こんにちは、はじめまして。

知り合いが困っています。是非、知恵をいただきたいです。。。

知り合いが自転車に乗っていて、自動車との接触事故を起こしてしまいました。
信号のある、T字路を自転車で直進していたところで
右方向から自動車が侵入してきて、接触。

知り合いは頭を強くうち、顔面を切りました。
事故当時の記憶はほとんど覚えていません。

知り合いは事故当時、飲酒をしていました。

知り合いは学校の先生をやっていて、
自転車を飲酒していたため、
その情報が学校に伝わってしまうと
職を失う可能性があります。

保険を通すと、ある程度保証されるため
知り合いの支払う金額がすくなくなります。
しかし、学校に情報がいってしまうためそれができません。

ただ、示談にまとめようとしたときに相手に吹っかけられてしまいました。

接触した車の運転手はバスの運転手らしく、
事故の対応に関して詳しいようです。

なので、職を失うことを逆手にとり、
示談でまとめたい場合は、
精神的なダメージに対する治療費と
新車の購入費用を請求しています。

この要求は妥当ではありません。
(車の損傷はすくなく、運転手は怪我をしていません。)

加えて、知り合いが信号無視をしているといっています。

どうにか、正しい形での示談にまとめる方法はありませんでしょうか?

情報量が少なくて申し訳ありません。
情報が必要であればコメントで補足させていただければと思います。

助けてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足しておきますが、「飲酒は、現行犯でしか検挙はできません」という認識は誤っています。



飲酒運転の厳罰化により、飲酒運転で事故を起こした場合、現場から逃走する事例が多くみられます。
このため、警察は飲酒量・アルコール摂取量、体重、経過時間などから特定の日時の体内アルコール濃度を推定するウィドマーク法という手法を用いて、酒気帯び・飲酒運転を立件しています。
実際に起訴され、有罪判決を受けた事例もあり、新聞等で報道されていますよ。
    • good
    • 0

公立学校の教員は、自転車事故であっても事故を起こした場合は、学校長を通して教員委員会へ報告するよう教育委員会から通達が出されているはずです。


ましてや飲酒運転という重大な違反行為までも隠ぺいしようというのですから、それなりのリスクを負わなければないないのは覚悟の上でしょう。

>職を失うことを逆手にとり、示談でまとめたい場合は、精神的なダメージに対する治療費と新車の購入費用を請求しています。

この要求自体は、罪に問われません。恐怖感を覚えるほど高圧的な言動であれば、脅迫罪に問われる可能性がありますが、示談条件としてどうような内容を提示しようが自由です。
示談は当事者間の和解契約ですから、民法・道交法その他の法令や判例に従う必要はありません。裁判では認められたことのない新車要求をOKした示談書でも有効です。
提示された条件が承諾できなければ、拒否すればよいだけなのですから。

>正しい形での示談にまとめる方法はありませんでしょうか?

正しい形とは、なにを意味しているのでしょうか。
警察へは正しい事故状況を届け出ていますか?警察が実況見分を行って正しい事故状況を刑事記録として作成していますか?
当事者以外の第三者が客観的に認識できる事故状況が判明しない限り、第三者は正当な賠償なんて論じられません。質問者様がご友人から聞いておられるのは、ご友人が主張する事故状況にすぎません。実際は、相手方が主張している事故状況かもしれませんし、場合によっては当事者双方が正しい事故状況とは異なる主張をしているかもしれませんよ。

もっとも、ご友人が信号無視をしていたとしても、相手方の新車要求は裁判でも認められた例はありませんから、賠償法理からすれば不当な要求といえるでしょうが、示談の段階では前述したように提示を受けた側がそれを受諾すれば有効に成立します。

ご友人も、教育委員会からの通達に背いて事故を隠ぺいしようとしているのですから、それなりの対価を支払わないと示談は難しいでしょう。

示談が不調であれば、相手側は学校長や教育委員会へ苦情を申し立てるかもしれません。また、調停や訴訟となれば、どこからともなく学校長や教育委員会の耳へ入る可能性もあるでしょう。

いわゆる口止め料として相手の要求は、事故を隠ぺいしようとする当事者にとっては、ギブアンドテイクなのですから、ある意味正しい形でしょう。

正しい形での示談を法律・判例にのっとった正当な賠償と考えておられるのなら、法令・判例や通達に従って警察や学校長、保険会社等の関係先に正しく事故報告しないことにははじまりません。
    • good
    • 0

これは、友人が弁護士を入れるしかありません。


相手は「恐喝行為」をしていますから、逆に弁護士が介入してくれば「事故不申告」「人身事故隠し」ですから、更に重たい刑罰をうけることになります。

飲酒は、現行犯でしか検挙はできません。
今からでも、相手に警察に届けをだすと言うべきでしょう。
    • good
    • 0

とにかく警察に届け出しましょう。


人身事故となれば、バスの運転手である相手も困るはずです。

お互い困る状況であれば、平等な示談に持ち込めるでしょう。

今の状況ではどのようなやり方をしても、相手の方がヘソを曲げて学校に情報を漏らすでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強姦致傷容疑の高畑裕太が、示談成立で不起訴、釈放となりました

捜査関係者は、双方が示談したことで公判維持が難しいと判断して、不起訴処分を決定しました。
これによって釈放されたわけですが、もし示談しなかったら被害者はマスコミやネットの格好のネタにされて、個人的な内容が曝される恐れがありました。
今回示談したことで、被害者にそういう恐れが少なくなった代わりに、加害者は釈放されました。
もちろん、示談に伴っていくらかの金銭も支払われたと思いますが、皆さんはこの示談で不起訴、釈放の決定、どう思いますか?
加害者は事務所を解雇され、社会的制裁を受けているのでこれでいいと思いますか?
被害者は、示談するのが結局はよかったと思いますか?

ちなみに、検察は捜査で致傷を付けずに起訴する予定でしたが(その場合は、被害者の告訴が無ければ起訴できない犯罪になる)、その過程で被害者が示談を受け入れて告訴を取り下げたため、起訴することが出来なくなったという話もあります。

Aベストアンサー

示談、不起訴、釈放・・・、それだけでも、釈然としませんでしたが、テレビカメラの前での彼の様子をみて、その思いは更に強くなりました。

被害女性が示談受けたことについては、いろんなことを考慮した上での苦渋な決断ではなかったのかとさえ、思います。

ただ、社会的制裁受けた彼は、釈放されました。
テレビ画面に久しぶりに映る彼を見ていたら、この先、更なる凶悪化した犯罪を、新たなる被害者をうみだすのではないのかと、危惧にも似た予感があったのも事実です。
これがただの思い過ごしなら良いのですが。

Qウィキの法の下に平等の適用の平等説と内容の平等説

法の下に平等を語る上での適用の平等説と内容の平等説について、
意味としては、「適用の平等説」は法が国民誰しもに適用されること。
内容の平等説は、法の内容としても(絶対ではないが、条件(例えば同じ年収どうし)
さえ同じならば)平等という意味だと思いますが、

ウィキペディアだと3権のどれが当てはまるか?という話になっています。
これはどういうことでしょうか??

wikiより

* 法適用平等説(立法者非拘束説)は、14条1項は立法者を拘束するものではなく、三権のうち法律を適用する部門(行政と司法)だけを拘束するとする。
* 法内容平等説(立法者拘束説)は、14条1項は立法者を含めた三権のすべてを拘束するとする。

Aベストアンサー

日本では一般的には後者ですよ。


例えば、

裁判官が「指定暴力団員だから傷害罪の刑罰を2倍にする」として判決を下す。
これは法適用の不平等。司法への拘束。

国会の法律案で「指定暴力団員は傷害罪の法定刑を2倍とする」という法律を作る。
これは法内容の不平等。立法への拘束。


前者は言うまでもなく不平等ですが、後者は微妙なところです。

実際、指定暴力団のみ適用する法律もありますからね。
後者は合理的な理由がある場合に限り認められるとされています。

Q起訴後再逮捕された後に示談成立しました。 上告書の方も書いていただきました。再逮捕の件はいつ釈放とい

起訴後再逮捕された後に示談成立しました。
上告書の方も書いていただきました。再逮捕の件はいつ釈放という形になり、いつ頃保釈の申請のほうできるのでしょうか?示談成立したのは金曜日の午前中です。いつ頃出てこれますか?

Aベストアンサー

起訴されてますから保釈請求しないと出れません。「再逮捕の件はいつ釈放」といっても起訴されてる方で勾留されてますから再逮捕の件だけで釈放はないですね。保釈請求はこの件の調べが終わってからですね。示談したからパイになるとは限りませんね、追起訴されて併合罪で審議しますね。

Q実質的平等、相対的平等について教えてください

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、14条が意味するのは形式的平等であり相対的平等であると考えられている、ということですが
相対的平等には実質的平等の意味合いもあると思うのですが間違いでしょうか。

相対的平等とは同一条件下においては同一に扱うが、異なっているものは異なって扱う。
これは例えば生活保護を貧しい方に支給するがそうでない方には支給しない、といったものだと捉えていますが、これは結果の平等を意味する実質的平等に近いのではないでしょうか。

そして、形式的平等と絶対的平等も全く同じとは言えずとも同じような事が言えると思うのですが・・・。
(機会の均等と、機械的均等)

乱文ですが『実質的平等と形式的平等』『相対的平等と絶対的平等』はなぜ別のグループとして分けて考えられるのか、また相対的平等と実質的平等は全く違うものなのか?
こんがらがっています。教えてください。

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、1...続きを読む

Aベストアンサー

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係で考察すると良いかもしれません。

 形式的平等と実質的平等における「実質的平等」概念は、自由との緊張関係があります。「自由」を認めることは、能力による結果の差異を認めることになります。結果の平等は、その能力による結果の差異を是正することになりますから、結果の平等は実質的に「自由」を否定することになるのではないか、という疑問です。

 これに対し、絶対的平等と相対的平等相対的平等における「相対的平等」概念は、自由を実質的に確保する手段ないし前提と考えることができます。「自由」を行使する前提条件として、平等に扱われることが必要という考え方です。この点で「自由」とは緊張関係にはないと考えることが可能です。

 平等概念は抽象的なので、勉強する場合にはどうしてもわかりづらいと思います。私の意見は1つの考え方として、参考にしていただければ幸いです。そして、できれば他の書籍にもあたって考察して下さい。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係...続きを読む

Q処分保留で釈放

友人が処分保留で釈放されたのですが、これはどのような意味のでしょうか。
被害者が示談に応じる構えを見せており、本人が釈放されないと示談金の用意が出来ないからというのが弁護士の理由だそうです。
今後友人本人にはどのような展開が待ってますか。
起訴される可能性は?
不起訴になる可能性もあり?
示談不成立の場合にはどうなる?
釈放される期間はいつまで?
起訴されることは少ないというのは本当?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今後友人本人にはどのような展開が待ってますか
>起訴される可能性は?
>不起訴になる可能性もあり?
>示談不成立の場合にはどうなる?

以下の2つに1つ。

・示談成立して告訴取り下げ、無罪放免

・示談不成立で処分保留が撤回されて、起訴される

>釈放される期間はいつまで?

釈放の期間は、次に犯罪を犯すまで。

犯罪を犯さなければ死ぬまで。

自動車での人身事故とか、飲酒運転とか、刑事処分されるような事があれば、処分保留が取り消されて起訴されるかも知れません。

>起訴されることは少ないというのは本当?

犯罪の内容、本人の反省度、被害者の対応によって異なるので、回答不可能。

Q傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は

傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

>示談を取り消す事は可能でしょうか?

 可能だが、極めて難しい

※一度示談が成立してしまうと、(基本的には)取り消すことができません。
ですからきわめて慎重に物事をすすめる必要があります。

 民法上の「錯誤」を理由に示談の無効を訴え、
新たに治療費等の請求を含め示談し直すことは可能だが、
「可能ではある」ということであって、必ずしもその主張が認められるわけではありません。
被害者側が錯誤を主張するのであれば、相手に錯誤無効を了承してもらわないと、錯誤無効は成立しません。

Q執行猶予中に逮捕されたら示談ですぐに出てこれますか?

私の彼は執行猶予残り2年のところで逮捕されました。
窃盗です。
両替機の中のお金を盗み1度逮捕され、執行猶予に。
そして今回も同様のことで逮捕されました。
こういった場合相手に示談で成立すれば示談金を払えばすぐに釈放されますか?

Aベストアンサー

> すぐに釈放されますか?

身柄が解放される期待は、非常に低いです。

執行猶予中の再犯ですと、警察から検察への書類送検と同時に、身柄も検察に送られ、勾留される可能性が大です。

勾留中に前科での執行猶予は取り消されるので、この時点で前科での服役は確実です。
起訴後、保釈が認められるかどうかも、ほぼ期待は出来ません。

更に再犯で起訴され、恐らく有罪判決です。
仮に前科が懲役1年執行猶予3年くらいとすれば、懲役2年くらいの実刑判決は予定しておいた方が良いでしょうね・・。

服役すれば面会は出来ますが、それまでは弁護士や家族以外は、接見さえ困難です。
後は服役中は模範囚として過ごし、早期に仮釈放される様に頑張るのが最善の道かと思います。

Q絶対的平等と相対的平等

絶対的平等と相対的平等の違いってなんですか?詳しく教えて下さい!!

Aベストアンサー

 ある同じ職場に、同期入社で、仕事が良くできるAさんと、あまり役に立たないBさんが居て、同じ作業をしています。

 お給料が、仕事に応じて支払われる場合と、同じの場合などがそれに当たるのでは無いでしょうか。

 この場合、どっちが絶対的平等になるかはわかりませんし、Aさんの方が給料が高くなる事は明白ですが、AさんとBさんの労働価値の違いをいくらに換算するかは永遠の疑問の様な気がします。 

 回答を書いていて、上記の意味からすると、「絶対」はあり得ませんので、回答になっていない気がしてきました。 「?」付きで参考にして下さい。
(大いに自信無しです。)

Q自分は示談書の内容を見ていないのに保証人が記名捺印してしまいました。示談をやり直したいと考えています

私は後輩に対して、酒の席で起こしてしまった、傷害事件で(顔面を二発殴ってしまいました)10日間拘留されました。拘留中に示談を求め相手から金額(69万円)の提示がありました。内訳や内容は示談書を見る事が出来なかったので分からなかったのですが、刑の確定が迫っていたので(罰金刑たぶん30万円になったと思います)。仲介していた友人に「支払い総額や方法等は釈放されてから話し合いたいと伝えてほしい」と言い、相手に前金として20万円払い、訴えを取り下げてもらい釈放となりました。しかし、仲介者(彼女)は、私を釈放させたい一心で、私の希望を伝えずに連帯保証人として記名捺印してしまいました。無料で短時間の弁護士相談に行きましたが「示談内容を後から変える事は出来ない」との事でした。私としては反省もしていますので慰謝料と治療費位は払うつもりでいますが、内容もわからないまま成立した事と、示談金総額と月々の支払い(毎月3万円)が納得できません。相手と話し合いたいのですが電話に出ません。弁護士を使わずに解決したいと考えています。こういった場合、調停は可能でしょうか?また、別の良い方法はありますか?

私は後輩に対して、酒の席で起こしてしまった、傷害事件で(顔面を二発殴ってしまいました)10日間拘留されました。拘留中に示談を求め相手から金額(69万円)の提示がありました。内訳や内容は示談書を見る事が出来なかったので分からなかったのですが、刑の確定が迫っていたので(罰金刑たぶん30万円になったと思います)。仲介していた友人に「支払い総額や方法等は釈放されてから話し合いたいと伝えてほしい」と言い、相手に前金として20万円払い、訴えを取り下げてもらい釈放となりました。しかし、仲介者(彼女)は...続きを読む

Aベストアンサー

無理ですね。

質問の状況を第三者からみれば、とりあえず釈放されたい一心から一旦は示談に応じておきながら、外に出れたとたんに示談金を値切ってるようにしか見えません。

そのような都合の良い話がまかり通るなら、示談書を交わす意味はありません。
もし通ると言うのなら、相手からもこれから将来に渡って慰謝料の追加請求があっても、それに応えるおつもりなのでしょうね?

また彼女は連帯保証人ですから、質問者さんと同じ債務を背負っていると言うことです。
質問者さんが残金を払わなければ、彼女に請求が行くだけです。

Q平等原則と平等権

平等原則と平等権
憲法初学者です。現在、憲法14条について勉強しています。
かなり基本的な事項だと思いますが、平等権と平等原則の違いとは何なのでしょうか?
この14条を平等権か、平等原則か、どちらに判断するかによって、違憲合憲の判断の仕方や結果は変わってくるのでしょうか?

まだ勉強不足で、質問を明確に言葉にできないのですが、宜しければお答えください。

Aベストアンサー

法の下の平等には平等原則だけでなく平等を権利として主張すること(平等権)も保障する趣旨なのか問題になるが、平等権として権利性を認めるのが通説であり、判例もそれを認めている。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3%E7%AD%89


人気Q&Aランキング