「シティグループ世界国債インデックスファンド」(ETF)を購入しています。退職後の年金のかわりとして、配当金を毎月受け取るのを期待して購入したのですが、過去の設定時より、価格がだいぶん低下しております。この様な「インデックス債券ファンド投資(ETF)」の、(1)価格・配当は、どの様な要素(為替等)がベースとなって決まるのでしょうか。また、(2)将来的に、設定時の価格を上回ることは期待できるのでしょうか。(3)老後の毎月収入を期待して、今の時点で追加購入をするのは得策でしょうか。等々、定年を迎えた者にとって、当ファンド(ETF)について、今後、どの様な姿勢で望めばよいか、参考となる意見をお教え願います。

http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/wgbi

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これは愛称「上場外債」と言われるETFなので、以下、上場外債と呼びます。



1:基準価額は大雑把には金利と債券価格と為替損益と配当と信託報酬の関係で決まると考えて良いでしょう。
世界的に金利が上昇すれば債券価格の下落要因となって基準価額下落の原因となります。
為替レートが世界的に円高だと基準価額下落の原因になります。
配当は基準価額の下落の原因になります。
信託報酬は基準価額の長期的な下落要因になります。
配当は毎決算時に、信託財産から生ずる配当等収益から諸経費などを控除後、全額分配することを原則とします。

2:まずは外国債券の金利は日本円金利よりも高い状態が続いています。
大雑把には円金利以上に分配をすれば基準価額の下落原因、円金利から信託報酬を差し引いてそれ以下の分配に抑えておけば基準価額の上昇の可能性が高いと言えます。
ここで重要な事は「高金利通貨は低金利通貨に対して長期的に下落していく」点に注意が必要です。
「外国債券の期待リターンは円金利相当」と考えておけば大きな間違えは無いでしょう。

3:この点は、外国債券の期待リターンは円金利と考えて、取り崩しながら分配を年金代わりに使うのであれば問題は無いでしょう。
なお、将来、日本でインフレ状態になると日本円金利が上昇し、日本円金利が外国金利よりも非常に高くなれば円安傾向になるので、国内のインフレが将来激しくなる場合は、上場外債はインフレヘッジの強みを発揮するでしょう。
何といっても上場外債は信託報酬が安いので良心的なETFと言えます。

そこで外国債券の期待リターンはどれぐらいを機関投資家は見込んでいるのかも確認しておきましょう。
参考URLには国家公務員共済組合連合会(KKR)の各種資料がありまして、7Pをご覧ください。
ここで外国債券は期待リターンは物価上昇率調整後で年1.05%と見込んでいるようです。
大雑把な事を言えば「物価上昇率+年1.05%」と考えておけば良いでしょう。
ちなみに、国内債券は物価上昇率調整後で年1.20%と見込んでいるようです。

最終的な判断は自己責任になるので、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

参考URL:http://www.kkr.or.jp/shikin/report220308-data.pdf
    • good
    • 0

(1)指数は債券価格に連動しますが外国の債券なので為替の影響を受けます。

このため債券の値動きは安定的と言われますが為替変動の影響があるので実際の変動は大きくなります。また配当は債券の金利が源泉になりこちらも為替の影響を多少受けます。なお外国債券の名目金利(見た目の金利)が高いですが、同時に物価上昇率も高く通貨価値が下落しやすく実質金利は日本の国債の金利と近い数値になります。つまり分散によるリスク低下以外はあまりメリットがない可能性があります。ただ短中期的には政府の金融政策や投資家間の取引状況で下落しないことがあり、その場合はメリットが生じますが運の要素が多いです。

(2)円安傾向になり債券価格が上昇すれば設定時を上回る可能性がでてきます。しかし、現在日銀は円の価値を下げない方針をとっており、これは円高要因であるとともに日本の物価上昇率の重しになります。またリーマンショック以降の各国の国債増発を見るに外国の債券価格が下落しやすい状況は続き、設定時を上回る状況が来るとしたら当分先なのではと思います。

(3)正解はなく個人の考え方によると思います。ただ資産の大部分もしくは全部を外国資産で運用するのであれば為替変動により資産額が上下することが予想されます。なので為替レートの動きにはよく注意する必要が出てきますし、見た目のブレも相当大きいのではないかと思います。正直あまり心臓に良くないような気がします。

 個人的には外債での運用は為替リスクと金利によるメリットを比較した場合、リスク過剰のように見えるので消極的です。なので資産の大部分を物価上昇に対応可能な定期預金1年で運用・取り崩ししつつ、残りをリスク以上にインカムが期待できる内外の株式(投資信託やETF)に振り分ける形になると思います。

 資産運用で一番考えなければいけないのはリスクであり、自分が目減りをどこまで許容でき、許容範囲で可能なリターンをいか得るかにあると思います。許容範囲は収入があるときは大きくなり、収入が少なくなれば狭まります。老後であればリスクを限定するため安定資産で大部分を運用し、目減りが許容できる範囲で資産運用を計れば良いと考えます。資産運用は人それぞれだと思いますが少しでも参考になればなによりです。
    • good
    • 0

信託報酬が安ければ、大きな問題にはならないと思います。


まず理解したいのは、外国債券の期待リターンは円金利並みって事ですね。
ですから、「シティグループ世界国債インデックスファンド」の期待リターンは円金利-信託報酬-税金と考えて良いのではないか?と思います(それでも、国内債券インデックスや日本国債と良い勝負の期待リターンになると思われます)。

上記の前提を元に考えてみましょう。
1:長期で見れば購買力平価説で為替レートは動くと考えられます。
外国債券は高金利なのですが、その分だけインフレ率が高いので、金利が高い分は為替レート下落で基準価額の下落となって起きてきます。
ただし、現在の円レートは妥当なの?って言われると、円の相対的な強さを考える上で役立つのは実質実効為替レートです。
実質実効為替レートで円を考えると妥当位置よりも若干円高気味です。
円は米ドル、英国ポンドに対しては強いですが、豪ドル、スイスフランに対しては弱い通貨なのです、その結果として円は若干強い通貨となっています。

2:円金利が外国金利よりも高い状態が長く続くと、価格は上昇傾向になります。
つまり、長期的な基準価額を見るには、円金利と外国金利と分配の3つを見れば良い事になります。
「円金利>外国金利+分配」となっていれば長期的には理論上は基準価額が上昇すると考えられます。
言い方を変えれば「高金利通貨は長期的に下落していく」って事になります。
また、上記の不等式から分配分は基準価額が下落する事も知っておく必要があります。

3:日本国債も決して安全とは言い難いです、ですから世界中の国債に分散投資をするのも資産防衛の一策になると思います。
ただし、このインデックスETFが仮に日本国債ありの場合は日本国債30%程度を保有する事になり、日本国債を除いているのならばEMU国債と米国国債の比率が高い事になります↓
http://index.citigroupglobalmarkets.jp/cgi-bin/b …
また、債券はインフレに弱い面を持っているので世界的に金利が上昇する局面では基準価額が下落していくので注意が必要です。

やり方は色々あると思いますが、高配当株式ETFや海外REIT ETFを組み合わせてインフレリスク低減をする方法も考えられます。
海外ETFでは高配当株式ETFもありますし、東証上場ETFの中には隔月分配(奇数月分配)の海外REIT ETFもあります。
ただし、ここまでやるには徹底的な低コスト運用を実現する必要性と勉強が必要です。
特に税金は非常に手ごわいので上級者向けになります。

最終的な判断は自己責任になるので、ここに書かれた事は質問者様の方でも調べて慎重にご判断ください。
    • good
    • 0

(1)ETFの価格は債券価格と為替の要因で決まります。

金利が上昇局面にあるので、債券価格は下落していきます。為替は今年に入って円安でしだか、最近円高基調です。為替は長期的には購買力平価で決まりますが、円高傾向です。債券要因、為替要因ともETF価格の下落を暗示しています。
配当は債券のクーポン収入の全額を分配していますから、こちらはいくらか上昇していくと推測します。
(2)将来的には基準価額は長期的に下落を推測しますので、設定時を上回ることは私はまったく期待していません。
(3)インカムゲイン目的で一部の資産を外債ファンドに振り向けること自体は妥当と一般的には判断されることと考えますが、私独自の考えとして、長期的に減価していく資産に投資することは資金効率が悪いと判断します。この(3)の判断はさまざまな考え方があることでしょう。
この外債ETFは外債ファンドのなかではとてもまともなもので、もし私が外債ファンドを買うなら有力な選択肢のひとつになるものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオルタナティブ戦略ファンドとは?

PermalFX150%というファンドを某証券会社から勧められています。
これってどんなファンドなんでしょうか?!

類似商品でも結構なので、ご存知の方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

Permal FXとはPermal Groupの運用するPermal FX & Financai Futures という看板ファンドです。マルチマネージャー、マルチストラテジーのファンドです。トラックレコードはとても高く、定評のあるファンドオブファンズです。
ただし日本の証券会社が扱っているものは、日本人向けに「小口化」された「加工品」ですから、中間搾取が多くパフォーマンスはあまり期待できないでしょう。
150%というのは、たぶん1.5倍のレバレッジがかかっていると思いますが、そこでもしっかりコストがチャージされているはずです。
私なら買いません。

Q20年間の投資 どちらが有利か(1)インデックス投資信託の積立のみ(2)「インデックス→ETF」へのリレー投資

20年間の資産運用を計画しています。その際、

(1)毎月12万を積み立てて、インデックスの投資信託を購入し続ける。
(2)(1)のインデックス投信を一年ごとに解約し、ETFを購入(いわゆるリレー投資)

(1)と(2)では、どちらが有利な運用と言えるでしょうか。

おそらくポイントは、「(1)における複利」の効用と「(2)におけるコストの節約」の効用を比較して、20年後に結果としてどちらが良い成績を残す確率が高いか、という点だと思います。

皆様のご意見をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年内という話もあるようですが、遅くとも
数年以内には東証に海外ETFも上場されることを期待して
インデックスファンドに積み立ててます。

Qヘッジファンドとは何ですか

ヘッジファンドについてですが、不景気でも強い、また、リターンが高い等聞いたことがあります。

それは何故でしょうか?どのような仕組みになっているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.1です。
アメリカで規制している空売りは株式市場で、株の裏付けなしに空売りすることです。全面禁止もしました。
値上りしているのに空売り規制をかけても効果はあまりありません。むしろ、先物なら証拠金率を上げるほうが効果があると思います。
ともかく、彼らは、シロウトが簡単に理解できるような手法は使いません。

Qインデックスファンドでの株式型と債券型の運用について

インデックスファンドでの定期購入を考えていますが、株式型だけにするか、一部を債券型も含めるかで迷っています。
基本的な事として、株式型と債券型を混ぜるのがリスク分散であることは理解していますが、売るタイミングとして数年間の猶予期間があるのであれば、全て株式型でもOKなのではと考えたのですが、この様な考え方はありなのかどうか、コメントを頂きたくお願いします。

具体的な例では、以下です。
定期購入を10年間したとします。
その時点から売却を考え始めるのですが、その時点で値下がりをしていたら売却はせず、その後の5年間の中で値上がった売却するという方式です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

十分ありだと思いますが、そこはご自身の投資スタンスということにつきますね。

10年の定期購入は、私自身は感覚としてはかなり長いと思います。

一度にまとめて売却ではなくある時点から部分的に売り上がり、買い下がりのような方法をとるのもありかと思います。
株価が上昇していたったら、一定の比率で少しずつ売却していく、逆に下落したら少しずつ買い増ししていくような方法です。

株式では個人的には上記の方法をとりつつ、一定の時価総額のポートフォリオを長期に運用し、少しずつ買いコストを下げるようにしています。

Qインデックスファンドの平均的な信託報酬%とは?

イーバンクの「日経225ノーロードオープン」は、
購入時・売却時ともに手数料がかからないようなのですが、
であれば、基準価格があがったときに(短期で)売ったとしても
問題ないということでしょうか。(基本的に損しない)

事前のマイナス分はなく、単純に基準価格のあがり・さがりによって利益・損益が出ると考えてもいいのでしょうか。

また、信託報酬 年率0.84%(税抜 0.8%) というのは、インデックスファンドとして平均的な(もしくは少なめな)率のように思えますが、その理解で正しいでしょうか。

勉強のために、1万円ほど買ってみようと思うのですが、
インデックス・ファンドの見方(何をもって良いと判断するのか)など
教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、場合よってはマイナスになる場合もありますね。

そして「日経225ノーロードオープン」の信託報酬年率0.84%ですが
同類の225インデックスファンドのなかでは恐らく高い部類だと思います。
0.5%台でノーロード、信託報酬無しの225インデックスファンドはネット証券などですぐに見つけられます^^

では何故このファンドを積立しているのかといいますと、メインバンクの銀行で取り扱っている積立の出来るファンドだったから・・それだけの理由です。
意外とそんな感じで投資信託を購入されてる方は多いかもしれませんよ。
もっともこれもいい方法ではけっしてありませんが、いずれにせよ
まずは購入されてみることを、お勧めします、なにごとも勉強ですね、お互いに^^

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、...続きを読む

Q世界の株式、不動産、債券、商品にバランス投資している投資信託はありませんか?

余裕資金で投資信託を買おうと考えています。

今は、さわかみ投信に1000万、株式に1000万、金に100万、貯金に300万と言う配分です。

もっと、投資先を分散したいので、世界の株式、債券、不動産、商品を対象にバランス投資をしていて、年7~10%程度の利回りが期待できるような投資信託がないのかと考えています。
 
そのような投資信託が有れば、資産は確実に増やせるし、世界情勢の変動が有っても、ある程度リスク回避が出来るのではないかと考えています。

お勧めの投資信託が有れば、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・大和証券投資信託委託
ライフハーモニー(ダイワ世界資産分散ファンド)(成長型)
・大和証券投資信託委託
ライフハーモニー(ダイワ世界資産分散ファンド)(安定型)
・大和証券投資信託委託
ライフハーモニー(ダイワ世界資産分散ファンド)(分配型)
・野村アセットマネジメント
ノムラ・オールインワン・ファンド
・クレディ・スイス投信
クレディ・スイス世界四資産巧配分ファンド(愛称:巧)
・AIG投信投資顧問
AIGスーパーバランスファンド<毎月決算型> イレブンプラス
・ソシエテジェネラルアセットマネジメント
SG 資産分散ファンド(愛称:ドリーム・チーム)
・クレディ・アグリコル アセットマネジメント
りそな ワールド・セレクト・ファンド(愛称:「りそなオールスター」)

以上が世界の株式、不動産、債券、商品に分散投資している投資信託です。この中から、組入れ比率を調べてご自身の考えに合致するものを選ばれてみてはいかがでしょうか。

Q村上ファンドとは

今、話題のM&Aですが、一般の個人の素人が、このファンドを購入したい場合、どのような窓口金融機関から購入できるのでしょう。素人な者で申し訳ありません。
1)Yahooファイナンスの投資信託情報の投資信託会社リストには含まれていないようです。
2)例えば、Yahooファイナンスの投資信託情報のカテゴリー分類の中に、M&Aなどが含まれているのでしょうか?

Aベストアンサー

M&Aコンサルティング(通称村上ファンド)のファンドは個人では買えなかったと思います。上記の会社は企業向けの投資コンサルティングを専門に行っている会社です。

あと、「M&A」という言葉は「合併&買収」という意味の用語でもあるので使い方に注意が必要です。

Q郵貯の投資信託(五大陸債券ファンド)について

先日、定期預金をしようと思い、郵便局に行った所
投資信託(五大陸債券ファンド 毎月分配型)を勧められました。

下記の条件だとしたらおとなしく定期預金にするのと
ちょっと冒険して投資信託にするのと、どちらが良いでしょうか?

 ・共働きの主婦(まだ子供はいません)
 ・金融関係の知識(興味)は全く無い
 ・預けようと思ったお金は100万円
 ・そのお金は暫く使う予定は無い(3年定期にしようと思っていました)
 ・大きな利益は期待しておらず、定期預金より多少利益があればよい
  (もちろん元本割れの可能性があるのは知っています)

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

投資信託をやり始めて1年ちょっとです。

>どちらが良いでしょうか?
ネット銀行の定期をお勧めします。もしくは郵便局の定期継続を。

元金が100万円、金融関係の知識が・・・の二点を考えますと、投資はお止めになった方が良いと思います。また国際借金型で利殖することもあまり良いとは思えないからです。

(1) 元金100万円で4%の利益確定のみで再投資+複利効果なしを考えますと、投資信託のリスクを差し引いても長所が感じ取れません。年4万円の為にリスクを覚悟するには・・・?(疑問符)です。

(2) 金融知識は調べたりすると身に付くんですが、それを実践するとなると別問題です。身銭でお金を増やすのですから、人様のお金で相撲を取る人たちの外野発言とは異なる技量が必要になってきます。ですので、店頭(今回は郵便局)のセールストークでBu_Bu_Tanさんご自身の資産を託してしまうにはあまりにも危険が多いと思います。

国際債券に関しましては過去の投稿でも記載したのですが、国の借金を使って増殖するものです。未来の経済を築くものではなく、過去の負の遺産を利用するもので、個人的には受け入れられません。この個人的な考えを差し引いても、ここ2年、国際債券系投資信託の成績は株式系と比較してかなり悪く、投資対象としては魅力に欠けます。

ここからはアドバイスですが、元金100万円の一部、例えば10万円を国内インデックス型投資信託を購入されては如何でしょうか?株式は未来の経済を下支えするものですし、資本主義社会の一員として財産形成しているんだと実感するきっかけになると思います。
また投資信託を行う元金の考え方ですが、元金を貯めてからならば、1000万円(預貯金に500万円、残りを投資信託)が目安だと思います。毎月積立型ならば、積み立て預貯金感覚でご自身の交遊費程度(外食やドライブなど)の額面が良いと思います。(私は元金があった(貯めた)ので投資信託を始めました。積立型は今年に入ってからです。)

Bu_Bu_Tanさんは良いご質問をされています。是非とも前向きにご検討されて資産づくりをして下さい。(投資は自己責任で)

こんにちは

投資信託をやり始めて1年ちょっとです。

>どちらが良いでしょうか?
ネット銀行の定期をお勧めします。もしくは郵便局の定期継続を。

元金が100万円、金融関係の知識が・・・の二点を考えますと、投資はお止めになった方が良いと思います。また国際借金型で利殖することもあまり良いとは思えないからです。

(1) 元金100万円で4%の利益確定のみで再投資+複利効果なしを考えますと、投資信託のリスクを差し引いても長所が感じ取れません。年4万円の為にリスクを覚悟するには・・・...続きを読む

Qファンドとは

ファンドとは株式投資により得た利益をお金を預けた人に分配するんですよね?それは株式投資に限ってのことなのですか?一時アイドルファンドみたいなのありましたよね。今後売れそうなアイドルに投資するみたいなヤツ。あれは厳密に言えばファンドではないのですか?ファンドの定義が解りません。誰か解り易く教えてください。

Aベストアンサー

参加させて頂きます。

ファンドは、資金の集まり。株式は出資した証明書。ファンドが株を買うのは普通にある。ファンドも性格と言うか特色があって、飲食店経営のノウハウを持っているファンドもあります。それで、飲食店を作って経営して、高く転売して利益をだしたりしますね。逆に、株式を安く買って高く売り抜けるのが得意のところもあります。

ファンドは出資者の利益のために働き、株主は会社を所有する。

あまり、はっきりしませんでした。

Q確定拠出年金で世界経済インデックスファンド(株式シフト型)を保有することについて

確定拠出年金(個人型)を始めてみようと思っている40代サラリーマンです。
投資信託での運用を考えています。
節税効果を最大に享受するためには株式型の投資信託が良いのでしょうが、できるだけ管理をカンタンにしたいです。

株式の比率が75%の「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」を確定拠出年金で保有して、株式の比率が50%の「世界経済インデックスファンド」を課税口座で保有する、というやり方はどう思われますか?

どうせ複数の銘柄を保有するなら、確定拠出年金では株式が100%の投信を購入して、課税口座では債権の比率が高い投信(または国債そのもの)を購入しても、年齢に応じて債権の比率を上げて行くときの手間は変わらないでしょうか?

現役真っ只中の現在でも投資についてよく理解できませんので、解約する年齢になったときには賢い取り崩し方はおろか、自分がどんな資産を持っているかさえ分からないかも知れません。
そういう訳で、できるだけシンプルにしておきたいのです・・・
「自分が理解できない商品は買ってはいけない」とも言われますが、そうすると何も購入できなくなってしまいます。

どうかご意見をお聞かせ下さい。

確定拠出年金(個人型)を始めてみようと思っている40代サラリーマンです。
投資信託での運用を考えています。
節税効果を最大に享受するためには株式型の投資信託が良いのでしょうが、できるだけ管理をカンタンにしたいです。

株式の比率が75%の「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」を確定拠出年金で保有して、株式の比率が50%の「世界経済インデックスファンド」を課税口座で保有する、というやり方はどう思われますか?

どうせ複数の銘柄を保有するなら、確定拠出年金では株式が...続きを読む

Aベストアンサー

「現役真っ只中の現在でも投資についてよく理解できません」というのがよくわからないですね。
最近は関連の入門書のようなものもありますので、それらを読んで理解する程度のことはできるはずです。

税制面では確定拠出年金は非常に有利だと思いますので、ぜひ利用されるといいと思いますが、

運用期間はどの程度を想定されているのでしょうかね。

長期であれば、原則としては株式がいいと思います。世界株式のインデックス・ファンドで、なるべくコストが安いものがいいと思います。

年齢に応じてアセットクラスの組み入れ比率を変える云々というのはよく言われますが、その必要や意味があるかは個々の事情によって違います。

個人的にはそのようにする意味をあまり感じていません。

お金の問題は自分や家族の人生を大きく左右します(することがあります)。
そのためには、以下の認識は甘いです。理解してから買ってください。そんなにものすごく難解なことを求められるわけではないですし。
「「自分が理解できない商品は買ってはいけない」とも言われますが、そうすると何も購入できなくなってしまいます。」

ぜひ、長い目で見ていい選択をしてください。

長期の運用になればなるほど、コストの問題は非常に重要だろうと思います。

「現役真っ只中の現在でも投資についてよく理解できません」というのがよくわからないですね。
最近は関連の入門書のようなものもありますので、それらを読んで理解する程度のことはできるはずです。

税制面では確定拠出年金は非常に有利だと思いますので、ぜひ利用されるといいと思いますが、

運用期間はどの程度を想定されているのでしょうかね。

長期であれば、原則としては株式がいいと思います。世界株式のインデックス・ファンドで、なるべくコストが安いものがいいと思います。

年齢に応じてアセットク...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報