TVのコメンテーターで結構年を取っているのが居ます。

別に老人でも構いませんが、聞いていて、活舌が悪く、モゴモゴ言って聞きにくいので困ります。
さらに、あー、とかえー、とかも多くて、非常に聞きにくいですね。(言いたい事が言葉になかなかならない)

以前はいろいろ突っ込む指摘など、舌法鋭かったとはおもいますが。
この人たちは昔とった杵柄で今もやっているのだと思いますが、TV局側も活舌が悪いのは充分承知だと思うのですが、、、なぜ止めさせないのでしょうか?
この手の老人コメンテーター多いですね。

例で言えば、FNNスーパーニュースの木村太郎(72歳)
  モゴモゴで、何か振られても、アーとかウーとか前置きが多くて非常に聞きにくい
  コメンテーターで聞きにくかったら、終わり、だと思うのですが、、、。

逆に年齢が行っても、聞きやすいのは政治評論家のい三宅さんでしょうか、とても80を越えているとは思えない、タケシなんかよりよっぽどはっきりしゃべりますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本でテレビを見る人は老人が多いので、視聴者目線で老人を起用してるのかな。



日本の民放各局は皆横並びですが、これからは老人視聴者ばかりじゃなくて、若者や壮年期の大人をターゲットにしたテレビ会社が出現しないかなと思っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、老人の老人のための放送なら仕方ないですね。

しかし、あのモゴモゴは聞きにくくてイヤになりますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 14:24

苦情はTV局へ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報