蟹工船について小論文を書いたのですが評価がかなり悪く採点され、友達のと比べても明らかに同等だと思ったのですが・・・・友達のほうは良い評価を受けたようです。
僕の文のどこが悪いのかわかりません。先生に聞いたのですが・・・・その先生はあまり教えてくれません。僕の文の評価をお願いします。10段階だとどれくらいですか?なにかアドバイスがあると今後作るときに発展ができると思うのでおねがいします。
                         「蟹工船と現代を比べて」

「蟹工船という話は、帝国主義の真只中で作られた、漁夫たちの蟹工船の中のひどい船内、監督たちによる残虐な自由のない奴隷のような毎日を、主に漁夫たちの主観でとらえられている話であり、現代と蟹工船を比べて私は、時代背景の違いが強く感じられた。
 まずはじめに蟹工船では、「地獄さ、行ぐんだで」という文頭から始められ、中盤の最後まで、ストライキに突入する前の漁夫の気持ちが強く書かれている。
漁夫たちの中からは、{北海道の奥地の開墾地や、鉄道施設の土工部屋へ「蛸」に売られたことのあるものや、各地を食い詰めた「渡り者」や、酒だけ飲めば何もかもなく、ただそれでいいもの、田舎の善良な村長さんに選ばれてきた「何も知らない」「気の根っこのように」正直な百姓も漁夫にいる}と書かれており、いろいろな人、いろんな職業に就いた別々の者が蟹工船の中で漁夫として雇われた。その理由は奴隷または、自由のない労働をさせるため、ストライキ防止で各地方面から集めている。また私は1つ共通点があると思う。それは、体の小さい体系の男である点である。体の小さい者はたとえストライキまたは、反乱を起こしても、ある程度は鎮圧できる。だが、団結力が一番の原動力である蟹漁にとって、漁夫たちが協力することが最前線である。厳しい労働、またはつらい生活を送ると人はくたびれてしまい労働力が落ちる。そのため、私は監督が蟹工船に置かれ、監督の恐怖により団結させることができると思う。また、その恐怖によりストライキを起こす元気をなくし、その生活に慣れてしまう。監督に審議を申し出るより、「どのようにつらい毎日を克服するか?」という考えになってしまう。そんなつらい日々をすごしている中監督は、漁夫とは逆に贅沢な食事を取りしかも、どのように漁夫を金儲けに使うか考えていない本当に働くということは上も下も関係なくみんなが楽しく働くということではないだろうか。私が思うに小林多喜二さんはそう伝えたかったのではないか。そのため、私はすべての会社に差別をなくしてほしいと思う。
 世界でも似たような事実が現代にもある。たとえば、今中国は急激な経済成長の真只中いる。しかもその成長は日本を上回る速さで、金持ちと貧乏の格差が大きいく出てしまった中国では、蟹工船同様な上下関係が生まれている。下のものは厳しく働かされ上のものは贅沢をするということが発生する。そのため、私は経済成長の真只中にあり、経済で格差が多くなっている国に、もう2度と日本のように格差が生まれるような世の中にせず、仲のよい社会に協力をしていただきたいと思う。
 以上を述べたと通り、私は蟹工船と現代を比べて、日本また先進国では、激しい大きな格差が一般人と金持ちの間に起きることは少なくなったが、中国のような発展途上国の国では当たり前になっている。その当たり前は、とても不公平でとても悲惨なものである。そのため、私はその悲惨な当たり前を変え、みんなに平等という当たり前を頭に刻んでもらいたい。」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2の続きです。



点数を付けて下さいということですが、
貴方の学歴(例えば、高校生とか)がわからないので、捕捉したほうがいいと思います。

一応、独断で点数をつけます。

大学生なら:2点
高校生なら:5点
中学生なら:6点

理由:
(プラス)
自分なりに考えていることは伝わった。

(マイナス)
論理的に書かれていない。
特に、貴方の意見と話の内容との境が曖昧な部分が多い。

この回答への補足

はい、高校生です。

補足日時:2011/04/17 09:16
    • good
    • 0

まず最初に


「また」、「または」、「そのため」

って言葉を使いすぎている気がします。「一方で」とかに変えてもいい部分ありませんか?

あとは「故に」、「つまり」、「要するに」等がないのがちょっと気になりました。


所感ですが、
[また私は一つ共通点…]はわかりにくかったです。

[そのため、私は…]以下は意味不明でした。なんとなくこう言いたいのかな?程度にしか伝わらないと思います。


[世界でも似たような…]は話しが変わるので、「ところで、我々の暮らす世界でも」とかなんとかいった方がいいかと。

ちなみに{}の部分は引用ですか?それなら明記しといたほうがいいのでは?


全体的に文章の書き方を改善するといいかもしれません。
    • good
    • 0

小論文も「論文」な訳で、前半は本の説明になってます。

これはいらないですね。これから本題だなって思って読むと内容が表面的ですぐ終わってしまっている。中国を題材にしたようですが、貧富題材は何を見て述べられたのか?それは中国だけでなく他国にもないのか?等、説明や説得が薄いです。全体的に読書感想文の域ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番歴史が動いた時代

旧石器時代~縄文時代~弥生時代~古墳時代~飛鳥時代~
奈良時代~平安時代~鎌倉時代~ 南北朝時代~室町時代~
戦国時代~安土桃山時代~江戸時代~ 明治時代~大正時代~
昭和時代~平成時代の中で、一番歴史が動いたと思う時代を
教えてください。

Aベストアンサー

一番を決めるのは難しいと思いますが、ターニングポイントが2箇所。
天皇の時代、武士の時代、再び天皇の時代ということで、「平安・鎌倉時代の間(天皇から武士へ)」「江戸末期・明治維新の間(武士から天皇へ)」。

でも個人的には戦国時代です。理由は攪拌と混乱から生まれる新しい秩序。何事にもエネルギー溢れる時代だと思います。

Q小論文の採点をお願いします。

前回、小論文について質問した際にいただいた課題について
自分なりに書いてみました。
自己採点というのは、とても難しく、どう見ていいかさえわかりません。
お時間のある方、絶対に試験に合格したいのでどうぞ辛口でお願いします。


課題 『宣伝されているヒアルロン酸は内服しても膝の軟骨成分補填に有効か』

 ヒアルロン酸は保水能力に非常に優れており、関節内注射による
関節痛の治療法として広く行われている。しかし内服によるものは、
単なるサプリメントとして扱われ医療行為とみなされてはいない。
では内服による効果は期待できないのだろうか。
 
 確かに天然のヒアルロン酸は、熱に弱く食生活で摂取するのは難しく
分子が大きいので摂取しても吸収されにくいなど問題点が多い。これを
改善しつくられた人工ヒアルロン酸が現在サプリメントとして販売されて
いるものである。しかし吸収されやすくなったからといって、内服により
関節の軟骨部分まで行き届くものなのだろうか。内服後、体内でどのよ
うに吸収されるか考えてみる。

ヒアルロン酸は内服後、体内で消化分解されアミノ酸として吸収される。
こうなると、ヒアルロン酸として体内に存在していないということになる。
しかしその後、たんぱく質として再合成され筋肉の形成にはつながって
いくだろう。したがって、加齢とともに衰えていく身体の健康維持としては
有効ではないだろうか。

このように、私はヒアルロン酸の内服で膝の軟骨成分を補填すること
は難しいと考える。医療機関での治療が懸命である。

前回、小論文について質問した際にいただいた課題について
自分なりに書いてみました。
自己採点というのは、とても難しく、どう見ていいかさえわかりません。
お時間のある方、絶対に試験に合格したいのでどうぞ辛口でお願いします。


課題 『宣伝されているヒアルロン酸は内服しても膝の軟骨成分補填に有効か』

 ヒアルロン酸は保水能力に非常に優れており、関節内注射による
関節痛の治療法として広く行われている。しかし内服によるものは、
単なるサプリメントとして扱われ医療行為とみなされてはいない...続きを読む

Aベストアンサー

掲題と、展開と、結論がチグハグな感じですね。

否定的な題に対し、展開が肯定的で、
題に合わせて結論がいきなり否定的に戻っているので、違和感を感じます。

ここに書かれている内容のみを使うとすれば、

掲題「ヒアルロン酸の内服は効果を望めるか」
問題提起「医療行為にならない→効果は期待できないのか」
検証「内服時の吸収について→その効果」
結論「健康維持としては十分な効果が望める」

などが良いのではないかと思います。


お題に対する結論に対し、
反論・疑問を挙げ、
さらにそれを覆す反証を行い、
結論を補強する。

というのが、こういったレポートの流れになると思います。

Q中国史 及び 近代史 時代区分方法について

マイ ページ
 ヘイセイニズム 平成時代論 掲載
私の時代区分について 専門家の知的回答お願いします
ヘイセイニズム ページ見て下さい

中国史時代区分表
古代 帝国以前  1 殷=都市国家時代 2周=封建制時代
3春秋戦国=東洋思想時代  中華帝国 皇帝時代 4 秦=帝政成立時代
 5 漢 =儒教君主時代 中世 弱体君主皇帝=宗教
 6三国=三国分立戦争時代 7 晋 5湖16国=匈奴分立時代  8 南北朝=
仏教・道教時代  9 隋=皇帝建設遠征事業時代 10 唐=貴族的律令時代  11 五代10国=節度使分立戦争時代

近世 12 宋=文治官僚資本主義時代 唐宋変革=経済革命
13 元=騎馬民族世界帝国時代  14明=儒教朱子学 中華海洋朝貢貿易時代  15 清=統一満州蒙古漢民族連合時代
近代国民国家期 16 中華民国 国民国家形成時代 政党分立戦争時代  政治革命 17 経済革命  中華人民共和国=中国式社会資本主義時代 
 近代史 東京史区分
1上野時代=明治維新~関東大震災 西洋近代化時代
2九段時代=靖国時代 終戦まで 3 上野時代=終戦~高度成長~田中角栄内閣 3 三角大福中時代=原宿文化期 昭和48年~60年

4 新宿時代=バブル時代 平成不況 小渕。小沢時代 渋谷文化時代~1988~2000 5 六本木時代 秋葉原文化時代
回答者 も 自分の 中国史時代区分
近代史時代区分
それから
日本史時代区分表 を回答お願いします

マイ ページ
 ヘイセイニズム 平成時代論 掲載
私の時代区分について 専門家の知的回答お願いします
ヘイセイニズム ページ見て下さい

中国史時代区分表
古代 帝国以前  1 殷=都市国家時代 2周=封建制時代
3春秋戦国=東洋思想時代  中華帝国 皇帝時代 4 秦=帝政成立時代
 5 漢 =儒教君主時代 中世 弱体君主皇帝=宗教
 6三国=三国分立戦争時代 7 晋 5湖16国=匈奴分立時代  8 南北朝=
仏教・道教時代  9 隋=皇帝建設遠征事業時代 10 唐=貴族的律...続きを読む

Aベストアンサー

中国の教科書では:
夏までは原始社会
夏から商、周を経て春秋時代の終わりまでは奴隷制時代
戦国時代からアヘン戦争までは封建制時代
以上は古代史
アヘン戦争から1949年中華人民共和国成立までは半封建半植民地社会で近代史に属す
1949年中華人民共和国成立してから1956年までは「新民主主義」時代(私人の資産を国有資産に改造する段階)
以降は社会主義時代(と自称している)

と区分してあります。
ご参考になればいいですが。

Q作文と小論文(論文)

就職試験で小論文を書くことになりました。
しかし、作文などの長文を書くのは苦手です・・・。作文と小論文(論文)の書き方はそんなに違うものなのですか?どうやって書いたら良いものかアドバイスなどをお願いします!

それと、皆さんが考える「人生観」とは何でしょうか。自分の考えは「人生はどのようなもので、こう生きていきたい」かと・・・。

どちらか片方だけでも答えていただけるとありがたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

作文と小論文の違いは、前者は読み手の「感性」に訴え読み手の感動や共感を呼ぶもの、後者は、読み手の「理性」に訴えて、自分の意見の正当性を主張するものです。
極端にいえば、作文は奇異な発想でも面白ければ良いのですが、小論文の場合は、論理的な整合性がないと評価されません。
就職試験で小論文が課されるということは、あなたの論理性が試されているのでしょう。

また、構成としては、作文は「起」「承」「転」「結」でストーリを運べば良いのですが、小論文の場合は、「序論」「本論」「結論」という論理構成になります。つまり、ひとつの命題を立てて、その命題を論証し、結論を導くという構成です。

例えば、「人生観」というテーマで論じるのであれば、まず「人生とは~である」という命題を立て、その論証を具体的に行い、結論として「人生とはかくなるものであり、私はこう生きたい」という結論に達すればいいと思います。

Q鎌倉時代、南北朝時代、室町時代

歴史好きの63歳主婦です。

安土桃山時代から、江戸時代、明治維新、明治時代、大正時代

昭和時代の流れ等は、頭に入っているのですが、

鎌倉時代、南北朝時代、室町時代、、が

なかなか、理解できません。

なにか、すんなりと理解出来る書籍とかありませんでしょうか?

Aベストアンサー

なかなか理解できない原因はなんだとお考えでしょうか
いきなり妙な物言いで申し訳ありません。

鎌倉時代から室町時代といいますのは、西洋史的概念から中世と呼ばれる時代です。
なぜ中世という時代区分が設けられたのかと言いますと、平安時代以前の古代と呼ばれる時代のあらゆる体制(政治、社会、文化)が一大転換した時代であったことが一つの要因です。
平たく言いますと価値観が入れ替わる過渡期の時代です。
このような時代を政治史の権力階層だけを追って歴史を見ると混乱してしまいます。
安土桃山時代以降はいわゆる武家政権の時代です。明治維新も単に武家階層内での交代です。
大正、昭和も武家の流れを汲む軍人が政治の中枢だった時代です。
これと同じ感覚でご覧になられると、全てが入れ替わっていく時代ですので、ウッカリしますと、史実がお互いに何の脈絡もないように錯覚してしまいます。
ということで、まずどれだけ混沌とした時代であったのかということを頭に入れることをやってみて下さい。
急がば回れ、です。

中世のややこしさについては下記のようなサイトがあります。

日本の中世 - Biglobe
www5a.biglobe.ne.jp/~hampton/history037.htm

多少読みにくいかとは思いますが以下のような書籍があります。

中世に国家はあったか(日本史タブレット) 新田一郎 山川出版社

あと中世関連の入門書的なものを紹介したサイトがありますのでご覧下さい

新書マップ | 日本の中世
shinshomap.info/theme/japanese_medieval.html

蛇足
武家は平安時代には御所の縁先の地べたに両手をついて頭を下げている侍(さぶろうもの)でした。
現在日本の文化とされている、あらゆる風俗、習慣、文化は室町時代に生まれたものです。
茶道も華道も書道も全て室町時代以降のものです。
和服も室町時代以降の服装です。
御承知のようの仏教も現代のものは鎌倉仏教の末裔です。
神道も室町時代の吉田神道を継承しているだけです。
現在の日本の農村風景というものも室町時代に生まれたものです。

明治政府が妙な復古調のことをやったために、奈良、平安、の時代から続いているように誤解しているだけです。

なかなか理解できない原因はなんだとお考えでしょうか
いきなり妙な物言いで申し訳ありません。

鎌倉時代から室町時代といいますのは、西洋史的概念から中世と呼ばれる時代です。
なぜ中世という時代区分が設けられたのかと言いますと、平安時代以前の古代と呼ばれる時代のあらゆる体制(政治、社会、文化)が一大転換した時代であったことが一つの要因です。
平たく言いますと価値観が入れ替わる過渡期の時代です。
このような時代を政治史の権力階層だけを追って歴史を見ると混乱してしまいます。
安土桃山時代...続きを読む

Q「私はその論文を書いた」と「私がその論文を書いた」は同じ意味ではない

「私はその本を書いた」と「私がその本を書いた」は同じ意味ではない。
どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

私たちが話す場合、必ず【何らかの意図】に基づいて言葉を選んでいます。
その意図を適切に表現するために、様々な用法の言葉が用意されています。

「は」の用法は基本的には、『主題の提起(話題の提供)』です。
「が」の用法は基本的には、『特定(あるいは強調)』です。

「私はその本を書いた」は、
「私」を主題として提起する意図に基づいた発言です。
「私に関してお話しするならば~」という気持ちで話し始めていることになります。
「私がどのようなこと(何)をしたのか」について語ろうとしていることになります。

「私がその本を書いた」は、
「その本を書いたのは誰か?」について語ろうとしています。
「私」を特定するために「私が」となっています。
「私について何か語ろうと思って話し始めたわけではない」という点が重要です。
 

Q奈良時代以前の時代区分

時代区分について知りたいのですが、まず大和時代と古墳時代は同じことなのでしょうか?
それと大和時代が終わった後に飛鳥時代、白鳳時代と
続いていくのか、それともすべて大和時代に含まれてしまうのかよくわかりません。
歴史に詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
多分、政治史的な時代区分と文化史的な時代区分が混ざってしまったのかな?と思います。

政治史では、原始・古代の部分はすっきりとはしないのですが、一般的には、
 
 原始時代→大和時代→飛鳥時代→奈良時代→・・・・です。

文化史では、

 ・・・縄文文化→弥生文化→古墳文化→飛鳥文化→白鳳文化→天平文化→・・・・です。
 文化は、考古学的な遺物や、絵画・彫刻などの作品などの研究を通して時代区分をしますが、その側面を重視して「縄文時代」とか、「古墳時代」とかいった言い方をすることも多いので、混乱しがちかもしれませんね。

 で、どこが重なるかというと、
 ・原始時代(縄文・弥生)=まだ日本に統一政権的なものが存在しない時代

 ・大和時代(古墳)=大和政権が西日本中心に統一国家を建設し、首長が巨大な古墳に埋葬された時代

 ・飛鳥時代(飛鳥・白鳳)=飛鳥地方とその周辺に都が置かれ、蘇我氏や聖徳太子らが活躍、仏教文化が開花した時代

と、かなり大ざっぱですが、こんな感じになります。もちろん文化の流れと政治的な出来事が同時に展開するわけではないので、はっきり線を引くことなんてできないですけどね。

 歴史の詳しい講釈は、質問の意図から外れそうなので省きます(^_^) 参考にしていただけたら嬉しいです(^_-) 


 

こんにちは。
多分、政治史的な時代区分と文化史的な時代区分が混ざってしまったのかな?と思います。

政治史では、原始・古代の部分はすっきりとはしないのですが、一般的には、
 
 原始時代→大和時代→飛鳥時代→奈良時代→・・・・です。

文化史では、

 ・・・縄文文化→弥生文化→古墳文化→飛鳥文化→白鳳文化→天平文化→・・・・です。
 文化は、考古学的な遺物や、絵画・彫刻などの作品などの研究を通して時代区分をしますが、その側面を重視して「縄文時代」とか、「古墳時代」とかいった言い方...続きを読む

Q小論文を書くときの表記方法など

大学の編入試験で小論文があるのですが、表記の点でいくつか疑問に思うところがあり、質問させて頂いてます。
下記のどれかひとつでもわかるかた、教えてください!

(1)「ひとびと」、「われわれ」、「ひとりひとり」、「ひとつひとつ」といったことばは、「人々」「我々」「一人一人」「1つ1つ」とするべきか、そのままがよいか、それとも「人びと」とか「一人ひとり」のようにするのがよいのか。

(2)誰かの言葉の引用の時などは、例えば、
  例1)○○は、「教育は人なり」と述べている。
  例2)「最近の若者は言葉遣いが悪くなった」と言う人によく出会う。 
というような感じの書き方でいいのでしょうか?
つまり、カッコを使うべきか否か、カッコ内の文にもやはりマルはつけるべきか否かを知りたいです。

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

(1)、「人々」「我々」が正解です。
「一人一人」「1つ1つ」の場合には、別の書き方があるんですが、パソコンでの打ち方を知らないので。。。「一人^」こんなんな感じですが、「^」は2文字分使って書きます。

(2)○○は、「教育は人なり。」と述べている。
「最近の若者は言葉遣いが悪くなった。」と言う人によく出会う。
ですね。マルが必要です。

Q【次の時代】昭和は電機の時代、平成はインターネットの時代でした。 次の時代は何の時代になると思いま

【次の時代】昭和は電機の時代、平成はインターネットの時代でした。

次の時代は何の時代になると思いますか?

Aベストアンサー

高齢者関連産業と出産関連産業の時代。

1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)生まれのいわゆる「団塊の世代」が現在68歳~66歳。あと10年で65歳以上の人口が総人口の4分の1以上になる。
高齢者をいかにして健康に長生きさせ金を使わせて「消費税」をとるか、もしくはいかにして早死させ「年金」の支払金額を減らすか・・・どちらにせよ「諸刃の剣」であることは間違いがないと思われます。
健康で長生きは確かにいいですが、本音は健康で短命が望ましいのは後の世代にとっては当たり前の話。

それと若い世代にいかに子どもを生ませるかということが、次の次の天皇の時代(現皇太子は55歳、仮に次の時代に子どもが増えても、彼らが消費者+納税者として期待できるのはその次の天皇の時代)の日本の生き残りをかけた問題になろうかと思われます。

Q小論文を書いてみたのですが・・・

国際的な規模で多発している「テロ」が、「市場経済のグローバリゼーション」と密接に関連しているかについて書いてみたのですが、すごく時間がかかってしまいました。書こうと思っても一時間ぐらい考え込んでしまいます。もっと早く書けるようになりたいのですが・・・。下に書いてみたので悪いところがあったらぜひ添削していただきたいです。宜しくお願いします。

 「テロ」と「市場経済のグローバリゼーション」は、密接にかかわっていると言える。なぜなら、市場経済はアメリカのものであるからだ。
 アメリカは20世紀に成功した経済を他の国に推し進めている。他国にアメリカの経済を推し進めれば、アメリカに利益が回るが、他国にとっては強制的に推し進められたものである。自分たちの文化や経済状況に配慮されなかったので、これらの国々、特にアラブ諸国は反発を強めている。自国の状況にそぐわないアメリカの経済が推し進められても、対処できない。したがって、経済では対抗できないので、武力によるテロ攻撃に頼ってしまうのだ。
 さらに、アメリカの経済は資本主義であり、そこには必然的に貧富の差が生まれてくる。そして競争に負けた人は、アメリカのせいだ、と考えるようになり、テロを起こしているのではないだろうか。
 これらのことから、「市場経済のグローバリゼーション」、すなわち、アメリカ経済の浸透が、「テロ」を発生させているといえる。「テロ」と「市場経済のグローバリゼーション」は、密接にかかわっているのだ。
 

国際的な規模で多発している「テロ」が、「市場経済のグローバリゼーション」と密接に関連しているかについて書いてみたのですが、すごく時間がかかってしまいました。書こうと思っても一時間ぐらい考え込んでしまいます。もっと早く書けるようになりたいのですが・・・。下に書いてみたので悪いところがあったらぜひ添削していただきたいです。宜しくお願いします。

 「テロ」と「市場経済のグローバリゼーション」は、密接にかかわっていると言える。なぜなら、市場経済はアメリカのものであるからだ。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私はテロにも市場経済にも詳しくはないので
純粋に文章としてみた場合の指摘をさせて頂きますね。

>アメリカは20世紀に成功した経済を他の国に推し進めている。他国にアメリカの経済を推し進めれば、アメリカに利益が回るが、他国にとっては強制的に推し進められたものである。

「推し進めている。推し進めれば~推し進められたものである。」
言っている事が重複しすぎているように感じます。
「利益が回る」という表現も微妙なので「利益をもたらす」あたりが良いかと。

「アメリカは20世紀に成功した経済を他の国に推し進めている。
 各国の文化や経済状況に配慮せず、アメリカ式の経済を強要するそのやり方は
 アメリカに利益をもたらすと同時に、諸外国にひずみを生んでいる。
 特にアラブ諸国では~」

といった感じの文面ではどうでしょうか?

>アメリカの経済が推し進められても、対処できない。したがって、経済では対抗できないので、武力によるテロ攻撃に頼ってしまうのだ。

「したがって」は「テロ攻撃に頼ってしまう」にかかるはずですが、この書き方だと
「経済では対抗できない」にかかるように見えてしまいます。
「対処できない。~対抗できない」というのも表現の重複なので

「アメリカの経済が推し進められても、経済で対抗する事は難しい。したがって、武力によるテロ攻撃に頼ってしまうのだ。」

といった表現にしてはいかがでしょうか?

>アメリカ経済の浸透が

「浸透」という言葉は「自然に広まってゆく、受け入れられ定着してゆく」
というイメージを連想させるため、この場合は不適切かと。

「アメリカ経済の強制が」とした方が文脈に合っていると思われます。

私はテロにも市場経済にも詳しくはないので
純粋に文章としてみた場合の指摘をさせて頂きますね。

>アメリカは20世紀に成功した経済を他の国に推し進めている。他国にアメリカの経済を推し進めれば、アメリカに利益が回るが、他国にとっては強制的に推し進められたものである。

「推し進めている。推し進めれば~推し進められたものである。」
言っている事が重複しすぎているように感じます。
「利益が回る」という表現も微妙なので「利益をもたらす」あたりが良いかと。

「アメリカは20世紀に成功し...続きを読む


人気Q&Aランキング