少し前に父が亡くなりました。

現在相続の手続きをしているところなのですがひとつ困ったことが起きています。
相続人の一人である私の兄と連絡がつかない、もっと正確にいえばこちらから連絡をしても拒絶されてしまうのです。
自宅に電話をしても着信拒否、会社に電話をかけて取り次いでもらっても一方的に切られる、手紙を送っても返信なしなどの有様で、話し合い以前の状態が続いています。

詳しくは申しませんが、ちょっとしたトラブルが兄と両親の間に以前起きました。
それ以来、両親も私も兄とはまともな連絡はとっていませんでした。
父の死については兄の耳には入れたものの、結局顔を出さずじまいです。
この一連の出来事が連絡拒絶の原因と考えられるのですが、何か意図があってのものなのか、はたまた単に感情的になっているだけなのか、その真意は分かりません。
はっきりしているのは、「母や私とは話をしたくない」という意思だけです。

そこで質問なのですが、このような相手にできる法的な手続きはありますか?
分割の内容はとりあえず置いておき、ともかく話をする場が欲しいのです。
裁判所などで相続に関わる諸手続きができることはネットを通じて調べましたが、相続が発生していることに対してどう考えているかさえわからない相手にどれが当てはまるのか判断できないのです。

どなたかアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>>遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。


>とありますが、供託すると何かメリットはあるのですか?


供託することで、「きちんと遺産分割は法に基づいて行われ、支払い義務も果たされた」という状況が確定します。
供託せず、「どうせ相続放棄だろう」と勝手に判断すると、後になって「あなた方が『遺産を横領した』」と訴えられてしまうなど、トラブルになる危険があります。

お兄さんご本人にその気が無くても、利害関係人から横槍が入ることは十分考えられます。

後で面倒なことにならないよう、念には念を入れて、法のお墨付きを得ておくことは大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。

>後で面倒なことにならないよう、念には念を入れて、法のお墨付きを得ておくことは大切です。
おっしゃる通りですね。
肝に銘じます。

お礼日時:2011/04/20 22:56

よくあるのが財産分割で相続協議で出てこない場合ですね。

この場合、弁護士なり行政書士に相談し、第三者に入ってもらいその方にお兄さんと協議してもらうことです。
どうしても協議に乗ってこない場合には、法定相続割合で分割し、財産の受領も拒否される場合には、法務局の供託精度を利用しお兄さんの取り分を一時国に預かることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

>財産の受領も拒否される場合には、法務局の供託精度を利用しお兄さんの取り分を一時国に預かることも可能です。
「一時…預かる」ということは、そのまま国庫に入るとことはないんですよね?
それならば国が預かったお金はその後どうなってしまうんでしょう?

よろしければご教示ください。

お礼日時:2011/04/18 22:59

行政書士に相談してみてはいかがでしょうか。


相続争いとかなら、弁護士に相談するべきでしょうが、
それほどでもないような気がします。

お父さんが無くなったのに、家族と話をしたくないということは、
お兄さんは、十中八九、相続放棄するつもりなのでしょう。

相続放棄するには3ヶ月以内に放棄の書類を裁判所に提出しなけれはなりません。
行政書士にたのんで、お兄さんと連絡をとってもらうのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>お兄さんは、十中八九、相続放棄するつもりなのでしょう。
私どももそんな気はするのですが、いかんせん意思表示も無く手をこまねいているところです。

回答にある通り、ひとまず行政書士と相談してみようと思います。

お礼日時:2011/04/18 22:58

調停をしてみてはどうかしら?



もし、そこで結論が出なければ審判してもらう
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

相手が相続を望むようなら考えてみたいと思います。
リンク先参考になりました。

お礼日時:2011/04/18 22:57

「話し合いの場を設けたい」というのは、強制的にできるものではないと思います。


葬式にも顔を出さないということですから、親子の縁を切ったということでしょう。
今更遺産をもらうことで「親子であった」というコトを確認したくないのだと想像します。

想像は、想像なので、出過ぎたことを申しましたが、村八分でも、火事と葬式は関わります。
そこまで拒否するのは、相当なことでしょう。
無理矢理会うのは、彼にとって拷問の様なものと思います。
貴方が情を持っているなら、関わらないであげることが、唯一できる「温情」なのではないでしょうか?そう感じます。



「このままでは、遺産を処分できない。遺産分割を法に基づいて行いたい」
というのならば、裁判を起こし、法に則って、それぞれの取り分を認めてもらえば良い話です。欠席裁判でも判決が出れば、法的効力を持ち、抗弁はできません。遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。

国家にできるのはそこまでです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>今更遺産をもらうことで「親子であった」というコトを確認したくないのだと想像します。
私どもはそこまで思い至りませんでしたが、的を射ているかもしれません。

>貴方が情を持っているなら、関わらないであげることが、唯一できる「温情」なのではないでしょうか?
そうですね。こちらから関わることはかえって話をこじらせる原因にもなりかねないように思えてきました。
他の方が回答なさっているように、第三者に間に立ってもらって処理を進めたいと思います。

ところで最後に
>遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。
とありますが、供託すると何かメリットはあるのですか?
また供託したお金はその後どうなるのですか?
よろしければご教示ください。

お礼日時:2011/04/18 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続人の範囲 親・配偶者・子供全員死亡の場合

相続について勉強しています。
相続人の範囲について質問させてください。
もし被相続人の配偶者・子(孫はいないものとする)・親・兄弟(配偶者・子なしとする)
すべて死亡している場合、相続人は不在ということになるのでしょうか。
それともそれ以外に親族がいる場合は、法定相続人になるのでしょうか。
またその場合、親族関係は大体どこまで遡ればいいのでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にならない。

つまり、「配偶者の親」「配偶者の先夫(妻)の子」は入りません。義理の親はあくまでも事実上の話で、法律上は親ではなくてあくまでも「配偶者の親という単なる一姻族」でしかありません。配偶者の先夫(妻)の子も、養子縁組をしない限りは、法律的には「配偶者の子という単なる一姻族」でしかありません。
もとより「姻族」には「尊属」「卑属」という区別をする発想がないので「尊属、卑属と言えば当然に血族を意味する」ことになり、姻族は相続人にはなり得ないのです。

>それはまた認知しているとか養子とか、別の問題になるのですかね。

被相続人の実の子でないなら本当は認知できない(事実としての実親子関係の不存在は認知の無効原因)のですが、それはともかくとしても「養子縁組により養親と法定親子関係が生じ、養親の血族とは法定血族関係が生じる」ので「養子は養親の血族と血族関係にある」です。
そして「養子は実子と同じ」なのが法律の扱いですから、養子は実子と相続関係においてもまったく同様の扱いになります。

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にな...続きを読む

Q亡くなった父名義の土地の売買手続き

25年前に他界した父名義の田を売ることになりましたが、その土地は相続手続を未だしていません(つまりまだ父名義のままなのです)。この場合、法定相続人(母、長男、次男、三男)が協議し合意したした上で、そのうち三男一人だけが土地の売却所得を得ることはできるでしょうか?またそのためにはどういった手続きをすればよいのでしょうか。何もわからないので、どなたかどうか教えてください。

Aベストアンサー

相続財産は相続税がかからない範囲だったから相続税の申告はしていないということでよいでしょうか?
それが重要ですから。

であれば、遺産分割協議書にて3男のみが相続するとの合意を相続人全員で行い、実印捺印印鑑証明添付にて3男への相続登記をして下さい。

その後は3男の不動産ですから売却代金を受け取るのも三男ですし、譲渡所得も三男のみ発生します。

Q相続人の範囲

私は兄との二人兄弟で、兄はすでに死亡し、兄の妻(義理の姉)がいます。
その状況で私の親が死んだ場合、相続人は私と義理の姉のふたりになるのでしょうか。
もし、兄が生きていれば、相続人は私と兄のふたりだと思うのですが、兄が死亡していた場合にどこまでが相続人の範囲かが分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

相続の放棄を考えている場合,次順位相続人のことも考えておいたほうがいいです。

配偶者は常に相続人になりますので,配偶者が生存しており相続放棄を希望するのであれば,被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の申述をする必要があります。
そして第一順位相続人である直系卑属(あなたとお兄さんの子)も相続放棄の申述を行い,それが受理されると,その人たちは相続人ではなくなります。

これで相続人が誰もいなくなるわけではありません。

第一順位がいなくなると,第二順位相続人(被相続人の直系尊属。お祖父さんやお祖母さん等です)が相続人になります。相続の放棄をするなら,第一順位相続人が放棄をしたあと,第二順位相続人も相続の放棄をする必要があります。

第二順位相続人がいない場合,今度は第三順位相続人として被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。第三順位相続人が死亡している場合には,その下1世代(甥姪)までが相続人になります。放棄を希望するなら,第二順位相続人が相続放棄をした後に,相続放棄の申述を行うことになります。

これらの人がすべて相続の放棄をすると,相続人がいない状態になります。
相続財産の整理処分が必要であれば利害関係人から相続財産管理人の選任の申し立てをして,家庭裁判所が選任した相続財産管理人が相続財産の処分を行います。

なお,相続人が遺産に手をつけてしまった場合,それは法定単純承認(民法第921条)となりますので注意してください。

相続の放棄を考えている場合,次順位相続人のことも考えておいたほうがいいです。

配偶者は常に相続人になりますので,配偶者が生存しており相続放棄を希望するのであれば,被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の申述をする必要があります。
そして第一順位相続人である直系卑属(あなたとお兄さんの子)も相続放棄の申述を行い,それが受理されると,その人たちは相続人ではなくなります。

これで相続人が誰もいなくなるわけではありません。

第一順位がいなくなると,第二順位相続人(被相続人の...続きを読む

Q遺産相続(亡くなった父の使い込み)

 独身の伯母が亡くなり、父と叔父が相続を受けますが、1年後、まだ相続完了していないうちに父が亡くなりました。その後、伯母の通帳のうち1冊を父が使い込んでいたことが発覚し、叔父は私(長男)に、伯母の死亡前後に父が引き出した金額も計算に入れるよう言ってきました。公平性という点から一応納得出来る意見ですが、税理士は伯母死亡の3年前までの贈与までさかのぼって調査する必要があると言っていました。この判断は正しいですか?そうだとすると、生前伯母が叔父と険悪であったことから、伯母が父や母へ好意で譲っていた金銭なども含めて、叔父に取られてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

1.民法における「みなし相続財産」について。
相続分の計算については、具体的な数字を使ったほうが説明しやすいので、叔母の遺産を次のように仮定します(設例を参考に、実際の数字を当てはめて計算してみて下さい)。

預貯金の残高2000万円(計算を簡単にするため不動産はないとします)、負債なし(負債も相続財産です)。このほか父に生前贈与分1000万円がある。

(1)計算する場合、まず、特別受益となる生前贈与された財産を計算上戻します(民法903条1項)。これを「みなし相続財産」といいます。事例では、預貯金2000万円+父への生前贈与1000万円=3000万円が「みなし相続財産」です。
兄弟だけが相続人の場合、均等分割が原則ですから、1/2にすればいいのですが、既に贈与されたものは遺留分を除き、実際には、取り戻せません。
(2)この「みなし相続財産」について、まず、各人の計算上の相続分を試算します。父と叔父はそれぞれ1500万円(3000万円×1/2)となります。
(3)父の相続分は、生前贈与された分を引きます。1500万円-1000万円=500万円となります。
(4)叔父については、分配可能な遺産総額2000万円のうち1500万円を相続することになります。
 
では、預貯金の残高1000万円、このほか父に生前贈与分2000万円がある、としたら計算は次のようになります。

(1)と(2)は上記と同じ結果です。
(3)父の相続分は、生前贈与された分を引きます。1500万円-2000万円=▲500万円となりますが、マイナス分を吐き出す必要はないので、ゼロとなります。
(4)叔父については、分配可能な遺産総額1000万円のうち1000万円を相続することになります。
 
なお、被相続人(=叔母)の意思が、特定の相続人を特別扱いするというものであった場合は、その意思が尊重されますから、生前贈与を考慮せずに、これを除外した残りの財産だけを対象に法定相続分に従った分割を行うことも可能です(民法903条3項)。ただし、遺留分の制約はあります。

2.遺留分について。
相続人が最低限受け取ることのできる相続分を、「遺留分」(民法1028条)といいます。相続人が父と叔父の2人だけの場合、それぞれの遺留分は1/2×1/2=1/4と計算されます。叔母の「みなし相続財産」のうち1/4は、叔父が遺留分として受け取る権利があります。

上記の例でいえば、「みなし相続財産」3000万円×1/4=750万円が叔父の遺留分となります。もし、父が生前贈与で叔母から2500万円の贈与を受けていたら、叔母の預金残高500万円に加えて、250万円(=750万円-500万円)を代償として父から叔父に渡すことになります。

遺留分の算定の基礎となる「贈与は、相続開始前の1年間にしたものに限り」認められます(民法1030条)。ですから、相続財産に戻し入れるのは、1年前までの贈与を考えればいいと思います。

3.「税理士は伯母死亡の3年前までの贈与」について。
税理士のいう3年以内の贈与というのは、相続税法基本通達19-1に規定されています。詳細は、国税庁HPから該当箇所を下記、参考URLに貼っておきますので、ご参照下さい。
 この規定は、相続税を納税するほどの多額の遺産であれば、相続税法上、必要な規定であると思います(税収を確保したいという国税庁の思惑がある)。
 相続人が2人の場合、5000万円+1000万円×2人=7000万円まで非課税です。
要するに、叔母の遺産が生前贈与分を含めて7000万円を超えるのなら、3年前の贈与まで遡る必要がありますが、それ以下なら、3年前のものまで考慮する必要はなく、民法の遺留分の規定通り1年前の贈与まで考慮すればよいものと思います。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/4161.htm

1.民法における「みなし相続財産」について。
相続分の計算については、具体的な数字を使ったほうが説明しやすいので、叔母の遺産を次のように仮定します(設例を参考に、実際の数字を当てはめて計算してみて下さい)。

預貯金の残高2000万円(計算を簡単にするため不動産はないとします)、負債なし(負債も相続財産です)。このほか父に生前贈与分1000万円がある。

(1)計算する場合、まず、特別受益となる生前贈与された財産を計算上戻します(民法903条1項)。これを「みなし相続財産」...続きを読む

Q相続人の範囲と相続放棄手続き

最近、親戚と疎遠になっていた叔父Aが、昨年5月、亡くなっていたことを知りました。そして、兄弟であるBが、Aの子供より、「相続放棄をした」と聞いたそうです。Bは、「負債があるかもしれないから、念のため、相続放棄の手続きをした方がよいのでは?」と、連絡をくれました。

被相続人Aの両親は20年前に死亡、配偶者(離婚)、子供2人(相続放棄済)。
被相続人Aの3人の兄弟(BCDとします)の内
Bは存命。
Cは3年前に死亡。配偶者と子供2人(X・Y、私はその1人)
Dは、配偶者と共に10年前に死亡。子供1人(Z)。

1.この場合、相続人は、被相続人の子供2人(相続放棄済)と、兄弟であるB、代襲相続人X・Y・Zの5名になるとの解釈でよろしいでしょうか?
2.相続放棄は、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」とのことのようですが、今からでも手続きできるのでしょうか?
3.仮に、Aに負債があった場合、1年以上経ってからでも、法定相続人に請求がくることがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.相続人は兄弟であるB、代襲相続人X・Y・Zです。相続放棄した子たちは初めから相続人ではなかったことになります。

2.できます。ただし
>そして、兄弟であるBが、Aの子供より、「相続放棄をした」と聞いたそうです。
という知らせを質問者さんが知ったときから起算して3か月です。申述先は被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所です。(質問者さんの住所地ではありません)遠方なら電話連絡し、郵送でのやりとりで可能です。

3.ありえます。しかし債権者が未だになにもいってこないことをみると、はたして子たちが家裁で放棄したのか、申述の準備をしつつ(そろえるのが大変)、子たちから申述受理証明書なりを取り寄せさせてください。

Q亡くなった父の預金の相続について

亡くなった父の預金の相続についての質問です。
家族構成は父(非相続人)、母、私(長男)、次男です。
3月に父が亡くなり、父の遺産が郵便局と銀行の預金だったのですが
その時は何も知らず、母に口座の凍結解除の為のハンコと署名をしてくれと頼まれ、よく分からずにそのまましました。
そこで質問なんですが・・

既に母名義の預金になっていると思いますが、私にも相続出来る権利はありますか?母は全てが自分のものと言ってます。
家庭裁判所で相談をしたのですが、担当してくれた人に「すでに母名義になっているのであれば難しい」と言われました。
ちなみに私は母とは血が繋がっておらず(再婚で次男は母の連れ子)、父が亡くなって喪が明けた後、家を出て行きました。
現在は母と次男はアパートを借りて住んでます。
家には寝たきりの祖母がおり、これからも何かとお金がかかるので、少しでも多く遺産を受け取りたいと思っています。
なにかいいアドバイスありませんか??

Aベストアンサー

もし押したハンコが実印で、印鑑証明と戸籍抄本と住民票を勝手に取られ、遺産分割協議書を勝手に作成されたのであれば相続は完了しているかもしれません。あなたは、すでに相続を放棄したことになっているかもしれないです(というか、おそらくそうです)。
銀行口座の凍結を解除するためには遺産分割協議書が必要ですから、押したハンコは実印であるような気がしますが・・・。

直筆でサインしてあり、実印・印鑑証明がそろっている状態では、異議の申し立てはかなり困難ではないかと思います。
家庭裁判所の人のいうとおり「すでに母名義になっているのであれば難しい」ということになります。

Q相続人の範囲を教えてください。

ネットでいろいろ調べて、概ねこうではないかとの結論はあるのですが、自信がもてないもので質問させていただきます。

被相続人が今年の11月に亡くなりました。
配偶者は本年6月に亡くなり、子どもは小さい頃になくなっています。
直系尊属は全て死亡しています。

ここで、被相続人の兄弟姉妹が相続人となることになり、兄弟姉妹がなくなっている場合は、その子(甥・姪)が代襲相続人となるまでは理解してます。

ここからが質問になりますが、
被相続人は結婚前に、普通養子縁組を行なっており、実の兄弟と養子縁組先の義兄弟がおります。
その場合、実の兄弟、養子縁組先の義兄弟はまったく同じ扱いになり、実の甥姪も義理の甥姪も
法定相続人となるという理解に間違いはないでしょうか?

現在遺言書の検認に必要な相続人の戸籍謄本を集めているのでご質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>普通養子縁組を行なっており…

特別養子ではないことに間違いがなければ、

>実の兄弟、養子縁組先の義兄弟はまったく同じ扱いになり、実の甥姪も義理の甥姪も
法定相続人となる…

はい。

>現在遺言書の検認に…
>兄弟姉妹がなくなっている場合は、その子(甥・姪)が代襲相続人となるまでは…

遺言書に何と書いてありますか。
もし、遺言書に兄弟姉妹の誰かを省くと書かれていれば、遺留分は発生しませんし、甥・姪への代襲相続もありませんので、その点をご確認ください。
http://minami-s.jp/page010.html

相続に関しては某司法書士さんのサイトが分かりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

Q亡くなった父の債務の相続について教えてください。

先日、父が亡くなりました。父の資産は父親名義の家と貯金があります
が債務は銀行や信販会社のローンがあります。ざっと、計算すると家の資産価格を考慮せず、貯金とローンを相殺すると、債務金額の方が多いと思います。家はローンもなく、担保にもなっていない状態です。相続人は母と私と弟です。そこで、質問ですが、なんとか、家を残す形で父の貯金とローンを相殺して残った父の債務分を減額して相続人が支払っていくという、救済措置はないものなのでしょうか?家を売却するならば、資産的にはトータルでわずかにプラスになるかならないかという程度です。家族は同居しており、収入も少なく、各々、自身の生活で精一杯でとても父の残した債務を父が支払っていた時と同様に支払っていく余裕がないのです。仮に家を売却して父の残した債務を返済できたとしても、家族の収入で他のところで家を借りるなどして、生活していく余裕がないのです。相続の方法の一つで限定承認という相続の方法があるときいたのすが、限定承認が適応される場合は家を売ったお金を債務の返済にあてなければいけないのでしょうか、父の残した負債は支払える範囲であれば、支払らっていこうかと考えています。

先日、父が亡くなりました。父の資産は父親名義の家と貯金があります
が債務は銀行や信販会社のローンがあります。ざっと、計算すると家の資産価格を考慮せず、貯金とローンを相殺すると、債務金額の方が多いと思います。家はローンもなく、担保にもなっていない状態です。相続人は母と私と弟です。そこで、質問ですが、なんとか、家を残す形で父の貯金とローンを相殺して残った父の債務分を減額して相続人が支払っていくという、救済措置はないものなのでしょうか?家を売却するならば、資産的にはトータルでわ...続きを読む

Aベストアンサー

限定承認を選択されると不動産も売却して返済に充当させなければなりませんよ。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_14.html
http://www11.ocn.ne.jp/~kawa/souzoku5.htm

私の父は恥ずかしながら不動産・動産も何もなく、とある大手消費者ローンで借金していたことを死亡後判明しました。

返済が滞っており連絡先に電話があったのですが、うちの場合、債務者死亡という保険のようなものがあり、保証人もたてていなかったので支払わなくてすみました。

信販会社で働いたことがあるのですが、こちらも死亡により取り立て無効という項目がありました。

とりあえず限定承認を申請され、期間内にまだ限定されない場合は期間に伸長も可能です。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_25.html

銀行や信販会社へ支払いは無理だということをお話しされてみるのも一つですし、連絡があるまで待ち亡くなった旨を伝えるのも一つですね。

現状で限定承認の申請されても不動産は残らないので、ご家族でよくお話しされてお決めになってくださいね。

限定承認を選択されると不動産も売却して返済に充当させなければなりませんよ。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_14.html
http://www11.ocn.ne.jp/~kawa/souzoku5.htm

私の父は恥ずかしながら不動産・動産も何もなく、とある大手消費者ローンで借金していたことを死亡後判明しました。

返済が滞っており連絡先に電話があったのですが、うちの場合、債務者死亡という保険のようなものがあり、保証人もたてていなかったので支払わなくてすみました。

信販会社で働いたことがあるの...続きを読む

Q相続人の範囲について教えてください。

被相続人に妻子がなく、父母も祖父母も亡くなっております。

兄弟が5人おり、被相続人は、4番目で二男です。
長男は、亡くなっており、子供が一人います。
長女は健在です。
次女、三男は、亡くなっており、三男には子供が2人います。

これからが問題なのですが、被相続人の亡母は再婚で、前夫との間に2人の子供がありました。
2人とも亡くなっておりますが、長男には子供が2人おり、長女は3歳で亡くなっております。

亡母の前夫との間にできた長男の子供に、被相続人の相続人となる資格があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>兄弟が5人おり…

この前提が間違っています。

>亡母は再婚で、前夫との間に2人の子供…

これも兄弟のうちです。
一般には「異父兄弟」あるいは「種違兄弟」といい、法律用語では「半血兄弟」です。

>亡母の前夫との間にできた長男の子供に、被相続人の相続人となる…

半血兄弟には、全血兄弟の 1/2 の相続権があります。

したがって、
・全血の長兄の子・・・2/7
・全血の長姉・・・2/7
・全血の次姉・・・子がいないなら関係なし
・全血の弟の子 A・・・1/7
・全血の弟の子 B・・・1/7

・半血の兄の子 A・・・1/14
・半血の兄の子 B・・・1/14
・半血の姉・・・幼いうちに亡くなっているなら関係なし

Q亡くなった父の銀行預金と家の相続

先日、父が亡くなりました。家族構成は兄弟が私をいれて2人で母が1人です。相続人全員の同意の上、亡くなった父の名義の銀行預金と家の名義を(正の遺産と負の遺産も含めて)私(質問者)へ引き継ぐことになりました。この場合、遺産を分割にしないのに遺産分割協議書を作成しなければならないのでしょうか?また、法律的には家庭裁判所で父の遺産を一人の相続人にすべてを相続させることを公的に認めてもらわなければならないのといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)あなた以外の相続人全員が相続放棄を家裁で手続きを行う。
(2)あなた以外の相続人全員から相続分不存在証明(特別受益証明)をもらう。
(3)遺産分割協議書ですべての遺産をあなたにすることを記載し、他の相続人を含め、署名捺印を行う。

遺産分割の書面は、あなた一人が相続をすることであっても、第三者へ証明する意味や他の相続人が認めた証明を書類にする必要があるから、作成するのですよ。あなた一人だけが相続人となるか、あなた以外があなただけが相続を受けることを証明しなければなりません。

不動産や預貯金などは、法務局や金融機関での手続きがありますから、すべての相続人が実印を捺印する必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報