はじめまして、留学2週間目の者です。

ビジネス英語を学ぶために、その前段階として一般英語のクラスに通って2週間になります。
クラスでディスカッションを行う際、他者の発言中に遮って、
物凄い剣幕で話すことに圧倒されてしまっています。。
英語が思うように出てこずに、言いたい事が言えないことももちろん大きいのですが、
人の意見は最後まで聞いてから発言するのが礼儀だと思っていたため、
ディスカッションの剣幕の激しさに圧倒されたり、ストレスを感じてしまっています。
ディスカッションを楽しみたいのに、楽しい・面白いと思うことができず、
2週間後にはビジネスクラスに入るのにどうしよう、と焦って弱気になっています。
おそらく、自分の意見はあるのに、言えていないことがストレスの原因だと感じています。

海外では、人を押しのけて(遮って)強く自分の意見を主張することが当たり前でしょうか。
それができないとディスカッション、ミーティングに参加していないと同様になってしまうでしょうか。
また、克服するには、とにかく強く自分も言ってみる、しかないのでしょうか。
何かコツ、克服法や、強気になる心構えがありましたら、教えてください。

A 回答 (2件)

まず、ディスカッションはディベートとは違うということを理解しましょう。


論敵を言い負かすことが目的ではないのですから、剣幕で相手を威圧しても意味はありません。
複数の人間が話し合うことにより、大きく議論の幅を拡げていかなくてはならないのです。この掲示板のように自分の言いたいことをとにかく書いてしまえる、というような意見の発表会ではないのですから、議論の中でその発展を楽しむべきなのです。

メンバーは必ずしも相手の言葉を最後まで聞く義務はありません。もちろんそれが議論にとって有益だと思えばそうするでしょうが、最後までいかなくても発言者の意見にもうこれで拡がりはないと判断した時点で容赦なく遮って、自論を述べ始めるのは普通の形態です。
また、前置きが長く何を言おうとしているのか判らないときにも、躊躇なく割り込んできます。

楽しめないと申されますが、意見を求められれば立つ、という日本風のやり方から脱却できていない点がストレスになっているのではないか、という印象を持ちました。「必要と思えば立つ」でなければ、発言の場は与えられません。

仰るように、「とにかく自分も言ってみる」のは大切ですが、中身を伴っていなければ聞く耳は持たれないと思います。やたらと相槌をうったり、追従したりというだけではなく、「この人の意見は聞くに値する」と思わせなければならないのです。そのためにはどうすればいいか、という方向で考えてください。

ポイントは「議論の発展に貢献する」ことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私はディベートを行ったことがないのですが、
初めて海外にてディスカッションを経験した時に、
相手を言い負かそうとしているように感じてしまったように思います。
「馬鹿なことを言わないで!」「あなたは間違っている」と大声で他者の発言を遮って言うことに、
驚くと共に、この調子でないとやっていけないのか?私はそれは無理だ…と思ってしまいました。

ですが、表現の方法の違いがあれど、仰るように「議論の発展」という視点で考え、
議論全体を豊かにするために他者を遮っているのかもしれません。
言葉尻にとらわれずに、議論全体の方向を考えてみたいと思います。
そして、自分も荒々しい表現をするのではなく、議論を発展させるように意見したいと思います。

どんな表現を、「無礼だ」「ふさわしくない」と思うかは、人、国によって異なるかもしれないので、
表現自体に驚いたり左右されることなく、冷静に内容を捉えるように努力したいと思います!(中々難しそうですが)

どうもありがとうございます。

お礼日時:2011/04/18 05:58

>人の意見は最後まで聞いてから発言するのが礼儀だと思っていた


それは英語の国でも同じだと思います。
ただ、強烈に「何かを伝えたい」と思うから、人の話を最後まで聞かずに、自分の意見を述べ始めるように私は感じています。
自分が話が終わっていないのに、誰かが反論し始めたら、こういいます。
「let me finish!」
すると、普通は、はっ、と気がついてこっちの話を聞いてくれるものです。

>海外では、人を押しのけて(遮って)強く自分の意見を主張することが当たり前でしょうか。
別に人を押しのけるのがポイントではありません。あなたには、リアルに自分の意見を主張しなければならない場面はまったく無いのですか?
もっとも、日本では、例えば会議の時には黙っていて、会議が終わった後に気の合うもの同士で「あいつの提案はなっちゃいない」などとこき下ろす場面が良くありますから、日本じゃ議論自体が少ないかもしれません。ま、そういう風に振舞うのが悪いわけじゃありませんけどね。日本じゃそれでやっているんですから。たぶん、英語の国では、「言いたいことがあるなら、直接言えばぁ」と考えるのでしょう。

強烈な相手と同じように振舞おうとすれば、"強く自分も言ってみる"しかないのでしょうが、海外の人たちだって、それぞれ自分のスタイルがあって、必ずしもみんなが人を圧倒するように話を進めるわけではありません。落ち着いて静かに議論を進める人だっています。
そういう自分のスタイルを見つけるための、レッスンなのではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>それは英語の国でも同じだと思います。
>ただ、強烈に「何かを伝えたい」と思うから、人の話を最後まで聞かずに、自分の意見を述べ始めるように私は感じています。

そうですよね、日本でも程度の差こそあれ、他者の発言中に自分の意見を述べ始める人もいれば、
そうでない人もいますので、同じですよね。

>別に人を押しのけるのがポイントではありません。あなたには、リアルに自分の意見を主張しなければならない場面はまったく無いのですか?

日本ではもちろん、意見を主張することはありました。
その場合、他者の発言を最後まで聞いた上で、「○○という点に納得できません。私はこう思います」といった形で発言をしていました。
なので、海外にて初めてディスカッションを経験した時に、
他者の発言を遮って「馬鹿なことを言わないで!」などと割って入ることに、驚いてしまい、この調子で自分も発言しないとやっていけないのか?と不安に思ってしまいました。

でも仰る通り、海外だから皆そうというわけではなく、
もちろん静かに議論を進める人もいますよね。
私は感情的に議論をすることが苦手ですが、意見があるのにしないということになりたくないので、
色々なタイプの人の中でも発揮できる、自分のスタイルを考えていきたいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/18 05:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「馬鹿」と言うのは、人格否定発言になりますか?

例えば、上司が部下に対して「お前は馬鹿か!」と言うのは、人格否定発言になりますか?

人格否定発言と言うのは、言いすぎですか?
言われた相手が「人格を否定された」と思えばそうなるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そんな発言をしてしまう人というのは、おそらくそこまで考えていないと思いますよ。本気で「馬鹿だ」なんて。おそらく「この人って本当に頭悪いな」って心から思っていたら、そんなことは言えません。
そういう意味では「人格否定発言」というのは言い過ぎです。否定する意図なんて無いのですから。


ただ、そういった聞き慣れない発言にびっくりしてしまう人がいるのも現実で、他人がどう思うかも読めずにそんなことを言ってしまう上司の資質には不安がありますね。「不信感を抱かれる」とか「礼儀を知らない」という形容には値するのでは。それはあくまで「人格否定発言」ではないだけで。

誰かを責めたり問題視するにしても、ポイントがズレてるとただの被害妄想扱いされてしまいます。そこは充分注意した方がいいでしょうね。

Q旅行学を学ぶ上での大学留学について

私は将来的に海外留学をするつもりでいます。また、旅行学、ホスピタリティ学にとても興味があります。
そこでその学問を学ぶためのおすすめの大学を教えて下さい。
今のところ、学校の成績は普通(3)で英語力は英検2級を持っていて、今度、英検準1級に挑戦するつもりでいます。
留学に関して詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。MBA・大学院留学のコンサルティング会社をしておりますスティーブ・フィッシャーと申します。

NYU、 Cornell、それとthe University of Hawaii at Manoa等はokomeokomeさんの希望する分野に強い大学です。これらは一例ですので、Petersonsというウェブサイト(大学・大学院の情報サイト)で他の学校も検索してみてください。専攻別に検索することができます。

http://www.petersons.com/GradChannel/code/search.asp?sponsor=1

参考URL:http://www.petersons.com/GradChannel/code/search.asp?sponsor=1

Q人格否定と暴言を言ってくる元彼が忘れられない・・

別れて3~4年くらい経ってるんですがたまにメールしたりします、
私からメールを送るんですが人格否定や暴言と上から目線の内容のメールが来ます・・・

長文メールの最後にだいたい
「善意で言ってやってるんだ、人間的に可哀相だから」
「お前が上から目線に見えるだけだ、お前がそういう態度にさせてるんだ」
など私が何言っても批判や否定をしてきます、いつも私は「じゃあなんて言ったらいいんだろう、なんていったら満足するんだろう」・・・と思ってました

長文で演技が入った文で書いてきます、演技が入った文章は読んでて恥ずかしいです

人格否定され続けても好きだから許してました、一緒にいても安心するし離れられなくなってました
私が「会いたい会いたい」って言うメールをたまに送っても全然返事が来ないけど我慢して待ってました・・・

今はもう人格否定と暴言に耐えられません・・・
好きだけどもう苦しいです・・・つらいです
人格否定の長文メールがくるだけで怒りとショックで苦しいです
男の人が怖くなりました

どうしたらこの元彼の人格否定を忘れられますか?

Aベストアンサー

まだお相手のことが好きなのでしょうか?
「元彼」を忘れたいのじゃなく、「元彼の人格否定」を忘れたいだけなのでしょうか?

元彼を忘れたいなら簡単です。
辛い内容のメールが来るなら、あなたからメールを送らないこと・受信拒否をすることです。

ちょっと言い返したいなら、受信拒否をしてから最後に言いたいことをズラズラ書いて送れば、少しは気が紛れるかも?(笑)
「演技が入った文章は読んでて恥ずかしいです」これを伝えるとか。

彼とメールしていてプラスになることはないと思いますよ。
忘れることをお勧めします。頑張って!

Q写真を学ぶために留学するならどの国?

現在写真を学ぶ為に留学を考えています
色々検索してみるとイギリス・アメリカ・フランスなどが留学先として多い様ですが、実際どの国が良いのか決めかねています。
英語は以前カナダに留学した事があるので、ある程度は喋れるのですが、フランス語は喋れません。
ただ語学を勉強するのは好きなのでいざとなれば勉強してなんとか習得できるとは思っています。
上記3カ国以外でもお薦めの国などありましたら教えてください。
また実際に留学した事のある方、留学費用はどのくらいかかったかも教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

#1です。
補足ありがとうございます。ちょっと強く言い過ぎたかな~と心配しておりました。

では補足に対するアドバイスをしますね。
撮影技術から学びたいということでしたら、日本をお勧めします。
理由は2点あります。

1つは、デジタル化の波に乗れること。
今、写真業界は銀塩写真からデジタルへの転換期の真っ只中、撮影の技術や後処理の技術もフィルムの時代とはだいぶ変わってきています。デジタルカメラの分野では日本は最先端を走っていますので、その情報に常に触れられることは今後の学習・進路に大いに役立つでしょう。

2つめ、技術や技法だけに特化すれば十分な教育機関があること。
写真の専門学校も沢山ありますが、日本芸術大・大阪芸大・九産産業大・東京工芸大などの大学には写真学科がありますので論理や技術の面では十分な学習ができるでしょう。

さて、「動物や風景」が撮りたいとのことですが、非常に多くの人が取り組んでいるジャンルですので、質問者様独自の視点を育てて行かないとなかなか日の目を見るのは難しいでしょう。
私の周りではそのようなジャンルを目指している方はそれだけでは食べていけませんので「ライフワーク」として取り組まれ、普段の食い扶持はコマーシャルの撮影や、結婚式・成人式などの撮影をされている方がほとんどです。私の場合は子供たちの視線や思い付きにヒントを得ることも多いので学校写真(遠足なんかについてきていましたよね)にも従事しています。

今ひとついやなことを書きますが、
質問者様の補足からは写真の勉強がしたいという気持ちと留学したいという気持ちが混ざってしまっているように感じられました。ひとつ切り分けてみてはいかがでしょう?
技術は日本で学び、感性は海外へ出て磨くというように。

感性や独自の視点を磨くためには(留学ではなく)様ざまな土地を旅行されると良いと思います。人生をかけて伝えたい風景や動物たちに出会えるかも知れません。

上では書きませんでしたが、日本で技術を学ぼうとするとスタジオへ入ってアシスタントをしながら、著名な先生に従事しながら「技術を盗め」という道を勧められるかも知れません。写真は職人の世界だという考えからまだまだ徒弟制度のようなものが残っているのです。また日本では出版社へ写真を直接売り込みに行くようなやり方はまだまだ浸透していませんので、こういった場でコネを作るという考え方もあります。
ただしこの場合は、10年20年の下積み生活がおまけとしてついてきますので注意が必要です。

※留学に適した国を聞いているのに!勉強したいだけで生計の立て方を聞いたわけじゃない!と思われるかもれません。その場合はどうかスルーしてください。
老婆心ながら参考になればと思い書かせていただきました。
貴方の写真が貴方の人生を明るく照らす糧でありますよう、願っています。

#1です。
補足ありがとうございます。ちょっと強く言い過ぎたかな~と心配しておりました。

では補足に対するアドバイスをしますね。
撮影技術から学びたいということでしたら、日本をお勧めします。
理由は2点あります。

1つは、デジタル化の波に乗れること。
今、写真業界は銀塩写真からデジタルへの転換期の真っ只中、撮影の技術や後処理の技術もフィルムの時代とはだいぶ変わってきています。デジタルカメラの分野では日本は最先端を走っていますので、その情報に常に触れられることは今後の学習・...続きを読む

Qこの趣味は父親の人格否定と関係しますか?

これは父親からの人格否定と関係有りますか?
私の精神は破壊されたのか?

父親に人格否定を受けて、女性の妊娠出産に嫌悪感を抱きその一方では、「美脚と巨乳が大好きになりました。」 オマンコはどうでも良いです。
しかし、美脚に顔をこすり付けるのが至福の一時。
また、巨乳を見てオッパイ吸いたい、顔を埋めたい衝動が目立っています。

Aベストアンサー

人格否定は関係ないと思います。

性的に何かされた訳じゃないでしょ?

生まれ持った貴方の性癖だと思いますが…

Q留学で何を学ぶ

よく留学したら
「視野が広がった」「いい経験だった」「~を得た」「~を学ぶことができた」
と抽象的な事を聞きますが、具体的にはどういうことなんでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

僕は高2から一年アメリカに行き、先月14日に日本に帰ってきました。

僕も同じような回答をみんなにしてしまっています。

なぜかというと、
・たくさんありすぎて短い文章にまとめられない
・正直長く説明するのが面倒
・抽象的な質問(アメリカどうだった?など)に答えるには抽象的に答えるのが楽である
・うまく思い出せないことを聞かれると面倒なので(会話の雰囲気も冷めますし)、あえて抽象的に答える

などの理由があります。

しかし、みなさん「視野が広がった」「いい経験だった」「~を得た」「~を学ぶことができた」とおっしゃいますが、これらは本当です。
僕もそうです。

ただいろいろありすぎて何を言ったら良いかわからないんです。
日本語もだいぶ下手になりましたし。
なので留学について聞くには、なにか話題(食べ物、学校etc.)を決めて、それについて思いついたことから喋ってもらうのを聞くというのが一番良いかもしれません。

Q人格否定ってどう言う意味ですか?

教えて頂けると有難いです。

ずっとある相談にのってもらっていた人に
「貴方は自分勝手!自己中!」と言われました。

もちろん私にも悪いところがあると思いますが、
何を言っても否定されすぎて疲れてきました…。

人のアドバイスを素直に聞かないから、だそうです。

人格否定されているのでしょうか。もうわけが分かりません…。怖いです。

Aベストアンサー

相手のアドバイス通りに、あなたが動かなかったのでしょう
アドバイスを実践するかどうか?は、あなたの問題です
アドバイスを実践出来ない理由が有っての事でしょうし
実践しない事を責めるのはお門違いです
あなたが自分勝手なのでは無く、相手が自分勝手なのです

Q今年の夏に海外に英語を学ぶために2週間ほどサマースクールに7月の18日

今年の夏に海外に英語を学ぶために2週間ほどサマースクールに7月の18日らへんから行こうと思っています。
トロントかボストンかニューヨークのどれかにしようかと思っています。
自分の希望の条件は日本人学生が少なく、治安がよい。です。
学校によって違うと思いますが、自分はこっちがオススメだ!!
みたいなオススメがあれば理由も添えて教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

候補は絶対に上記の3カ所からですか?まずニューヨークはあり得ないでしょう?正確なところは分かりませんが、ニューヨークはアメリカで1位2位に治安の悪いところじゃないでしょうか?

もしも英語があまりできないなら、一人で行くような場所ではないと思います。

ボストンは行ったことがないので分かりません。

トロントはアメリカよりは治安はいいでしょうが、多国籍、多文化で以外と治安はよくないそうです。日本人は少ないようですが。

治安もよく日本人も少ない、、、たったの2週間の語学留学。

う~ん、カナダのカルガリー辺りいかがですか?日本人はまあまあいますが、日本人の比率の低い学校を選べばいいだけではないでしょうか?

ちなみに私はカナダのバンクーバーに住んでいます。日本人はすごく多いです。しかしこんなバンクーバーですら、日本人のいない、またはすごく少ない学校って結構あるんですよ!

何を優先するかをまずは決めたほうがいいでしょうね。

1. 治安なのか?
2. 日本人人口(比率)なのか?
3. 学校に日本人がいないか?

あとは「赤毛のアン」で舞台のカナダ、プリンスエドワードアイランド(PEI)なんて日本人はいないそうです。でも語学学校はあるようで、100%英語環境で自然と英語を楽しめるのでは?

もしも上記3つ以外に選択する気はないなら、

1. トロント
2. ボストン
3. ニューヨーク かな?

こんにちは。

候補は絶対に上記の3カ所からですか?まずニューヨークはあり得ないでしょう?正確なところは分かりませんが、ニューヨークはアメリカで1位2位に治安の悪いところじゃないでしょうか?

もしも英語があまりできないなら、一人で行くような場所ではないと思います。

ボストンは行ったことがないので分かりません。

トロントはアメリカよりは治安はいいでしょうが、多国籍、多文化で以外と治安はよくないそうです。日本人は少ないようですが。

治安もよく日本人も少ない、、、たった...続きを読む

Q雅子様の人格否定問題が裁判になって勝訴した場合、敗訴した方は懲役や罰金

雅子様の人格否定問題が裁判になって勝訴した場合、敗訴した方は懲役や罰金などはどうなるのでしょうか?そもそも、罪に問えるのか?が気になります。

Aベストアンサー

そもそも告訴なんかするわけないと思いますが、仮にしたとしたら内容次第で罪には問えます。
皇族やその関係者に免罪符などありませんよ。

Q留学することで何を学ぶことができると思うかあなたの考えを教えてください

留学することで何を学ぶことができると思うかあなたの考えを教えてください

Aベストアンサー

私の体験では
半年で、自分がその国について何も分かっていなかったことが分かります。自分のものの考え方や見方をメタで認知できるようになってきます。
1年で、日本が分かります。日本の広義の文化を客観的・俯瞰的に考えることが可能になります。その上で、日本が好きになるか嫌いになるかはその人次第でしょう。私は、改めて日本が好きになりました。また東洋(人種的にはモンゴロイド)という「括り」を意識するようになったのもこの頃でした。
3年で、その国が少し分かってきます。特に制度や社会、それを支える人々の気分や雰囲気といった広義の文化的背景が見えてきます。そこで改めてその国の素晴らしさだとか弱さなども意識の俎上に上がるようになりました。

私は仕事で行ったので、特にそれを感じたのかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報