日本に54基ある原子炉のうち現在稼動しているのはたったの24基とのことです。 それでも東電の計画停電もなくなりました。 原子力発電所なんてやっぱり必要ないんじゃないですか? 原子力発電所を作って儲けたい電力会社/政治家/役人の邪悪な動機以外に原発を作らなければならない理由が存在するのでしょうか? ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

日本人は、電力システム全般についての理解は諸外国よりあるほうですが、それでも理解していない人が多い。



家庭の電気のノリで考えてしまいます。専門家でも発電、送電、配電、では自分の分野以外はあまり知らない。したがって、簡単に原発はなくてよいという結論になりがちです。

私は、原発はなくてもよいと思います。しかし、原発がここまでなるのに40年かかった。ということは、全廃するのに40年かかかると思ってよい。理由はの説明は簡単ではない。

まずは、送配電が重要です。ここは、地味な分野なので、専門家も含めて正しく理解できていない。計画停電の混乱も、ここから来ています。配電は本当に難しい世界です。実際は、東電も自信がないと思う。それくらい、奥深いものです。

明治からさかのぼるので、近代史も絡み結構興味深いものです。

たとえば、科学技術振興機構(JST)のe-Learning

http://weblearningplaza.jst.go.jp/

ここの電気電子分野の送配電技術コース

を見るとよいでしょう。専門家を自負する人にも奨めます。

東京近辺の方には、東電の電気の史料館を一見されることをお勧めします。専門家が説明してくれます。

http://www.tepco.co.jp/shiryokan/index-j.html

いかに自分の考えが甘かった痛感するはずです。邪悪な動機でなんとかなるほど簡単なものではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回のお礼の際に質問をクローズするのを忘れ、その後も回答いただいたことお礼申し上げます。 但し残念なのは、これだけわれわれ国民は原発について操作された情報しか与えられていなかったことが明白になったにもかかわらず、いまだネット上やマスコミから垂れ流されている情報を妄信している方が多いことです。 明らかなことは、これまでの原発についての情報は嘘が多かったということ、原子力はコントロールを誤れば人類を滅ぼしかねないということの2点のみです。 原発はコストが安い、原発が無いと十分な電力が得られない、CO2は地球温暖化の元凶等々は全て「?」が付く情報ですし、これらを全て否定する人たちも少なからず居ます。 自然の力の前では、人類の力なんてはかなくちっぽけな物です。地球規模の時間の中では人類は一瞬の存在を許されているだけですが、少なくとも自分たちが作り出したもので、自らを破滅させるようなことは避けたいものです。    

お礼日時:2011/05/01 10:41

現在の原発が危険であることは認めます。

かといってそれに代わる無公害の発電方式が現在ないことも事実でしょう。
又同様に、原発なしで私たちの生活や、日本の経済が立ちいかないことも事実です。
一方ドイツの様に電力を他国から買うことも、日本の地理的条件から不可能なのは明らかです。
ドイツも変な国ですよ、自国では原発に反対しておきながら、他国の原発での電気を買うことは認めるなんて。
以上のことを総合すると、下記の様な結論となります。

1.原発をより安全なものとする。 そのための技術開発を国家レベルで進める。
福島の原発の事例では、技術の問題以外に、設置段階での管理面の問題も多く(例えば全電源喪失等)もあり、技術以外でもカバーできる点が多々あるので、その点を改善できれば今より相当改善できると思われます。

2.原発以外の安全で無公害の発電技術の開発を進める。例えば時間は相当かかるが、核融合技術。コストの安い太陽光発電、潮力、風力等の発電等。

以上のように、電力問題の解決のためには、技術開発や管理面で相当な資金が必要です。そこで、国民は(企業や官公庁も含めて)今以上の節電の努力が必要となりますし、前記資金の確保への協力を(電気料金のの値上げや増税)すべきと思われます。
    • good
    • 0

そもそも30年前に論議された原発推進については、科学技術の発達により何れは放射性物質を処理できる様になるとの前提がありましたが、いつの間にかそれは「皆で考えなければいけない問題です」になってしまいました。


望まれていた核融合平和利用は実現せず、プルサーマルと言う今回の福島事故の遠因となった「希望の新技術」に置き換えられようとしていました。
当初はコストが安いと喧伝されていた話も、地球温暖化対策に摩り替えられ、要はその時その時で原発利益追求側が必要とする理屈を転々とし来た事は明らかです。
あげくはここまで引っ張ってきた責任を棚上げして、「今更」と言う現実論に縋るのだから話になりません。
要はリスク確率が主張してきたより高い事が判ったのですから、そのリスクを前提にして論議が行なわれるべきですし、態々今直ぐに原発を止める訳ではなく、順番に廃止していく中で核融合と言った今まで50年やって無理な技術開発ではなく、蓄電技術や他の発電(マグネシウム発電等々)を検討して行こうと言う方向を進めると言う事なら、現実的だと思いますよ。
    • good
    • 0

逆質問ですみませんが、質問者さんの「発電方法はいくらでもあり・・・」は、


何を根拠に言っておられるのでしょうか?

原発は危険だからダメ、
火力は温暖化だからダメ
水力は環境破壊だからダメ

そうすると日本発電の99%はダメになってしまいます。

99%を海外から輸入?
韓国からのみですか?
それともアメリカから?
それに掛かる危険度や、送電に掛かるムダをどこから?

国防ですら外国頼みなのに、電力まで外国頼みでは、日本はおしまいですね。
まー日本は終わっても良いから論では、
私も退席するしかありませんが。
    • good
    • 0

再度回答します。

他の回答を見ていると原子力発電所は絶対必要だと言うのが、多いようです。でもウラニュームの核分裂による熱を利用した発電は余りにも危険が多すぎます。
人間は核反応を制御できませんし、人為の及ばない地震や津波といった天災で事故が起きれば安全性を保障出来ません。
このことは今回の東電福島第一原発事故で明らかです。
電気の生活に慣れてしまった日本人には電気の無い生活は出来ませんが、原子力発電所を止めて火力発電を増やせば、炭酸ガスが増え今以上に温暖化が進みます。
そんな東京での熱帯夜を扇風機やクーラー無しで過ごし、老人の熱中症による死亡が激増しても良いと言っている原子力発電反対者もいるようです。
皆さんも原子力発電所以外の電力で暮らして行こうではありませんか。
    • good
    • 0

原発はあと50基ほど必要です。



これから、GSが電気スタンドになります。
今後10-20年で大きなダムが廃止になります(改修が限界)
原油がまだまだ上がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼ながら、ここまで回答いただいた皆様にまとめてお礼させていただきます。 残念ながら原発がどうしても必要だと納得いくご回答はいただけませんでした。 かえって、完全にコントロールできず、最悪の場合非常に危険なものを保有することはやはりやめた方がいいのではと言う思いを強くしました。 もちろん今日・明日から原発廃止と言うことは非現実的ですが、できるだけ速やかに無くしていった方が良いでしょう。 発電方法はいくらでもあり、日本人の英知を持ってすれば、簡単に安く発電する方法を生み出すことは短期間に可能ではないでしょうか。 ドイツは原発廃止によって、電気を輸入する国になっていますが、日本もこれだけエネルギーを海外のソースに頼っているわけゆえ、一定の限られた期間、電気も輸入することになっても、特に問題ないでしょう。 逆に脱原発促進で、日本の技術が世界をリードして、大きなビジネスチャンスが生まれる可能性もありそうです。 この辺も含めて、まともな日本政府に、今後の電力政策などはっきりとしたヴィジョンを出して欲しいものです。 

お礼日時:2011/04/17 12:08

【結論】


オラのところには、そういう邪悪な原発は作らせない。
だが、オラも電気が必要なので、邪悪な意図を持って、別なところに原発を作る事を勧める。

オラはこういう邪悪な人間である。
原発反対運動を理念的理想によって行なうのはただのバカ。
現実的な郷土防衛意志により行なうのが正しい。
原発反対行動は郷土の自然と人間を守る為のものである。

これに対し邪魔をしたり反論を唱えたりする者は、我々郷土の敵である。

原発をどこかに作らなければならないのであれば、東京に作ればよい。
東京に原発を造り、その他の地方から原発を全撤去するのであれば、田舎は全面的に賛同する。
東京原発の反対運動は許さん。
東京の自然は破壊されている為、東京原発を作っても一向に差し支えない。
田舎も東京原発から電力を貰えば助かる
    • good
    • 0

絶対に必要です。

今の生活を維持するなら。

原発も実は安全なんです。設計通りに作れば。

福島原発の場合、所定の予算をかなりオーバーしてたので
手抜きが多かったそうです。(当時の関係者談)

今回も冠水しなければ問題は最小限に抑えられたと
言われています。ただ福島原発はポンコツ(耐用期限)
だったのが致命傷に。
    • good
    • 0

真夏の電力必要量 でググれ




原発作らず、二酸化炭素出さず、環境破壊せず電力を大量に作る方法があるなら言ってみろ
    • good
    • 0

今は必要です。

特にこの盛夏と真冬は、福島と女川の発電力を失っているので、他の原子力発電を使わないかぎり、供給不足のために大停電が起きて、市民生活と経済が大きく損なわれかねません。

しかしながら10年20年という目で見ると不要になります。長期的には日本のエネルギー需要は減少するからです。

総合資源エネルギー調査会が平成17年に作成した「2030 年のエネルギー需給展望」というレポートがあります。  http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g5032 …

この123ページに高成長ケース、低成長ケースの最終エネルギー消費予測のグラフがあり、2030 年度までに頭打ちとコメントがあります。ところがエネルギー庁の速報 http://www.meti.go.jp/press/20101109001/20101109 … を見る限り2009年の時点で実際のエネルギー消費は1994年のレベル以下に落ち込んでいます。日本のエネルギー需要は予想より遥かに早く減少しているのです。

むろんリーマンショック不況の影響もありますが、減少は2004年からの継続的なものであり、2030年ころには日本のエネルギー需要はピーク時の80%以下になるでしょう。2000年代に入ってからの原子力発電が国内のエネルギー供給に占める割合は10%程度ですから、2030年ころには原子力発電によるエネルギー供給なしでも、国内需要は充足できます。

かつて原子力発電は必要と考えられてきました。日本の経済はずっと右肩上がりの成長を続け、人口は増加し続け、エネルギーがますます必要になると考えられていたからです。しかしながら、実際は思ったほどは成長もしないしエネルギー需要も伸びません。「会社/政治家/役人」は邪悪な動機をもっていたわけではなく、成長の幻想に浸かり、そこに権益を作り出していたというだけのことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

原子力発電所のメリット、デメリットについて教えてください

他のカテゴリー
社会 > 社会問題 > 自然環境問題 で
アメリカの原子力発電所の建設についての質問をしています

私自身、原子力発電所について知識不足です
その知識不足を補うための質問です

原子力発電所は化学的に分解できない放射能汚染物質を出し
さらにその汚染物質の中に再利用できない
ただのゴミを出すという話を聞きました

その汚染物質は地下に埋めて対処するという話を聞きました

原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーンという
話を聞きましたが・・・

二酸化炭素は植物が分解してくれます
しかし放射性物質は分解出来ません

全然クリーンでないです

それで他のカテゴリーでアメリカの
原子力発電所の建設を考える質問をしました

私自身、知識が不足しているので
それを補いたいです
原子力発電所のメリット、デメリットと分けて
原子力発電所の詳しい知識を教えてください

Aベストアンサー

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ないということになります。

ちなみに、火力発電の場合は定期的に潤滑油の濾過を行い濾紙が吸収して減った分の油を補充している程度です。そのため、潤滑油をほとんど燃やしていません。

なお、これらの情報は仕事関係で東○電力の人に見せてもらった情報と聞いた話を元にしています。

>原子力発電所のメリット、デメリット

メリットは発電コストの低さでしょうね。原子力発電所は1kWhあたり10円くらいで発電しています。水力発電所は平均して12~13円くらい、古い発電所のみは建設コストなどが減価償却されているので5円前後の所もあるみたいです。火力発電(油)は原油価格が上がる前までは12~13円でしたが最近は20円近くまで上がっています。LNG(液化天然ガス)はコスト的には13円くらいですがLNGの長期購入契約を断られているので購入できる時期が不安定です。石炭火力は13円程度のコストですが発電所が少ないので主流になれません。

デメリットは高レベル放射性物質を生成すること、発電所を解体するのに多額の費用がかかることでしょうね。高レベル放射性物質は無害な状態へ処理する方法が無いので人体に影響が出ない場所へ保管するしかありません。原発も残留放射能がすごいので解体にかかるコストがものすごいです。

>原子力発電は二酸化炭素を出す火力発電に比べクリーン

これは良く言われていますが正確には間違いです。たしかに原子力発電所は火力発電所よりも非常に少ない二酸化炭素しか出しません。ですが、火力発電と違って原発の中で使っている潤滑油は2年ごとに全部燃やすんです。この際に大量に二酸化炭素が発生します。これは火力発電で発生する二酸化炭素よりも若干少ない程度だそうです。そのため、原子力発電=二酸化炭素を出さないというのは間違いで正確には原子力発電=火力発電よりも二酸化炭素排出が少ない...続きを読む

Q原子力発電所は必要でしょうか

このたびの東北地方太平洋沖地震で、福島の原発が大事故を起こしています。
世界には全く原発を設置しない国もありますが、皆さんは原発の設置について
どう思われますか。
賛成の方、反対の方、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

無くせるなら無くすほうがいいでしょう。

私は日本の災害条件を考えると、リスクのほうが高いと思います。
他の方の回答にもあるように、原発に頼らないリスクも当然あり、それは経済的なリスク(電気がないと工場などが動かなくなって経済が発展しないなど)のほうが、災害条件のリスクよりも高いから必要ということになっていたのですが、万が一の事態が起きたとき(つまり今現在)のリスクは日本の経済や生活そのものを根底からひっくり返してしまうぐらいリスクが大きいのです。

私は原子力発電や原子力利用そのものを否定するつもりはありません。しかし、日本の災害条件を考えたとき「絶対」はありえないのですから、そのリスクはなるべく下げる方向に向かっていくべきだ、と考えています。

そうなるとコントロールを失った後の原子力発電所ほど対処に困るものはありませんから、原子力発電所を常に抑制する意識が必要だと思います。

また原子力は地球に優しくはありません。経年劣化して廃炉になった発電設備、使用済み燃料の保管など放射能汚染を考えれば1万年以上も地球に(そして地球上の生物全体に)負荷をかけつづけるからです。

現状では温暖化が問題になっていますから、そのリスク回避のほうが優先されていますが、それでも原子力を使わないオプションを常に検討しながら、実行すべきだと思います。

原子力発電は日本においてはあくまでも必要悪です。

無くせるなら無くすほうがいいでしょう。

私は日本の災害条件を考えると、リスクのほうが高いと思います。
他の方の回答にもあるように、原発に頼らないリスクも当然あり、それは経済的なリスク(電気がないと工場などが動かなくなって経済が発展しないなど)のほうが、災害条件のリスクよりも高いから必要ということになっていたのですが、万が一の事態が起きたとき(つまり今現在)のリスクは日本の経済や生活そのものを根底からひっくり返してしまうぐらいリスクが大きいのです。

私は原子力発電や原子力利用...続きを読む

Q原子力発電所

原子力発電に興味があります。
東京近辺で、実際に見学をさせてくれる原子力発電所なんてありますか?
あと、原子力発電の知識を深める施設などをご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 できればURLもお願いします。

Aベストアンサー

原子力に限らず、発電所は啓蒙目的で見学させてくれるところが多いです(ちゃんと見学コースが用意されている)。
ただし発電所の施設そのものを見せてくれるのでなく、「PRセンター」「展示館」のようなところで実物大の模型や発電の仕組みに関するパネルを見る、というケースもあります。

東京近辺には原子力発電所自体がありません。近いところでも中部電力の浜岡原発(静岡県小笠郡・・・浜松と静岡の中間くらい)や新潟の柏崎になってしまいます。
URLを添付しますので、便のよい発電所を探してみて下さい。

中電浜岡 http://www.chuden.co.jp/hamaoka/
東電柏崎 http://www.tepco.co.jp/kk-np/
東電福島第一 http://www.tepco.co.jp/fukushima1-np/index-j.html
東電福島第二 http://www.tepco.co.jp/fukushima2-np/index-j.html 

Q日本の発電量の60%は原子力で

CO2による温暖化現象は、原因がCO2ではないという人もいますが
国際社会としては削減する方向となっています。

放射線については、年間数十mSv程度の被爆であればむしろ健康に
なるという学説が20年前からあるのですが、その後否定されることなく
様々な国の公的な研究機関で実証されているようです。

ということは、放射線被害も福島では、ほとんどの人は避難する
必要はなかったということになります。今後の新設に際しては、
頼もしい結果ですね。

国際社会に原発事故で不安をもたらした日本としては、原発比率を
60%以上にすることで、CO2削減の実現と原発信頼の回復で
国際社会に貢献するべきだと思うのですが、困ったことに反対する
人が結構います。

どうして彼らは、低線量放射線が怖くないということを認めず、
化石となりつつある天動説のごとき「しきい値なし」モデルを
後生大事にするのでしょうか?

Aベストアンサー

原発反対運動が運動を主催する人達の「飯の種」になっているからでしょう。
また、なんらかの反対運動が成功すると、参加者は、「俺たちは社会的に良いことをやったぞ!」「俺らの力はどんなもんだい!」と嬉しくなるし、集会がお祭りのような面もあって楽しいのだと思います。

ただし、その結果が日本の国力を弱め、膨大な貿易赤字を生み出し、電気料金の大幅値上げ、企業の倒産、失業者増大という結果を生み出すというマイナス面を忘れてはいけませんね。
さらに、石油、天然ガスへの依存度が高まり、中国によってシーレーンが押さえられた時、日本は戦争するか、属国になるかという選択を迫られる危機的な状況が強まります。

放射線や廃棄物のマイナス面だけを見て、反原発運動をするのではなく、個人の経済生活という小さなものから、国家安全保障という大きなものまで、すこし先の未来がどうなるか?を、頭を使って考えてみれば、反原発運動が日本の力を弱め、中国への属国化を推進する運動だと判り、考え直すようになるのではないかと思います。

Q原子力発電所の問題性

原子力発電所は被爆の問題もあり、また人件費等もものすごくかかるとききました。さらにエネルギー生産量をコントロールできないから無駄なエネルギーを生んでしまう、など様々な問題を指摘されています。

しかし日本では発電量で原子力発電の占める割合が年々増しています。

火力発電と比較した時の原子力発電をつくるメリットとデメリット
そして原子力発電に代わる新しい発電方法

が知りたいです。
おねがいします。

Aベストアンサー

日本で原子力発電が増えるのは理想と現実の差だと思います.
理想で言えば無いにこしたことはありませんが,我々が自宅で直接使用する電力や第2次産業が使用する電力を安く大量にまかなうには現状としては原子力発電しか選択しがないように思えます.
無くて良いという意見は理想としては賛成ですが,同じ電力を供給できる手段は当分見つかりそうにありません.
政治からみると安く大量に電力を供給できるという意味が大きいのではないでしょうか.安定して国を成長させ国民生活を豊かにするという側面で(電気がついたり消えたりすると大変ですよね)
産油国は政情不安な国が多いですし,価格もかなり変化します.価格変動によって電力がまかなえないという事態は政治的に見れば避けたいわけで.
さらに我々は燃料費高騰に伴って電気代が高くなるのはなかなか認められないわけでして...

火力発電の短所は燃料がいつまで採掘できるか,またco2排出問題.さらには原子力発電と比較すると得られるエネルギーがあまりにも小さい問題があります.
ウラン235が1gが核分裂して得られるエネルギーは,炭素12から得られるエネルギーの約200万倍です(損失が同じとしてですが.出典は伝熱学のテキストです)
この核分裂エネルギーを超えるものといえば核融合しかなさそうですが,実現は遠い将来でしょう.

あと原子力発電の無駄なエネルギーの部分でエネルギー生産量をコントロールできないといありますが,コントロールできますよ(制御棒を入れる.もしくは燃料棒のを減らす)
現状の発電方式の最大の問題は,火力,原子力と問わず必要な時に必要なだけの電力を供給することができない点です.
そのためある程度余裕をもって運転しないと今年の夏のように電力が逼迫するわけです(電力会社の算出した余裕分が十分だったため幸いにも停電しませんでしたが..)
この余裕を無駄といわれれば,電力が逼迫してくるといつ停電してもおかしくないわけでして..
そして停電すると我々は騒ぐわけでして...
この急な需要に余裕をもって耐えられるのは原子力発電しかなさそうですしね(得られるエネルギーの差から)


近年"水素=究極のエコ"と騒がれていますが,自然界に水素は単独では存在しないので水素化合物から水を製造する必要があります(水を電気分解する等).
では,その電気はどこからくるのかといえば,原子力,火力発電から得られるわけでして.全体で見ると一体何がエコなのやら...

