モンシロチョウの幼虫みたいに何度も脱皮する昆虫がいますが、形が変わらないのにわざわざ脱皮する必要はあるのでしょうか?
まぁ大きさは変わるかもしれませんが、それなら人間みたいにそのまま成長させればよい気がするのですが・・・
しかも一度ではなく何度も脱皮しています。どうして何度も脱皮するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

肺気胸」に関するQ&A: 肺気胸

A 回答 (3件)

人間のような内骨格(体の内側に骨がある)の生物は、皮膚が新陳代謝で常に新しい細胞に入れ替わるようになっているので、そのままでも大きく成長できます。

それでも急激な成長には体に負担をかけます。

成長期の子供が成長痛という痛みに襲われることはご存じかと思います。
また、背の高い人の一部は肺が引き延ばされて、気胸にかかりやすくなる人もいます。
実は成長する、というのは結構大変なことなのです。


そして、昆虫なのですが、外骨格の生き物は体の表面が頑強な組織で包まれています。この組織は新陳代謝などで気軽に組織を入れ替えることができないようになっています。芋虫のような柔らかい体のものであっても、同様です。
そのため、外骨格の大きさはそのままに、内臓や筋肉などが成長し、外骨格を内側から圧迫していくことになります。
なので、限界まで成長し、さらに成長しようとしたら今ある外骨格の下に新しい外骨格を作り、古い外骨格を捨てて成長する必要があります。

古い外骨格の下に外骨格を作ったら小さくなるんじゃないか?と思うかもしれませんが、外骨格といえども、別に全く大きくならないわけではないのと、脱皮直後の新しい外骨格は脆い半面、柔軟なので、その柔軟なうちにさらに体を大型化させるわけですね。

昆虫では分かりにくいかもしれませんが、カニの脱皮などを見ると分かりやすいかもしれません。

タカアシガニの脱皮の動画です。
なかなか興味深いので、是非ご覧になって下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

動画を見ました。カニも脱皮するのですね。
しかし、脱皮前と脱皮後は同じ大きさに見えましたが・・・
外骨格の生物の成長は脱皮中に行うということですね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/18 18:07

「昆虫」という仲間のグランドデザインとして「外部に硬い骨格を持つ」ことを選択してしまった以上, 「その外骨格を脱ぐ」ほかに大きくなる手段がないんです. 外骨格は大きくなれないので....



この辺はエビやカニも含めた甲殻類で共通です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外骨格は大きくなれないのですか。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/18 17:57

脱皮しないと大きくなれません。


外骨格なので「伸びしろ」に限界があります。

この回答への補足

>脱皮しないと大きくなれません。
え?そうなんですか?
だけど、どうして人間みたいにそのまま成長出来ないのでしょうか?

補足日時:2011/04/16 20:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/16 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脱皮する動物

私はヘビが脱皮することを大人になるまで知らなかった人間ですが、
(小さい頃から都会住まいだったもので、ヘビは動物園以外見たことがありません)
先ほど、ニュースでカニの脱皮シーンをやっていてビックリしました!
カニが脱皮するなんて知りませんでした!!

セミとか、青虫が脱皮するのは知っていましたが、
他に『こんな動物も脱皮する』っていうのがあったら教えてください!

Aベストアンサー

 基本的に体が固い殻で覆われた外骨格の生物は、脱皮しないことには大きくなれませんので、みんな脱皮します。昆虫類、エビカニなどの甲殻類、蜘蛛、ダニ等、みんな脱皮します。また、ヘビ、トカゲ、カメ、ワニなどの爬虫類も脱皮します。
 哺乳類は脱皮しないように思われがちですが、人間でも皮膚の表面が垢となって少しずつはげ落ちていくのは、生物学的には脱皮と見なせますので、脱皮すると言えないことはないです。特にクジラやイルカではまとめて表皮が剥げるので、いかにも脱皮しているように見えます。同様に鳥の羽毛が抜け替わるのも脱皮の一種とされます。

Qモンシロチョウの幼虫が突然消えた

庭で大根を育てようとしていたのですが、葉にモンシロチョウがたくさん卵を産んだので、大根はあきらめて蝶を育てることにしました。

そのうちの3匹くらいのアオムシが3cmくらいの大きさになり、そろそろサナギになるのかな・・・と楽しみにしていました。

鳥に食べられないようにと鳥よけのネットをはっていたのですが、ある日突然、3匹とも消えたようにいなくなっていました。
前の晩の夜にはいたのに、次の日の朝に消えていました。
小さいアオムシはそのままいるのですが、大きいものだけがいなくなりました。
それからというもの、ある程度のサイズになるとみんないなくなってしまうのです。
どのようなことが考えられますか?

家の庭なので、他人が入ることはありませんし、ネットがあるので鳥やネコ(食べない?)も無理だと思います。

まわりには他にアブラナ科の植物はありませんし(というか植物自体あまりない)サナギもみあたりません。
とても暑い日だったので、蒸発?ありえませんよね?
アオムシの天敵のコマユバチならマユがあるのでは、と探しましたが、みあたりません。
他にもアオムシを食べる虫などはいますか?アリ?ハサミムシ?みんな悪者に見えてきます!

あと残りの葉がわずかで、残りのアオムシの食欲においつけません。
キャベツの葉を買ってきて置いても見向きもしないので、困ってます。

庭で大根を育てようとしていたのですが、葉にモンシロチョウがたくさん卵を産んだので、大根はあきらめて蝶を育てることにしました。

そのうちの3匹くらいのアオムシが3cmくらいの大きさになり、そろそろサナギになるのかな・・・と楽しみにしていました。

鳥に食べられないようにと鳥よけのネットをはっていたのですが、ある日突然、3匹とも消えたようにいなくなっていました。
前の晩の夜にはいたのに、次の日の朝に消えていました。
小さいアオムシはそのままいるのですが、大きいものだけがいなく...続きを読む

Aベストアンサー

自ら移動したのではないでしょうか?うちでは、山椒の木に居たアゲハ蝶の幼虫をあなたと同じように育てるため放置してましたが、同じようなパターンで居なくなりました。ある時、地面(アスファルト)を見ると植木鉢から遠ざかる方向へ移動してるのを見つけたことがあります。自分なりに解釈したのですが、どうやら食べる葉が少なくなってきたので、他の木に移動したのではないかということで、その時は自分なりに納得させてました。実際には、違う理由かも知れませんが。

Q脱皮する動物について

わたしの友人の妹が高校生クイズにでたのですが、第6問「イモリは脱皮する」という問題で敗れてしまいました。
その答えは○でしたが、初めてきいたことでおどろきました。
両生類でも脱皮をするのでしょうか?
たとえば、カエルなども?

ご存知のかた、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

脊椎動物のうち、ヘビやトカゲなどの爬虫類、イモリ、カエル、サンショウウオなどの両生類は脱皮します。
(正確には脱皮ではなく皮膚の更新と呼ばれています)

Qモンシロチョウの幼虫が、産卵?

只今、モンシロチョウの幼虫を4匹育てています。
思ったより気持ち悪くはなく「かわいいな。」と思い始めたころ、4匹中2匹がさなぎになりました。
そして残りの2匹は・・なんだか黄色い卵?(まゆ?毛で覆われています。)をたくさん抱えてじっとしています。
少々動きますし、体の変化はありません(青虫のまま。)
・・まさか、幼虫は産卵しませんよね?
それとも何かに寄生されたのでしょうか?

この黄色いまゆ?卵?は何でしょうか。蝶になるのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

繭……昆虫の蛹(サナギ)を保護する包被。種類によって形状はさまざま。多くは蛹になる前の幼虫が吐く繊維が土台となり、表面は葉・土などで覆われることもある。
___________岩波書店『広辞苑』第四版より。

中には蛹(今ならまだ幼虫かも)が入っています。卵はまったく関係ないです。繭を割って中身を確認すれば、実体が「一目瞭然」ですよ。

アオムシコマユバチ
http://www.big.ous.ac.jp/~tagawa/study/kenkyuu.htm
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/aomusi-komayubati.html

アオムシコバチ
http://www.shigakan.co.jp/reference/ref_bee02_aomushi.html

参考URL:http://www.big.ous.ac.jp/~tagawa/study/kenkyuu.htm

Qヘビが脱皮する理由

外骨格である節足動物が脱皮する理由はわかります。
しかし、なぜ内骨格であるヘビが脱皮するのかわかりません。何か理由があるのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内骨格でありながら、ウロコで作られた外骨格に近い状態なので、脱皮で成長する事の方が効率が良い事からの進化だと思われます。

Qこれはモンシロチョウの幼虫でしょうか?

アリッサムの葉に青虫が付いていました。
モンシロチョウの幼虫のように見えるので、幼虫達を外敵から守る意味合いとアリッサムを虫から守る意味合いと合わせて、その青虫を取って虫かごに入れ、キャベツの葉を与えてあります。
しかし、本当にこれはモンシロチョウの幼虫なのかなあ?とネットで調べてみたところ、モンシロチョウの幼虫に似て見える青虫を育ててみたら蛾になったというご経験をブログに書いていらっしゃる方もいて、私のところの青虫も、モンシロチョウの幼虫に酷似した、別の蝶や蛾になる幼虫ではとちょっと不安になっています。

http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2175/play-nature/6larva.html
この方もそういうご経験があるようで…。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/tamana-kin-uwaba.html
こんな青虫も結構モンシロチョウの幼虫に似ていますよね?
モンシロチョウの幼虫のような、脇腹にある黄色い点点が見当たりませんが…。

他にも色々なサイトで青虫の画像と見比べた結果、私の目にはやっぱりこれはモンシロチョウの幼虫に見えるのですが、間違っているでしょうか?

アリッサムの葉に青虫が付いていました。
モンシロチョウの幼虫のように見えるので、幼虫達を外敵から守る意味合いとアリッサムを虫から守る意味合いと合わせて、その青虫を取って虫かごに入れ、キャベツの葉を与えてあります。
しかし、本当にこれはモンシロチョウの幼虫なのかなあ?とネットで調べてみたところ、モンシロチョウの幼虫に似て見える青虫を育ててみたら蛾になったというご経験をブログに書いていらっしゃる方もいて、私のところの青虫も、モンシロチョウの幼虫に酷似した、別の蝶や蛾になる幼虫...続きを読む

Aベストアンサー

モンシロチョウの幼虫ですね。きれいなグリーンと腹部の黄色い側線が特徴です。
アリッサムはアブラナ科の植物ですので食害にあいます。
サナギもきれいなグリーンになりますので、違っていたら分かります。
上の方はもうすぐサナギになりそうですね。

Qコーンスネークの脱皮

コーンスネークが脱皮しそうです。
我が家に着てから3回目の脱皮となります。
いま白く濁った体になっています。

脱皮前ってごはんはあげない方がいいのでしょうか?
現在週1(土曜)にあげているのですが、2週間もあげないなんて不安だなあと。
あと、脱皮がしやすいように体を引っ掛けられるようなものをいれておくとよいと蛇飼育のサイトさんにかいてあったのですが、そうした方がいいでしょうか。
今までやったことはないのですが、脱皮に失敗したことはありません。
でも毎回脱皮って不安です;

Aベストアンサー

2週間程度なら餌を与えなくても大丈夫だと思います。
うちの場合は餌やりの周期は結構いい加減です。
糞を確認してしばらくしてから与えるようにしています。
痩せると皺が寄ったり細くなったりしてきます。
逆に与え過ぎると吐いたり未消化で出てきたりします。
様子を見て臨機応変に対応してください。
脱皮前は与えてはいけないと言うより、食欲が落ちるんじゃないでしょうか。
その分脱皮直後は餌をたくさん食べます。
ヘビが浸かれるくらいの水場、それと隠れ家は、脱皮以外の観点から言っても設置した方が良いです。
隠れ家に植木鉢やがさがさした材質の物を使えば、脱皮補助として兼用できます。
あと、これからの時期は保温を忘れないでください。
それらに気をつけてさえいれば、コーンは結構タフですよ。

Qモンシロチョウの幼虫

 昨日子供にせがまれてモンシロチョウの1令あるいは2令幼虫を5匹つかまえてきました。虫かごにキャベツの葉を入れ、ラップをかけておきました。そのままキャベツを食べるものと食べないものに別れましたが、
食べないものは、じっとして死んでしまったようでした。しかし、朝になると死んだはずの幼虫がいないのです。どこにいってしまったのでしょう?このくらい小さな幼虫は死後、死骸が残らず、水分になってしまうのでしょうか?
 今後、是非成虫まで育てたいと思いますが、注意点などあったら教えてください。

Aベストアンサー

全身が 100 % 水だけ、あるいは揮発性物質で構成されていない限り、短時間で消えてなくなることはないので、恐らく他の幼虫が食べたのではないかと思います。

Qなぜ爬虫類だけが脱皮するのですか?

トカゲを飼っているのですが先日脱皮をしました。

そこでふと気になったのですが、

魚類、両生類、鳥類、哺乳類と有る訳ですが、何故爬虫類だけが昆虫のように脱皮をするのでしょうか?

学校でならった進化の歴史からすれば両生類辺りでも脱皮をするものがいても良さそうな気がするのですが・・・・

Aベストアンサー

人間などは大きくなるにつれて表皮細胞あたりもおおきくなりますが、爬虫類などは大きくならないので、脱皮するそうです。

PS.両生類も脱皮しますよ。
下のリンクはカエルの脱皮です。両生類がお嫌いでしたら見ないほうが良いかも。
http://homepage.mac.com/kojis2/dappi.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E7%9A%AE

Q昆虫。幼虫→成虫で姿を変える利点は?

鉄腕DASHの番組の中で色々な生き物が紹介されていました。
その中で、アリジゴクはカゲロウの幼虫だという解説でふと疑問が浮かびました。

アリジゴクがカゲロウの幼虫なのは小学生の頃から知っていますが、
なぜ彼らはああも姿形や生態や食性も違うのでしょうか?
サナギは身動きが取れないし、その間天敵に襲われるリスクもあると思います。
カブトムシなども幼虫と成虫で生態が異なります。確か完全変態でしたか。
一方で、ゴキブリなど不完全変態をする生き物はあまり姿が変わりません。

生活環でわざわざ姿を変える完全変態の生物学的利点は何ですか?
進化や適応などに詳しい方ご教示いただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昆虫も元々は卵の中で、親と同じ形まで成長してから生まれていました。
(無変態:シミ、トビムシなど)

しかし昆虫が複雑な形に進化してくると、卵の中で成虫まで成長するのは難しくなりました。
・栄養がたくさん詰まった大きな卵が必要で、少量しか産めない。
・卵の状態が長期間続くことになる。

これでは生存競争で不利になる為、小さな卵を大量に産むことにしました。
・成虫はあらかじめ餌の豊富なところに卵を産む。
・小さな卵から未熟児の状態で生まれた幼虫は、餌を食べて栄養を蓄える。
・十分な栄養を蓄えた幼虫は、成虫に変態する。

完全変態の幼虫は動物に例えると胎児の状態で、昆虫に進化する前の形態に近いと言われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報