わたくしは 無理 です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

貴方は宗教の本質を知らない人だと思います。

歴史が物語っているでしよう?現在の念仏の基盤を造った法然、親鸞、命を掛けたからこそ諸国を回って布教した。又日蓮は極楽寺良寛に弾圧されても、「他の宗教は間違っている法華経を信じなさい」と布教した。夜中に由比ガ浜に連れて行かれた日蓮は首を切られそうになったが、突然現れた光の稲妻に権力者達は驚き、日蓮は佐渡へ流罪になった。この事は単なる言い伝えでは無く、歴史書が証明しています。いずれの法門も良し悪しは関係なく脈々と現在に受け継がれて、それらを受け継いでいる僧侶の方々は、800年余りの法門を護るという意味において命を掛けている訳です。あの第二次世界大戦の最中、日本国家は神道一色でした。兵隊がお寺に押し寄せてお寺の鐘や要の物を差出すように強制した。又「神札を祀れ」軍部から強制された歴史もある訳です。それでもその弾圧から法門を護ろうと必死に戦った。毎日、テレビを見ていて困ったときに神頼みでは幸せになれるはずがありません。先の先人達が命を掛けたように私達信徒も、命を掛け信心に励んでこそ幸せを掴む事が出来るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかってますよ。

そのくらいの心で生き進めということでございまっしゃろ。



故意は人間として様々に妨げを起こし滑稽ではと申し上げたいですね。


事実や経験から様々な心にて参加させて頂いております。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 10:21

そこまで何かの宗教なりを信じたことがないので


私も無理です。

でも世界中で古代から現代まで宗教戦争が続いてるということは
「命をかけれる」人々もいるんでしょうね。

本来は生きるための支えであったはずなのに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼コメントが前後し失礼致しました。


参考になります。


生きるための支え
仰います通りだと思います。

心理云々で故意に試しや疑心を与え故意に信じこませるなど


宗教へ対する純真な心への妨げ以外ありましょうか。


それぞれの宗教からの視点で考えた場合
そういうのが本当のホウボウなのでは?とさえ思います!。





ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 10:31

>宗教 に 命 かけれますか。



     ↓
無理・無意味だと思います。

宗教は、精神的な弱さや醜さを戒め自分を律し、気弱に成る時に励まし鼓舞するものだと思います。
一心に念仏を上げても、その事で努力や勤めを怠れば何も実現しないように、自助努力の支え、安らぎ、励みにしても、その宗教に運命を頼り切ったり、命を掛けるのは、主体と成る自分を忘れた本末転倒の生き様・行為だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼コメントが前後し失礼致しました。


参考になります。


わたくしが様々経験しましたことは
宗教てなに?
心てなに?
正義正義てなに?



てな経験でございました。


ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 10:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報