モンシロチョウの幼虫は「青虫」、トンボの幼虫は「やご」というみたいですが、どうして幼虫に別の名称を付けるのでしょうか?

A 回答 (3件)

日本民俗学者の巨人柳田國男によるの、日本の殆どの虫の名前は子供によって付けられ、それが後で大人に容認された経路を辿って来たそうです。

例えばデンデンムシは、元々はこの虫を捉まえて出ろ出ろと言って遊んだ子供達が、デロデロムシと言ったのが起こりなどです。

子供には人から教わるまでヤゴがトンボの幼虫だったり、青虫がモンシロチョウの幼虫がだったりすることに気が付かないのが普通です。従って、子供はその虫に成虫とは当然違った名前を付けた筈です。要するに、日本の虫の名前は、それを研究していた学者さんや外国人から、これは何、そしてこれは何の幼虫である、なんて教わる前からちゃんと日本語としてあったのです。

もし貴方がまだ子供だったら、今度見付けた虫に貴方の思いのままの名前を付けて呼び習わしてご覧なさい。もしその名前の付け方が見事だったら、運が良かったら皆もそう呼ぶようになり、数十年、あるいは百年後には、その名前を使う人が一杯出てくるかもしれません。そんな形で貴方がこの世に生まれたと言う証拠が残るなんて、素敵ですね。

私達はもうどの子がデロデロムシと呼び始めたかは解らなくなっていますが、その人はデンデンムシの中に今でも生きているんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、子供達が名付けたのですか。
確かに子供にとっては別物にしか見えませんね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/19 02:47

カマキリやコオロギの様な不完全変態の場合はパッと見た目幼虫かどうかも分り難いので幼虫の名前のある無しの線引きはやりやすいのですが、モンシロチョウのように完全変態の昆虫でもアゲハチョウやカブトムシの幼虫には「アゲハチョウの幼虫」とか「カブトムシの幼虫」とか呼ばれ、青虫やヤゴのような明確な名称はありませんね。


まとめて「イモムシ」的な呼び方はありますが。

青虫とヤゴ、他にはウスバカゲロウの幼虫はアリジゴク、ハエの幼虫のウジ、昆虫では無いがカエルの子供はオタマジャクシと言う具合に、成体と幼体の見た目が全く違い、更にその中でも人の目にふれる機会が多いものに名前が着いているのでは無いでしょうか。(アゲハチョウはやガは例外なのかな?)
青虫はよく目にしますが土中で暮らして羽化する時にしか姿を見せないセミやカブトムシ等には無い。
以上単なる推測です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに幼虫の名前が違う昆虫は身近な気がしますね。
しかし、何でわざわざ名前を変える必要があるんだろう?

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/19 02:44

そもそもが全く別の生き物だからでしょう。



ヤゴには「水の中のさそり」という意味があります。
間違ってもモンシロチョウの幼虫は水の中にいないし、ましてやさそりでもないですよね(笑)

ヤゴはさそりのような格好から、その名前がつきました。
広辞苑で調べると出てきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
しかし、自分が知りたかったのは青虫とヤゴに別々の名前を付ける理由ではなくて、幼虫と成虫に別々の名前を付ける理由なんですが・・・

お礼日時:2011/04/19 02:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『写真あり※閲覧注意』土の中から黒い幼虫のような虫が沢山いる

毎年、庭の土の中から黒っぽい幼虫のような虫が集団で沢山でてきます。
なんという虫でしょうか?
ある情報では、ハサミムシの幼虫だとか…
インターネットや図鑑でははっきりとわからなかったので質問させていただきます

Aベストアンサー

ケバエの仲間の幼虫です。
地中で腐葉土を食べています。
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/28545087.html

Qモンシロチョウ(青虫)はなぜ首を振るのか?

子供にモンシロチョウ(通称アオムシ)の幼虫は首を振ることがあるがどうして振るの?と聞かれて困っていますので誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。kottinQです。
今見てみると、貼っておいたサイトに行けませんね。
違うの貼っておきます。

http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/special/yama/news/2002_09/020904arcte.htm

Qこれはクワガタの幼虫?

地面を掘ってたら、クワガタの幼虫らしきものを発見しました。子供はクワガタの幼虫と言い張るのですが、私の記憶だと、クワガタの幼虫は木の中で育つはずなので、地中に埋まってるのは違うのではないかと思ってます。
地面の中にクワガタの幼虫はいるんでしょうか?違うとすれば何の幼虫なんでしょうか?

Aベストアンサー

仰るとおりクワガタの幼虫は木の中で育ちます。
そっくりな形の幼虫で地中にいるのは例えば腐葉土ですとカブトムシとか。
カブトムシの幼虫は信じられないくらい大きくなります。
あとはカブトムシの仲間の甲虫の幼虫だと思います。カナブンとかなんじゃないかな。

Q青虫(アゲハ幼虫)のさなぎになる時

青虫が好きで山椒をわざわざ植えて観察しています。子供のような質問ですが。
青虫が壁を這ってくっついてさなぎになる時に,さなぎの両脇(?)あたり左右から糸を出し,壁(一点)に止めて,ちょうどロッククライマーが背中にロープを回し前の岩に止めて引っ掛かっているような状態になって止まっています。それまではお尻と口先の2箇所だけが壁にくっついていたのに知らぬ間にそうなっています。手もないのにどうやってそういった形の糸を両脇から体の前の壁に出して止まっているのでしょうか?スパイダーマンのように糸を飛ばすのでしょうか。また,糸が切れてもし落ちたらアゲハにはなれないでしょうか?

Aベストアンサー

何か懐かしい気がします。私も子供の夏休みの自由研究でアゲハを飼っていました。
ご質問の件ですが、前蛹の時期に何度も同じ長さに糸を吐きまして輪を作ります。その輪に体をくぐらせまして蛹化します。
糸が切れて下に蛹が転がりますと、羽化の際に展翅が完全に行われず、羽が曲がって飛べない成虫になります。
下記URLが参考になりますでしょうか。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~mm990612/ageha_itokake.html

子供の研究題目は「蛹の色について」でした。茶色の場合は、葉の臭いがせずに茶色のところで蛹になる場合。緑の場合は、葉の臭いがするか、緑のところで蛹になる場合でした。何かの参考になさってください。

Qメイガの幼虫の駆除・対策について

【前提】
当方マンションに一人暮らし三年目の学生です。
今までお米を買ったときの袋のまま、口を封して保管していたのですが、
5日前に洗米しようとした際にメイガの幼虫が五匹ほど浮いてきたため、そのときの米は翌朝丸々ゴミに出しました。
また、乾麺は台所の引き出しから冷蔵庫の中に移しました。
三日前に新しいお米を買ったのですが、袋のままで今日まで放置していました。(場所は前の米があったところからは2mくらい離れたところです)
そして今日初めて袋を開封し、別の容器に移し替えたところ、新たに三匹ほどの幼虫を発見しました。

ちなみに成虫はまだ見かけていません。

再び米に入らせてしまったのはすぐに中身を移さなかった私の落ち度なので、
とりあえず今晩のところは米を密封容器に移し替え、明日の日中にすべて天日干しをした後なるべく早く食べきろうと考えています。
天日干し後は件の密封容器を洗浄して、その中に入れ、冷蔵庫で保管するつもりです。
また、日を置かずに幼虫が米にたかっていたので、まだ部屋に幼虫が潜んでいると考え、平行して最初にメイガを発見した辺りを重点的に清掃する予定です。(米が落ちたりしているので)
室内に置いていたチョコレート類などはまとめて処分するつもりです。


【質問】

・台所の引き出しには、缶入りの昆布茶・乾燥わかめ・乾燥うどんだし・乾燥出汁の素・パン粉・片栗粉・砂糖などが入ったままなのですが、これらにもメイガの幼虫が入り込むことはありますか?
処分した方がいいでしょうか。
ちなみに乾麺の類を移した後は引き出しを開けていません(中に幼虫がいるかは未確認です)。

・清掃以外にも除去・対策のためにするべきことはありますか?
また、できればバルサンは焚きたくないのですが、焚いた方がいいでしょうか。


基本的に虫は平気なのですが、芋虫系の幼虫がたくさんうねうねしているのはあまり見たくありません……。
なのでできるだけ早くケリをつけたいと思っています。
ご回答よろしくお願いします。

【前提】
当方マンションに一人暮らし三年目の学生です。
今までお米を買ったときの袋のまま、口を封して保管していたのですが、
5日前に洗米しようとした際にメイガの幼虫が五匹ほど浮いてきたため、そのときの米は翌朝丸々ゴミに出しました。
また、乾麺は台所の引き出しから冷蔵庫の中に移しました。
三日前に新しいお米を買ったのですが、袋のままで今日まで放置していました。(場所は前の米があったところからは2mくらい離れたところです)
そして今日初めて袋を開封し、別の容器に移し替えたところ、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たぶん無農薬の米だから、虫が発生したのでしょう。メイガの名前をよくご存じですね。
昔は、イネに大量発生する害虫の代表格でした。

米は食べきるまで、何度か天日干し。もしくは冷凍庫に一度入れてみては。
米びつが、空いたら次からは虫除けの鷹の爪を入れておく。
食べる時は避けます。
他の乾物や穀類は、食性の合わないものには、つきません。
でも収納に気をつけるのと、長く保管し過ぎることは、避けた方が良いでしょう。

Qモンシロチョウの幼虫が突然消えた

庭で大根を育てようとしていたのですが、葉にモンシロチョウがたくさん卵を産んだので、大根はあきらめて蝶を育てることにしました。

そのうちの3匹くらいのアオムシが3cmくらいの大きさになり、そろそろサナギになるのかな・・・と楽しみにしていました。

鳥に食べられないようにと鳥よけのネットをはっていたのですが、ある日突然、3匹とも消えたようにいなくなっていました。
前の晩の夜にはいたのに、次の日の朝に消えていました。
小さいアオムシはそのままいるのですが、大きいものだけがいなくなりました。
それからというもの、ある程度のサイズになるとみんないなくなってしまうのです。
どのようなことが考えられますか?

家の庭なので、他人が入ることはありませんし、ネットがあるので鳥やネコ(食べない?)も無理だと思います。

まわりには他にアブラナ科の植物はありませんし(というか植物自体あまりない)サナギもみあたりません。
とても暑い日だったので、蒸発?ありえませんよね?
アオムシの天敵のコマユバチならマユがあるのでは、と探しましたが、みあたりません。
他にもアオムシを食べる虫などはいますか?アリ?ハサミムシ?みんな悪者に見えてきます!

あと残りの葉がわずかで、残りのアオムシの食欲においつけません。
キャベツの葉を買ってきて置いても見向きもしないので、困ってます。

庭で大根を育てようとしていたのですが、葉にモンシロチョウがたくさん卵を産んだので、大根はあきらめて蝶を育てることにしました。

そのうちの3匹くらいのアオムシが3cmくらいの大きさになり、そろそろサナギになるのかな・・・と楽しみにしていました。

鳥に食べられないようにと鳥よけのネットをはっていたのですが、ある日突然、3匹とも消えたようにいなくなっていました。
前の晩の夜にはいたのに、次の日の朝に消えていました。
小さいアオムシはそのままいるのですが、大きいものだけがいなく...続きを読む

Aベストアンサー

自ら移動したのではないでしょうか?うちでは、山椒の木に居たアゲハ蝶の幼虫をあなたと同じように育てるため放置してましたが、同じようなパターンで居なくなりました。ある時、地面(アスファルト)を見ると植木鉢から遠ざかる方向へ移動してるのを見つけたことがあります。自分なりに解釈したのですが、どうやら食べる葉が少なくなってきたので、他の木に移動したのではないかということで、その時は自分なりに納得させてました。実際には、違う理由かも知れませんが。

Qクワガタの幼虫飼育に使うビンについて

クワガタの幼虫飼育に使うビンについて
クワガタの幼虫飼育に使うビンは太くて低いビンがよいのですか。それとも、細く長いものがよいのですか。蛹化や羽化のときは別として、普段の飼育時とします。

Aベストアンサー

太くて低いビンのほうが良いです。比較になりません。
菌糸ビンの交換のときやマット交換の時には、幼虫を傷つけないように、古いオガをフォークで崩しながら掻き出して行き、幼虫が露出するところまで堀り進めるのですが、ビンが深い場合、底に近づくと、フォークが届かず力も入らずオガが掻き出しにくくて仕方がありません。その点、口が広くて浅いビンは作業がしやすく、幼虫を傷つける可能性も低くなります。
また積み重ねたときにも太い方が安定が良く収納性も良いです。

