少し前に父が亡くなりました。

現在相続の手続きをしているところなのですがひとつ困ったことが起きています。
相続人の一人である私の兄と連絡がつかない、もっと正確にいえばこちらから連絡をしても拒絶されてしまうのです。
自宅に電話をしても着信拒否、会社に電話をかけて取り次いでもらっても一方的に切られる、手紙を送っても返信なしなどの有様で、話し合い以前の状態が続いています。

詳しくは申しませんが、ちょっとしたトラブルが兄と両親の間に以前起きました。
それ以来、両親も私も兄とはまともな連絡はとっていませんでした。
父の死については兄の耳には入れたものの、結局顔を出さずじまいです。
この一連の出来事が連絡拒絶の原因と考えられるのですが、何か意図があってのものなのか、はたまた単に感情的になっているだけなのか、その真意は分かりません。
はっきりしているのは、「母や私とは話をしたくない」という意思だけです。

そこで質問なのですが、このような相手にできる法的な手続きはありますか?
分割の内容はとりあえず置いておき、ともかく話をする場が欲しいのです。
裁判所などで相続に関わる諸手続きができることはネットを通じて調べましたが、相続が発生していることに対してどう考えているかさえわからない相手にどれが当てはまるのか判断できないのです。

どなたかアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>>遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。


>とありますが、供託すると何かメリットはあるのですか?


供託することで、「きちんと遺産分割は法に基づいて行われ、支払い義務も果たされた」という状況が確定します。
供託せず、「どうせ相続放棄だろう」と勝手に判断すると、後になって「あなた方が『遺産を横領した』」と訴えられてしまうなど、トラブルになる危険があります。

お兄さんご本人にその気が無くても、利害関係人から横槍が入ることは十分考えられます。

後で面倒なことにならないよう、念には念を入れて、法のお墨付きを得ておくことは大切です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。

>後で面倒なことにならないよう、念には念を入れて、法のお墨付きを得ておくことは大切です。
おっしゃる通りですね。
肝に銘じます。

お礼日時:2011/04/20 22:56

よくあるのが財産分割で相続協議で出てこない場合ですね。

この場合、弁護士なり行政書士に相談し、第三者に入ってもらいその方にお兄さんと協議してもらうことです。
どうしても協議に乗ってこない場合には、法定相続割合で分割し、財産の受領も拒否される場合には、法務局の供託精度を利用しお兄さんの取り分を一時国に預かることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

>財産の受領も拒否される場合には、法務局の供託精度を利用しお兄さんの取り分を一時国に預かることも可能です。
「一時…預かる」ということは、そのまま国庫に入るとことはないんですよね?
それならば国が預かったお金はその後どうなってしまうんでしょう?

よろしければご教示ください。

お礼日時:2011/04/18 22:59

行政書士に相談してみてはいかがでしょうか。


相続争いとかなら、弁護士に相談するべきでしょうが、
それほどでもないような気がします。

お父さんが無くなったのに、家族と話をしたくないということは、
お兄さんは、十中八九、相続放棄するつもりなのでしょう。

相続放棄するには3ヶ月以内に放棄の書類を裁判所に提出しなけれはなりません。
行政書士にたのんで、お兄さんと連絡をとってもらうのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>お兄さんは、十中八九、相続放棄するつもりなのでしょう。
私どももそんな気はするのですが、いかんせん意思表示も無く手をこまねいているところです。

回答にある通り、ひとまず行政書士と相談してみようと思います。

お礼日時:2011/04/18 22:58

調停をしてみてはどうかしら?



もし、そこで結論が出なければ審判してもらう
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

相手が相続を望むようなら考えてみたいと思います。
リンク先参考になりました。

お礼日時:2011/04/18 22:57

「話し合いの場を設けたい」というのは、強制的にできるものではないと思います。


葬式にも顔を出さないということですから、親子の縁を切ったということでしょう。
今更遺産をもらうことで「親子であった」というコトを確認したくないのだと想像します。

想像は、想像なので、出過ぎたことを申しましたが、村八分でも、火事と葬式は関わります。
そこまで拒否するのは、相当なことでしょう。
無理矢理会うのは、彼にとって拷問の様なものと思います。
貴方が情を持っているなら、関わらないであげることが、唯一できる「温情」なのではないでしょうか?そう感じます。



「このままでは、遺産を処分できない。遺産分割を法に基づいて行いたい」
というのならば、裁判を起こし、法に則って、それぞれの取り分を認めてもらえば良い話です。欠席裁判でも判決が出れば、法的効力を持ち、抗弁はできません。遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。

国家にできるのはそこまでです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>今更遺産をもらうことで「親子であった」というコトを確認したくないのだと想像します。
私どもはそこまで思い至りませんでしたが、的を射ているかもしれません。

>貴方が情を持っているなら、関わらないであげることが、唯一できる「温情」なのではないでしょうか?
そうですね。こちらから関わることはかえって話をこじらせる原因にもなりかねないように思えてきました。
他の方が回答なさっているように、第三者に間に立ってもらって処理を進めたいと思います。

ところで最後に
>遺産を受け取りに来ないなら供託しておけば良いのです。
とありますが、供託すると何かメリットはあるのですか?
また供託したお金はその後どうなるのですか?
よろしければご教示ください。

お礼日時:2011/04/18 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続発生していても、相続人(私)に連絡なし

以前に亡くなった父方祖父母の相続権について質問した者です。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8358934.html

現在、戸籍を遡って遠方の市町村役場から戸籍を取寄せ、
まだ不十分ですがおおよその様子がわかってきたところです。

そこで、風の噂ですが、父方祖母がくなっているらしいという情報を得ました。
(戸籍はまだ祖母の現住所までたどれていなく、亡くなっているか確認がとれません)

普通であれば、他の遺族が戸籍を調べて私あて連絡してくるハズなのでしょうが、
特にそのような連絡は受けていません。

もし本当に死んでいるのであれば、相続はどうなってしまったのでしょうか。
無効として何か動かなければならないでしょうか?

また、仮に相続といっても、現金等の形が残りにくいものしかないとしたら、
再配分を求めても難しいのでしょうか。

情報不足で申し訳ありませんが、現状で取りうる対策や対応方法があれば
教えてください。

Aベストアンサー

前回の質問にいくつかの回答のうち、ご自身に都合の良い部分だけに着目しているように思えます。

正鵠を射ているのは、No7toratanuki氏の回答、
>こういう、現実の質問にたいして、建前を言っても何も解決しません。
>遺留分をどうやって証明するのですか。
>会ったこともないのに。
です。


お父様が実子なのでlion-fiatさんが法定相続人であることは間違いありませんし、必要があれば先方から戸籍をたどってlion-fiatさんに連絡が来ることもあるでしょう。
大事なのは「必要あれば」の部分です。


・おばあ様名義の「土地」「建物」「自動車」「株式等有価証券」があればそれは名義が登録(登記)されているので名義変更(遺産分割)に際してかならずlion-fiatさんに連絡が来ますが、名義を変更せずそのまま放置している可能性もゼロではありません。名義を変更しなくてもそれまでどおり使い続けることができるからです。
(自動車は廃車手続きの際に名義変更が必要ですけどね)
ただ、一般に、高齢の女性がこれらの資産を持っていることは少ない(夫の名義であることが多い)と考えられます。
また、仮にこれらの資産を持っていたとしても、余命いくばくもなくとなった時点で同居(近在)の配偶者や子供たちに名義変更していることも考えられます。
こういった贈与は、20年以上つれそった配偶者に対しては大きな控除があるのでほぼ無税で贈与できます。
子に対しても贈与税を軽減する方法がいくつかあるので、合法的に資産を譲渡してしまうことが可能なのです。

・おばあ様名義の「預金」「貯金」については、金融機関が死亡を知ったら凍結されますが、その前にキャッシュカード等で全額引き出してしまえば、lion-fiatさんに連絡することなく分割が終了してしまいます。

・おばあ様のタンスにしまってあった現金や金塊や和服、宝飾品も、近親のもので分割してしまえばlion-fiatさんに連絡する必要はありません。


と、現実を考えれば、実際にはlion-fiatさんに連絡しなくてもすむことが多いのです。
さらにいえば、「久しく連絡を取っていない法定相続人(lion-fiatさんや弟さん)」がいることは皆が知っているので、相続発生の際、面倒(lion-fiatさんへの連絡)が生じないような準備をしておくことは、先方にとって当然の防御として考えられます。


で、冒頭のメッセージに戻りますが、
>遺留分をどうやって証明するのですか。
仮に、lion-fiatさんの知らないところで実際の遺産分割が行われていたとしても、
「おばあ様にはどのような遺産があったか」
「その結果、lion-fiatさんの法定相続分はどれほどになり」
「それが侵害されている」
という主張をしなければなりませんが、
その第一歩「どんな財産を持っていたか、知っていますか?」が絶望的だということを指摘しています。
取引金融機関・支店が分かれば、法定相続人として預金出入り明細の開示を請求することができますし、住んでいる土地の地番が分かればその土地を所有者を調べることもできますが、なにか、そういった手がかりをお持ちですか?

よく知らない人は「弁護士に頼めば・・・」といいますが、先方遺族の立場でいえば、仮に弁護士経由で問い合わせをしても回答する義務もなにもありません。弁護士経由で問い合わせたら先方も弁護士に相談し「ほっておきなさい、知らないといった返事をする必要すらありません」という回答を得るでしょう。

前回の質問にいくつかの回答のうち、ご自身に都合の良い部分だけに着目しているように思えます。

正鵠を射ているのは、No7toratanuki氏の回答、
>こういう、現実の質問にたいして、建前を言っても何も解決しません。
>遺留分をどうやって証明するのですか。
>会ったこともないのに。
です。


お父様が実子なのでlion-fiatさんが法定相続人であることは間違いありませんし、必要があれば先方から戸籍をたどってlion-fiatさんに連絡が来ることもあるでしょう。
大事なのは「必要あれば」の部分です。


・おばあ様...続きを読む

Q相続放棄のお願いの手紙の書き方

お世話になります。一人暮らしをしていた母が昨年9月15日に他界致しました。自宅を整理していたら自筆の遺言書が出て来ました、財産はすべて私に相続させる内容です。司法書士さんに依頼して家庭裁判所で検認の手続きを済ませました。その時司法書士さんにより30年間行方不明だった兄を探していただきました。家庭裁判所にて兄と話し合い、兄から相続放棄の話を頂きました。その事を司法書士さんに伝え、相続権放棄なる旨の書面と署名捺印をお願いする手紙(私が書いた)に、相続の内容(不動産の価値、預貯金の額)を書いて送ったほうが良いのでしょうか。兄はその時、親の面倒や親戚との付き合いをすべて私に任せてきたので、相続はすべて放棄すると言ってくれました。相続する額もそう多くは有りません。なるべく穏便に済ませたいと思っているので、ここで相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

感謝の気持ち、面倒をおかけすることへの詫び、その程度でよいのではないですかね。
変に遺産の内訳などを知れば、やっぱり放棄しない・遺留分減殺請求しないと言いかねませんからね。

以前私が司法書士事務所の職員として、資格者及び依頼人から手紙を作成したことがあります。その時には、事実ではありますが少し大げさに、生活財産(住まい)ぐらいしかないため、相続放棄の協力をお願いしますと書きましたね。

遺言書があるから遺留分だけという方もいるかもしれませんが、遺留分の減殺請求をされて困るリスクを残すべきではありません。
行方不明だったお兄様が言われているように相続放棄してもらうことが大切です。
書類作成費用をあなたが司法書士へ払い、その書類と司法書士への委任状にお兄様が署名捺印してくれさえすれば、裁判所で放棄の受理手続きが可能でしょう。放棄の手続きは比較的簡単なものですからね。

人間的なトラブルを回避するために、お兄様にははんこ代(押印のお礼)などを払ってもよいのかもしれません。私が関与した時には、そこそこの金額のお菓子を宅急便で送り、手続き終了後に改めてお礼のお手紙を出していましたね。

感謝の気持ち、面倒をおかけすることへの詫び、その程度でよいのではないですかね。
変に遺産の内訳などを知れば、やっぱり放棄しない・遺留分減殺請求しないと言いかねませんからね。

以前私が司法書士事務所の職員として、資格者及び依頼人から手紙を作成したことがあります。その時には、事実ではありますが少し大げさに、生活財産(住まい)ぐらいしかないため、相続放棄の協力をお願いしますと書きましたね。

遺言書があるから遺留分だけという方もいるかもしれませんが、遺留分の減殺請求をされて困るリス...続きを読む

Q遺産分割協議に応じてくれない場合の対処方法について

昨年、伯父が亡くなり、父と伯父の県外の甥、姪にあたるいとこが相続人となったようです。

電話で遺産の話し合いを進めていたにも関わらず、甥、姪にあたる人と連絡が取れなくなったとのこと。
遺産の分割に何か不満があるようなのですが、口下手なため父との話し合いを嫌がっていた節もあるようです。
いくら連絡しても電話に出なくなり、遺産の件で話をしたいので折り返し連絡をくれるよう
双方の留守電にいれても返事が来ないらしく遺産分割協議ができていません。
いろいろ事情があってあちこち動き回っているようでどこにいるのかもよくわからないとのことです。
父が伯父の葬儀を行ったこともあり、早く遺産分割を終えたいのですが
何ヶ月もたつのにそれができずに困っています。
たまに電話に出るのは耳の遠い要介護の人間のみとのことで、伝言を頼んでもやはりなしのつぶてらしいです。

こういう場合、裁判所から相手に直接呼び出しをしてもらうなど
何か話し合いに応じてもらう方法は何かありますか?

Aベストアンサー

調停の場合は結局のところ相手との最終的な合意がなければ意味がありませんので、欠席された場合は意味がありません。
その場合には遺産分割の審判申し立てをしなくてはならないかと思います。
裁判の場合は欠席されれば出席者の言い分が通ってしまい、最終的に強制執行が可能になりますので、事実上相手に出席を強制する効力があります。

Q前妻の子供と連絡がつかない場合の相続について

よろしくお願いします。

私の夫はバツイチで、前妻との間に娘さんがいました。私との間にも娘が1人おります。


こうした状況で、夫がなくなった場合、夫の財産を相続する相続人は、

妻(私)、娘、前妻との間の娘

の3人であり、割合は

妻 2分の1
娘 4分の1
前妻との間の娘 4分の1

になると思います。

が、夫の意向として、なるべく前妻との間の娘さんには相続させたくない、ということで、そのような内容の遺言書を司法書士に頼んで作成する予定でした。

が、前妻との間の娘さんにも法律で守られた取り分(遺留分)8分の1があり、請求されれば、分けなければいけないと思います。


そこで質問なのですが、遺言書に「妻と娘に半分づつ相続させる」という、前妻との間の娘さんの遺留分を無視した内容を記載しても、まずもって遺言書とおりに相続出来るのでしょうか?

もし、すんなりと遺言書とおりに相続出来たとしても、前妻との間の娘さんが夫の死亡知って遺留分を請求してくれば、渡さざるをえなくなると思うのですが…

それ以前に、夫の死亡を前妻との間の娘さんに知らせぬままでいれば、結局は、分けなくても済むのでしょうか?

実際、夫が前妻との間の娘さんとは離婚してから、一度も連絡を取っておらず、知ってる連絡先も(いつ変えられてしまうか分からない)携帯電話のみです。こうした状況で夫が死んだ場合、あえてあれこれと娘さんの居場所を捜し出してまで私から連絡をしたくありません。事情があり、かかわりたくないのです。

冷たく思われると思いますが、法律的な部分のみの回答をよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

私の夫はバツイチで、前妻との間に娘さんがいました。私との間にも娘が1人おります。


こうした状況で、夫がなくなった場合、夫の財産を相続する相続人は、

妻(私)、娘、前妻との間の娘

の3人であり、割合は

妻 2分の1
娘 4分の1
前妻との間の娘 4分の1

になると思います。

が、夫の意向として、なるべく前妻との間の娘さんには相続させたくない、ということで、そのような内容の遺言書を司法書士に頼んで作成する予定でした。

が、前妻との間の娘さ...続きを読む

Aベストアンサー

遺留分を侵害した内容の遺言書も、その遺言そのものが無効となるわけではありません。
その内容どおり執行することができますから、例えば、不動産の相続登記は その遺言書を添付して申請することができます。
この場合、他の相続人の承諾などは必要ありません。
しかし、遺留分を侵害された相続人から減殺請求されれば応じないわけにはいかないので、そのことは充分覚悟はしておかなければなりません。
なお、被相続人の預貯金の解約については、たとえ有効な遺言書があっても相続人全員の承諾(印鑑証明書)がなければ これに応じないのが銀行等金融機関の取扱いです。
その意味では、結局のところ他の相続人にも連絡して遺産分割協議をせざるを得ません。
不動産は遺言で特定の人に相続させ、他の相続人には預金現金で調整するというのが現実的であると考えます。

Q遺産を受け取るまでにかかる日数

初めて質問させていただきます。今年、父が突然他界し銀行預金の遺産を相続することになりました。
初めてのことばかりで大変でしたが11月上旬に税務署に相続申告書を提出しました。そして数日後には相続に対する納税も終えました。相続の書類作成の際は税理士さんはもちろん、銀行の方もいらしていろいろな書類に捺印やサインなどを行い、振込先を聞かれたので私のメインバンクの情報を記載しました。税理士さんからは相続に対するすべての手続きは終了した旨を知らされました。今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。よろしくお願いいたします。年の半分日本にいないため今後日本を離れる時期を検討したいため(父が他界した後は書類などの手続きのため4回ほど帰国し大変だったので)。

Aベストアンサー

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行った。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、指定された遺族の口座に振込を実行した。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、税理士に相続財産振込一覧表(振込証明書原本)を提出。
11月28日(金曜日)。税理士は、遺族全員に相続業務が終わった事を連絡。
※通常は、郵送で振込証明書等明細が個々の相続人に送られます。
※通常、銀行の営業時間・郵便配送日数が別途必要です。
※私の場合、税理士の対応が早かったので(書類完成から)7営業日で振込がありました。
結局は、業務を依頼した税理士が「動くか動かないか次第」です。
「いつ動くの? 税理士の都合でしょ!」(笑)

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行っ...続きを読む

Q父死亡 家の名義変更は必要か。

先日父が死亡しました。  
年金だけの生活で、預貯金はわずかで、
30坪に満たない家を所有しているのみです。
郡部ですので、土地・家の評価格は低いでしょう。
母は健在で独りで住んでおり、当方・弟は一家を構え、別の場所で暮らしています。将来、母が亡くなったら、やむなく売却する予定でおります。

土地・家の名義は父ですが、これを誰の名義に替えたらいいのか、また どんな手続き・税金が発生するのか、簡単にお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変更をすれば済みますので、登録免許税を1回分節約することができます。
なぜなら、1回でお父様名義から貴方・弟様名義に直接名義変更することができるからです。

お母様の心情を考えますと、夫婦で築いてきた財産ですので、とりあえずはお母様が相続するのが良いのではないでしょうか。

遺産分割協議書は必ず作っておく必要があります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになって貴方・弟様名義に名義変更をする際、お父様のご相続の時の遺産分割協議書も必要になります。

登録免許税は、固定資産税評価額×0.4%で計算できます。

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変...続きを読む

Q母が死亡した後に母名義の口座からおろす

自分の母が亡くなってしまい、まだお金がいくらか入っている
口座を発見しました。口座を凍結したあとになかなか手間がかかる
と聞き、なんとかできないものかと考えています。
そこでお伺いしたいのですが、
1.私に母が死亡したこと銀行側に告げる義務はあるのか
2.もし、告げずにすむのであればそのまま代理人としてお金を
 おろすことは法的にまずくないのか

この2点を教えてください

Aベストアンサー

質問者様の家族構成(ご兄弟)が不明ですが、告げずにおろすことは、
あとで問題になりえます。
相続にはルールがあり、銀行はお母様の残された預金を、お母様の戸籍を生前までさかのぼり(戸籍のさかのぼりと言います)、ご遺族の方に適正な割合で受け渡す義務があります。相続放棄される相続人がいなければ法定割合(配偶者、子、、、)に則ります。告げずにおろすということは、この前提を反故にすることです。
 また、死亡後に預金を引き出し、後日正式に相続手続きするとなると、預金の引き出しも考慮の上、銀行は処理しますので余計話が難しくなります。法律に則った相続をすれば相続人全員も納得しやすいでしょうが、独り占め行為は長い目で大きなシコリを残しかねません。金額の大小に関わらず相続で不和がおこる話をよく聞きます。

 銀行の相続は決して面倒ではありません。必要な書類を揃えて提出すれば一週間もあれば終わります。
 お母様のご供養のためにも、ご心労の中で且つお忙しいと思いますが、然るべき正しい相続をされることをお勧めします。

Q相続に協力しない相続人がいる場合の相続手続きについて

55歳の女性です。私には二人の弟がいて、そのうちの一人が行方不明です。大手企業に勤めているので、勤務先はわかります。両親が高齢なので、相続手続きの話をしたく、会社にメールしたり、昔の住所に手紙を書きましたが、無視されたり、手紙も戻ってきました。先日は、弟の奥さんのお義母さまに手紙を書きましたが、受取拒否で戻ってきました。(詳細は過去の質問のとおりです。)以前にもここで、公正証書遺言書のアドバイスを頂きましたが、両親も高齢だったり、弟に対しての憎悪の気持ちがあったりで、遺言書の作成に至りません。そこで、お詳しい方に、遺言書が無い場合の相続の手続きというか、流れを教えていただきたく存じます。
⓵親が亡くなったら、役所に行って、戸籍をたどり附票で現住所を確認する。
②弁護士に代理人になってもらい、弟に会ってもらい、遺産相続放棄の書類に捺印してもらう。.....とはすんなりはいかないと思います。1/3を要求してきたら、それはそれで、応じたいと思います。しかし、弟が、代理人である弁護士にも会わなかったら?
③裁判所に調停を依頼する。
④裁判所から弟に通知がいく。この通知を弟は、受取拒否できない。
⑤裁判所の呼び出し日に弟がこない。
⑥裁判所の裁量で、分割案が決まり、弟が無視し続けても、その案で、相続手続きが進み、私ともう一人の弟は、裁判所の決めた分割案のとおり遺産を受け取れる。
......だいたいこのような流れでよろしいでしょうか。
弟が、それなりに相続権を主張してくれば、話は進むと思うのですが、全て無視されるのではないかと思い、その場合、相続がどのように進むのか教えていただきたいので、よろしくお願いいたします。

55歳の女性です。私には二人の弟がいて、そのうちの一人が行方不明です。大手企業に勤めているので、勤務先はわかります。両親が高齢なので、相続手続きの話をしたく、会社にメールしたり、昔の住所に手紙を書きましたが、無視されたり、手紙も戻ってきました。先日は、弟の奥さんのお義母さまに手紙を書きましたが、受取拒否で戻ってきました。(詳細は過去の質問のとおりです。)以前にもここで、公正証書遺言書のアドバイスを頂きましたが、両親も高齢だったり、弟に対しての憎悪の気持ちがあったりで、遺言書...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
多分、裁判所手続きにして調停調書とか審判書とかで、法定分割してしまえば、公正証書や分割協議書のかわりとして、相続手続きはできると思います。

ですので、流れとしてはそのような認識で良いかと。
弁護士の交渉も相手が応じないなら手立てはないですしね…

ひとまず専門家に相談された方がいいと思います。
多分、個人で動くにはかなり大変な案件だと思いますので…

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q相続放棄にかかる費用について

借金をしていた父が亡くなり、
現在、相続放棄を考えております。

県の無料相談所で相続放棄について相談したところ、
弁護士に頼むことをすすめられ、
費用は相続人1人につき、約15万円かかるとのことでした。
この金額は相場としてどうなのでしょうか?
少しでも費用を安くする方法はないでしょうか?

アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

 被相続人(お父様)が亡くなったことにより御相談者が相続人になったことを知ったときからまだ三ヶ月経過しておらず、かつ、法定単純承認に該当するような行為を明らかにしていないという事案でしたら、相続放棄の手続は、さほど難しくはないでしょう。(戸籍謄本などを集めるのが少々、大変なぐらいでしょうか。)それでもご自分でするのが難しいと感じるのでしたら、司法書士に依頼すれば、戸籍謄本等の収集と申立書の作成をしてもらえますし、費用もおそらく数万円ですむでしょう。
 もし、相続人になったことを知ったときから三ヶ月経過してしまった場合、単純に考えれば、三ヶ月の熟慮期間が経過していますので、相続放棄はできません。
 しかしながら、その熟慮期間内に手続をしなかったのが、プラスの財産はもちろん、マイナスの財産もないとないと信じ、そう信じることに相当な理由がある場合は、熟慮期間の起算点をその財産の存在を知ったときからとする判例があります。そのような事案では、家庭裁判所は単に申立人に照会書を出すのではなく、直接、審訊して、詳細な事実関係の説明を求められる可能性が高く、それに対応するのは専門的な知識が要求されます。そうであるならば、司法書士では代理人になれませんので、弁護士に申立の代理人になってもらう必要があるでしょう。弁護士が代理人になる以上、15万円は高くはないと思います。

 被相続人(お父様)が亡くなったことにより御相談者が相続人になったことを知ったときからまだ三ヶ月経過しておらず、かつ、法定単純承認に該当するような行為を明らかにしていないという事案でしたら、相続放棄の手続は、さほど難しくはないでしょう。(戸籍謄本などを集めるのが少々、大変なぐらいでしょうか。)それでもご自分でするのが難しいと感じるのでしたら、司法書士に依頼すれば、戸籍謄本等の収集と申立書の作成をしてもらえますし、費用もおそらく数万円ですむでしょう。
 もし、相続人になったこと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報