原発は危険なものではないかと書いたブログ
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.ht …
に対し、傷ついたと訴える被災者の方が謝罪を求めています
コメント欄ではこれに賛同する方が多く見られました
私には一体なぜ謝らなければならないのか分かりません

謝ったほうが無難だとは思いますがそれは要求されるようなものかといえばそうは思いません。
何故こうなったのか原因を考えると怒りの矛先を向けるべきは違うところにあるのだと思うのですが、どうも私とコメント欄に書き込んでいる方達とでは温度差があるようです。

質問:何故彼らは謝罪を要求するのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

被災者の中で謝罪を求める人がいるのは、事態を少しでも楽観的に見たい、自分の不利益になるかもしれない情報はすべて消し去りたいという潜在意識が強烈にはたらいているためだと思います。



いま被災者に「何故こうなったのか原因を考えると怒りの矛先を向けるべきは違うところにあるのだと思う」という点にはまったく異存はありませんが、原発を地元産業として推進容認してきた人たちはもとより、原発に積極的に反対してこなかった人たちは、怒りの矛先は過去の自分らにも向けざるを得ないことを心の奥ではわかっているでしょうが、それよりも現在見えている不利益情報(藤波心の反原発記事で言えば放射性物質が蓄積するというくだり)の抹消に情念を燃やすことで、ストレスを吐き出しているというのが悲しい現実ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます
自分も責めてしまうことになるのですね。
成人の決めたことで害を被る未成年
その未成年の発言に憤る成人
うーん

お礼日時:2011/04/17 18:54

ご本人の記事を拝読いたしましたが、なぜこの記事に傷つくのか私はあまりピンときませんでした。

更に付け加えると、中学生とは思えない非常にしっかりした内容で感心しました。おそらく本当に自分の意見を自分自身の言葉で書いたのでしょう。立派だと思います。

しかしそれは、下の回答者様も書かれているように、タレントなのかもしれませんが、別に公的な立場に就いているわけでもないし、あくまで一人の中学生の一つの意見であって、それ以上でも以下でもありません。

もし問題があるとすれば、彼女のそのブログを「ジャンヌダルク」だとか勝手に持ち上げて提灯掲げる連中の方にあるのではないでしょうか。更に付け加えると、それに対する過剰反応として「ジャンヌダルクだなどと思いあがりやがって」などとクレームをつけてくる連中もまた同罪。

彼女の意見に賛成する奴もしない奴も、自分の名前を揚げて自分の論旨で意見を述べてくれ。勝手に人(それも中学生!)のブログ記事に乗っかって、こそこそ避難の応酬をしていて恥ずかしくないのか?と言いたいですね。と言うことで・・・

>質問:何故彼らは謝罪を要求するのでしょうか

答え:彼女が内閣の一員だと誤解している訳でもないでしょうから、たぶん冷静さを失っているのでしょう。あるいは、単に叩ける相手は誰でも叩けと言うたちの悪い野次馬なのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
被災者の立場で見ると何か傷つけられるような発言があったのだろうかと
思い質問したのですが、どうやらそうではないようですね。
harihorereさんの言うとおり野次馬かもしれません
あのような個人ブログに長文を書き込む余裕のある方はもしかしたら
被災者でも比較的被害の軽い方ではないかと思えてしまいます。
放射能が漏れた今、日本全土の国民が「被害者」でしょうし、
言ったもの勝ちのような気もします。

お礼日時:2011/04/17 00:18

なんだろう。

さっぱり話が見えない。
藤波心?評論家?プロレスラー?聞いた事無いなあと思いながら、リンク先を見たら
何のことはない。自称B級アイドルの中学2年生じゃないですか。
中学2年生にしては論旨がしっかりした文章だなあとは思いますが、それ以上の感想もありません。
日本は言論の自由の国ですから、どんな意見を表明する自由もありますし、件のブログは至って穏当な表現で、そこに人を傷つける要素は1文字も見出せませんでした。
おそらく一部に曲解した挙句に難癖をつけている人もいるようだが、それではまるっきりヤクザと同じですし、そもそも子供の作文に傷ついただのどうのと馬鹿馬鹿しいにも程がある。
日本の電力消費量はわずか50年ばかりで6倍にも増大しています。そうした事実一つとっても「今、日本は、色んな面で考え直さないといけない時に来てるんじゃないですか?」という訴えには考えさせられるものがあると思います。
私が思うには戦後60年日本人は考えることを自粛しているのだ。だから考えろといわれただけで傷ついてしまう。それが謝罪要求論者の心理です。そこには心理はあっても真理も論理もありません。謝罪を要求する根拠にもっともらしい筋書を無理矢理ひねり出しているだけです。
燃料資源の無駄遣いを自粛することは結構だが、考えることを自粛してはいけない。それこそが日本の病理だと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これほどしっかりとした返事を貰えるとは思わず軽い気持ちで質問したことを恥じるばかりです。
貴重なお時間を割いての回答有り難うございます。

「そこには心理はあっても真理も論理もありません」
私も心理で考えてしまうのでどうも反対の意見を唱える方の考えというのがなかなか理解できません
そこで質問したのですが、相手も変わらなかったのですね

お礼日時:2011/04/16 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報