一般的に電力会社の損益計算書上に占める
人件費の割合は、何%位なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

東京電力 平成14年度人件費比率 12%


他社でも10~15%くらいじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/30 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人件費の仕訳について

現在、人件費の仕訳の集計を行いたいと考えています。そこで、通常人件費を把握したい場合、どこまでを人件費として考慮するのでしょうか。たとえば、基本給や賞与、通勤費などは、人件費として当然考慮されると思いますが、事業主が負担する健康保険料や雇用保険料、労災保険料なども人件費として考慮するのが一般的なのでしょうか?会社の規模、業種などによって異なると思いますが、皆さんがどのようにされているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

#2の追加です。

部門別に法定福利費も把握するには、正確に計算するには、社会保険事務所からの通知書を基に計算します。
多少の誤差があってもよい場合は、部門別の給与や賞与の構成比を使って法定福利費を按分する方法があります。

Q計画損益が-100で実績損益が-200だったとき達成率は200%?-200%?

計画損益が-100で実績損益が-200

達成率は200%の表示ですか?

それとも-200%の表示ですか?

売上とか経費とかプラスの損益なら分かるんですが。

Aベストアンサー

個人的には-200だと思います
あくまで利益を出すことを目指してますよね?
その反対の損なのでマイナスだと思います
より多くの損失を出すことを目指していたら別ですけど…

Q工業簿記の製造間接費配賦差異の考え方なんですけど・・・

お世話になっております。
全く初歩的な質問ですが、製造原価報告書作成においての質問です。

材料費
 主要材料費   860
 補助材料費   280→製造間接費
労務費
 直接工賃費   760
 間接工賃費   140→製造間接費
 給料      220→製造間接費
経費
 電力料     160→製造間接費
 賃借料      80→製造間接費
 減価償却費   300→製造間接費
計       2800

製造間接費配賦差異 △40 
当期製造費用   2760

・・・と言う報告書なんですけど、製造間接費合計が1180で、製造間接費予定配賦額は1140。
私の考えで行くと、予定していた額1140なのに実際は1180も費用がかかってしまった為、差額の40はかかった費用に加算するのではないかと思うんですけど、なぜマイナスするのかが分からないんです。こんな私に解法を教えてください。
分かりにくいかと思いますが、なにとぞお願いします。

Aベストアンサー

製造原価報告書合計2800と当期製造費用2760の関係が正しいとした前提でお答えさせていただきます。この場合、製造間接費配賦差異△40は有利差異です。予定していた額が1240だったのに実際は1180で済んだと考えるべきだと思います。差異は常に不利差異でなく時として有利差異になることもあるということです。
どうでしょうか?

Q1000円の30%上乗せすると、1000円の30%上利益を取る計算

すみません。
計算方法を教えていただきたく、書き込みをいたしました。
1000円の30%上乗せは、
1000X1.33=1330円だと思うのですが、
1000円の30%利益を取る計算はどうすれば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1000円の30%上乗せは、
1000X1.3=1300円だと思うのですが。

1000円の30%利益を取る計算は

1000円×0.3=300円。

Q人件費の高低はどうやって決まるのですか?

コスト削減、人件費削減、海外への安い労働力に任せる。
というような記事を良く見るのですが、なぜ日本より中国や他の国々のほうが人件費が安いのですか?
それと、どうして日本は人件費を安く出来ないのでしょうか?
また日本人の人件費が上がったのは何故なんでしょうか?
このままじゃ日本人は働けないじゃないですか。
聞きたいのは

・なぜ国によって人件費が違うのか?
・日本人の人件費は何故高くなったのか、社会システムの問題なのか?

物価が高いのも原因でしょうか?
何もわかりませんがご指導願います。

Aベストアンサー

所見です。いわゆる工業先進国(日本も該当す)は、開発途上国、後発開発途上国に比べて、知識、技術、資産などを多く保有しているために、一人当たりの生産質量が可能的に増大し、一人当たりの所得も高くなるということであると思います。
回答と致しましては、
Q・なぜ国によって人件費が違うのか?
A・国によって保有する財産高(知財や技能、資源など、現代の経済類型において顕在化してある国の豊かさの指数)の差が認められるから。
Q・日本人の人件費は何故高くなったのか、社会システムの問題なのか?
A・総じて財を増やしたために、一人当たりの所得も高くなった。

人件費が高いことはけして悪いことではなく、むしろ良いことである方が多いと私はおもいます。格差は是正された方がよく、総じて(人類一人当たりの所得と世界総生産)は高い方がよいであろうと思います。

以上は、私の当質問に関する所見の概観です。

Q損益分岐点計算の変動費

当社は製造業です。工場のコストはP/Lでは製造原価になるのですが、
工場のコストも損益分岐点計算における変動費と固定費に分けなければ
ならないのでしょうか?

Aベストアンサー

工場のコストも、理論上は変動的費用と固定的費用に分割できますから、変動費と固定費に分けることができます。


では、「分けなければならないのか」というと、それは、どのような数値を把握したいのかによります。

まず、理論上は、変動費と固定費との分化は、それを一切しなければ損益分岐点計算の意味が無いとはいえるものの、「義務」ではありません。すなわち、理論上は、「販管費等をきちんと分けているなどのため損益分岐点計算の意味がある限り、分けなくてもよろしい」となります。

そうすると、「義務」的かどうかは、損益分岐点分析の結果を欲する人が、どのような数値を必要としているのか(製造原価の数値をも含んだ結果を必要としているのか)、およびどこまで正確な値を必要としているのかにより、決まります。

したがって、分析結果を欲している人にこれらを尋ねると、「分けなければならないのでしょうか」の答えが決まります。

Q損益分岐点の人件費

損益分岐点の人件費

こんにちは。損益分岐表を作成したいと思います。そこで人件費も含めて算出しようと思っています。

以前上司から人件費はもらっている金額の倍はみておかないといけないと言われました。

20万円もらっている人は保険等々で倍の40万程度その人に人件費がかかっていると言われました。

別の人は3倍は人件費をみておけと言われました。

会社によって、人によって変わってくるのは当然あるかとは思いますが、平均すると2倍or3倍orその他、どちらで計算したほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

人件費が賃金の倍とか言うのは概略であり、損益分岐点のように厳密に計算する場合はもっときちんと出すと思います。
まず、その倍の中には、社会保険会社負担分、電気などの経費、人数を配置するためのスペースの確保など様々なものを全て含んで大雑把に言っているだけです。
上記に出てくる費用は、全て経費として別の部分に計上されていますから、それが損益に反映され、わざわざ賃金分を膨らませる必要もなければ、膨らませては二重に経費を計上する事になって数字がおかしくなります。
そもそも、どこから損益分岐点を算出するのでしょうか?
本来なら試算表や帳簿などから数字を出すので、適当に2倍にしたり3倍にしたりなどという発想は浮かんで来ないはずです。
個別のプロジェクトでしょうか?
その場合であっても、賃金以外の人件費を全てその経費に算入するのはまずい気がします。
(電気代などは算定不可能ですけどね)

Q損益計算書(法定福利費)について

1人で会社経営(法人)しております。第1期決算を作成中ですが、
下記の損益計算書の書き方を教えて頂けないでしょうか

(金額例)
(1)役員報酬:126万  (手取り)
(2)法定福利費:25万 (会社負担)
(3)社会保険料預り金:24万 (個人負担で会社預かり)

(ご質問)
上記の例で、販売費及び一般管理費は、(1)(2)(3)全て含むのでしょうか?
また科目で分ける必要はないでしょうか?
と、分ける場合に(3)の科目名?がわかりません

