お世話になります。
当社は3月決算の会社で12月決算のアメリカの会社へ貸付を行っております。
下記内容の契約書があり、未収利息を日割りで計上したいのですが、いまいち計算方法がわかりません。

契約書における貸付日

1回目(2010年3月31日) 30000ドル
2回目(2010年6月30日) 30000ドル 
3回目(2010年9月30日) 20000ドル
4回目(2010年12月31日) 20000ドル

利息は2%です。(利息、元本、共に1回目の返済期日は2012年12月31日)

(2010年度)
(1)30000ドルに対して9ヶ月(2010年3月31日-2010年12月31日)
(2)30000ドルに対して6ヶ月(2010年6月30日-2010年12月31日)
(3)20000ドルに対して3ヶ月(2010年9月30日-2010年12月31日)

(2011年度)
(4)100000ドルに対して12ヶ月(2010年12月31日-2011年12月31日)
 こちらに関しては2011年決算期に2011年3月31日までの未収利息を計上。

上記場合の未収利息の計算方法(日割)としては

(1)(30000ドル×276日÷365日×2%)+(2)(30000ドル×185日÷365日×2%)+(3)(20000ドル×93日÷365日×2%)+(4)(100000ドル×91日÷365日×2%)

でよろしいでしょうか?
日割りの日数計算に不安がございます。
どうぞご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

後最後に補足といたしまして、実際貸し付け日は

1回目(2010年4月28日) 30000ドル
2回目(2010年6月25日) 30000ドル 
3回目(2010年9月27日) 20000ドル
4回目(2011年3月10日) 20000ドル

となっており、契約書と少々違います。
この辺りも考慮しなければならないのでしたら私の計算方法は間違っていると思うのですが。
読解力がなく、誤った解釈をしている可能性大でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず日数計算ですが、契約上の日付ではなく履行日の日付によるべきと思います。

日数計算は両端入れです。
        開始日      満了日   日数
1回目2010年4月28日2011年3月31日338
2回目2010年6月25日2011年3月31日280
3回目2010年9月27日2011年3月31日186
4回目2011年3月10日2011年3月31日22


上記の場合の未収利息の計算方法(日割)は次のとおりです。

(1)(30000ドル×338日÷365日×2%)+(2)(30000ドル×280日÷365日×2%)+(3)(20000ドル×186日÷365日×2%)+(4)(20000ドル×22日÷365日×2%)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明まことにありがとうございます。
本当に助かりました。

お礼日時:2011/04/17 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納賃料の利息計算

滞納賃料の利息計算

たびたびの質問で恐縮です。
滞納料の利息の計算ですが、念書では期日を指定し合計金額を提示しました。
年14.6%とのことで計算しますが・・・
指定した期日からの利息の計算になりますか?
それとも、滞納のあった月からの計算でしょうか?
滞納賃料は8ヶ月におよびます。
たとえば昨年の8月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・
9月の賃料は10月1日から6ヶ月・・・
とだんだん利息の計算の額が変わってきます。

よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

滞納のあった月からの計算で良いと思いますが・・・

実際には8月分の家賃は7月中に入れる、というのがほとんどの契約だと思います。
ですので
8月の賃料は、8月1日から8ヶ月
9月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・と、なると思います。

Q税理士 財務諸表論 貸付金の未収利息 勘定

税理士 財務諸表論の内容で質問です。
貸付金にかかる未収利息のうち、利息の支払いを滞納している部分については、「未収金」勘定での表示で正しいのでしょうか?
普通に見越す利息については「未収収益」勘定を使うと思いますが、滞納分は未収金でいいと自分では断言出来ないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

滞納という事は、既に受取利息の支払日が到来して支払いが確定してますので未収金で大丈夫です。

見越すという表現は妥当でありませんが考え方は、その通りで間違いありません。

実務で未収金と未収収益の違いを理解して会計をしている人は少ないかも知れません。

Qエクセルで利息から税金を計算する

こちらのカテゴリには初めてお世話になります。
どうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

エクセル2003 を使用(NECノート LC900/7D Windows HE XP SP3)

「ゆうちょ」の利息から引かれる税金(20%)の計算の事で伺いたいのです。
式を下記のように入れて計算すると、エクセルの結果と実際の「ゆうちょ」との税金の誤差があります。

例 A1=500,000「元金」 B1=0.45%「適用年利率(半年毎の計算)」 C1=20%「税金」
   
B2「利金」 =A1*B1/2 → 1,125円

  C2「税金」 =B2*C1 → 225円

「ゆうちょ」だと 224円 の計算になっています。

適用年利率 1.10%(半年毎の計算) の場合も
エクセルだと税金が 550円 ですが、ゆうちょだと 549円 になっています。

エクセルでは、どのような式を立てれば誤差無く計算できるようになりますでしょうか?
「ゆうちょ」では、特別な計算方法でしているのでしょうか?

この記事と何か関連ありますかね?
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070601/273367/

どうぞ、よろしくお願いいたします。

こちらのカテゴリには初めてお世話になります。
どうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

エクセル2003 を使用(NECノート LC900/7D Windows HE XP SP3)

「ゆうちょ」の利息から引かれる税金(20%)の計算の事で伺いたいのです。
式を下記のように入れて計算すると、エクセルの結果と実際の「ゆうちょ」との税金の誤差があります。

例 A1=500,000「元金」 B1=0.45%「適用年利率(半年毎の計算)」 C1=20%「税金」
   
B2「利金」 =A1*B1/2 → 1,125円

  C2「税金」 =B2*C1...続きを読む

Aベストアンサー

20%の税金ですが、15%の国税と5%の地方税を別々に計算しているからではないでしょうか。
それぞれ1円未満を切り捨てにしているので、合算すると1円程度の誤差はでると思います。

Q貸付金の利息の計上はいつするのですか?

会社から100万円を貸し付けました。
利息は3%です。

仕訳について教えてほしいのですが、毎月一定額を返済してもらった場合、
利息はいつ計上するのでしょうか?
すべての返済を終えたときですか?

たとえば毎月3万円返済で34ヶ月近くかけて返済をした場合、
利息は34ヶ月目に一緒に受取利息として一括計上すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

利息の計上は貸付をした日に一括計上

Q新生銀行の利息について

新生銀行の普通口座を持ってますが、利息はついてないようです。
他のネットバンクは利息がついてますが、新生銀行の普通口座だと利息はつかないのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、新生銀行の普通預金の利率は以下のとおりです。

残高100万円未満・・・・・・・・・ 0.11%(0.088%)
残高100万円以上300万円未満・・・・0.2%(0.16%)
残高300万円以上1,000万円未満・・・0.25%(0.2%)
( )内は税引後利息

新生銀行の場合、利息は毎月末日に付与されますが、利率が低い場合、残高によっては付与されないですね。私も0.001%くらいのときは全く利息は付与されてなく、新生銀行に聞いたことがあります。最近は利率も引き上げられ、それでも2円程度ですが付くようになりました。

Q貸付金の利息計上をしていません・・・・

私は一人会社の経営者です。
2年前に税務調査が入ったのですが、そのときに帳簿の不備を指摘されました。
いい加減に帳簿をつけており、税理士にも依頼をしていなかったため、現金が50万円ほど不足した状態になってしまっておりました。

実際には何も不正なことをしていなかったのですが、税務署員に反論できるほどの理解力もなく、結局、私個人に50万円を貸し付けたということにして調査を終わりました。
私の日頃の行いのせいでこうなってしまったので文句は言いませんが、50万円貸し付けの契約書を作成し、利息3%で毎月返済することになってしまいました。

その後、毎月1万円づつ会社へ返済をしているのですが、帳簿には返済時に貸付金勘定で1万円を計上しているだけです。よく理解していないまま、これを2年くらい続けてしまっていました。

ネットなどで調べると、利息は都度計上しなければならないようで、そうなるとすでに過去の年のものは、利息の計上が漏れていることになります。

修正方法として、、

今後の返済時には、利息(月0.25%)を都度計上するようにし、過去の期中のものについては
修正申告で計上を行うべきでしょうか?
よろしくお願いします

私は一人会社の経営者です。
2年前に税務調査が入ったのですが、そのときに帳簿の不備を指摘されました。
いい加減に帳簿をつけており、税理士にも依頼をしていなかったため、現金が50万円ほど不足した状態になってしまっておりました。

実際には何も不正なことをしていなかったのですが、税務署員に反論できるほどの理解力もなく、結局、私個人に50万円を貸し付けたということにして調査を終わりました。
私の日頃の行いのせいでこうなってしまったので文句は言いませんが、50万円貸し付けの契約書を作成し...続きを読む

Aベストアンサー

利息計上は毎月行う必要はありません。
年度の終わりに、その1年度間の平均残高に3%をかければよいのです。

毎月末に返済があるものとして、例えば期首残高50万円、期末残高(正確には期末月の月初残高)38万円とした場合、
(50万円+38万円)÷2=44万円
44万円×3%=13,200
その年度の認定利息は13,200円となります。
これについては
(借方)未収利息 13,200 / (貸方)受取利息 13,200
と仕訳するだけです。

このように、認定利息については複利計算の必要はないので貸付金勘定に繰り入れないで、未収利息として別勘定で処理します。毎月の返済は元金である貸付金勘定に充当し、未収利息は元金の返済が済んでから払えばよいのです。

過年度については厳密には修正申告すべきですが、金額が僅少ですから省略してもまず問題はないと思います。
現行年度末に、過年度分もまとめて上記の要領で計算、仕訳をすれば十分です。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/540915/01.htm

利息計上は毎月行う必要はありません。
年度の終わりに、その1年度間の平均残高に3%をかければよいのです。

毎月末に返済があるものとして、例えば期首残高50万円、期末残高(正確には期末月の月初残高)38万円とした場合、
(50万円+38万円)÷2=44万円
44万円×3%=13,200
その年度の認定利息は13,200円となります。
これについては
(借方)未収利息 13,200 / (貸方)受取利息 13,200
と仕訳するだけです。

このように、認定利息については複利計算の必要はないので貸付金勘定に繰り入れないで、未収利息として...続きを読む

Q「利子」と「利息」の違いは何でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「利子」と「利息」の違いは何でしょうか。どちらが書き言葉で、どちらが話し言葉でしょうか。また、「利子率」と「利息率」の中で、どちらが正しい言い方でしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E5%AD%90

通常は「気分」で使い分けて、特段の区分はされません。ただ
「利子」というと「固定的」なイメージが、「利息」というと
徐々に膨らむイメージがあります。

ちなみにどちらも、話し言葉でもあり、書き言葉でもあります。

なお、「利子率」「利息率」は通常使いません。「利率」が正しい
用法です。ただ、敢えて「利子」を強調する場合に「利子率」と
言うことはあります(「利息率」は使いません)。この辺も「利子」
と「利息」の違いですね。

Q決算期変更(3月→6月)に伴う短期決算(4月→6月)について

どなたか教えてください。

当社は現在3月決算なのですが来期より決算期を6月に変更する予定です。
それに伴って今年は、4月から6月までの3ヶ月決算をする予定なのですが会計処理は四半期決算と同じでよろしいのでしょうか?
当社は非上場で会社法だけですが、IPOを目指しており有報も作成しております。

方針を決定するにあたり早期に調査しなければいけないのですが、いろいろ探しても文献等がみつからなくて。。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3カ月決算で行くということであれば、基本的には通常の決算を行えば良いです。税務上の限度額計算はほとんど月割計算になります。
注意しなければならないのは減価償却計算が、四半期決算の場合とは異なった処理になります。
一括償却資産については、四半期決算ではその四半期に所得したものについては全額損金算入とし、過年度取得分についてだけ月割計算するかと思いますが、3カ月決算ではその期間取得分も3/36の損金算入です。
定率法償却での償却限度額は、通常の償却率×3/12ではなく
通常適用耐用年数×12/3の年数の償却率が適用されます。
たとえば通常6年の耐用年数の資産には6×12/3で24年の耐用年数の償却率が適用されます。

Q25年以降の利息の税金計算方法

H25年1月1日以降の、普通預金利息の国税、地方税の求め方について教えて下さい。

25年1月1日以降に受け取る利息から計算方法が変わるという事ですか?
預け入れ期間に関わらず?

入金額÷79.685%=利息
利息×15.315%=国税
利息×5%=地方税

この計算で合っていますか?

Aベストアンサー

あってますよ。
復興特別税がかかるので、受取利息の割戻し計算はそうなります。
利子に対しての源泉徴収は支払日で判断しますので、預け入れ期間は無関係です。

http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hukkouzouzei.html

なお個人の場合は源泉分離課税ですので、受取の際には事業主借勘定を使うため計算の必要がありません。
平成28年1月からは、法人のもつ預金への利子割りが廃止されますので、割戻しの計算をする必要がなくなります。

Q当社H22/5月決算です。

当社H22/5月決算です。
税込経理で消費税の納付額はいつも、納付した事業年度で、経費で処理してます。
H22/5月期は利益が予定よりすこし多めに計上される為、昨年7月の納付した消費税は既に経費で処理済ですが、H22/5月期の確定分消費税についても未払い計上して経費で処理する事は可能でしょうか?
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

可能です
よくある節税方法です

参考URL:http://www.kazama-taxoffice.jp/category/1228074.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報