前回も違うタイトルで似たような質問をさせていただきました。

一昨年、父親を交通事故で亡くしました。その悲しみは月日を追うごとに大きくなり、父の事を思い出

しては今だに、大泣きしています。

主人も息子もいるのに、ポロポロ涙を流してしまうのです。

少し前までは、主人と息子の前では父の事を忘れ、明るくいれたのですが、最近は生前の父の事が

ますます頭によく浮かぶようになり、どうしていなくなってしまったんだろうとボーとしてしまうことがあり

ます。

つい最近母の前で泣いた時は「いつまでもひつこい!」と言われました。

どうして私はこんなに弱いんでしょうか・・・

父と同じくらいの年齢の男性を見かけるとなんとなく見つめていたり。

おじいちゃんになっても背が高くてかっこよかった父。

桜の季節になりました。

2年前の息子の中学入学式に「○○(息子の名前)の中学の場所を覚えたいから」と一緒に入学

式に参加してくれた父。

その帰りに父と主人と私と三人で通った桜並木の道。

思えば父のこの世で最後の春だった。最後の桜だった。

桜の季節がきてまた父を思い出し、桜が悲しい色に見えて仕方がない。あんなにきれいなのに・・・

桜の花が素直に「きれいだ」と感じることができるのはいったいいつの事なのか。

確かに母がいうように ひつこい かもしれない。前を向いて歩いていかないといけないのに。

泣いて父が還ってくるわけでもないのに。

いつまでもいつまでも、泣いている私は弱虫ですよね。

どうしてこんなに泣くんだろう。自分でも気持ちが抑えられないので困っています。

情けないです。強く気持ちを持つにはどうすればいいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あなたが悲しんでいるのは、もうお父様に会えないと決め付けているからですね。


死ぬということは肉体を離れて生きるということに過ぎません。
いまでもお父様はあなたといっしょに居られますよ。
あなたがいつまでもクヨクヨしているのを心配しておられます。
わかりますよね?
あなたには伝わっているはずです、お父様のメッセージが。
また次の人生で会うことができますから。
しばらくあなたからは見えない状態になっているだけです。
前を向いて歩き出してください。
あなたが今の悲しみを乗り越えて成長するために、お父様の死は必要な出来事でした。
人生に起こる出来事にはすべてとても深い意味があります。
必ずまた会えますので、その日を楽しみにあなたの人生を一生懸命生きてください。
お父様はそう望まれていますよ。

どうにもならないこと。
思い通りにならないこと。
人間の人生はそこから学び成長する学校のようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おしゃられる通り、父の死によって色んな事を考えさせられ、また自分自身をプラスに変える事を父が死んで教えてくれたような気がします。

私の事を言葉にはしないものの、心配してくれていたようなので。自己中だけど、優しい人でした。
父は背が高く精悍な顔立ちでかっこいいおじいちゃんでした。その事も生きているときは あたりまえにしか見えなくて。

父に似た人を探してもいないもんですね。

ごめんなさい。

とても参考になるご意見ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 17:40

おかしいとは思いません。


が、お母さんとあなたとは、
お父さんに対する気持ちの持ち用がぜんぜん違うので、
お母さんからすると「しつこい」と思っちゃうんでしょうね。

それにしても、「しつこい」なんて言わなくてもイイのにね。

お父さんの事を忘れない事は良いことですが、
お子さんもいらっしゃるのなら
もう少し強くならないと!

思い出して「悲しい」んじゃなくて
「楽しかったな~!」って笑顔で思うように努力してみるとか。

もう会えないんだとか、後ろ向きなことじゃなくて
楽しかった事だけを考えるとか・・・

お父様.とってもステキな方だったのですね!
羨ましいです☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仕事から帰ってきて一人でいる時、父の事を思い出して泣いていました。
息子が帰宅してきたので、慌てて平静を装いましたがバレバレで、「お母さん泣いてたん?おじいちゃん?お母さんが泣くっておじいちゃんの事しかないから」といわれました。
 生まれてから父に大変可愛がられていた息子は父が亡くなった日から告別式が終わるまでは号泣していましたが、それ以来泣いていません。男の子は強いですね。
ほんと強くならないとって思います。
今はまだ楽しかった想い出を思い出すだけで悲しくなるので・・・
主人も20年以上前に実父を病気で亡くしていますが、私の気持ちは理解してもらえません。
いつも明るくポジティブな性格だった父なので、父に見習って元気いっぱい生きてる姿を見てもらえるよう頑張ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 22:30

突然の事だったと思うので、それまで何もしてあげられなかった、何もわかってあげられなかったという後悔の念が涙を流させるんじゃないですかね?


ただ、その当時は身勝手な父親だったのだから、ある意味仕方がなかったのかもしれません。
まぁ、誰しもいずれ逝く道ですし、気持ちの整理のためにお墓参りに行ったりするのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>突然の事だったと思うので、それまで何もしてあげられなかった、何もわかってあげられなかったとい う後悔の念

 そうです。それともう二度と会えないと思う悲しさです。

 回答者様の言葉に救われた気持ちになりますが、ある程度物事を割り切って考える事ができる私でも

 不可能な思いにさせる出来事もあるんだと感じました。

 父の事で後悔する自分を繰り返さないよう、残された母を大切にしたいと思います。

 今度の連休にお墓参りに行きたいと思います。

 ありがとうございました。 

お礼日時:2011/04/16 17:22

おかしくはないかもしれないけど。



お母様の事もちょっとは考えてあげないと。と思いました。
実際あなたには、旦那様がいる。

居なくなったお母様は人前で泣かずに頑張っている。

頑張っている人の目の前でグズグズ泣いて、
あなたがお母様の感情を奪っている事もありますよ。

あなたのお父様だけど、お母様の旦那様。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母と父の話をしていても、泣いているのは私だけで、いつも怒られます。

母は父の性格と合わず我慢ばかりしてきたので、「達成感でいっぱいだ」と言っていました。

母は母の思いがあるだろうし、私は私の思いがあるもので、私の気持ちは母にはわかないだろうし、

また逆でもあるしお互い様ですよね。

でも母は、私の前では泣かないけど、人前では泣いてますよ(^^

すごい人だなといつも感心させられます。

お礼日時:2011/04/16 17:04

私っておかしいんでしょうか?



おかしいですw

この回答への補足

どういう風におかしいでしょうか?

教えて下さい。

考え方をかえる方法とか

補足日時:2011/04/16 16:50
    • good
    • 0

貴女は心が優しいから,何事にも泣けるのです。

それは,素敵な事です。涙を流した事がない女は僕は嫌だ。やっぱ貴女のようなしとやかな人がいいなぁ(^^♪これからも,泣いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

優しいお言葉ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/16 16:36

おかしくないですよ。



私は9才の時に両親なくし昨年33回忌をしました。

もう24年も経ってるのに、未だに両親の話はできません。
両親が亡くなった後、母方の祖母に育てられ、その祖母も3年前に亡くなり、やっぱり思い出ては涙します。
こんなあたしでさえ、寂しくなり涙す時があるるんですから貴方が寂しくなり泣いてしまうというのは当然だと思います。

ばぁちゃんとの事は子供ともよく話の中にでてきます。『トイレの神様』や『がばいばぁちゃん』なんか祖母と重なって何度泣いた事か(^_^;)

でも、お寺さんに『いつまでも寂しいと思っていると、心配で成仏できないよ』と言われたことがあります。そうなんだ…とは思うんですが、やっぱり寂しく思いますよ(^_^;)

鬱になるきっかけとして身内の死があります。
それだけ大きなショックと向き合う事の難しさがあるんだと思います。

貴方はまだ時間必要だと思います。
無理に強くなろうとしなくてもいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>いつまでも泣いていると成仏できないんだよ

これって色んな方に言われました。でも泣いちゃうんですよね・・・

母に「あんたは泣く必要ない!」とよく言われるのですが、いつもその母の言葉に嫌悪感を抱いています。

話が横にそれましたが・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 16:35

 愛情いっぱいに育てられたんでしょうね…。

ちょっとうらやましい気がします。
 泣くことが悪いとは思いません。私の父も一昨年亡くなりましたが、母は未だに泣きますから…。

 ただ、母に号泣され弟に号泣され、娘に号泣され、正直私は泣く暇もなくここまで来てしまいました。
 端から見ると強く見えるのかもしれません。(弟にも言われました)
 でも、強いわけじゃないんです。ただ、泣けなかった・泣けないだけなんです。

 私は父の立場を想像しました。残された家族に泣かれるよりも、感謝され、笑顔で過ごしてもらった方がうれしいんじゃないかと考えました。私が死ぬときは家族にそうあってもらいたい。たとえ一時泣いたとしても、後は笑顔で自分が教えてきたことを活かしながら生きていってもらいたい。それが命をつなぐことなんじゃないかな?…と考えています。(生意気を言うようですが…)

 だから、私は父に感謝をしています。(「命」をくれたこと)

 強くなって下さいとか、泣かないで下さい…とは言いません。でもせっかく愛情深く育てて下さったお父さんに、胸を張っていられるよう、お父さんがしてくれたことをあなたのお子さんにしてあげてはどうでしょう?きっとお父さんが喜んで下さる…と考えながら…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですよね。言われることは本当によくわかります。

父の死がきっかけに変われた自分もあるし、それは父が教えてくれた大切な贈り物なんだって思っています。

大切にというか、父は自己中心的で「自分が一番かわいい」と思うような人だったし、自分らしく生きてきた人なので、生前は正直、あまり仲が良くなかったんですよね。(^^;

でも、そんな父に驚くほどの沢山のファンがいることが告別式の時にわかったんです。

父の素敵な人間性に生前気付いてあげれなかった自分が愚かで、それがわかっていれば父にもっと優しく

してあげられたのに、とか後悔の念ばかりで・・・でもこれって父がもしいまでも生きていたらきっと

まだ気付かないでいるんだろうなと思うし。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 16:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング