ID所持者の祖母からの質問です、何卒宜しくお願い致します

葬儀代を払う義務と言うのはありますでしょうか?
他界した内縁の夫の子供が夫の葬儀の喪主をしましたがこちらには全く相談が無かったにも
関わらず後日いきなり請求を求められました

2/21に私(75)の内縁の夫(85)が他界しました、夫には前妻との子供が2人(長女、次女)います。
他界後直ぐにお通夜、葬儀となりました。
喪主は前妻の子供(長女)がやりたいと言う事で話し合いと言うか葬儀屋さんの手前、
その場で決まってしましました。
どういったコースにするかオプションはどうするかなど全く私には相談もなく過ぎてしまいました。
そして、後日葬儀代の請求を求められました。夫には未支給年金と生前の預金通帳に残っていた
お金があり、子供達はそれらがあると分かっていて葬儀のコースを決めたと言っています、だからそれらのお金を全て葬儀代に出せと言って来ています。
私としてはそんな事は聞いていませんし今後の生活にも支障をきたしかねないので払いたくないと思っています。
また、葬儀代、お香典の詳細を見せることについても渋っていたりして、金額についても信用出来なくなっています。

今後どのような対応をすれば良いでしょうか?直接私達だけで会って話し合うべきでしょうか?
お知恵を拝借出来れば幸いです

因みに私と内縁の夫は10年以上同居しており、娘たちはそれ以前から夫と同居をしていません。
しかし、次女は次女でも未支給年金は受け取れてただ、そっち(私)が先に手続きをしただけと言っています。

預金通帳には夫が他界する少し前(2/15)に入った年金がありましたが家賃や光熱費などにも使っていますし他界前2,3年寝たきりでしたので夫の薬代やオムツ代なども毎月かかっていました、
夫がそういった代金を私は食費を主に支払う慣習になっていました。1月2月分の支払いなどもあり
預金通帳から葬儀代を出す余裕はありません、今まで夫に払って頂いていた家賃や光熱費を
今後は私が払う事になりますが遺族年金に切り替わっても支払いが難しそうなので引っ越しも考えているような状況です
(蛇足になってしまっているかもしれませんが知識が無いので一応記入させて頂きました)

長々と失礼致しました、改めて宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

義務?そういう場合はありません。



知らぬ存ぜぬで通すもよし。

こんなのはあくまでも相談したうえで
するべきものなので、

払えというなら、
「葬儀代、お香典の詳細を見せることについても渋っていたりして」
こういうのを明らかにしてからで十分でしょう。
    • good
    • 0

基本的に葬儀代は、故人の遺産と集まった香典でまかなうものです。



>未支給年金と生前の預金通帳に残っていたお金があり、子供達はそれらがあると分かっていて葬儀のコースを決めたと言っています、だからそれらのお金を全て葬儀代に出せと…

一理ありますね。
そもそも内縁関係である以上、祖母に相続権はなく、故人の預金等を管理するいわれはありません。
実子に銀行へ出しに行かせれば良いでしょう。
    • good
    • 0

地域性によるかもしれませんが、葬儀代は香典でほぼまかなえると思います。


不足分は相続財産から捻出すれば良いかと思います。

ですから、葬儀費用の明細と香典帳の提示を求めて不足分に関して話し合いをするべきだと思います。
ただ、義務とか権利と言ったものは無いと思います。


預金通帳は勝手に使ってはいけません。相続の権利は2人のお子様にもあるのですから…
引き落とし先を早急に変える必要もありませんが、他界した時点での預金が相続の対象になるのでお気を付け下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の中に『一般的に、会社が初期投資を償うには5年を要する』という一文がありました。 初期投資を償うと

本の中に『一般的に、会社が初期投資を償うには5年を要する』という一文がありました。
初期投資を償うというのはどういうことですか?

無知ゆえに理解できなかったため、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

利益により、初期投資額を回収するのに、5年かかる。
という意味。
償う、は「金品を出して、負債や相手に与えた損失の補いをする。」
という意味だが、ここでは、
自分の負債=初期投資額を、自分に補いをするという意味。

初期投資額は大きいから、この投資で得られるリターンは
年間初期投資額の1/5だど、初期投資額を償うのに5年かかるという。

Q電気代の支払い義務(または請求義務)について

この4月に,ある施設をA社から当社に所有権移転しました。
ところが当社の担当者が電気代の名義変更を忘れていました。
当然電気代はA社の口座から引き落とされており,これまたうっかりA社の会計担当も気づかず今日に至っております。
A社に4月以降の電気代を当社が支払えば問題ないのですが,当社の会計担当が気難しく,そう簡単にはいきそうもありません。
そこで質問なんですが
1.電力会社は正当な支払い義務者(本件では当社)に対し,遡って電気代の請求をする義務はないのか?
2.A社は支払い義務がなかった訳なので,電力会社に対して返還要求をして返還される権利があるのではないのか?

もちろん電力会社に道義的な責任はありませんし,当社が今までの電気代をA社に支払えば何の問題もなく解決するのですが・・
当社会計担当は「電気代は電力会社に支払うものであり,A社に支払うとなると,電気代の予算からではなく,賠償もしくは損失補てん等の予算からということになる。よってそう簡単に支払う訳にはいかない!」これなんです。
やれやれ困りました。なにかよいアドバイスをお願いいたします。

この4月に,ある施設をA社から当社に所有権移転しました。
ところが当社の担当者が電気代の名義変更を忘れていました。
当然電気代はA社の口座から引き落とされており,これまたうっかりA社の会計担当も気づかず今日に至っております。
A社に4月以降の電気代を当社が支払えば問題ないのですが,当社の会計担当が気難しく,そう簡単にはいきそうもありません。
そこで質問なんですが
1.電力会社は正当な支払い義務者(本件では当社)に対し,遡って電気代の請求をする義務はないのか?
2.A社は支...続きを読む

Aベストアンサー

所有権移転の際の手続きミスは、電力会社にとってはなんら関係ありません。名義変更するまではA社と、名義変更後は貴社との契約になるからです。個別事情までは突っ込まないのです。

>1.電力会社は正当な支払い義務者(本件では当社)に対し,遡って電気代の請求をする義務はないのか?

正当な支払義務者は、電力からしてみれば、「契約」がありますから当然A社です。貴社を正当な支払義務者というのはご都合主義以外の何者でもありません。よって電力会社が貴社に対して請求することはありません。というか、契約関係がないのでできません。

>2.A社は支払い義務がなかった訳なので,電力会社に対して返還要求をして返還される権利があるのではないのか?

これも電力会社にしてみれば知ったことではありません。契約を解除しなかった以上、A社と電力会社間の契約は成立しており、前述のとおり、支払義務者はA社となります。よって返還を受ける権利はありません。

会計担当者さんのおっしゃることも理解はできますが、手続きをしていなかった責任等を考えると、速やかにA社に対して支払いを検討する段階ではないかと思います。道義的責任があるので、予算が無いから瞳孔という話をしている場合ではないと思います。なお、訴訟されれば、法的責任になってしまいますよ。

所有権移転の際の手続きミスは、電力会社にとってはなんら関係ありません。名義変更するまではA社と、名義変更後は貴社との契約になるからです。個別事情までは突っ込まないのです。

>1.電力会社は正当な支払い義務者(本件では当社)に対し,遡って電気代の請求をする義務はないのか?

正当な支払義務者は、電力からしてみれば、「契約」がありますから当然A社です。貴社を正当な支払義務者というのはご都合主義以外の何者でもありません。よって電力会社が貴社に対して請求することはありません。という...続きを読む

Q罪を償うとは何か。

ドラマなどでよく『罪を償って帰ってきてください』みたいな
セリフを聞きますが、刑務所に入ることが罪を償うことなのか疑問です。

だって刑務所に入っても被害者は何にも得をしません。
仮に子供を殺されたとして、子供が帰ってくるわけでもなく
民事の賠償金を取れるわけでもありません。

衣食住は保障され、やることといったら日々の作業くらい。
それも決してつらいものではありません。規則正しい生活をするだけ。
最近は囚人に配慮した豪華な刑務所まで出てくる始末です。
それで数年経ったら『もう罪は償った』といえるのでしょうか?
そんなことに時間をかけるなら、カンボジアで地雷処理をさせるとか
死刑囚からは臓器を摘出してドナーに回すとか、
私が被害者や遺族ならそっちの方がよっぽどうれしいです。

罪を償うとはどういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

私もよく考えるのですが、とても哲学的な問いで、難しい問題ですよね。
私は、「罪を償う」とは、刑期の長さや、刑の重さよりもまず、加害者が心から反省し、謝罪することだと思います。そして、自ら世の中に役立つ仕事をしたい、と思い、実践することではないでしょうか。

オーストラリアでは、犯罪者は、何らかの理由で生きがいをなくし、自暴自棄になって、犯罪を犯してしまった人に、森林火災を消火する消防士をさせて更生させるそうです。消防士になった人は、「人を助けるということは、こんなにすばらしい気持ちになれるのか」と、心から改心するそうです。そして、一生人を助ける仕事をしたい、と思うそうです。
まあ、こういった更生ができるのは犯罪者の中の一部でしょうが、ここまで行けば、ある程度罪を償ったと言えるのではないでしょうか。

問題なのは、そういう気持ちになれず、嫌々刑期を終えて出てきた人でしょう。「また、あそこに戻るのは嫌だから」という理由で、犯罪を犯すのを思いとどまる人も、真の意味で、償ったとは思いません。

質問者さんが言うように、カンボジアで地雷処理をするとか、死刑囚からは臓器を摘出してドナーに回すとか、強制でさせるのではなく、そういったことを犯罪者が自らしたい、と思わなければ、償いとは言えないと思います。

こちらが被害者で、たとえば家族を殺された、とすると、私も極刑を望むと思います。が、死刑が執行されたあと、言いようの無いやりきれなさが残ると思います。特に、反省や謝罪の言葉もなく死刑になってしまった場合、一生悔しくてたまらない、負けたような気持ちですごさなくてはいけないような気がして、たぶん、やりきれなくなります。怒りのやり場がなくなってしまい、自分も壊れてしまうかも知れません。

相手を憎む遺族感情は、絶対に無くならないとは思うけれど、死刑になるにしても、なぜそんな犯罪を起こしてしまったのか釈明し、心から改心してくれたほうが、救われる気がします。

日本の刑務所で、そのような更生ができるかどうか、わかりませんが。

私もよく考えるのですが、とても哲学的な問いで、難しい問題ですよね。
私は、「罪を償う」とは、刑期の長さや、刑の重さよりもまず、加害者が心から反省し、謝罪することだと思います。そして、自ら世の中に役立つ仕事をしたい、と思い、実践することではないでしょうか。

オーストラリアでは、犯罪者は、何らかの理由で生きがいをなくし、自暴自棄になって、犯罪を犯してしまった人に、森林火災を消火する消防士をさせて更生させるそうです。消防士になった人は、「人を助けるということは、こんなにすばら...続きを読む

Q営業手当を払っているから残業代は払わないって・・・?

こんにちは。営業の仕事をしているのですが、毎月「営業手当」を会社からもらっています。定時以後も商談などで仕事をするのですが、この場合、営業手当をもらっているから、会社側は残業代は払わなくてもいいのでしょうか?また、「管理職(私の会社の場合課長以上)は残業代を払わない」と言うことになっているのですが、これもアリなのでしょうか?法律的にはどうなのでしょう?どなたかご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。営業をされている方で、残業代が出ないといったケースはよくお聞きしますね。しかし、労働基準法に「事業場外労働」についての条文があります。記入すると長くなりますので詳しくは参考URLを参照してみてください。

もうひとつの管理職の場合の残業代についてですが、一概に社内的な名目上、管理職だからといって残業代を支払わないといったら、労基法違反になりますね。

まずは、管理職であるとというのが、実態として伴っているかどうかが問題になるかと思います。残業代を支払わなくても問題の無い管理職というのは、下記の4要件を満たしているかどうかで判断がつくかと思います。
(1)役職者の労働時間等の管理(出勤退勤時間)は、役職者が自分で行っているかどうか。

(2)役職者の下に管理するべき部下がいるかどうか。

(3)部下の労働時間管理や業務に対する指揮命令については会社から委譲されているかどうか。

(4)管理職としての業務に見合う手当てを支給されているかどうか。

参考URL:http://home.att.ne.jp/sigma/nike/minashi.html

こんにちは。営業をされている方で、残業代が出ないといったケースはよくお聞きしますね。しかし、労働基準法に「事業場外労働」についての条文があります。記入すると長くなりますので詳しくは参考URLを参照してみてください。

もうひとつの管理職の場合の残業代についてですが、一概に社内的な名目上、管理職だからといって残業代を支払わないといったら、労基法違反になりますね。

まずは、管理職であるとというのが、実態として伴っているかどうかが問題になるかと思います。残業代を支払わなくても問題...続きを読む

Q先祖の罪は、後世の世代も償わなければならいか。

先祖の世代が犯した罪は、後世の世代も償わなければならいか。

Aベストアンサー

#8の者です。

>講和条約が締結されて外交問題のすべての処理がついた
>過去の戦いに関しても、「後世の世代は償わなければなら
>ないか?」と言う意味です。

それについて先の回答で述べたつもりですが?
「罪とは、社会との契約において発生する概念」です。
通常、こうした契約においては、「これ以降、この件に
ついての責任の追及は一切行わない」という一項が
加えられています。
それにより、それ以降「後の世代に償い」を求めるならば、
求めた方が、契約違反という罪に問われる。

Q祖母の葬儀にあたって 残ったお金

祖母が施設に入所する際、自分でお金の管理ができなくなるからと、孫である私に通帳を
託しました。
その当時、私が祖母と同居していたからです。

その通帳のお金から親類の慶弔や自分の病院、施設代や最終的には葬儀をだすなど家のことに
使うよう言われました。
その指示とおり年金がはいってくる通帳から慶弔、そして施設代やオムツ代など出してきて定期貯金は葬儀のためにつかわないできました。


祖母には子供は3人
長男である私の父、次男(他界・子供2)、長女の3名です。
このように私は通帳をあずかりお金の管理をしてきたことは知っています。


その祖母の死期がせまっています。
現在は自分の意思を人に伝えることはできません・・


普通貯金50万、定期貯金180万程度なんですが、はたしてそこから葬儀をだしていいもの
でしょうか?
これは額が少ないといえ遺産になるのでいいのかな?って思いがあります。
福島原発の避難で親類もバラバラなので大きな葬儀はできないと思います。
兄弟、子供、孫くらいになると思います。



子供たちがそのお金を使って葬儀をすることを了承してれば問題ないですか?
また、定期貯金など祖母が亡くなる前におろしておいた方がいいのでしょうか?

葬儀をだしもし残った場合は3人でわけるようになると思います。
長女がお金に困ってる人なので騒ぎそうで怖いのです。
金額が少ないことはわかってるとは思うのですが・・
それで葬儀をしてくれと祖母が言ったことは私しか聞いていません・・・

祖母が施設に入所する際、自分でお金の管理ができなくなるからと、孫である私に通帳を
託しました。
その当時、私が祖母と同居していたからです。

その通帳のお金から親類の慶弔や自分の病院、施設代や最終的には葬儀をだすなど家のことに
使うよう言われました。
その指示とおり年金がはいってくる通帳から慶弔、そして施設代やオムツ代など出してきて定期貯金は葬儀のためにつかわないできました。


祖母には子供は3人
長男である私の父、次男(他界・子供2)、長女の3名です。
このように私は通帳をあずか...続きを読む

Aベストアンサー

残高0円にして、葬儀費用として手元においてください。死亡してからは、その預金は引き出せなくなります。
あなたが管理を任された頃からの、金銭出納帳は、手落ちが無いように確認しておきます。少額であっても、遺産相続となると、誰もが、ハイエナになりますから、痛くもない腹を探られるような管理であってはなりません。
葬儀の施主は、貴方の父上が当たると思います。また、墓地や、年回忌なども父上が施主として管理されると思われますから、遺産の額によっては、相続は0円もあります。
法定相続人は、貴方の父上・叔父の子供二人・長女の4人です。
200万少々の預金は、お香典を戴いても、葬儀代、戒名代、お布施、49日法要で、足が出るでしょう。

Q先祖の罪は、後世の世代も償わなければならいか?

先祖の世代が犯した罪は、後世の世代も償わなければならいか?

Aベストアンサー

そんな事は無いでしょう!
親が起こした事件でも子供に責任はありません。

もし大量に借金があったとしたら、財産放棄すれば良いだけです。

中国や韓国など発展途上の国では分かりませんが、
先進国なら、そんな事はありません。

Qこんな部屋の兼用料を管理人に払う義務があるのか?

同じ建物の賃貸で部屋移動を管理人に願い出ました。しかし管理人さんが誰でも手が入れられる私の郵便物いれの天井部分に入れて私に渡そうとしたため私の手元に届きませんでした。時系列順に説明すると、まず入居の際に部屋移動を行う場合は入居する月の一週間くらい前にするというのが決まりでした。一か月分の家賃を日割りするのが管理人にとって手間であることとあまり早くに入居させるとオーナーが嫌がるからというのが理由だと推測されます。私は仕事の都合があり二週間前に移動を願い出まして管理人さんはこれを了承しました。このときは管理人さんからは兼用料の話は出ませんでした。恐らくオーナーさんに委任されているということと二週間くらいならいいだろうという考えが管理人さんの頭にあったからだと思われます。まず鍵を管理人さんが私の部屋のドアに「例の場所にある」というような文面の書状を貼って知らせてきました。このやり方は管理人が直接受け渡すのに必要な手間を省くためにやったやり方です。管理人さんは平日の日中でもほとんど管理人室におらず一日に1から3時間ほどしかいません。私も仕事の関係上家にいる時間はばらばらです。だからこのような知らせ方をしたのだと思われます。私はそのやり方を質問したことはありませんでしたが向こうからも事前に知らせ方を伝えてきたわけでもありません。これは以前の以前、すなわち問題にしていない一回目の部屋移動の時と同じ知らせ方、渡し方でした。この時は問題はありませんでした。そして鍵を郵便物入れの死角となっていいる天井部分にガムテープで張っていました。このとき背の低い女性でも中の天井部を見るつもりで覗き込まないと確かに死角となっています。ですが、扉に貼ってある張り紙を見て誰かが勘と悪意を働かせたせいで、誰かが持ち去ってしまい私は約束の日にちに受け取れませんでした。管理人に連絡を取れた時に双方とも鍵がなく受け取れてないことにきづきました。まだ鍵をおいてない、もう鍵を受けとったと双方ともに思っていたためです。そして、その後になんと下駄箱のやや死角の天井部にその誰かが貼っていった問題の鍵を二人で見つけました。管理人は「なんでこんなことをすすかなぁ」「(まさか)合鍵とってないだろうなぁ」といい、また数日後に鍵を新しくして私にやっと渡してくれました。防犯上の理由で。できれば付属のロッカーの鍵も複製の危険があったのでそれも新しくしてほしかったのですがなぜか断られました。

そんなわけで実際に受け取れたのは約束よりもだいぶ後でした。私は最低限の入居月前に入れそうになっかたのでメールで遅れるとの旨を伝えまいした。具体的な期日は述べませんでした。仕事の都合上いつ休めるかわからなかったので。しかし管理人も何も言ってこなかったので承認しているものと私は判断しました。そして入居つきの20日ほどにやっと終わりました。仕方なく日を分けて少しずつ荷物を運びながらやっと。管理人はその二十日ほどに完了することを知っていましたし、兼用料のことはこれ以上遅れると請求しかねないとの旨を伝えてきたので、これ以上遅れてはいないから大丈夫だろうと思っていました。しかし、オーナーさんから言われたからという理由で突如その二十日ほど分を請求してきました。しかし責任を感じているのか半分でした。

ここで疑問なのが、半分でも私は法律的に払う義務があるのか。そもそも約束の日に渡してこない不備の責任は管理人にあるのではないのか。オーナーさんから言われなければ請求するつもりは向こうにはなかったので義務はなくても今後のことを考えて義理でも払っといた方が払っといたほうがいいのか。……納得できないが。それとも全額払う義務が私にあるのか。などです。

ちなみにまだ払うとは言っていません。漫画のミナミの帝王に中に、支払う義務のない借金でも払うといったり一部弁済をすると払う義務が生じるからということが頭の隅にあったので明言せずにまってくださいとしか言ってません。

あともうひとつ疑問があって、実は次に三回目の部屋移動があってこれを控えております。だから下手に争わずに仕方なく兼用料を払ったほうがいいのでしょうか。

ちなみに兼用料は半分で13000円ほどで、今までの部屋が光熱費込みの家賃(シャワーと洗濯はコイン式でお湯はシャワー以外では出ず、ガスコンロではなく電気コンロ(?))4万円代の部屋で建物にエレベーターはなく階段のみ。一回目は不便な五階の部屋、二回目の現在の部屋が二二階の部屋、三回目の次の部屋が二階の6畳くらいの広いへや共益費が二千円ほ安くなっているが電気代だけ自腹。全ての部屋が二段式ベットと机椅子、冷蔵庫つき、大体3から4畳くらいの狭い部屋。でもむりならお金をためる予定の数ヵ月後に別のとこにうつってもいいかなぁと思っています。……安いから入ったがあまりに狭いので。問題は今すぐにでも答えを出さないといけないのに、いますぐには引っ越せるお金がないこと。生活費は全額自腹。学費だけ兄に借りている。もちろんいずれ返す。ちなみに都内のお話です。学校が割りとやや近いからと割安なネカフェのシャワーがあるから。……といってもそのネカフェは安いこそは安いがオーナーはシャワーをあまり掃除しないし(仕方ないので夜の仕事終わりに仕方なく入る時は養生してからはいってます)、オーナーの価値基準が一般とずれている。明らかにこちらに非がないことでもきれるし、口頭でも文面でも客を客と思わない言動を取る。

最後にもうひとつ、管理人は退去の際は一ヶ月前に申告してくれというが法的義務はあるのか。

ものすごく長くなったり、疑問が増えたり、蛇足も多いですがよろしくお願いします。

同じ建物の賃貸で部屋移動を管理人に願い出ました。しかし管理人さんが誰でも手が入れられる私の郵便物いれの天井部分に入れて私に渡そうとしたため私の手元に届きませんでした。時系列順に説明すると、まず入居の際に部屋移動を行う場合は入居する月の一週間くらい前にするというのが決まりでした。一か月分の家賃を日割りするのが管理人にとって手間であることとあまり早くに入居させるとオーナーが嫌がるからというのが理由だと推測されます。私は仕事の都合があり二週間前に移動を願い出まして管理人さんはこ...続きを読む

Aベストアンサー

読みにくいので、全部読んでませんが、
あなたが契約不履行の損害賠償請求や契約無効を訴える権利はありますが、
契約した以上、あなたは契約内容に則った、兼用料を管理人に払う義務があります。

支払う義務と契約不履行の請求は別。最終的に両者の損益の差額で帳尻あわせるもの。
それを理解して交渉しないと、あなたの主張が間違っていて、相手へ一方的な損害を与えて契約不履行を行っている事になるので、何もあなたの希望は通りません。

>最後にもうひとつ、管理人は退去の際は一ヶ月前に申告してくれというが法的義務はあるのか。
契約内容に記載されて(口頭でも)あなたが同意して契約締結したら、違法性がない限り、法的義務が発生します。

まずは、この読みにくい文章を、自分の被った損害を箇条書きにして、管理人に提出できるように、書面にまとめることです。
自分で問題点が明確になっていないと、先方は理解しませんし、あなたが明確な損害額を算出できないので、相手の言い分をあなたが理解できません。

Q命を命で償うことの不条理性

他人の命を奪ったら 自分の命で償うのは 当然と考えるのは 私だけでなく、日本人の多くがそうだと思います。
しかし、死刑反対の人は 命を命で償うこという 私たちが至極当然だと見做していることを どのように解釈しているでしょうか? どのような不条理があるとお考えでしょうか?
私と同レベルの愚かな同調意見は不要です。聡明な反論をお待ちしております。

Aベストアンサー

他人の命を奪ったら 自分の命で償、、つまり目には目を、、、の考え方は、まったく時代錯誤だと思います。

泥棒されたら、泥棒仕返してよいのいか。
障害で手を失ったら、加害者の手を切ってもよいのか、、。
これらは、残虐な行為であって、被害者の失ったものはそのままです。
これでは恨みに恨みがつのる「し返し」であって、建設的ではありません。

泥棒されたら、失った額の変換を求めるべきでしょう。
手を失ったら、例えばそれまでの仕事ができなくなり、そのことによって失う障害所得の弁償を求めるべきでしょう。

失ったものを、なるべくもとに戻す行為、これが「償い」です。
償いと、仕返しは、厳しく区別されなければなりません。

結局No3さんの回答のとおり、死刑は犯人から償う機会をうばう、残虐行為に過ぎません。

Q血の繋がっていない元親は、養育費を払う義務は無いのか

以前テレビの法律クイズ番組で問題になったものですが、
法律の解釈に疑問があるので、質問させて頂きます。

ある夫婦がいます。これを夫A、妻Aとします。
夫Aと妻Aには子供Aがいました。
この夫婦は離婚して、妻Aが子供Aを引き取り、
夫Aが養育費を払っていました。

妻Aが夫Bと再婚するにあたり、
妻Aが夫Aに対し、「養育費はいらないから、子供に会わないで」と要求し、
夫Aが同意しました。

その後、夫Aが妻Bと再婚後、妻Aは夫Bと離婚しました。
この時、妻Aが夫Aに「また養育費を払って欲しい」と要求しました。
この要求に対して、夫Aが養育費を払う法的義務はあるか?
と言うのが問題でした。
答えとしては、「子供にはお金がかかる為、払う義務がある」でした。

ここで私が疑問に思ったのは、
「夫Bは養育費を払う義務は無いのか?」
と言う点です。夫Bと妻Aが再婚した時点で、
子供Aは夫Bの子供になったわけですから、
夫Aより、夫Bに養育費を請求すべきではないでしょうか。

また、番組では夫Aが実の親と言うのがポイントみたいでしたが、
夫Aが実の親でない場合は払う義務が無いのでしょうか。

夫Aが既に亡くなっていた場合には、夫Bに払う義務が発生するのでしょうか。

勿論道義的には実の親が払うべきだと思いますが、
それはおいといて、法的にどうなのかでお願いします。

以前テレビの法律クイズ番組で問題になったものですが、
法律の解釈に疑問があるので、質問させて頂きます。

ある夫婦がいます。これを夫A、妻Aとします。
夫Aと妻Aには子供Aがいました。
この夫婦は離婚して、妻Aが子供Aを引き取り、
夫Aが養育費を払っていました。

妻Aが夫Bと再婚するにあたり、
妻Aが夫Aに対し、「養育費はいらないから、子供に会わないで」と要求し、
夫Aが同意しました。

その後、夫Aが妻Bと再婚後、妻Aは夫Bと離婚しました。
この時、妻Aが夫Aに「また...続きを読む

Aベストアンサー

答は簡単です。
血のつながりではなく法的親子関係のあった者は養育費を払う必要が出てくると言うことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報