東日本大震災の当日、我が家でも一時的に停電と断水がありました。で、ふと思ったのですが、なぜ電気は「断電」と呼ばずに「停電」で、水道は「停水」と呼ばずに「断水」なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

根本的には、全ての言葉がそう言うモノですよ。



挨拶だってそうでしょ?
「おはようございます」「「こんにちは」って何なんだ?って思いませんか?

電気と水って、電流:水流,電圧:水圧など、物理的にも性質がとても良く似てます。
だから「断電」,「停水」でも構わないと思います。
実際に電気回路でも、「断線」「遮断」などって言いますしね。

でも電気は「停電」、水は「断水」って言う様になっちゃった。
それだけのコトかと思いますよ。

以下は推論です。

言語学的に考えると、「停」は「意図的・機械的に停める/停まる」と言うニュアンスでしょうか?
一方の「断」は、意図的に「断つ」場合もありますが、受動的に「断たれる」と言う語感もありますし、また「停める/停まる」と言うよりは「断つ/断たれる」と言う方が、強い語感かと思います。

言うまでも無いですが、歴史的には、人との関わりは、電気より水の方が遥かに古いですし、人間にとって必要不可欠なのは水でしょう。
従い、「断水」と言う言葉が先にあり、その後に「停電」が出来たのは、間違い無いでしょう。

その水は、昔は井戸が枯れたり、川などが干上がったりして、止むなく「断たれ」、死活問題だから、非常に辛く困ったことだったのではないかと思います。

逆に電気の方は、水に比べると、割と最近ですよね。
照明でも、電力化したのは戦後の話しで、それ以前はやオイルランプやガス灯です。

たとえ電力化しても、未だに発展途上国では停電は珍しくないですが、日本でも昔は頻繁に停電がありました。
発電技術や送電技術の未熟さが原因です。

当時の電気って、「あっ、また電気が停まった」と言いながら、ローソクやランプで代用出来る程度の、悠長なシロモノだったんだと思いますよ。
あれば便利で、無ければ代わりがあって、何とかなるモノ。

あくまで言葉が産まれたであろう当時の話しであり、今では考えられませんけど。
「断たれたら困る」モノと、「停まっちゃったぁ~」で済むモノの違いと言う解釈で如何でしょうか?

ただ、真面目に歴史的に考えると、発電技術は海外から輸入したものだから、外国の日本語訳tte
考えるべきなんだろうなぁ。

英語ですと、こんな感じです。
 power failure(直訳:電力失敗=発電所などのトラブル・事故。)
 power outage (直訳:電力停止=電停⇒停電)
 blackout   (直訳:機能停止,暗転=一般的・口語的で電力用語的ではない。)

震災直後は「power failure(事故)」ですが、計画停電などは「power outage(停電)」。
それを受けた企業や家庭などでは「Oh! blackout!!」って感じかと思います。

あるいは「power outage」の原因の一つが「power failure」で、結果の一つが「blackout」って言う感じかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

仰るとおり、言葉なんて深く考えて創られたものではないかもしれませんね。

>「断水」と言う言葉が先にあり、その後に「停電」が出来た

この辺にヒントがありそうで、自分も今一度考えてみたのですが、古来、水は雨が降らなければ得られない。つまり人の力ではどうしようもないもので「断たれる」という完全に受け身の表現として使われたのかなと思いました。

現代では、水も水道局など人に管理されているので、「料金が未納で水道を止められた」とは言いますが、「水道を断たれた」とは言いませんものね。(停めるの字ではありませんが)

お礼日時:2011/04/18 02:58

私は気付かなかった面白い質問ですね。



辞書には
「断水」は水道をとめること、また水道がとまること
とあり、一方
「停電」は送電が一時とまること、とだけしかなく
送電をとめることを、停電とはいわなかったのです。
「停電」(を)させるという用法もないのです。

従い広範囲に送電を一時とめることを、「計画停電」
というようになりました。

この違いは先賢の答えにあるように、水道と送電の
時代の違いに由来すると考えられます。

水道は自然に得られる川も含め古代からあり、戦で
「糧道を断つ」のように「水の手(水道)を断つ」と「断」
の字もよく使われました。
他方送電は人工的であり、電力会社が顧客に買って
もらうものなので、送電を断つ、送電が切れるのような
強い表現を避け、送電を停める「停電」を使うことに
したのでしょう。
断線、切断は電力会社は嫌います。

業界の慣習が根付いたものです。
「停水」でなく「止水」というようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、時代の違いですかね。

お礼日時:2011/04/18 03:01

 停 は、一時、止まること。


 断 は、意図的に流れを断ち切ること。

  ではなかろうか、と推測します。素人考えですが、「停」の字には「一時」の意味・・・ 一時であってほしいという思い・・・ があり、「断」には強い意志が感じられます。

  したがって、私の感じる語感からすると、「計画 停電」というのは、ちょっと??? です。まあ「一時」のことなので、間違いではないのでしょうが、強い意志によるものなので、「断電」と言ってほしいんですけどね。
   
 ・・・  ちなみに、物の本によりますと、江戸時代の水道も、自身番などで「油断なく、水汲み置き候べきこと」などと公告して、計画的に水道に溜まった砂や木の葉などを取り除いたりするために『断水』したようです。驚いたことに、あのころもすでに、「断水」という用語を使っていた由ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「断」が強い意志で行う行為なら、地震による水道管の破裂などアクシデントによる場合は「断水」ではなく「停水」とするべきではないかと思いますが。

お礼日時:2011/04/18 02:33

「断」は「とぎれる」 、「停」は「とまる」・・・・の意味



電気は送電が一瞬で停まる、水道は水が徐々に途切れて行く
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「停」は瞬間的な事象ですか。なるほどとも思える反面、車が急ブレーキでなくて徐々に速度を落として止まっても「停車」といいますよね。う~む・・・・

お礼日時:2011/04/18 02:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流のほうが送電ロスが少ないのはなぜ?

交流のほうが送電ロスが少ないのはなぜ?

電気は直流ではなく、交流で大電圧をかけて送電されていますよね?
なぜ、直流電流よりも交流電流の方が、送電線の抵抗の影響を受けにくく、電気が流れやすいのでしょうか?その仕組みがよくわかりません。直流で大電圧をかけて送電しないのはなぜなのでしょうか?
ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直流は
大電力を遠くまで運ぶ送電や,海底ケーブル送電では,
変圧器で高圧にした交流を直流に変換して送電し,
消費地で再び交流に戻す直流送電していますよ。

歴史的には,直流送電の方が古く,えジソンが始めたが,送電損失が大きく,
数kmしか遅れませんでしたが、
交流発電はテスラが実用的な変圧器を作って
それが普及したということですね。
現在は
 発電所で直接得られるのは交流だということがある。
ふつうの発電機は,電磁誘導を利用した交流発電機である

 一般に電力輸送は高電圧で行うほうが送電線での損失が少ないが,
交流は変圧器を用いることでわずかのエネルギーロスで変圧できることである。
送電を高電圧小電流で行えば,電線の太さを細くすることができ,
細ければ重さも減るから鉄塔も小さくすることができる

 実際の送電に使われる3相交流を用いると,回転磁界を簡単につくることができ,
動力源として有用な交流モーターを効率よく回すことができる

短所 同じ電力なら交流電圧の最大値は直流の√2倍になり,絶縁設備に経費がかかる
 

Qふと思ったんですが、「なりうる」と「なりえる」って同じ意味で同じ使い方なんでしょうか?

タイトルの通りで、「なりうる」と「なりえる」って同じ意味で同じ使い方なんでしょうか?

Aベストアンサー

現代語で「える」は下一段活用ですが、文語では「う」であり、下二段活用の連体形が「うる」です。 現代語でも終止形または連体形として使われることがあります。

Qドイツの送電電圧

こんにちは。

ドイツ国内における送電電圧(家庭ではなく架空送電線、地中送電線)の電圧階級を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「海外諸国の電気事業1998」(社)海外電力調査会 によると、
380kV、220kV、110kVです。

電力は専門ですが、送電関係は専門外。ましてや外国のことなので、
一応「専門家の自信なし」としときますが、
70%位の自信はあります。

Q阪神大震災により建三と千代が公園でテント暮らしをする小説

小説のタイトルと筆者をぜひ教えてください!!
「阪神大震災により、建三と千代夫婦がすべてを失い
3年間も公園でテント暮らしをする」という内容です。
建三がテント傍に咲いた満開の桜を見て生きる力が湧
いてくるというものですが、もう一度じっくり読みた
いのにタイトルも筆者もわかりません。
わかる方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.1です。
 せっかく追加の情報を書いていただいたのに回答が付かず、残念というか、申し訳ない気持ちです。

> 5~6年前に関西の新聞に掲載されていた

というのは有力な手がかりだと思います。「関西の新聞」とおっしゃるからには、「神戸新聞」「京都新聞」といった地方紙だったのでしょうか。

 上記二つのうちなら、神戸新聞の方が可能性が高そうですね。
 検索すると、電話番号は、078-362-7100 のようです。

 ともかく、こうなったら、ごらんになった「関西の新聞」の発行元でありそうな新聞社に片っ端から電話して、これこれこういう小説を掲載したことがあるか、と尋ねていくしかないでしょうか。

 以下は関西(大阪以外)の新聞社一覧のページのURLです。

http://www.pressnet.or.jp/link/10_list07.htm

 大阪はこちら。

http://www.pressnet.or.jp/link/10_list08.htm 

 このほかにもタウン紙と呼ばれるような、折り込み広告と一緒に配布されたりする無料のものにも、小説が掲載されている場合もあるかと思います。

 少ない遺留品を手がかりに真犯人に迫る刑事のごとき気迫でがんばってくださいませ。 

 No.1です。
 せっかく追加の情報を書いていただいたのに回答が付かず、残念というか、申し訳ない気持ちです。

> 5~6年前に関西の新聞に掲載されていた

というのは有力な手がかりだと思います。「関西の新聞」とおっしゃるからには、「神戸新聞」「京都新聞」といった地方紙だったのでしょうか。

 上記二つのうちなら、神戸新聞の方が可能性が高そうですね。
 検索すると、電話番号は、078-362-7100 のようです。

 ともかく、こうなったら、ごらんになった「関西の新聞」の発行元でありそうな...続きを読む

Q送電電圧の格上げ

電験3種の勉強中です。
そこで『送電電圧の格上げ』について質問です。
送電容量の増加に有利な方策として送電電圧の格上げと問題にありましたが、
格上げはどのようなものでしょうか?
ご存じの方、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

送電電圧の格上げとは、電圧をあげることにより送電容量がそれに比例して増大するということです。
送電できる電力は√3VI・COSθで表されますが、このうち、電流と力率が同じとすれば電圧を2倍にすれば送電できる電力も2倍になることが分かります。

ただし、電圧の格上げに対応するためには送電設備の耐圧もそれに応じてあげる必要があります。
つまりは、碍子、線間距離や避雷器、遮断器などの機器についての耐圧や絶縁協調について考慮しなければなりません。

Q「今朝の幸せな一時だった」と「幸せな今朝の一時だった」とどちらが自然でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。ある朝思い出の食べ物を食べて、心が温まったという内容の作文を書きました。その作文の最後の一文なのですが、「今朝の幸せな一時だった」と「幸せな今朝の一時だった」とどちらにしたほうが自然でしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらも自然な日本語の文だと思います。
私には、どちらかといえば、後者の方が好ましい感じを受けます。
「幸せな」という事実を頭に持ってきているからです。

Q送電ロスについて

現在の日本における送電ロスの割合と、送電ロスを低減させる方法などを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

● 燃料の持っているエネルギーを100とすると、発電が40% 熱として海水、大気への放出など60%です。

● 発電40%の内、工場、家庭で38%が使われ2%が送配電のロスです。 この2%は発電を100とすれば5%と成ります。

● 送配電のロスの減少は#1さんの説明通りです。多くのコストを掛けないでロスを減らす必要が有り、簡単な問題では有りません。

● 30年程度前か? 配電線は以前3000Vで有ったが、6000Vに変更、この時は相当配線ロスが減ったと思います。

Qふっと、ふと、とっさに、たちまち。。。

こんにちは。
私は明日試験がありますが、辞書を探しても以下の副詞が分からない。はっきり分別は何ですか?
(1)たちまち
(2)ふと
(3)ふっと
(4)とっさに
(5)とたんに
(6)さっそく
教えてお願いします!

Aベストアンサー

 うーん?外国人の方でしょうか・・。検索エンジンgooが日本語辞書を載せているので、日本語入力できるのなら、こちらをお使いになってみてください。↓
http://dictionary.goo.ne.jp/index.html?kind=jn&mode=0
 文字を入力して、その右に3つならんだボタンのいちばん右、「国語」っていうところを押します。ご活用ください(*^^*)。

 それから、
1 たちまち→すぐ、っていう意味です。あっと言うまに、とかと同じで、時間の長さがとても短いことを言います。
「その子供は頭がよくて、たちまちのうちに全部覚え込んだ。」とか。

2 ふと→うぅ、これは難しい・・(^_^;。意図せず、はからず、ふわっと考えが浮いてくる感じ?偶然に、なんとなく、ぐらいの意味でしょうか。広辞苑を見ると「たちまい、たやすく、ちょっと」という意味もある、と書いてあります。
「ふと思いついて、少し回り道をしてみた。」とか。「ふと時計を見ると、もう4時だった。」とか。

3 ふっと→ふと、とほとんど同じです。息を吐くしぐさの擬声語に使われることもあります。
「ふっと横を見ると」など。
 
4 とっさに→とっさ、は咄嗟と書いて、ほんのわずかな短い時間です。すぐ、と同じです。瞬きするよりわずかな間。そんな時間になにかあれこれ考えているひまはありません。つまり、「とっさに」とは、その次に「何も考えずにする行動」が出てきます。「とっさに~して」という文が多いです。
「とっさに枕をひっつかんで外に出た」とか。

5 とたんに→その前になにかのアクションがあって、「とたんに」はその直前の動作と、直後の動作とに間がないことを言います。「~したのと(ほとんど)同時に」という意味です。
「火をつけたとたんに、まわりに飛び火した」とか、「手に入れたとたん、不要になった」とか。

6 さっそく→これも次の行動まですぐ、間がない、っていう意味です。でもこの「さっそく」には意思がこもっているニュアンスがあると思います。「お店の名前を教えてもらって、さっそく次の日訪ねた」とか。「買い込んだばかりの食材で、さっそく料理を作った。」とか。

 時間が短い言葉ばっかり並んでますね~。勉強がんばってください!

 うーん?外国人の方でしょうか・・。検索エンジンgooが日本語辞書を載せているので、日本語入力できるのなら、こちらをお使いになってみてください。↓
http://dictionary.goo.ne.jp/index.html?kind=jn&mode=0
 文字を入力して、その右に3つならんだボタンのいちばん右、「国語」っていうところを押します。ご活用ください(*^^*)。

 それから、
1 たちまち→すぐ、っていう意味です。あっと言うまに、とかと同じで、時間の長さがとても短いことを言います。
「その子供は頭がよくて、たちまちのうち...続きを読む

Q送電線の損失について

さまざまな質問サイトでも書いてありましたが、あえて質問させていただきます。

送電線で送電する場合、275kV、154kVなど電圧を上げ、電流を少なくし送電しています。理由として、送電線の損失が少なくなるからという理由が挙げられていますが、その根拠は何でしょうか。

P=R*I^2という公式で説明されている場合が多いですが、P=(V^2)/Rという式もあります。

V=RIなので、送電線にかかる電圧も低くなるという説明もありましたが、抵抗にかかる電圧も下がり、電圧降下を考えると残りの電圧はどこにいっているのかわかりません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>負荷の電圧をV=RIで計算してはいけないということでしょうか?

まだ思い込みの呪縛

負荷をR 送電線の抵抗を(LR) とすれば

送電端の電圧V0 電流を I として V0=(LR)*I+R*I

V0が2倍になれば 負荷電力が同一とすればRは2倍にして電流を1/2になるようにする
送電線損失は (LR)*I/2と1/2になる (送電線損失が少なくなった分V0を下げますが・・)

送電電圧を上げても 負荷の電圧は降圧して変わらないようにします・・・このあたりのことも失念されているのかも

R が変わらなくても LRが小さくなれば 同じ負荷電力でV0を低くできる

 

Q「ふっと」と「ふと」の違いについて

○ (ふと/ふっと)右を見ると彼がいた。

上の文では、「ふと」「ふっと」のうち、どれを使うでしょうか。もし一方しか使えなかったら、両者の違いを教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全体の状況にもよりますが、「ふと」の方が正解だと思います。

「ふと」は、当て字ではあるようですが、漢字で書くと「不図」になります。
「図」が「意図する、意識する、はかる、考える」という意味から、
考えるほど重要でもないことが、無意識のうちに、予期せず(突然、偶然に)起こることを表します。
   「ふと灯りが消える」
   「ふと人の動いた気配を感じる」
   「ふと立ち止まる(振り返る、手を止める、顔を上げる、遠くを見る)」
   「ふと思い出す(気付く、感じる、考える、意識が戻る、我に返る)」

一方、「ふっと」は、
 (1)急に消えたりいなくなったりするさまで、
        「ふっと見えなくなる」
 (2)理由もなく急にそうなるさまで
        「ふっと思い出す」
のように使います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報