる駆動によりマグネットクラッチを経由してエンジンからの動力を得ています。

野の駆動経路でそのような音が発生する可能性はきわめて低いでしょう。そこで考えられる原因としては、コンプレッサー内部のベーン(ベーンロータリーコンプレッサーの場合)がハウジングをたたく音がそのように聞こえる可能性があります。エアコン起動後の数秒間で収まるようであればそれほど気にする必要はないのですが、エンジン回転が低い状態で長く続くようであれば点検(ガスの過充填や冷却不良)の必要があると考えてください。

ベーンロータリー型のコンプレッサーは特殊なオイルを使用してしますので、スタンドなどで補充用として販売されているオイルを充填することは決してしないでください。粘度やシール性能の差だけではなくベーンのダンピング性能の問題でコンプレッサーに致命的なダメージを与える可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹鳴恐怖症です。 実際周りに腹の音は聞こえてるんですか?

腹鳴恐怖症です。
実際周りに腹の音は聞こえてるんですか?

Aベストアンサー

http://www.gaskeshi.com/kusuri/kyofusho.html

Q始動時のエアコンの異音

サファリ(平成4年ですがまだ6万キロ)に乗っています。始動時にエアコンを入れるとコンプレッサー付近から、カリカリカリというちょっと大き目の音がします。スイッチを切ると止まります。でも3分ほど動かしていると(温まってくると?)、音が消えてしまいます。エアコン自体はよく冷えます。車検の際、ベルトをちょっと締め気味してもらったのですが、かわりありませんでした。

エアコン付近の音の質問は過去にもありますが、温まると消えるというのはありません。どんな問題なのでしょうか?放っておいていいでしょうか。

整備工場では「ベアリングの問題かも?」で、それだけの交換はできないのでコンプレッサーごと交換(リビルド品)で、ガス・工賃とも一式で8万くらいといわれましたが、こんなもんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マグネットクラッチ部分のベアリングが悪くなってエアコンスイッチオン時に音が出ることもあります。それでしたらコンプレッサーごとの交換ではなく、ベアリングのみの交換も可能です。

マグネットクラッチ磨耗による隙間の不適正でも異音が出るときがあります。それでしたら調整またはマグネットクラッチのみの交換で修理が可能です。

明確な根拠の無いオイル補充はやめておいたほうが無難です。オイルの入れすぎは、逆にコンプレッサーの破損や冷却能力の低下を招きます。仮にオイル不足でベアリングが損傷し大き目の異音が出ているとしたら、もう今からオイルを入れても手遅れです。

いずれにしても、エアコン関係の修理は電装関係専門の修理工場に下請けに出す整備工場が大半ですので、整備工場の人もエアコンの修理についてはあまり詳しく知らない人も多い(コンプレッサASSY交換程度なら簡単なので、自分のところでする工場もあります)です。あまり鵜呑みにしないほうが良いと思います。

直接そのような電装関係の修理をしているところにもって行ったほうが良いと思いますよ。(タウンページにも載っていますよ。)

マグネットクラッチ部分のベアリングが悪くなってエアコンスイッチオン時に音が出ることもあります。それでしたらコンプレッサーごとの交換ではなく、ベアリングのみの交換も可能です。

マグネットクラッチ磨耗による隙間の不適正でも異音が出るときがあります。それでしたら調整またはマグネットクラッチのみの交換で修理が可能です。

明確な根拠の無いオイル補充はやめておいたほうが無難です。オイルの入れすぎは、逆にコンプレッサーの破損や冷却能力の低下を招きます。仮にオイル不足でベアリングが損...続きを読む

Qあなたの「恐怖症」はなんですか?

世の中高所恐怖症や閉所恐怖症など
さまざまな恐怖症がありますが
自分はこんな恐怖症であると言う
ものをご回答下さい。

Aベストアンサー

「高所恐怖症」です。

何かで読んだのですが、ビルの屋上とか橋の上、飛行機等の乗り物に乗って
高いところが怖いというのは、人間の本能的なものなので高所恐怖症とは
言わないそうです。落ちたら確実に死にますからね。
で、本当の高所恐怖症というのは、駅のホームとか中途半端?な高さが
怖いことをいうらしいです。
落ちても死ぬことはないし、上手く落ちれば怪我もしなさそうな高さですよね。

