会社の研修の時鼻血をだしていた人がいましたその人が鼻血を拭いたティッシュと同じ袋のティッシュをくれたのですが、袋や次のティッシュに血が付いていたかもしれません。
もしその血を触れたその手で傷口を触ったりしていたら、肝炎に感染する確率は高いですよね?
どれくらいの量だと危険なのでしょうか??


それから一週間くらいたちまたそのティッシュと袋を触った手で衣服を触りました。私はアトピーがあるので着ない方がいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



同じ袋って意味がわかりませんし、心配症の質問者さんなら消毒しているでしょうから100%と言っていいくらい安心でしょう。

感染症の知識があって、アトピーやら傷があるのに、血が着いたままの物を持ち歩きませんよね?
そんな手で触った服なら安心です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/19 00:38

1番の方の言う正しい知識の意味が分かりません。



肝炎の場合、生血であれば感染します。

エイズならうつらないですが、梅毒や肝炎なら感染力は強いです。

但し、鼻血を出していた人が感染者の可能性は低いのでは?

肝炎なら、かなりの症状がありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

せうですよね(^O^)

お礼日時:2011/04/19 00:39
  • 梅毒<感染症>の症状や原因・診断と治療方法

    梅毒とはどんな感染症か  梅毒は梅毒トレポネーマという細菌による慢性の全身性感染症で、症状のある顕性(けんせい)梅毒と症状のない潜伏(せんぷく)梅毒に分けられます。感染力のある初めの2年を早期梅毒(1期梅毒、2期梅毒)、それ以降の感染力がなくなる時期を晩期梅毒と呼びます。近年は入院や手術などの時の血液検査で偶然発見される潜伏梅毒がほとんどです。 症状の現れ方 (1)1期梅毒  感染後3週ころに初期硬結(こうけつ)(しこり)が生じ、そののち軟性下疳(なんせいげかん)と呼ばれる潰瘍を形成します。男性では亀頭(きとう)、包皮内板(ほうひないばん)、女性では小陰唇(しょういんしん)、陰唇後連(いんしんこうれん)、子宮頸部...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング