虫歯を治すべく歯医者に行こうと思っています.

前に行った歯医者は先生の腕はそこそこに感じたのですが,その時の治療とは関係の無い親不知の抜歯を勧められたり,歯科衛生士?(お手伝いのお姉さん)の腕がかなりイマイチだった(喉に削った歯の欠片が入った)ので,違う歯医者に行こうと思います.

そこで質問なのですが,歯医者の選び方として,総合病院や大学病院付属の歯医者と,開業医の歯医者のどちらがおすすめでしょうか?
総合病院・大学病院の方が設備が最新で良い気もしますが,どこかで勤務医は腕を磨くためにやっているとかいう話を聞いたことがあります.
開業医は個人でやっていく腕があるから開業しているという見方もできますが,スタッフを(技量ではなく)医師の好みで採用している(好みの女の子を選んでいる)という話を聞いたこともあります.

総合的に,確率的にみて総合病院・大学病院の歯科と開業医のどれにかかるのが一番無難だと思いますか?
合理的な理由を添えて答えていただけるとありがたいです.
宜しくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大学病院で働いてます。



うちのメリットというと、安いってことでしょうか(^^;)
定期的に国やお役所の監査が入るので、保険診療なら街の開業医よりずっとお安いです。
自費もバカ高いってことはないですね。

確かに教育機関を兼ねているので、新米とか見習いの若い先生は多いです。
設備も一部は進んでいる・・というか、大学病院だから置ける大規模な設備などはあります。
腕は、確かにピンキリです。
教授、准教授クラスが優れているかというと、そうとも限りませんし。
ちなみにうちは、教授と直接アポイントが取れる人以外、紹介状が「教授」宛てになっていても、その下についている先生になる可能性が高いです。

良い開業医の見極めもなかなか難しいところなんですが・・。

・「インプラント」「矯正」「小児歯科」「日曜診療」など、とにかく色々掲げているところは怪しいです。
・「口腔外科」と掲げているところは、そこの歯科医師がきちんと口腔外科を学んできているという証です。
・もし経歴を見られるのであれば、「○○科卒業」とかになっていたほうが無難かも。単に「○○大学卒業」だけだと、研修医を終えてすぐ就職したということで、大学に残って専門的な分野を学んでないということにまります。
・衛生士が正社員かどうか。→経営が安定していれば、衛生士や助手を正社員として雇っていると思います。
メンバーがコロコロ変わるところも怪しい。安定している=腕や人柄も信用できる。

・・・こんな感じでしょうか。

ちなみに親知らずの抜歯は、虫歯になっていたり、かみ合わせに影響があったり、女性なら妊娠前に抜くのがいいとされています。

結局どちらとも言えませんが、いい歯医者を見つけるのが難しいのは開業医のほうだと思います。
お金さえあれば、腕がなくとも開業できますからね。

この回答への補足

今,見当をつけているところ(開業医)は「補綴科修了」と書いてありました.
地元で数十年の,親子でやっている歯科ですがどちらも国立大卒(=コネ入学ではない)ですし,はずれではなさそうな気はするのですが,どうなんでしょう?

風邪で医者にかかるときはどの病院が良いとかそんなに悩まないのに,歯医者はどうしてこんなに悩んでしまうんだろう...

補足日時:2011/04/17 19:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学病院,開業医のそれぞれについて情報ありがとうございました.
ひとまず開業医でよい先生を探してみようと思います.

他の皆様も大変参考になりました.ありがとうございました.

お礼日時:2011/04/19 23:34

補足への回答ということで。



補綴科=主に義歯の専門家です。(といってももちろんひととおりのことはできます)

医科歯科は国立なので、とりあえず診療受付時間が短く、1分でも過ぎると門前払いです。
それと・・一字でも違うと(病院名、紹介先の医師名など)紹介状も受け付けてくれません。
予約も取りにくいです。事前に開業医から○○先生御机下という感じで紹介状書いてもらえるのであれば、それが一番だと思います。
→結局一般外来患者を必死に抱えなくても、国からお金もらえるので。。医者の腕は、私は医科歯科ではないのでわかりませんが、対応はお役所仕事だと思います。
逆に、大学から、周辺の医科歯科出身で開業している人たちに回されることはよくあるみたいですよ。

医師業界って、政治家と同じくらい世襲制がごく普通のことです。
歯科医師は、親兄弟医者、医科に行けなくて歯科医師に・・って人もいますし、親が開業してて跡継ぐために同じ道に・・も非常に多いです。
それから医者同士の結婚も多いです。歯科医は特に女性も多いので、見合う相手となると同業者が手っ取り早いみたいですね。
優秀な大学の代名詞といえば、なんといっても「東大医学部」ですが・・。
国立が良くて私立が劣っているということでもないと思います。

気になるのであれば、とりあえず一度大学病院へ行ってみて、その後やっぱり近場の開業医がいいと思えば、そちらに行けばいいんですよ。選択肢は患者さんにありますからね。

・・・ちなみにうちは、開業医で手を焼いた色々問題のある患者(クレーマーとか)が回ってきたりします(^^;)
そういうとこは・・開業医のほうが言い訳が利くからいいなぁと思います。
    • good
    • 0

開業医がよいと思います。


1番さんが、おっしゃってる通りですが、大学病院は、教育機関なので、助手以上じゃないとへたくそです、紹介状がないと臨床実習のえじきになってしまいます。準教授でもへたくそな科もあります。
総合病院の歯科は、若い歯医者は、大学からのバイトです。これもへたくそです。
若い開業医は、おっしゃるとおり、スタッフを(技量ではなく)医師の好みで採用している(好みの女の子を選んでいる)という話があるかもしれません。
衛生士さんも結婚するとほとんど辞めてしまうので、結婚しても職場に残ってるような歯科医院なら、安心です、職場環境がよいと思われます。30代40代衛生士が働いてる医院。
一般歯科医は、40代50代が一番脂がのってると思います。おばさん患者が多い医院は、安心できると思います、とくにおばさんは、口うるさいですから、納得させる治療をしてくれるところだと思います。
探してみてください。待合室におばちゃんがいっぱい座ってる医院を。

この回答への補足

なるほど
大学病院・総合病院は儲けに走らなくていい分,丁寧にやってもらえるもんだと思っていました.

補足日時:2011/04/17 11:25
    • good
    • 0

単純に虫歯の治療なら町の診療所で十分です。




>治療とは関係の無い親不知の抜歯を勧められた
おそらく、生え方や位置に何らかの問題が予想されるのかと思います。

知人は、親知らずの炎症がリンパ周辺に広がり
顔面と首まで腫れて大変な思いをしました。

抜歯を勧める理由を聞かれたほうが良いですよ。

この回答への補足

かつて通っていた歯医者では歯磨きにさえ気を付けていれば特に問題ないと言われていたんですよねぇ.
引っ越しちゃったのでもうその歯科医院には行けませんが.
言い方としては「お,親知らず生えてるね.抜きたいなぁ」って感じでした.

補足日時:2011/04/17 11:16
    • good
    • 0

参考になるかわかりませんが…



だいたい歯科医の(だけに限らないと思いますが…)タイプは大雑把に2つ。試験に合格したら一切勉強しない、金儲けに走るタイプが9割。医療人として時間とお金を惜しまず、向上心を持って治療に取り組むタイプが1割(弱かも…)。これは、日本の保険制度にも問題があります。高い技術を提供しても、めちゃくちゃな治療をしても、保険点数は同じだからです。
これを見分けるのは患者さんにはとても難しい(>_<)有名だからとか、肩書きなどはなんの参考にもならないです。

むしろ学会などで功績をあげている歯科医は、症例発表のための治療を作りたくて、患者さんにとっては不利益な治療をしている場合も多々あります。

これといった答えが見つからないんですが、都心部の高そうなテナントで開業してるトコはまずダメです。待合室にやたら学会認定医の証明書があるとこ。これも怪しい。学会なんて数え切れないほどあり、会費だけでもらえるとこもいっぱい…(>_<)
歯科医院は日本で約65000件、コンビニの1.5倍以上あり、過当競争の時代です。生き残るために技術もないのにインプラント治療を勧めたり、患者獲得のためサクラを仕込んで説明会までする法人まであります。


歯医者にかかった時、まず、なぜこうゆう状態になったかという診査・診断、治療方針について徹底的に納得するまで聞くことです。虫歯だから、歯周病だからとブラッシングを強調し、噛み合わせに言及しないのは全然だめです…(>_<)

あまり参考にならなくてすみませんm(__)m

この回答への補足

結局は一度は行ってみないとわからないってことでしょうか.

補足日時:2011/04/17 11:14
    • good
    • 0

病院の規模じゃなくて医師の質の問題かと思います


開業医も元は大学病院にいた医師です

この回答への補足

ということはやはり大学病院は「腕を磨く場所」といった認識で良いんでしょうか?
近所に腕の良さそうな歯医者がなくて東京医科歯科大に行こうかと思っていたのですが...

補足日時:2011/04/17 11:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人の歯科と大学歯学部付属病院と、どちらが良いですか?

個人の歯科と大学歯学部付属病院と、どちらが良いですか?

治療内容は、さし歯のやり直しと根の治療で、
今個人の歯医者に行ってますが、どうも不信感があって…
それで私立大学の歯学部付属病院に行ってみようかと思っています。

ただ、今までは個人の歯医者さんしか行ったことがないので、違いが良くわかりません。
それぞれのメリットデメリットを教えてください。





  

Aベストアンサー

私は、定期的に掃除のために東京の歯学部付属病院に通っていますが、以前治療の時は特に消毒にものすごく気を遣って治療していました。
神経を抜く時も顕微鏡のようなもので確かめて、レントゲンで薬の入り具合を確かめたり、根が見つからなかった場合は時として他の医師と一緒に探したりと、かなり完璧を極めました。
ですので予後は痛みも含めて全く心配なかったです。

デメリットを挙げるとすれば、まず私の行った所は、全国で1,2位を争う位の来院患者数なので、初診から担当医が決まるまで3ヶ月ほどかかりました。
一旦担当医が決まればあとは予約でサクサク治療できましたが、デメリットとしては“そこまで待てるか”ということがあります。

それと、大学付属ですから当然研修のために学生がやってきます。
私の時も言われましたが、傍らで教授クラスが見守る中で研修学生に治療をさせてもいいか、という打診がありました。
初診後2~3ヶ月待ちですが、研修の治療を希望する場合はすぐにでも取りかかれるとも言われました。
これは、研修の治療に加えて、教授が教えて直しながら治療していくので時間がかかりますが、治療はますます完璧となります。
時間がある人にはお勧めですが、これはメリットともデメリットとも言えないでしょうね。
あえて、研修の治療を望む患者さんもいるらしいです。
それと、写真や歯形をやたら取られました。もちろん顔は映しませんがきっと授業で使うのでしょうね。

私の経験的なデメリットは、初診後から本格的な治療が始まるまで時間がかかったというくらいで、その他には見当たりません。
痛くて仕方がないからすぐに治療してくれ、という人には無理かも知れませんね。

私は、定期的に掃除のために東京の歯学部付属病院に通っていますが、以前治療の時は特に消毒にものすごく気を遣って治療していました。
神経を抜く時も顕微鏡のようなもので確かめて、レントゲンで薬の入り具合を確かめたり、根が見つからなかった場合は時として他の医師と一緒に探したりと、かなり完璧を極めました。
ですので予後は痛みも含めて全く心配なかったです。

デメリットを挙げるとすれば、まず私の行った所は、全国で1,2位を争う位の来院患者数なので、初診から担当医が決まるまで3ヶ月ほどかか...続きを読む

Q大学病院と一般病院の通院との違いは?

私の今までの考えの中では 大学病院というと最新技術・医療が行き渡っていてよいというイメージがつよく (一般病院から紹介されて大学病院へということを耳にするから???)自分自身 すぐ大学病院へ行っています。 受診の際の価格もちがうのでしょうか? どういう違いがあるのか? ご存知のかた 教えてください・

Aベストアンサー

大学病院と一般病院の違いは、一言で言えば、やはり、大学病院は「研究の場」であるということです。
医学生や、研修医がそこで修行を積む場所であるということです。
だから、「自分の身体を研究材料として提供して、その代わりに最先端の医療を受ける場」ということではないでしょうか。
最近では、一般病院でも大学病院と同じ規模の施設を持つ病院もあります。そういう病院は大概、研修病院として、研修医が日夜研修に励んでいます。
一般開業医さんの方が、「かかりつけ医」としては機能しやすいと思います。
結論から言えば、比較的軽症の疾患であれば、一般開業医に、そして一般開業医の設備では対応困難であれば、大学病院に、というのが大学病院と一般開業医の違いだと思います。
医療保険請求の面から言っても、大学病院に初診されるときに、一般開業医からの紹介状の有無で初診料が違ってくると思います。
最後に、大学病院と一般開業医の使い分けは、「診察室で、自分のプライバシーが多少侵されるのを承知している」ということにかかっていると思います。
口コミであなたが信用できる開業医さんを見つけられて、もし、必要があれば高度な技術を持つ病院に紹介状を書いてもらうというのが理想ではないでしょうか。

大学病院と一般病院の違いは、一言で言えば、やはり、大学病院は「研究の場」であるということです。
医学生や、研修医がそこで修行を積む場所であるということです。
だから、「自分の身体を研究材料として提供して、その代わりに最先端の医療を受ける場」ということではないでしょうか。
最近では、一般病院でも大学病院と同じ規模の施設を持つ病院もあります。そういう病院は大概、研修病院として、研修医が日夜研修に励んでいます。
一般開業医さんの方が、「かかりつけ医」としては機能しやすいと思いま...続きを読む

Q根管治療 大学病院か自由診療で迷ってます

よろしくお願いいたします。。

根管治療をしていただくのに大学病院か自由診療の歯科医院で迷ってます。。どちらがしっかり治療をしていただけますか?

あと、もうひとつお聞きしたいのは、根管治療をするにあたって、ラバーダムやマイクロスコープは絶対にあった方がいいですか?
マイクロスコープやラバーダムを使わず長年、根管治療を成功させた先生がいらっしゃるので。成功してもバイ菌が入ってダメになるものでしょうか?

Aベストアンサー

大学病院については、語弊もあるかもしれませんが、診療技術は千差万別です。
今年国家試験を合格し、研修医もいるかと思えば、経験30年なんて方もいらっしゃいます。
もちろん研修医だから、ダメということはなく、基本は経験年数10年以上の指導医がついています。
さらにsoorara さんの歯の状況です。
例えばごくごく一般的な根管治療の症例であれば、誰に当たるかわかりません。
しかしながら特殊な症例(極端な話、学会発表に使用したいような)であれば、かなりの顔ぶれがでてくるかもしれません。
なので、大学病院を手放しでいいですよとは、言えません。

自由診療の歯科医院ですが、これも各種あります。
例えば審美歯科中心の所や、義歯がメインの所では、根管治療はどうでしょうか。
日本では残念ながら根管治療に特化した自由診療の歯科医院は多いとは言えません。
(アメリカにはそれのみの診療を行っている専門医があります。ただし健康保険ではありません。)
日本でもHP上ではそれを歌い文句にしている歯科医院もあります。
内情は知りませんから、これ以上は書けません。

ラバーダムやマイクロスコープに関してですが、ラバーダムはあった方がベターです。
多分大学病院ではほぼ使用するでしょうが、開業医では数%のみの使用率でしょう。

マイクロスコープですが、これが有効なのは、あくまでの根管の入り口付近です。
その先までは入りません。
その先の情報が欲しければ、ファイバースコープが、
(胃カメラでご存じでしょう、それよりも径が圧倒的に細い)
有効になりますが、現状ファイバースコープを保持しているのは、
大学病院に限られるかもしれません。

なので、仮にこういった装置があったからといって、それゆえに治療効果が高まるかは疑問です。
あくまでもマイクロスコープでファイバースコープにしても、治療の一助にはなりえるでしょうが、
最終的な治療効果はやはり術者である、歯科医師にかかってきます。

> マイクロスコープやラバーダムを使わず長年、根管治療を成功させた先生がいらっしゃるので。成功してもバイ菌が入ってダメになるものでしょうか?

と最後にsoorara さんはいい事を書いています。
やはりこの世界は経験が物をいうのも事実です。
さらに根管治療は健康保険で考えれば、点数的に高いとは言えません。
それゆえ、一生懸命に時間をかけられないという事情もあります。

さらには人体の病気の治療なので、当然患者さん本人の自己治癒力が大切です。

参考URLを見て下さい。
まあ、少し過激な表現があるものの、マイクロスコープについて、論じています。
否定論者の様でですが、ある意味間違ってはいません。

参考URL:http://urbandental.ec-net.jp/endo.htm

大学病院については、語弊もあるかもしれませんが、診療技術は千差万別です。
今年国家試験を合格し、研修医もいるかと思えば、経験30年なんて方もいらっしゃいます。
もちろん研修医だから、ダメということはなく、基本は経験年数10年以上の指導医がついています。
さらにsoorara さんの歯の状況です。
例えばごくごく一般的な根管治療の症例であれば、誰に当たるかわかりません。
しかしながら特殊な症例(極端な話、学会発表に使用したいような)であれば、かなりの顔ぶれがでてくるかもしれません。
なので...続きを読む

Q個人医院と総合病院の歯科の治療費の違い

今までは個人医院の歯科にかかっていたのですが、総合病院の歯科に行こうかと思っております。
やはり、総合病院のほうが治療費は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

専門家ではないので「自信なし」ですが。。
(ちょっとこの関係の勉強をしたとこがあったので)

たしか、歯科は医科と違って、病院の規模による診療点数(←診療料の算定の基礎となるものです)に違いはなかったと思います。
なので、治療費がいくらになるかはあくまで診療内容により変わってくるものだと思います。
いちがいにはどちらが高くなるかを答えるのは難しいですね。

ただ、初回の診療料は、医療機関によって違いがあることがあります。
その歯科医院が「かかりつけ歯科医」となる場合は、初診料がちょっと高めになるそうです。
「かかりつけ歯科医」の定義はちょっと難しいのですが、
◆絶対条件
 1、患者さんの同意
 2、スタディーモデルもしくは口腔内写真
 3、患者さんへの説明
 4、治療計画の説明書を発行
◆規制されること
 1、治療終了後、2か月は再初診にできない
 2、1初診1医療機関しか算定できない
のが「かかりつけ歯科医」なんだそうです。。。
受診する歯科医院がかかりつけ医となるかどうかは、病院の規模で判断するわけではないので、
実際に歯科医院にいってみないとわかりにくいかもしれないですね。。。

うまく説明できたか自信ないですが参考になればうれしいです。
(ついでに、上手な説明をしているサイトをみつけたのでリンクはっときますね↓)

参考URL:http://shizuoka.cool.ne.jp/fujiishika/fee01.html

はじめまして。

専門家ではないので「自信なし」ですが。。
(ちょっとこの関係の勉強をしたとこがあったので)

たしか、歯科は医科と違って、病院の規模による診療点数(←診療料の算定の基礎となるものです)に違いはなかったと思います。
なので、治療費がいくらになるかはあくまで診療内容により変わってくるものだと思います。
いちがいにはどちらが高くなるかを答えるのは難しいですね。

ただ、初回の診療料は、医療機関によって違いがあることがあります。
その歯科医院が「かかりつけ歯科医」...続きを読む

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Q紹介状拒否

先日、母親が胸部に異常を感じ個人病院に受診したところ乳癌が見つかりました。
初診で、マンモグラフィー、生検をしたあとに診察中に癌の可能が強いとこを告げられショックと頭が真っ白な状態の中で、医師に他の病院にしますか?と聞かれたそうです。母は、ショックで何も考えられない状態だったためつい大丈夫ですと伝えて、診察を終え自宅で事の経緯を家族に打ち明けられました。私はその時に胸に異常があったこと、病院にかかった事を初めて知りました。
次回の診察で生検の結果を説明するとの事だったので、
それまでに家族で話し合いやはり個人病院ではなく大きな総合病院での治療を受けてほしいと望んだため、次回の診察で私と一緒に説明を聞いて医師に伝えようということになりました。
診察当日、診察室で上記の件を伝えると、とたんに物凄い剣幕で『前回なぜ言わなかった?他の病院にいくならこんな検査はしなかった、他に待ってる癌患者はいるのにドタキャンとはどういうことだ、紹介状は書かない。』と大激怒ど罵られました。母は自分が悪かったと謝っていましたが、全く悪くはない、治療方針はこれからだし、まだ必要な検査はあるので、早めに病院を患者の意思で変わることは問題ない、正当な意思表示だと私から医師に訴えるとカルテを投げ捨てて診察室を出て行きました。
あまりにも急な豹変で、医療者としてどうなのかと思いましたが、私たち家族が行った行動は間違っていたのでしょう?
ご意見をよろしくお願いします。

先日、母親が胸部に異常を感じ個人病院に受診したところ乳癌が見つかりました。
初診で、マンモグラフィー、生検をしたあとに診察中に癌の可能が強いとこを告げられショックと頭が真っ白な状態の中で、医師に他の病院にしますか?と聞かれたそうです。母は、ショックで何も考えられない状態だったためつい大丈夫ですと伝えて、診察を終え自宅で事の経緯を家族に打ち明けられました。私はその時に胸に異常があったこと、病院にかかった事を初めて知りました。
次回の診察で生検の結果を説明するとの事だったので、
...続きを読む

Aベストアンサー

50歳、医師です。
初診のときにいろいろと検査を行って、結果をみてから(あるいは結果が出る前に)、他の病院で治療を受けたい、とおっしゃる患者さんはおられます。その場合、こちらで行った検査結果や診察の所見を紹介状に書いたり添付したりして、ご本人に持って行っていただければ何ら問題ない話です。
医師の立場からすれば、丁寧に説明して、納得していただいて、自分の技術なら治すことができると考えて治療スケジュールを組んだ後で、「やっぱりやめて、他へ行きますわ」と言われると、けっこうガックリくることは確かです。しかし、それは患者さんの信頼を得ることができなかった自分自身の責任であり、ましてや怒りをあらわにするなど、最低の行為です。
患者さんご本人が話しづらい、ということであれば、他の方でもかまいませんので、必ず最初にかかった医師をもう一度訪れて、紹介状を作成してもらい、他の病院を受診してください。簡単に怒り出す医師にろくな人間はいません。他の方が行かれた場合も再診料はかかると思いますが、紹介状作成を拒否する権利は医師にはありません。どうしても先へ進めないようであれば、他の病院を先に受診し、そちらで、「最初の病院で検査を受けたが、紹介状をもらえなかった」と話せば、病院のほうから「検査結果を送れ」と連絡してくれます。態度がデカイ個人病院ほど、総合病院の言うことには逆らいません。
どうぞお気を落とされることなく、治療に専念されるよう、お祈り申し上げます。

50歳、医師です。
初診のときにいろいろと検査を行って、結果をみてから(あるいは結果が出る前に)、他の病院で治療を受けたい、とおっしゃる患者さんはおられます。その場合、こちらで行った検査結果や診察の所見を紹介状に書いたり添付したりして、ご本人に持って行っていただければ何ら問題ない話です。
医師の立場からすれば、丁寧に説明して、納得していただいて、自分の技術なら治すことができると考えて治療スケジュールを組んだ後で、「やっぱりやめて、他へ行きますわ」と言われると、けっこうガックリ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報