小学校高学年の子から、小学生の子供が顔に傷(1.5cm程度)をつけるようなことをされた場合(故意でない)、その子または親を過失傷害罪で警察へ訴えることはできるのでしょうか?
それがだめな場合、どのような対応がとれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今回の場合は、加害者が小学生という年齢ですから、刑事告訴をしても事件にはなりません。


刑事事件は「14歳」以上しか適用にはなりませんが、その当該児童を警察に告訴した場合は、警察は「非行事実」として児童相談所へ通告することになります。

>それがだめな場合、どのような対応がとれるのでしょうか?
1)治療費全額
2)通院交通費
3)通院付き添い人の交通費
4)後遺症への賠償
5)慰謝料
上記を請求ができますが、どうしても感情的になりますから、弁護士を入れて事務的な話し合いでの解決がいいでしょう。
    • good
    • 0

警察に訴えるのは無理です。



14歳未満は触法少年といって、刑法の罪に問うことは出来ないのです。


ただし、民法上の損害賠償は可能ですので、
それによる治療費や慰謝料などを親に請求することは出来ます。
    • good
    • 0

過失傷害罪につきましては、親告罪でもあり、弁護士等の意見も大きく分かれるものでもありますので、ここでの回答などは控えます。

が、
質問文の場合には、小学生同士でのことですので、遊んでいる時などに起きたものと推測されますので、そこまで罪をかぶせる必要があるのか大変疑問に思います。
双方での示談協議により、示談による解決を図られるべきだろうと痛感致します。
無論、弁護士に相談された上で、弁護士が罪として立件できますなどとなれば、弁護士と警察官立会いの元で、目撃していたとされる子供さんたちも含めての現場検証なども必須となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2016年H28年) 子供の名前ランキングが、発表されました。

今年の子供の名前ランキングが発表されました。

もし一度だけ名前が改名出来るとしたら、改名したいですか?
どんな名前が希望ですか?

お待ちしています。

Aベストアンサー

40年近くこの名前なので…
今更名前変更はこの歳では思いつきません。まぁ、改名は希望ないですが、名前の漢字を読みは同じで違う漢字にするなら、アリかなぁ〜って思いますね。

Q重過失傷害罪と業務上過失傷害罪、どちらが重い罪?

重過失傷害罪と業務上過失傷害罪とでは、どちらが刑法上の罪は重いのでしょう?

Aベストアンサー

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高い
はずなので、同一の注意義務に違反しても逸脱の程度が大きいからであって、その
意味では「重過失の一類型」だという考え方が一般的で、過重についての法的根拠
としては「特別に高度な注意義務が課されているとする説」、「法律的意味の考慮
が不足しているとする説」 、「被害法益が重大とする説」、「認識の範囲が広く
また認識が確実とする説」等々の学説があります。

また「重過失」とは、「通常の過失に対して、行為者の注意義務に違反した程度が
著しい場合、換言すれば、些細な注意を払うことを怠った場合」をさすようです。

従って通常人が予想するとおり、罪の軽重としては、「過失」「業務上過失」そして
「重過失」の順に重くなるのが理論上は正しいでしょう。

osapi124でした。

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高...続きを読む

Q子供の名前ランキング「翔」が人気の理由

2010年の子供の名前(男性)ランキングを見ると、
1位と3位に「翔」という漢字が使われています。

▼生まれ年別の名前調査 名前ランキング2010
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/etc/ranking/best100/

これって、なぜその漢字や名前が人気になっているのでしょうか?

一昔前は、皇后 美智子様がブームになって、美智子という名前が多くなったり、
荒木大輔さんがブームになって、大輔という名前が多くなったりと、
子供の名前につけるのに理由がわかりやすかったのですが。

何かしら理由があるかとは思っているのですが、
思い当たらないので、分かる方がいましたらぜひ教えてください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今は漢字の持つイメージと、音の響きで名前を付ける時代です。
昔は有名人と同じ名前が流行ったりしましたが、今は逆で、なるべく他人と同じ名前にしたくないという傾向です。
「翔」は未来に羽ばたくイメージで、好まれる字の一つです。
名づけ辞典にもよく登場しますので、記憶に残りやすいのかもしれません。

いくら漢字の意味が良くても、音の響きが良くなかったり、昔の名前に有りがちなありふれた名前は敬遠されることが多いです。

Q過失傷害罪・重過失傷害罪の時効は?

今、「過失傷害罪・重過失傷害罪」の刑法上での時効について調べているのですが、六法全書には載っていませんでした。


どなたかご存知でしたら教えてください!


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公訴時効ではなくて、刑法上の事項ですね?
刑法209条、211条第1項、32条を参照ください。

公訴時効なら、上記に加えて刑事訴訟法250条を参照ください。

Q【子供の名前を叩く風潮】今の子供の名前を付けると「キラキラネーム」と言われ、昔の名前を付けると「しわ

【子供の名前を叩く風潮】今の子供の名前を付けると「キラキラネーム」と言われ、昔の名前を付けると「しわしわネーム」と言われ、名前を付けたら、どっちにしろバカにされるので、名前のランキングを見てランキング上位の名前を付けて、味方を増やして、名前を叩かれるとベスト10に入ってる名前なんですけどと言うと、「いま流行りよねえー いい名前ねー」と大人全体が世間体を気にし過ぎて、保育園、幼稚園、小学校にはランキングの名前の子が大量にいる。

今の名前を付けるとキラキラネームで、昔の名前を付けるとしわしわネームとバカにされるのでランキングの名前しか付けれない。

子供の名前を付けると今の名前を付けても昔の名前を付けても叩く風潮どうにかなりませんか?

Aベストアンサー

書きやすく、読み違いのない、子供のことも考えた名前にすれば、言われないと思うよ。

Q騒音トラブルから過失傷害(傷害罪)へ・・・続きです(長文)

先日はNo.1412177(http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1412177)についてご回答頂き、ありがとうございました。
思いがけないトラブルによる動揺と法律知識が皆無だった為に事実に反する認識をしておりましたが皆様にご指摘頂き大変に助かりました。
5月中旬に階下の住人(女子大生)の母親から入った騒音クレームに主人が謝罪しに行き、その際お互い支えていた玄関ドアから主人が手を離した為に先方が「頚椎捻挫全治2週間」のケガをされ被害届けを警察に提出しました。
事件当日も警察を通じ謝罪の意思を示しましたが全く受け入れて貰えず、被害者のご主人が個人事業をされている関係上、すぐに顧問弁護士を立ててこられました。
こちらも当方の弁護士を通じ、被害届けを取り下げて貰えるように既に3ヶ月以上も交渉していますが全く進展致しません。
最近になって弁護士からの情報で「警察は診断書に誤りがなかったのか再確認している」「警察が被害者に再び事情聴取を行った」と聞きました。
最初は難しい件だと言っていた当方弁護士も被害者の余りにも非常識なクレーマーぶりに「とことんやりましょう」と強気に交渉してくれてはいます。実際の交渉相手である被害者のご主人も「自分は一刻も早く示談で済ませたいが妻は頑として聞き入れない」と困り果てているようです。

長々と書きましたが皆様に教えて頂きたいのは「傷害罪で被害届けを出していた事件を過失傷害で告訴することは可能か」と「虚偽の被害届けでの虚偽告訴罪(刑法172条)あるいは虚偽申告(軽犯罪法第1条第16号)は適応されるのか」です。
なんとなく最悪の状態からは脱した感がありますが被害者が今後、民事を起こすかも?等不安は付きません。早期決着を心から願ってはいるのですが。
みなさま、宜しくアドバイスをお願い致します。

先日はNo.1412177(http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1412177)についてご回答頂き、ありがとうございました。
思いがけないトラブルによる動揺と法律知識が皆無だった為に事実に反する認識をしておりましたが皆様にご指摘頂き大変に助かりました。
5月中旬に階下の住人(女子大生)の母親から入った騒音クレームに主人が謝罪しに行き、その際お互い支えていた玄関ドアから主人が手を離した為に先方が「頚椎捻挫全治2週間」のケガをされ被害届けを警察に提出しました。
事件当日も警察を通じ謝罪の意思を示し...続きを読む

Aベストアンサー

1.過失傷害罪での再「告訴」について。
 刑法や刑事訴訟法では「被害届」より「告訴」のほうに重きを置いているようですが、現場の警察官に取っては、どちらも犯罪捜査の端緒のひとつであり(内部告発や新聞記事が端緒になることもある)、被害者からこれらの情報がもたらされ、そこに犯罪を疑う事実があれば、捜査に着手することになります。

 例えば、法律に疎い市民の被害届が傷害罪に基づくものであったとしても、警察は法律に基づいて検察へ送致(=書類送検)するので、刑法のどの罪状に該当するかは適切に判断すると思います。
 ですから、最初に「被害届」が出されたとき、警察は傷害罪、過失傷害罪の両方から事件を捜査しているはずです。

 まだ、警察の捜査段階であれば、今後捜査が進展し、警察が傷害罪での送検を見送ったとすれば、同じ事件なら過失傷害罪での送検も見送ったと判断していいと思います。改めて、被害者が過失傷害罪で告訴しても、「事件性なし」ということで警察は告訴を受理しない可能性があります(告訴すれば、必ず受理されるものではない)。

 この場合、警察の対応に不満な被害者は、検察庁へ告訴することも考えられます。検察官が告訴を受理すれば、直接捜査指揮をとることもあります。
 しかし、「面と向かった状態でドアから手を離したら相手がけがをした」という言いがかりに対して、検察官が告訴を受理するか疑問です。たとえ、受理しても捜査の結果、不起訴処分になる可能性があると思います。

2.虚偽告訴罪について。
 基本的に警察は、被害者のために被疑者を逮捕し、送検するのではありません。刑法等に基づいて犯罪が認められるので、捜査し被疑者を逮捕、送検するのです。

 この被害妄想の強いおばさんに対しては、警察に全てまかせて、質問者さんは心労を重ねないことです。このおばさんが虚偽告訴罪に問われようが、問われなくてもどうでもいいことではありませんか。

3.民事訴訟について。
 民事で不法行為に基づく損害賠償を請求してくる可能性については、相手次第としかいえませんが、この場合、相手が質問者さんの夫の行為に違法性があること、違法性と損害との間に因果関係があること、故意または過失があることなどを立証する責任があります。相手が立証できなければ、裁判官は「原告の請求を棄却する」という判決を出すことになります。

 また、不法行為による損害賠償請求権の時効は3年間です(民法724条)。そして、裁判は、原則として被告(=訴えられた方)の住所地を管轄する裁判所で開かれます。
 民事についての勝訴の可能性は、ご依頼されている弁護士に聞かれたほうが確実です。

4.送検について。
 手続き上、警察は検察へ送致(=書類送検)せざるをえない場合もあると思います。回答の補足に「本人はかなりショックを受けております」と書かれていましたが、検察へ送致されたこと自体は、それほど深刻に受け止めることではありません(交通事故における人身事故は全て業務上過失傷害罪で送検されます)。

 平成17年度「犯罪白書」から「罪名・処理区分別の検察庁終局処理人員(第2表)」のページを下記に貼っておきます。
 この統計によると、平成6年~15年に傷害罪で送検された者のうち、起訴された者は18%、略式起訴された者が30%、不起訴が26%、家裁送致(未成年)が26%でした。
 単純に言えば、傷害罪で送検された成人のうち3人に1人は不起訴処分です。ご主人の場合、たとえ送検されても十分、不起訴処分になる可能性は高いと思います。

 それでも万が一、検察が略式起訴を提示してきたら、略式を蹴って公判請求したほうがいいと思います(無罪になる可能性があるから)。

参考URL:http://www.gov-online.go.jp/publicity/book/kanpo-shiryo/2005/050216/siry0216.htm#mokuji1

1.過失傷害罪での再「告訴」について。
 刑法や刑事訴訟法では「被害届」より「告訴」のほうに重きを置いているようですが、現場の警察官に取っては、どちらも犯罪捜査の端緒のひとつであり(内部告発や新聞記事が端緒になることもある)、被害者からこれらの情報がもたらされ、そこに犯罪を疑う事実があれば、捜査に着手することになります。

 例えば、法律に疎い市民の被害届が傷害罪に基づくものであったとしても、警察は法律に基づいて検察へ送致(=書類送検)するので、刑法のどの罪状に該当するか...続きを読む