我々の文明が電気で成り立っているので,それを捨てて不便になってもかまわないというぐらいの世論があればベストでしょうね.

ちと脱線しましたが,原子力発電のメリットデメリットは以下です.
・メリット:火力発電と較べて環境負荷が小さい(二酸化炭素は地球規模の問題ですが,放射性廃棄物は局所的な問題).燃料は天然資源であるが石炭,石油と較べると今後も安定して供給できそう.
・デメリット:破棄する際に時間と費用が掛かる.放射性廃棄物の行き先(発電所も破棄する場所も地方に依存している).さらに事故が起きたときの被害が甚大.

デメリットはヒューマンエラー(永遠になくならない)とメンテナンス(お金をかければ何とかなる)が主ですので,メンテナンスに関しては我々がどの程度電気代として負担することができるか(それを認められるか)によるのではないでしょうか.

新しい発電方法は核融合(実現が極めて難しそう)太陽光発電とか潮汐発電,地熱,太陽電池が考えられます.
では得られるエネルギーは?と言われると核融合以外は火力発電にすら及びません.


個人的には核融合が実現するまでは原子力発電は必要悪と理解しています.

日本で原子力発電が増えるのは理想と現実の差だと思います.
理想で言えば無いにこしたことはありませんが,我々が自宅で直接使用する電力や第2次産業が使用する電力を安く大量にまかなうには現状としては原子力発電しか選択しがないように思えます.
無くて良いという意見は理想としては賛成ですが,同じ電力を供給できる手段は当分見つかりそうにありません.
政治からみると安く大量に電力を供給できるという意味が大きいのではないでしょうか.安定して国を成長させ国民生活を豊かにするという側面で(電気...続きを読む

Q原子力発電ってこんなに怖いものなのでしょうか?

自分は、建設環境のコンサルタントを目指してるのですが、仕事の関係上、調べ物をしていて原発の廃棄物問題について、書いてあるHPにたどり着きました。大まかな内容としては、以下のようなことです。
・世界で原子力発電を今でも推進している国は、日本だけ。
・原子力発電施設を建造している従事者は、建設現場にしろ、作業者から検査官まで総素人によって造られている。
・一度作ったら、解体も廃炉することも出来ない。
本当でしょうか?また、平井さんのプロフィール知りたいです。よろしくお願いします。

最後に、一番感慨深かった本文中に記載の一部です。

北海道の泊原発の隣の共和町で、教職員組合主催の講演をしていた時、~中略~中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言いました。 
「中略~私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。私、子ども生んでも大丈夫なんですか?」と、泣きながら三百人の大人たちに聞いているのです。でも、誰も答えてあげられない。

参考http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/

自分は、建設環境のコンサルタントを目指してるのですが、仕事の関係上、調べ物をしていて原発の廃棄物問題について、書いてあるHPにたどり着きました。大まかな内容としては、以下のようなことです。
・世界で原子力発電を今でも推進している国は、日本だけ。
・原子力発電施設を建造している従事者は、建設現場にしろ、作業者から検査官まで総素人によって造られている。
・一度作ったら、解体も廃炉することも出来ない。
本当でしょうか?また、平井さんのプロフィール知りたいです。よろしくお願いします...続きを読む

Aベストアンサー

非力ですがお答えいたします。

・原子力発電施設を建造している従事者は、建設現場にしろ、作業者から検査官まで総素人によって造られている。
>土木・電気・建築・検査官・作業者・・みなプロです(専門です)
原発運転員が検査官にもなります(原発を十分に熟知しているので
電力会社にとっては厳しい検査官となります)
原発の運転員になるにはとても多くの専門知識(炉物理、電気工学、
機械工学、流体力学、etc)・現場経験・シミュレータ訓練等さまざ
まです。そして専門の機関に行き運転員訓練をし卒業したものが
実際の制御室で操作できます。

・一度作ったら、解体も廃炉することも出来ない。
>廃炉することはできますし、そのことを考えた設備も設置されて
います。しかし原子炉とその主要系統は高放射線源ですので
線量が下がるまでには相当の時間を費やします。簡単に廃炉は
できません。多額の費用がかかります。建設費より廃炉費の方が
問題になると思います。

~中略~中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言
>周辺地域に事故が無い限り放射線を出していないので、全くの
誤解です。

*発電所の管理体制も厳しく定期検査では国の検査官が立会います。
日頃の定期メンテも厳しくやっており、骨身を削る思いの職場です。
が、しかしデータねつ造問題などがっかりする事があり、世間の風当
たりが強いところで肩身の狭い思いをしている所です。
パイロットと同等くらいの知識や技術を必要とし、厳しい訓練を
していますが待遇はありません。 職員と話す機会なんてないと
思いますが話すときっとイメージが変わるとおもいます。
(話が脱線しました。すいません。)
・なんとなく怖いというイメージが少しでもなくなれば幸いです

非力ですがお答えいたします。

・原子力発電施設を建造している従事者は、建設現場にしろ、作業者から検査官まで総素人によって造られている。
>土木・電気・建築・検査官・作業者・・みなプロです(専門です)
原発運転員が検査官にもなります(原発を十分に熟知しているので
電力会社にとっては厳しい検査官となります)
原発の運転員になるにはとても多くの専門知識(炉物理、電気工学、
機械工学、流体力学、etc)・現場経験・シミュレータ訓練等さまざ
まです。そして専門の機関に行き運転員訓練を...続きを読む

Q原子力発電の危険性と他国のエネルギー政策について

現在、日本では原子力発電が稼働していますが・・・

まず、危険性についてです。
原子力発電で大規模な事故が起こった場合、国や電力会社が
責任を取ることは当然できないと思います。
それだけの危険性を持っていながらも国は「安全性」を主張しています。話はずれてしまったのですが・・・・
原子力発電所を建てる場合、補助金を地元の人に払うということです。
これは、何のために払うのでしょうか?

*国や電力会社が原子力発電の危険性を認めて払っておくということですか?


また、イタリアは現在原子力発電を行っていませんが特に電力不足の問題を聞いたことがございませんし
ドイツは、原子力発電を廃止する法を作りました。

*なぜ、日本も廃止することができないのでしょうか?
それともイタリアやドイツは将来的に電力不足に陥ると知っていながら
原子力発電を稼働していない、また廃止しようとしているのでしょうか?


以上2点、よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

かなり、誤認をお持ちなようなので、そちらから。

まず、ドイツでは「建ててから一定の年月をたった原子炉を廃棄する」
という法律です。
新しい物をつくらないのではなく、老朽化したものを
廃棄するというのが、この法律の主眼です。

次にイタリア。
確かにこの国には原発はありませんが、
2003年には、なんと全国で数時間の大停電を発生させています。
現在、イタリアは電力の15%を隣国から買っていますが、
買っている相手は、全発電の75%を原発に頼っている
フランスです。
つまり、ご質問のように、「将来的に電力不足に陥る」のではなく、
すでに電力が足りずに、原発で作られた電気を大量に
購入している状態ということになります。

たとえば、ですが、
もしも日本が石油火力発電だけに頼っていたとしたら、
ここ数年の石油価格暴騰で、電気代は3倍に上がってしまって
います。
資源の無い国であるからこそ、できるだけエネルギー源を
多角化したいという事になります。
これはヨーロッパも同じです。

さて、もうひとつのご質問である補償金。

まあ、一言で言えば、地元がほしがるからでしょうね。
悪しき習慣というしか無いでしょう。
現実問題として、水力発電は限界に達し、
火力は温暖化問題が一番深刻、
そうするとどうしても原子力が必要になる訳で、
補償金を出せば賛成、出さなければ反対という人たちが居る限り、
ださざる終えないということになります。

ただし、漁業補償だけはやはり必要でしょう。
温排水問題がありますから。

かなり、誤認をお持ちなようなので、そちらから。

まず、ドイツでは「建ててから一定の年月をたった原子炉を廃棄する」
という法律です。
新しい物をつくらないのではなく、老朽化したものを
廃棄するというのが、この法律の主眼です。

次にイタリア。
確かにこの国には原発はありませんが、
2003年には、なんと全国で数時間の大停電を発生させています。
現在、イタリアは電力の15%を隣国から買っていますが、
買っている相手は、全発電の75%を原発に頼っている
フランスです。
つまり...続きを読む

Q日本の原子力発電所の新規制基準は、国際的に認められているのか?

安倍首相が、九州電力・川内原子力発電所1号機の再稼動に関して

「世界で最も厳しい規制基準をクリアした。」

と語った。
安倍首相の言う”世界で最も厳しい規制基準”は、IAEA(国際原子力機関)は


「日本の原子力発電所の新しい規制基準は、世界で最も厳しいものです。」


と認定したのだろうか?

Aベストアンサー

世界で最も厳しい規制基準を「裏工作で」クリア。
地震のリスクなど立地条件も、世界でもっとも厳しいのだから、プラスマイナスで、甘い基準でしょう。

Q日本が原子力発電に注力した理由

なぜ日本が原子力発電に注力したのかと言うと、第二次世界大戦に日本が参戦した理由がエネルギー問題だからです。
つまり、日本は石油が出ないため、自前で発電をするためには有力な発電方法が原子力しかなかったのです。
石油を求めて他国に戦争を仕掛ける国にならないよう、原発事故のリスクを承知で原子力発電を選んだのです。

もしも日本に原子力発電がなければ、オイルショック一発で国民は飢餓状態にさらされることになります。

そこで質問ですが、みなさんは もしも日本に原子力発電がなければ どうなっていたと思いますか?

Aベストアンサー

貴方の質問者の認識は全く正しく無い派です私は何故か、

大東亜戦*米では太平洋戦争*末期のニューメキヒコのまマンハッタン計画の膨大な開発資金血税の回収が日本て゜も欧米にも平和の原発しと猛烈な売り込みを掛けた結果と見て居ます、日本のそれの協力者は中曽根大勲位+世論操作の読売故正力+官僚から御用学者から鹿島代表のゼネコン等+日本3大総合電機メーカー等です、マンマ今の原発村住人ですね、初めの原発.東海の時代から全く変わっていないです。日本最強の一つの村社会です、巨徳権益の。

証拠に福一での汚染水処理機アルプスが物に成らないのに村社会以外の機械使う気今の所ゼロですねー村以外にも10社位実験して良かったら使ってって言ってるのに巨徳権益ですねー、国民に迷惑掛けまくってても権益優先ですねー。

で貴方に逆質問、今現在原発止まってて国内どうなってますかー?

Q原子力発電について

原子力発電について
僕は高校2年生です。
公民の宿題で原子力発電についての賛成や反対の意見を書くことが宿題に出されました。
皆さんの意見や、参考になる資料になることがあれば教えてください。
ちなみに僕は地球環境のことを考えて賛成の意見もありますが、危険性が高いこともあるので反対でもあります。
なので賛成!反対!とは言い切れません。
皆さん教えてください

Aベストアンサー

それでは参考用に教科書には載っていない笑い話を一つ

原子炉を動かすためには核燃料を運ばなければなりません。

ある輸送路は東京の真ん中を通ります。
人の少ない道を通る選択支もあるのですが、
とにかく東京を通ります。

人口密集区でテロの標的になったり、
事故になったりするして、核燃料が飛散すると
数万人から数百万人にひがいがおよびますが、大丈夫です。
原子力委員会によると”安全に輸送してる”そうですから。
根拠は不明です。

また、一般道をとおるわけですから、一般車と並走しています。
トラックからもれている放射能は、
自然界の数百倍におよぶそうですが安全です。
なぜなら、原子力委員会によると”人体に影響はないレベル”だそうです。

たとえば、妊婦さんの乗った車がしばらく並走する事になったらどうでしょう。
影響ないと言い切れるでしょうか?

数ヵ月後、子供が生まれるかもしれません。
奇形児かもしれません。
両親はなぜ?と思うでしょう。
しかし、多分、数ヶ月前並走した、トラックの事を思い出すことは
まずないでしょう。

新聞にそういった事はのらないので、
そういった車が走っている事さえ、知っている人さえわずかだからです。

ね、笑えるでしょ?

それでは参考用に教科書には載っていない笑い話を一つ

原子炉を動かすためには核燃料を運ばなければなりません。

ある輸送路は東京の真ん中を通ります。
人の少ない道を通る選択支もあるのですが、
とにかく東京を通ります。

人口密集区でテロの標的になったり、
事故になったりするして、核燃料が飛散すると
数万人から数百万人にひがいがおよびますが、大丈夫です。
原子力委員会によると”安全に輸送してる”そうですから。
根拠は不明です。

また、一般道をとおるわけですから、一般車と並走...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報