私はそういう意味での「高所恐怖症」です。
ホームの端が怖くて歩けません。
椅子とか3段ほどの梯子の上に立つと、足がすくんで動けなくなります。
学生の頃、学校のプールの飛び込み台にすら立てませんでした。


あとはどなたかも回答されてましたが、「つぶつぶ恐怖症」です。
つぶつぶ状のものが密集してると、背筋がゾクゾクしてきます(><)

金属同士が擦れあう音も嫌です。やはり背筋がゾクゾクです;;
ステンレスのお玉で、同じくステンレスやアルミのお鍋をかき回すときなんか
エライ神経つかいますよ(笑)

Qエアコンの効きが悪い

最近、暑くなってきてから車のエアコン効きが悪いのです。エバポレータの入り口はすごく冷たいのに出口は気温と同じです。

Aベストアンサー

一般に、ガスが不足した場合に、入り口だけが冷えて、出口側は室温と同じになります。
エアコンを動かしているとき、冷媒は液化の状態でエバポレーターに入ります。そして、出口にむけてガス化して行き、出口付近で完全にガスになります。この、液→ガスになるときに熱を吸収して、冷えるのです。
ですので、エバポレーターの途中まで冷たくて、それ以降が冷たくないのであれば、ガスがそこまでしかないと言うことになります。
今まで、エアコンをかけていて白い霧を吹いたりしたことがありませんか?ガスが少なくなってくると、吹き出しから霧を吹くようになってきます。その様な現象があった場合には、ガス不足が最大の要因となります。
その他、まれにですが、圧縮機の圧縮不良の場合があります。ただ、少しは冷えていると言うことであれば、可能性は低いと思います。
まあ、専門家に見て貰えば分かることなので、今までの方がおっしゃっているように、見て貰うのが一番でしょう。

Q(男女別)どんな恐怖症を持っていますか?

過去に似たような質問も出ているのですが、今回は性差を見たいと考えているので新しくトピックを立てさせて頂きました。

(1)どんな恐怖症があるか。
(恐怖症は、その対象への恐怖心が他人には一概に理解されがたいという点が、ただの怖いとの違いだそうです)
(2)その恐怖症を克服したいと思うか、あきらめているか。
(3)男性か女性か(できれば年代も)
以上の3点について、お聞きしたいです。

典型的な恐怖症として、高所恐怖症、閉所恐怖症、暗所恐怖症、特定の動物への恐怖症、男性(女性)恐怖症などがあるそうです。
もちろん典型的ではないものを回答してくださってかまいません。
ちなみに私は犬恐怖症です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)粒々恐怖症。
昆虫が苦手だからと思います。
それを連想させるような、小豆の粒々たっぷりの和菓子を見た時、鳥肌が立ちました。
 昆虫恐怖症。
たまに海老とか蟹を見てもぞっとする時があります。
(2)生理的に受け付けないものなので、諦めています。
(3)女性。40代前半。

Qエアコンの効きが悪い(継続質問です)

20万キロ走行、1998年フィリッピン製のマツダ・ファミリア(当地タイではMAZDA323)ですが、先日、エアコンの効きが不安定、ということで質問させていただきましたが、その際はいろいろな方からご回答を頂きおかげさまで大変勉強になりました。
改めて御礼を申し上げます。有難うございました。
さて、その後じっくりと運転中のエアコンのオンオフの様子を観察しておりましたら、コンプレッサーがオンになった後、車内の温度が十分に下がらないうちにコンプレッサーがオフになっていることに気がつきました。そのまましばらくするとまたコンプレッサーはオンになるのですが、オンで働いている時間が十分でないため冷えが悪いようです。それで、いろいろといじくっていましたら、コンプレッサーが(自動的に)オフになっているときに、最強のポジションにあった温度調節レバーを、弱の方に少し移動するとオンになることに気がつきました(オートエアコンではないので、このレバーは温度調節というよりも冷媒の流れを調節しているような感じです)。
そのまま運転を続けると、以前よりもかなりよく(多分正常に)冷えているようです。このことから何か推測できることがあれば教えていただけるとうれしいです。
ちなみに、冷媒ガスの量は正常、コンデンサーも汚れてはいないそうです。エアコンの運転表示ランプは常時点灯しています(自分があえてオフにしない限り消えることは無いという意味です)。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

20万キロ走行、1998年フィリッピン製のマツダ・ファミリア(当地タイではMAZDA323)ですが、先日、エアコンの効きが不安定、ということで質問させていただきましたが、その際はいろいろな方からご回答を頂きおかげさまで大変勉強になりました。
改めて御礼を申し上げます。有難うございました。
さて、その後じっくりと運転中のエアコンのオンオフの様子を観察しておりましたら、コンプレッサーがオンになった後、車内の温度が十分に下がらないうちにコンプレッサーがオフになっていることに気が...続きを読む

Aベストアンサー

だいぶ苦労されてますね。
実車を確認してみないとなんともむずかしいですね。
フィリッピン製のファミリアにはヒ-タ-が無いんですか?

エアコンの温度制御方法は最近の車両はほとんどがサ-ミスタ方式によって制御されています。その場合、温度調整レバ-は可変抵抗になります。
このタイプなら最強のポジション位置は最も使用する位置の為、その一部分のみ接触不良になるのも納得できますね。
しかし、質問者さんの補足によるとレバ-の操作がかなり重いとのことですよね。
可変抵抗ならそんなに重くなるはずないんですが‥
ヒ-タ-が有るならエアミックスによる温度制御も考えられます。ク-ラ-ユニットの中にヒ-タ-コアがありエアミックスダンパ-により冷気と暖気の混合割合をコントロ-ルします。この方法ならワイヤ-コントロ-ルになるはずなので重くなる可能性もありますね。
しかしヒ-タ-が無いとなるとまとはずれですね。
調整レバ-付近のカバ-を外し確認出来れば良いのですが‥

ちなみに冷媒の流量調整はエキスパンションバルブで行われます。
最近の車は電子制御が増えていますが、古い車は感熱タイプかも知れません。エバポレータ-付近の低圧側に付いています。90度(角度)エルボのような部分に金属のダイヤフラム(径2,30ミリ)が付き。そのダイヤフラムからキャピラリ-チユ-ブ(直径2,3ミリ?の細管)がエバポレータ出口へつながっています。
も少し新しいとエルボ様ではなく100ライタ-二つ分位のアルミブロックにダイヤフラムが付きます。それぞれダイヤフラムにニードルバルブが連結され冷媒のコントロ-ルをしています。エンジンル-ム側、もしくはエバポレ-タのすぐ近くにあるはずです。
いずれの方法にしても外部から手動のコントロ-ルはしていません。

だいぶ苦労されてますね。
実車を確認してみないとなんともむずかしいですね。
フィリッピン製のファミリアにはヒ-タ-が無いんですか?

エアコンの温度制御方法は最近の車両はほとんどがサ-ミスタ方式によって制御されています。その場合、温度調整レバ-は可変抵抗になります。
このタイプなら最強のポジション位置は最も使用する位置の為、その一部分のみ接触不良になるのも納得できますね。
しかし、質問者さんの補足によるとレバ-の操作がかなり重いとのことですよね。
可変抵抗ならそんなに重くなるは...続きを読む

Q~恐怖症

恐怖症はphobiaとありますが

space alcで検索すると
ドイツ恐怖症Germanophobia
アメリカ恐怖症Americanophobia
高所恐怖症altophobia
犬恐怖症cynophobia

などとありまして

たとえば猫恐怖症といった造語(?)を作りたい場合
どのように作ったらいいでしょうか?
phobiaの前に付く単語はラテン語なんですかね?

Aベストアンサー

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachnophobia と綴り、前半の arachno- はやはりギリシャ語源で「クモ」、すなわち全体で「クモ恐怖症」ということ。

…という訳で、ギリシャ語源でまとめた「猫恐怖症」を調べてみますと、他の方の回答にもある ailurophobia または aelurophobia というのがそれに当たるようです。読みにくいですが、各々「アイルロフォビア」「イールロフォビア」のように発音。前半の ailuro-/aeluro- がギリシャ語源で「猫」の意です。

余談ながら、後半部分の -phobia を -philia(由来はギリシャ語φιλια = philia = 友情)に変えると、「その対象物を(しばしば病的なまでに)好きであること」の意味になります。ご参考まで。

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachn...続きを読む

Qエアコンの修理時、点検用のフロン代を請求

2006年式のイタリア車を所有しています。
先日、エアコンの効きが悪かったので、
ディーラーにて調べてもらうと、ガス漏れとの事でした。
まぁ、修理をすることに関しては特に問題ないのですが
修理に入る前、点検用のフロン3本の代金を請求されました。
まだ修理には入っておらず、修理後まとめて請求ってことになっています。

ガス漏れと判別されるまでのフロンなんでしょうが
これって普通、請求されるものなのでしょうか?
しかも、点検で3本も必要なのでしょうか?

正当なものでしたら正当なものとして受け入れますが
不当なものなら、さすがに1万弱はキツイので・・・。
ご存知の方、並びに業界の方、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

業界で仕事をしていますがエアコンのトラブルで一番多いのはエアコンガスの不足と配管からの漏れです。初めに点検するのは点検窓からですがよく減るのであれば配管を点検します。次にコンプレッサーです。ただのガス不足であればガス代金だけでいいです。もちろん修理が必要でも料金はいただきます。 ガスを充填して初めて故障と判ったのですから。

本数ですが国産車でも2~3本は入ります。
どの様なガスを使っているのか判りませんが1本2,3000円します。

Q男性恐怖症、女性恐怖症。

題名通り、男性恐怖症と女性恐怖症についてなのですが。


男性恐怖症と男嫌い、女性恐怖症と女性嫌いはどのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

恐怖症は体が拒否して受け付けない
嫌いは自分の意思で受け付けない

Q法定点検と無料点検について

本日、車検の手続きをしてきました。新車後の初の3年目なので一番簡単な車検のみにしました。(法定点検なしの)見積もりをもらう時もとくに不備はないとのことだったのですが、法定点検はみなさま、どのように受けてらっしゃるのでしょうか? 新車なので自分で確認すれば良いとも言われたのですが(整備士さんに言われた訳ではありません)契約のときにおまけで付いてくる無料点検でどのくらい補えるものなのでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10年ほど自動車整備士をやっていた者です(゜゜)(。。)<「自動車検査員」所持

出先で壊れたところを自分で直せるスキル&24ヶ月点検内容で、これだけはやっとかなくちゃヤバい...ってところを自分でできるスキル、それと何かあっても自己責任って自覚。
これらがあるのでしたら、一番簡単な車検のみでもイイんではないかなぁ?
ただ、整備付法定点検を一切受けずに「ユーザー車検に毛が生えた」程度の車検を受けていて、何かあってから「あの時しっかり点検しておけば・・・」なんてのがイヤでしたら、素直に整備付法定点検を受けるべきです。

元々「法定点検」というのは「法定」であって、法律で定められた受けなくてはいけない点検です。それを「法定点検なしの見積もりを出す」って時点で、その業者さん、怪しすぎです(^▽^;)それって、見ず知らずの人にちょっと手数料払ってユーザー車検を受けてもらっているのと同じですよ。
そしてこういう業者さんに限って、車検後「ブレーキの効きがおかしいんだけど。あとベルトから音がするんだけど。」->「車検時には効いていましたよ。ベルトも切れてなければ車検には通りますよ。点検修理するなら別料金です。」
もちろんこれは法律的にも問題なし。

あとは距離にもよりますね。
一回目の車検で4万も5万も乗っていてユーザー車検で・・・なんてのは論外です。(地球一周って4万kmですよ。地球一周した無整備の飛行機・・・乗れます?)
3年で5千しか・・・なんて人も論外。自動車は、乗らないから壊れるって部品も多々あります。
年間5千前後は乗っていて、且つ確実に定期的に油脂類は交換しており、今現在一切何の問題も無い・・・そんな状況なら格安車検も選択肢のひとつとしてアリかな?ってくらいです。

「安物買いの銭失い」「後悔先に立たず」
そうならないスキルあっての格安車検です。

10年ほど自動車整備士をやっていた者です(゜゜)(。。)<「自動車検査員」所持

出先で壊れたところを自分で直せるスキル&24ヶ月点検内容で、これだけはやっとかなくちゃヤバい...ってところを自分でできるスキル、それと何かあっても自己責任って自覚。
これらがあるのでしたら、一番簡単な車検のみでもイイんではないかなぁ?
ただ、整備付法定点検を一切受けずに「ユーザー車検に毛が生えた」程度の車検を受けていて、何かあってから「あの時しっかり点検しておけば・・・」なんてのがイヤでしたら、素直に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報