HP以外のポケモンの能力値は
(種族地×2+努力値+個体値)×レベル÷100+5

だと言われています。
但しソフト名は「ポケットモンスター赤・緑」(1996年発売)で初代ポケモンというものです。

しかし
(種族地×2+努力値+個体値)×レベル÷100+5

という計算において誤差は出ないんでしょうか?
例えば最後の+5はもしかしたら+5,1になったり
あるいは実際にあてはめて
Lv21のコイル努力値なしで個体値が31である特殊能力の計算をすると
種族値は95らしいので
(95×2+0+31)×21÷100+5=51.41
であるが、もしかすれば最後の+5の微小変動により0,2くらい
変わったりするなど。

今自分は努力値0でLv21のコイルの特殊能力が51,5を超えるようなものが出ないかと
探してゲームやっています。

51,5を超えるようなものがなんとしてでも絶対に手に入れたいです!!!
どうしても欲しいんですよ。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

前も回答しましたが、まず計算式が間違っていましたし、コイルは野生でレベル21の場合、特殊が51を超えることはありません。

そして、小数点以下は計算している中で出る度に切り捨てることになっています。


何度探しても特殊が52以上のレベル21のコイルは出ませんから、これ以上は諦めてください。

この回答への補足

52以上は出ないにしても51,5から51,9までの間なら出る可能性としてはないかどうかです。
どうしてもどうしても51,5から51,9あたりまで出る可能性は少しでもあってほしいなあとか思います。
それでも可能性は0ですか?

補足日時:2011/04/16 21:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 22:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング