国産のお勧めな、ディーゼル発電機メーカーを教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ディーゼル発電機といえば、ヤンマーです。


http://www.yanmar.co.jp/construction/products/di …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 12:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日産のディーゼルのSUVの排気ガスを韓国が問題にしている件

韓国車はいまだにユーロ5のままでなかなかユーロ6をクリアできなくていなくてよかったです。
さて、韓国はルノー系韓国日産のディーゼルのSUVの排気ガスが問題に無理やり持って行ったようですが、韓国環境局のテストはどうやって無理やりテストしたのでしょうか?韓国車も同じように横車でテストしていますかね?

Aベストアンサー

日産だけがやり玉にあがるように、他のテスト車両に比べ、数値が悪くなるようにテスト中のアクセル開度を意図的に、急激にパカッパカッと開けるようにしたのではないでしょうかね。
韓国のやることですから、公平なスタンスでの試験ではないように思えます。
雑(下手くそ)なアクセルワークになれば数値は悪くなるでしょうし、試行回数に意図的なアクセルワークサンプルを多めに入れてしまえば良いとおもいますけど。
韓国から見て三菱は戦犯企業扱いですから。それを傘下に収めた日産ルノーは格好の標的ですからね。
ヒュンダイは三菱自工から多くの技術供与を受けて来ました(この技術供与には米クライスラーが噛んでます)。
作れるけど、低コスト生産重視で、エンジンなどの主要機関の得られた技術を進化させるための研究投資はしない。
大宇は破綻後は完全にGM傘下の企業で、現在はシボレーブランド生産だし。
自国自動車産業の首を絞める様な韓国車のテストなんて絶対しませんよ。

Qディーゼル発電機

ディーゼル発電機メーカーなのですが、やまびこ(新ダイワ)とエアーマンどちらがいいでしょうか?
何方か分かるかた教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも遜色ないとは思いますが

小型のものなら新ダイワ
大型なら エアマンじゃ無いでしょうかね

建設現場でリース使用する大型発電機もエアマンが多いですね

新ダイワも最近では 大きな発電機をリリースしている様ですが
多分 中身は ヤンマー等のOEMかもですね

実際に現場で使用している新ダイワのエンジン溶接機DGW310DMC
ですが とても快適に使用出来ています

使用状況にもよるでしょうが発電だけなら 正直どちらも変わらないと思います

取りあえず

Qディーゼル車、今の内に手放した方が安全でしょうか?

もうすぐ7年が経とうとする大型SUVのディーゼルに乗っています。私の住んでいる地域は規制対象地域ではありません。今は良くても後々が…と不安な事があります。それは…

今は規制地域では無いが将来、規制地域になるかもしれない
全国的にそうなった場合、相場が一気に下がり大損するかも
反対に大型SUVガソリンの中古車相場が一気に上がるかも

そう考えると今の内に手放して置いた方が無難なのではと思うのですがどうでしょうか?

中古車検索サイトでSUVのディーゼルを検索したら東京、神奈川、大阪なんて皆無に近いですし、反対に北海道なんかはたくさんあります。国内で需要がある内が花かな?なんて思っていますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

私も趣味が釣りということもありデリカスペースギアロング4WDディーゼル平成7年式16万kmに乗ってます、今年から自動車税も増税になりムカついていますが、今のライフスタイルにはこいつがピッタリなのでまだまだ乗りますよ、同タイプのガソリンなんぞに乗ったりしたら燃料代で大赤字ですよ、車も可愛がって乗ってやらないと可哀想ですよ!

Qディーゼル発電機

ディーゼル発電機の出力波形歪率と、整定電圧変動率の違いを教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネットでサーチされると早いのではとは思われますが。

"発電機 出力波形歪率" ==>
http://item.rakuten.co.jp/kaientai/ef900fw/
【波形ひずみ率8%以下。制動巻線採用による波形ひずみ率の向上】
出力電圧波形が理想的なサイン波形からどれだけ歪んでいるか、高調波の基本波に対する割合です。
無負荷時、(定格)負荷時の両方の値があるようです。

"発電機 "整定電圧変動率""
単に電圧変動率と言った場合は、定格出力(定格電圧、電流、力率)負荷状態の発電機の界磁電流値を保ったまま、無負荷状態にした場合どの位の出力電圧になるかの値で、無負荷時には5-15%程度電圧が上昇するようです。

整定電圧変動率は同じく定格負荷から無負荷状態になった場合の電圧上昇率ですが、電圧自動制御装置を働かせた場合の値のようです。
0.5 - 2%程度とされているようです。
 

Qディーゼルの乗用車

昨今国産車のラインナップからディーゼルが無くなって
しまいました。しかしトラック分野では新長期規制
を前倒しでクリアとかNOX・PM法をパスとか見かけ
ます。技術的に困難ではないようですね。だとしたら
自動車メーカーはなぜ新世代クリーンディーゼルを
乗用車に載せないんでしょう。ミニバンやSUVで
ガソリンを撒き散らしながら走ってる方がよっぽど
環境破壊だと思うのですが。

Aベストアンサー

需要がないせいですよね。日本ではディーゼルは悪役です。(都知事のせい?)
最近のディーゼルはガソリンにひけをとりませんよね。

乗り心地という面でディーゼルはガソリンに
劣りません
騒音、加速性能、レスポンス、馬力
どれを取っても不利なものではありません。

日本の車で欧州に輸出しているのにはいいディーゼルのモデルがあるのにな。
たとえば、マツダ6(日本名アテンザ)のディーゼルの紹介記事です。
http://www.auto-web.co.jp/newmodel/MAZDA/sedan/MAZDA6/

参考URL:http://www.auto-web.co.jp/newmodel/MAZDA/sedan/MAZDA6/

Qディーゼル発電機の出力及び選定

お世話になります。仕事で自動車補修用スポット溶接機を使うのですが、もともと動力用契約電力が小さく済んでいた所へ、スポットを入れはじめたとたん電灯線にノイズが入るようになりまた。(後に東電より栃木は動力と電灯線が共用?で供給され、そのためと判明)容量が足らないせいか出力も出し切れていないようです。そこで、三相発電機を使って対応できないだろうかと思い、いろいろ検討してみたのですが回答がでません。どれ位の出力発電機クラスがよろしいのでしょうか?そもそもこの溶接機、使用頻度が少ないのですが、ないと困るし。かといえ、契約を倍に上げるのも考えているところです(仕事使用なのだから当然と言われそうですが…)溶接機は最大入力16KVA、インバーター内蔵で二次側DC10000A、0.1~0.5秒の通電時間コントロールができます。追記、受電(東電より)の電力と発電機による電力は波形が違うと聞いたのですがこれは不具合に繋がるのでしょうか?また、契約容量に差がないのに溶接時のドロップ電圧が違うのはなにかあるのでしょうか(試験地は栃木東電で150V,宮城東北電力で180Vの溶接時ドロップ) 以上、まとまりが悪いのですがご回答いただけますでしょうか。

お世話になります。仕事で自動車補修用スポット溶接機を使うのですが、もともと動力用契約電力が小さく済んでいた所へ、スポットを入れはじめたとたん電灯線にノイズが入るようになりまた。(後に東電より栃木は動力と電灯線が共用?で供給され、そのためと判明)容量が足らないせいか出力も出し切れていないようです。そこで、三相発電機を使って対応できないだろうかと思い、いろいろ検討してみたのですが回答がでません。どれ位の出力発電機クラスがよろしいのでしょうか?そもそもこの溶接機、使用頻度が少な...続きを読む

Aベストアンサー

>後に東電より栃木は動力と電灯線が共用?で供給され…

これは、一般的なことですからご安心ください。

>どれ位の出力発電機クラスがよろしいのでしょうか…

出力だけを考えるなら、溶接器の最大入力 13kVA以上あればよいということになります。
ただ、話はそう簡単ではなく、ピーク負荷時の電圧変動幅、周波数の変動幅などを考慮する必要があり、溶接器の仕様を子細に検討しなければ答えは出ません。カタログ数値だけでは判断できない部分もあり、溶接器メーカー、発電機メーカー双方に問い合わせることも必要でしょう。

>発電機による電力は波形が違うと聞いたのですがこれは不具合に繋がる…

一般的に、可搬型の発電機は商用電源に比べ、電圧や周波数の変動幅は大きいものです。言い換えれば。小形のディーゼルエンジンは、発電所の超大型蒸気タービンほどシビアな運転など、とてもできるものではないということです。
溶接器にとってもよくない環境であることは間違いありません。

>栃木東電で150V,宮城東北電力で180Vの溶接時ドロップ…

どちらも契約は同じとのことですが、両方とも、その溶接器を使うと届け出た上での話でしょうか。
電圧降下は、電線の太さと長さによって決まります。電線が細ければ細いほど、また長ければ長いほど電圧は大きく下がります。
一方、電力会社は電圧降下を一定限度に納める義務があり、届けられた機器の容量に見合う太さの電線を張っていきます。ただし、電力会社は引込線までです。引込線までが十分な太さであっても、お客様構内の電線が細ければ、やはり電圧が落ちることに代わりはありません。
東電か東北電かの問題ではなく、正規の契約がなされているかどうか、また、構内の配線が関連法規の定めるとおりになっているかどうかだと想像します。

>かといえ、契約を倍に上げるのも考えているところです…

お気持ちは理解できますが、その前に今の契約は適正なのか見直してみたらどうでしょうか。下げられるところは下げた上で、必要なものは追加するということです。

(1) 「進相コンデンサ」を取り付けて、基本料金を下げる工夫をしているか。
(2) 不要な設備が届け出たままになっていないか。
(3) 事務所などで三相エアコンを使っているなら、不使用月は完全に電源を切っているか。三相エアコンは、待機電力が家庭用とは比べものにならないほどある。

>後に東電より栃木は動力と電灯線が共用?で供給され…

これは、一般的なことですからご安心ください。

>どれ位の出力発電機クラスがよろしいのでしょうか…

出力だけを考えるなら、溶接器の最大入力 13kVA以上あればよいということになります。
ただ、話はそう簡単ではなく、ピーク負荷時の電圧変動幅、周波数の変動幅などを考慮する必要があり、溶接器の仕様を子細に検討しなければ答えは出ません。カタログ数値だけでは判断できない部分もあり、溶接器メーカー、発電機メーカー双方に問い合わせるこ...続きを読む

Q今後、国産車は全体的にハイブリッド車やクリーンディーゼル車等へ移行して

今後、国産車は全体的にハイブリッド車やクリーンディーゼル車等へ移行していくのでしょうか?
現在、SUV車の購入を考えているのですが、新車を買うか中古車を買うかで悩んでいます。
新車の購入を思い留まっている理由に、現在は国産車が次世代のハイブリッド車やクリーンディーゼルに移行しようとしている過渡期なのではないか?と思うからです。
ハリアーのハイブリッド車や、エクストレイルのクリーンディーゼル車も出たしで、SUVやミニバンでも今後国産車が全体的に変わって行くタイミングであるなら、現在高いお金を出して国産車を買い10~15年乗るよりも、ある程度安い中古車で5年くらい乗って、今よりも安く、高性能になった次世代の新車を買った方がいいのではないか?と思うのです。
(高い買い物なので、新車は15年くらい乗りたいと思っています)

現在車業界はハイブリッド化やクリーンディーゼル化を一部の車種ではなく全体的に進めようとしているのでしょうか?
また、何年くらいで状況がかわると予想しますか?5年くらいではそんなに変わらないのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

車の省燃費化は今後も進みます。日本の税制対応(省燃費車の税金が安くなる)もそうですし、海外では燃費の悪い車を売るとペナルティが課される場合もありますので、カーメーカー各社は燃費競争に必死というわけです。

ところで、日本の例で言うと、各車種の上位グレードとしてハイブリッドは増えていくと思います。クリーンディーゼルはイメージがついていないので、5年くらいでは増えないと思います。

ハイブリッドに関しては、これから5,6年。もしかしたら10年かかるかも知れませんが、確実に性能が伸びると思います。今は、そこそこ大きなモーターを積んで電気自動車にエンジンもついているという考え方と、基本はガソリンエンジンでアシストとしてモーターもついているという考えと両方あり、各社がいろいろ試行錯誤している段階です。日本のような停止と発進が多い環境ではハイブリッドは無類の燃費性能を誇りますが、高速道路ではブレーキ回生の機会が少なく、モーターと電池の重量が足かせとなるので、むしろ燃費は落ちるかも知れません。こういったことは、アメリカやヨーロッパで売っていく際の課題となるので、真に競争力の高いハイブリッド車は、これから出てくるのだと思います。

先進国が燃費規制を厳しくする中で、中国なども今後規制を盛り込んでいくと思いますので、まだまだ燃費競争は続きます。5,6年であれば、欲しくなった時が買い時でしょう。その時の最新モデルを買えば良いと思います。

車の省燃費化は今後も進みます。日本の税制対応(省燃費車の税金が安くなる)もそうですし、海外では燃費の悪い車を売るとペナルティが課される場合もありますので、カーメーカー各社は燃費競争に必死というわけです。

ところで、日本の例で言うと、各車種の上位グレードとしてハイブリッドは増えていくと思います。クリーンディーゼルはイメージがついていないので、5年くらいでは増えないと思います。

ハイブリッドに関しては、これから5,6年。もしかしたら10年かかるかも知れませんが、確実に性能が伸び...続きを読む

Qディーゼル発電機の配線方式

計画停電対応のため、リース会社よりディーゼル発電機を借りてきました。

60KVA級?(日本車両社製 型式NES60P)で電圧端子がU、V,W、Oとあります。

カタログでは3相、単相対応となっているようですが、事務所の電灯回路(単相3線式100/200V 15Kva)と三相回路(水道ポンプ計5kw程度)は同時使用可能でしょうか?

このような発電機はスター結線となっているようですが?、三相200Vに合わせると、単相回路が1/√3で115Vとなり、電圧が高すぎることになりませんか?

各々専用に2台借りてこないとだめでしょうか

おねがいします。

Aベストアンサー

他社製品では同時出力が有りますが
質問の機種NES60Pの使用詳細があまり公開されてないので
おそらくは 切り替えで使用だと思います

http://www.yamabiko-corp.co.jp/shindaiwa-japan/?p=4515
マルチジェネレーター 異なる発電機を一台のエンジンで回す様子
http://www.rent.co.jp/icons/sanki/contents/07data/bundenban.htm
専用分電盤接続用コンセントから単相200V級と100V級を同時に取り出したいときは、
切り替えスイッチを単相3線側に切り替えることにより、
電圧調節なしで両方の出力を取り出すことができます。
今までの単相100V級は115/127Vでしたが単相3線式により
100/110Vという一般家庭と同じ出力になりました。
パソコン、コピー機などのOA機器にも適切な電圧を供給します。

>このような発電機はスター結線となっているようですが?、
三相200Vに合わせると、単相回路が1/√3で115Vとなり、
電圧が高すぎることになりませんか?

三相電圧が200Vの時、単相電圧は200V × 1/√3 = 115Vとなります。
もし、発電機に三相又は単相の200V負荷が接続されない場合には
発電機の電圧調整器にて出力電圧を調整してください。
三相出力電圧を185Vに調整すると、185 × 1 / √3 = 107Vとなります。

正確な仕様情報はリース屋さんに再度確認することを勧めます

他社製品では同時出力が有りますが
質問の機種NES60Pの使用詳細があまり公開されてないので
おそらくは 切り替えで使用だと思います

http://www.yamabiko-corp.co.jp/shindaiwa-japan/?p=4515
マルチジェネレーター 異なる発電機を一台のエンジンで回す様子
http://www.rent.co.jp/icons/sanki/contents/07data/bundenban.htm
専用分電盤接続用コンセントから単相200V級と100V級を同時に取り出したいときは、
切り替えスイッチを単相3線側に切り替えることにより、
電圧調節なしで両方の出力を取り出すこ...続きを読む

Q最新のディーゼル

先日自分の前の車が最新式のディーゼル車
でした。その車の後ろを走りましたが、
ほとんど黒煙は吐いていませんでした。
最新型のディーゼルエンジンはかくもきれいな
エンジンかと驚かされました。

これだけきれいだと熱効率の高さや耐久性
などメリットが光ってきます。いまでこの
2トン近くあるミニヴァンやSUVなどガソリン
を撒き散らして走ってます。しかしこれだけ
良ければ積極的にディーゼルに切り替えた方が
環境にいいと思います。どっちが環境にいいで
すか?またいいとしたら自動車メーカーは
普及させないのでしょう?

Aベストアンサー

現在あるものの中で最も(コストなどのバランス的な部分も含めて)優れていて高性能なエンジンは直墳式のLPGエンジンだそうで、ヨーロッパで少し普及しているそうです。日本のタクシーもLPGですけど、キャブレター式の為にパワーが出ないですが、聞いたところによると直墳のLPGエンジンは気化効率がよい(元々はガスですからね…)ので、ガソリンエンジンよりも性能が出しやすいという話もあるみたいです。なのに何故日本には無いのか?日本の法律では直墳LPGエンジンのインジェクターは『高圧ガス製造行為に当たる』ために『高圧ガス製造免許』が必要で、なおかつ車が『高圧ガス製造所』として扱われることになるからだそうです、全くそんな馬鹿な…って話ですよね。

で、次点にくるのがDME燃料のディーゼルエンジンのようです。DMEは再製可能燃料なので机上の理屈ではすぐにでも切替えたい所ですが、供給体制が(しがらみとか含めて)色々あって、あまり進んでいないようです。

なお、DME用ディーゼルエンジンはほとんど軽油用のディーゼルエンジンと同じようなので、特に技術的な問題は少ないようですが、軽油とDMEの熱量がだいぶ違うので、まったく同じエンジンというわけにはいかないのが実際に市販車を作る場合のネックになるんじゃないですかね。(どっちかにチューンすると当面インフラ整備が進む間の『軽油・DME兼用車』を作って売らないと売れないけれど、ちと難しそう)

で、最後が最新式ディーゼルエンジンなのですが、日本メーカーも実はヨーロッパでは随分最新ディーゼルエンジン搭載乗用車売ってるらしいですよ。騒音と排ガス規制の違いから、そのまま日本市場には受け入れるのは無理らしいのですが、頑張ればなんとかなるんじゃないですかねぇ?ここにも何か変な力とか思惑が働いているんでしょうか?その部分は私は知りませんが。。。
(ヨーロッパ仕様車の場合、燃費と黒鉛が重視されていて、NOxもいい線は行っているものの、仮に日本で多くの乗用車が最新ディーゼル車に切り替わってしまった場合には、交通量が多すぎてNOxに関しては技術がまだ追い付かなくてガソリンに頼っているという面はあるやに聞いた憶えがあります。)

現在あるものの中で最も(コストなどのバランス的な部分も含めて)優れていて高性能なエンジンは直墳式のLPGエンジンだそうで、ヨーロッパで少し普及しているそうです。日本のタクシーもLPGですけど、キャブレター式の為にパワーが出ないですが、聞いたところによると直墳のLPGエンジンは気化効率がよい(元々はガスですからね…)ので、ガソリンエンジンよりも性能が出しやすいという話もあるみたいです。なのに何故日本には無いのか?日本の法律では直墳LPGエンジンのインジェクターは『高圧ガス製造行為に当たる...続きを読む

Q非常用ディーゼル発電機の運転方法

非常用のディーゼル発電機が職場にあります。これを、監視から操作できない場合、現場で全て手動で補機動かして運転する場合があります。まったく原理も操作手順もわからなくて、困っています。どなたか、教えて頂けないでしょうか?説明のあるホームページを教えて頂けたら、大変助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補機があるくらいの大型のようですね。冷却水や油圧,廃棄ダンパーなど全てが自動でシーケンス動作してくれなければ遠隔自動起動はできません。
現場で手動で動かすのは起動インターロックを全て現場で確立しているためです。
ディーゼルは始動が難しいので、最低月1回は自動運転するする必要があります(燃料が灯油ならそれを使って入れ替える意味もあります)

操作手順は取扱説明書、無ければインターロック図,シーケンス図、展開接続図があるはずですし、非常電源用であれば認定点検が必要なので契約している保守業者が持っているはずです。少なくとも主任技術者がいるはずですから尋ねて見てください。

それを見て、起動に必要な条件をリストアップし、何が原因で自動運転が失敗するのかを突き止めるのが先決です。水面計、油圧圧力スイッチなどは普段動作していないとうまく働かないことがあります。液面計は詰まると動作しないので定期的なオーバーホールが必要です。

非常発電機は万一の際の最後のよりどころなので運転員の方も十分理解してスタンバイ状態に維持しておく必要があります。

オーム社などから運転に関する書物が多数出ていますから一度探してみてください。

補機があるくらいの大型のようですね。冷却水や油圧,廃棄ダンパーなど全てが自動でシーケンス動作してくれなければ遠隔自動起動はできません。
現場で手動で動かすのは起動インターロックを全て現場で確立しているためです。
ディーゼルは始動が難しいので、最低月1回は自動運転するする必要があります(燃料が灯油ならそれを使って入れ替える意味もあります)

操作手順は取扱説明書、無ければインターロック図,シーケンス図、展開接続図があるはずですし、非常電源用であれば認定点検が必要なので契約して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報