大型の個体を狙うなら、最終交換のときに太いビンに仕替えても手遅れです。
クワガタは、3令のある時期に、自分の住み家のサイズを調査して、そのサイズに見合った自分に成長したところでサナギになります。
多くのクワガタはビンの底の壁面にそって蛹室を作りますが、成長しすぎてビンの直径を超えるような蛹室が必要になっても幼虫としては困ります。それで事前調査をして自分の羽化サイズを決めて、成長しすぎないようにしています。ですから、同じ容量であっても細いビンで飼育していると、最終交換で巨大なビンに移し変えても小さなサナギにしかなりません。マット飼育でも菌糸ビンでも同じですが、早い時期から、とにかく底面積の広い飼育容器で飼うのが大型個体を狙う基本となります。
ヒラタ系ならば、底面が20センチ×20センチ以上、深さ10センチ以上のフタつき容器(100円ショップで売っているビデオテープ収納ボックスなど)にクワガタ幼虫飼育用高級マットを硬く詰めて飼育するとDNAいっぱいまで大きく育ちます。
細い飼育ビンしか入手できない場合は、転がらないように工夫して横に倒して使うとビンの長手方向に蛹室を作ります。この場合は大きなサナギになります。しかし、収納性が悪いのと、フタに目印をつけ、常に「上」をキープしなければならないわずらわしさがあります。

太くて低いビンのほうが良いです。比較になりません。
菌糸ビンの交換のときやマット交換の時には、幼虫を傷つけないように、古いオガをフォークで崩しながら掻き出して行き、幼虫が露出するところまで堀り進めるのですが、ビンが深い場合、底に近づくと、フォークが届かず力も入らずオガが掻き出しにくくて仕方がありません。その点、口が広くて浅いビンは作業がしやすく、幼虫を傷つける可能性も低くなります。
また積み重ねたときにも太い方が安定が良く収納性も良いです。

大型の個体を狙うなら、最終交換の...続きを読む

Qモンシロチョウの幼虫が、産卵?

只今、モンシロチョウの幼虫を4匹育てています。
思ったより気持ち悪くはなく「かわいいな。」と思い始めたころ、4匹中2匹がさなぎになりました。
そして残りの2匹は・・なんだか黄色い卵?(まゆ?毛で覆われています。)をたくさん抱えてじっとしています。
少々動きますし、体の変化はありません(青虫のまま。)
・・まさか、幼虫は産卵しませんよね?
それとも何かに寄生されたのでしょうか?

この黄色いまゆ?卵?は何でしょうか。蝶になるのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

繭……昆虫の蛹(サナギ)を保護する包被。種類によって形状はさまざま。多くは蛹になる前の幼虫が吐く繊維が土台となり、表面は葉・土などで覆われることもある。
___________岩波書店『広辞苑』第四版より。

中には蛹(今ならまだ幼虫かも)が入っています。卵はまったく関係ないです。繭を割って中身を確認すれば、実体が「一目瞭然」ですよ。

アオムシコマユバチ
http://www.big.ous.ac.jp/~tagawa/study/kenkyuu.htm
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/aomusi-komayubati.html

アオムシコバチ
http://www.shigakan.co.jp/reference/ref_bee02_aomushi.html

参考URL:http://www.big.ous.ac.jp/~tagawa/study/kenkyuu.htm

Q蝶や蛾の幼虫写真から名前等を知りたい

何れも7~8センチ位の 綺麗な青虫と黒虫を見つけ写真に撮ってみました。
当初は何れもアゲハ蝶類の幼虫と思っていたのですが、あとでネットで調べて見たところ どうも違うようで… ますます正体を知りたい思うようになりました。
写真などを貼り付けられて 何の幼虫か知ることの出来るサイト等をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

「幼虫 図鑑」で検索すると、いくつかのサイトが見つかりましたが、
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&inlang=ja&safe=off&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=%97c%92%8E%90%7D%8A%D3&lr=lang_ja

一番トップの下記サイトが、画像による検索や画像掲示板での質問もできますので、良いのではないでしょうか。

幼虫図鑑
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html

Qモンシロチョウは、何故キャベツが判るのでしょう?よろしくお願いいたします。

息子に聞かれ困っております。
何故、モンシロチョウはキャベツを見分けることができるのでしょうか
なにとぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言えば、「においで確かめる」ということですが、もう少し詳しくは参考URLをどうぞ。

http://www.pteron-world.com/topics/ecology/eating.htm

息子さんと一緒に調べる方がいいと思います。


ちなみに「モンシロチョウ アブラナ科 産卵 選択」で検索すると、次のサイトが出てきました。
http://www.brh.co.jp/seimeishi/1993-2002/32/ss_4.html

参考URL:http://www.geocities.jp/doctor_mitsui/insect_1.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報