Qベスト10入りの子供の名前。

ベスト10入りの子供の名前。

もうすぐ出産予定で子供の名前を考えています。
第一印象で気に入った名前があるのですが2009年の名前ランキングベスト10に入っている名前です。
今年の妊婦雑誌などみていても毎月どこかに、その名前の子がいるので2010年も人気がある名前だと思います。

人気の名前は幼稚園や小学校で同じ名前の子が数人いるとか聞くと抵抗があるのですが、実際子育て中の方で、当時人気の名前をつけた方今までに同じ名前(よみ)の子に会いましたか??
同じ名前がクラスに何人かいるとやはり先生などからは苗字で呼ばれるのでしょうか?
人気の名前をつけて良かった事、後悔したことありますか??

ちなみに苗字はとても変わってて親戚以外まだ同じ苗字の方に会った事がないので同姓同名にはならないとおもいます。

Aベストアンサー

私の名前は、生まれた前後数年トップ10入りしていた名前でした。
漢字は違っても、同じ読みの子は学年にわちゃわちゃいました。
旧姓も非常に多かったので、先生からはフルネームで呼ばれていましたね(^_^;)
でも別に、名前を呼ばれ振り向いて別の子が呼ばれてたとしても、特に気にはなりませんでしたよ。
「あ、私じゃないのか」ってだけでしたね。

今小1の娘を育てていますが、今はトップ10に入っている名前の子って意外と少ないです。
「『子』がつかなければ『○○み』『○おり』」というような、名前のパターンが大体決まっていた私の子供時代と違って、今は本当にそれぞれですからね。
ランクインしている名前も「比較的多い」というだけで、絶対数はそんなにいない気がします。

私の場合、同姓同名が多かったという点で銀行や病院では苦労しましたけど、質問者様の姓は非常に珍しいとのことなので、その心配はないですよね。
それなら耳慣れた読みの方が、「苗字と名前と説明が2回必要」というフルネームより苦労しないと思いますよ。
私の親類が「角田光」というような名前で、「かくた?つのだ?すみだ?」「ひかる?ひかり?」「男?女?」って、すっごく苦労していますから(^_^;)

ちなみに私は小学生の頃、母に「なんでこんなありふれた名前つけたの~?」と文句を言ったことがありますが、「だって結婚前から大好きな名前だったんだもん。お姉ちゃんの名前はお父さんが決めたから、2人目も女の子でこの名前が付けられて嬉しかった」と言われ、名前に対する不満がなくなりました。
命名の経緯をきちんと説明してあげられる名前であれば、お子さんも気に入ってくれると思いますよ^^

私の名前は、生まれた前後数年トップ10入りしていた名前でした。
漢字は違っても、同じ読みの子は学年にわちゃわちゃいました。
旧姓も非常に多かったので、先生からはフルネームで呼ばれていましたね(^_^;)
でも別に、名前を呼ばれ振り向いて別の子が呼ばれてたとしても、特に気にはなりませんでしたよ。
「あ、私じゃないのか」ってだけでしたね。

今小1の娘を育てていますが、今はトップ10に入っている名前の子って意外と少ないです。
「『子』がつかなければ『○○み』『○おり』」というような、名前のパ...続きを読む

Q危険運転致死傷罪と過失致死罪、一事不再理の関係

亀岡死傷の交通事故でも問題になっている
重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
どちらで起訴するかについてです。

この時の課題ですが、危険運転致死傷罪で起訴しても
この罪が適用されない場合、再び業務上過失致死罪で
起訴できないという事です。
ここで疑問に持ったのが、2つなのです。

1.本当に業務上過失致死罪に問えないのでしょうか?
 一事不再理が適用されると聞いたのですが、本当ですか

2.殺人罪の場合どうなんでしょうか
 ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
 殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
 無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
 刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?

 それならば、まずは危険運転致死傷罪で起訴して、
 そこから最高20年から禁固XX年を科す事が
 できないのでしょうか。
 
 それとも危険運転致死傷罪と業務上過失致死罪の関係は
 泥棒した人を窃盗罪でなく殺人罪で起訴するくらい
 大きな隔たりがあるのでしょうか

Aベストアンサー

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害致死罪
(3)Aに「殺してほしい」と頼まれた甲がAを撃った→嘱託殺人罪
(4)甲が銃の手入れをしていたら暴発してAに当たった→過失致死罪
というように1個の自然現象について4種の評価が成り立ち得るわけです。
この時もし「それぞれ罪名から違うから一事不再理は及ばない」ということになれば、Aは最大4回も裁判を受ける羽目になります。
そんな馬鹿な話ありますか!?
(1)~(4)は罪名(=訴因)こそ違えど背景にある事実は同一なのですから、一事不再理が及ぶと解すべきなのです。
これと同じことが危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死罪についても言えます。

もうひとつ大事なルール。
検察が起訴した訴因より重い判決を下すことはできません。
たとえば検察は(2)傷害致死罪で起訴したのに、裁判所が甲の殺意を認定して(1)殺人罪とすることはできません。
逆に軽く認定することはできます。
裁判の途中で検察が「やっぱ(1)殺人罪やめて(2)傷害致死に変更します。」と言うこともあります。(訴因変更)
じゃあ検察はとりあえず一番重い訴因で起訴しとけばいいんじゃないの?って話になりますが、さすがにそれは検察が馬鹿と思われるのでやりません。
自分たちが立証できそうだなと考える範囲で訴因を決定します。

分かりやすく書いたら長くなってしまいました。
理解の助けになれば幸いです。

(おまけ1)
>重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
自動車事故は「業務上過失致死罪」ではなく「自動車運転過失致死罪」に変わりました。

(おまけ2)
>ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
>殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
>無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
>刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?
殺意がなかった場合は業務上過失致死罪に罪名を変更した上、業務上過失致死罪の刑罰の範囲内で処断します。
殺人罪のまま刑罰を軽くするわけじゃないですよ。

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害...続きを読む

Q子供の名前 どう思いますか?

子供の名前で悩んでいます。「莉子」と付けたいと思っているのですが、正直、響きがかわいすぎ(大人になった時にどうか?)や漢字がイマイチのような気も。ランキングで上位なので周りに多いかな?とか
いろいろ考えてしまいます。皆様、莉子 ってどう思いますか?

Aベストアンサー

親心とすれば回りにいない名前や、可愛い(カッコいい)呼び名にしてあげたいと思うのは当然の事だと思います。
しかし、その前に候補の名前には、こういった子供に育って欲しい、
こういう大人になって欲しいという願望があって付けるんだとも思います。家も、子供が2人いますが、電話で子供の名前を言う時や、人に名前を紹介する時は、一瞬戸惑った顔をされたり、聞き間違えをされることもしょっちゅうです。しかし、産まれた時に願いを込めて付けた名前なので他人からの批判、聞き間違えもなんとも思わないようになりました。子供が自分の名前の由来を聞いてきた時にちゃんと答えてあげられるのであったらいいと思います。

Q過失傷害と業務上過失傷害との違いを教えてください

先日知り合いの祖父が犬の散歩中にその犬が通りがかった子に
噛み付いて負傷を負わせてしまいました。
犬は自分で所有している犬で、散歩は日常的に行なっています。

犬を散歩させていた知り合いの祖父は、過失傷害なのかそれとも
業務上過失傷害なのかどちらになるでしょうか?
それによって責任の重さが違うようなので、どなたか判りましたら
お願い致します。

Aベストアンサー

 すでにお答えしている方がいるとおり、業務上過失傷害とは性格が異なるものかと思います。通常は車とか重機とか医療行為などです。このケースでは、過失傷害かと思います。

 ただし、祖父の行為がどれだけ相手に怪我をさせないよう注意を払っていたかがポイントになると思います。ひもをつけて注意していたのに一瞬の事故だったら、過失傷害かもしれません。しかし、凶暴な犬なのにもかかわらず、ひももつけていなかったら、重過失傷害と判断される可能性があります。業務上過失傷害と同様の罰になり、禁固刑の可能性も生じます。詳しくは刑法第211条を参照願います。

 さらに、例えば闘犬等を訓練し、故意に子供を襲ったと認定された場合は、傷害罪となり、さらに厳しい罰になりますが、まあこれはよほど悪質なケースでもなければ適用されないかとは思います。

 ちなみにこれらはすべて刑法上の罰則です。被害者に対する損害賠償(治療費等)は民事的に解決することになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報