素人的な初歩質問で申し訳ございません
会計ソフトを使用しておらず、1人で苦戦しております
何卒、宜しくお願い致します

(仕訳)
下記の仕訳にしておりますが・・・
役員報酬150/預り金 24
        /普通預金126
法定福利費25/普通預金49
預り金   24/

Aベストアンサー

> (1)役員報酬:126万  (手取り)
126万ではなく、社会保険料を引く前の150万円で損益計算書に計上。
「販売費及び一般管理費」に記入してください。

> (2)法定福利費:25万 (会社負担)
「販売費及び一般管理費」に記入してください。

> (3)社会保険料預り金:24万 (個人負担で会社預かり)
これは『預り金』勘定なので損益計算書での表示では無い。
『預り金』勘定の残高がゼロで無いのであれば、貸借対照表の「負債の部」(流動負債)に
 「預り金 ×××」(××× は、勘定の残高の事です)と記入してください。

Q原価計算一級です。製造間接費を製品に配賦した。 と言うのは借方 製品 貸方 製造間接費だと思うのです

原価計算一級です。製造間接費を製品に配賦した。

と言うのは借方 製品 貸方 製造間接費だと思うのですが、答えが借方 製造 貸方 製造間接費でした。
どっちがあってますか?

Aベストアンサー

>製造間接費を製品に配賦した。

  仕掛品/製造間接費
となり、完成したときに
   製品/仕掛品
とするのが一般的かと思います。ただ、製品の種類によっては仕掛品を経ずに
   製品/製造間接費
という仕訳もありえるでしょう。
 
「製造」という科目はまず聞きません。
「答えが借方 製造 貸方 製造間接費でした」というのがどこでの話か知りませんが、その書かれている世界独自に「仕掛品」を「製造(中)」のように使っているのでもなければ、「製品」とすべきところを「製造」とした誤植レベルの話だと推測します。

Q損益計算書上における粉飾決算の特徴・パターンについて

損益計算書上における粉飾決算の特徴・パターンについて

大学生です。

私は今、粉飾決算を見抜けという文章を読んでおり(大学の課題)、

文章の中に必ず粉飾決算の根拠があるそうでそれを書き出せという課題を出されているのですが、

受講者が公認会計士を目指している人が多い授業であり、先生も公認会計士の有資格者であるので、

一度もさぼらずに行っているのですが、先生が言っていることが全然分かりません 泣


そのせいか、生徒数も半分くらいになりましたが、どうしても単位をとりたいのと、
今回のレポートを使って討論をするそうなので、あまりにも意味不明なレポートは作っていくわけにはいかないので、お力を貸してください。

結構な長文で、わからないところだらけなのですが、とくに分からない以下の部分を教えてください。

<分からないこと>

・損益計算書の中に’△’がよくあるのですが、これはどういう意味でしょうか?

・○○百万円の営業赤字と最終的な債務超過というのは、損益計算書のどこを見たらわかりますか?

・新株予約権付き社債 とは何でしょうか?あと倒産しそうな会社がこれを用いる理由は何でしょうか?




それと、粉飾決算の特徴やパターンなどがありましたら教えていただきたいです。

手持ちの文章には、株式の公開をしたいと思っている会社の設立から第5期までの取り組みと、事業計画と損益計算書が書いてあります。

ずっとやっているのですが、自分の回答も自信がないです(TT)

よろしくお願いします。

損益計算書上における粉飾決算の特徴・パターンについて

大学生です。

私は今、粉飾決算を見抜けという文章を読んでおり(大学の課題)、

文章の中に必ず粉飾決算の根拠があるそうでそれを書き出せという課題を出されているのですが、

受講者が公認会計士を目指している人が多い授業であり、先生も公認会計士の有資格者であるので、

一度もさぼらずに行っているのですが、先生が言っていることが全然分かりません 泣


そのせいか、生徒数も半分くらいになりましたが、どうしても単位をとりたいのと、
今回...続きを読む

Aベストアンサー

yosifuji2002です。
>[売上の増加に比べて売上債権(売掛金、受取手形)の残高が大きく増加している]の部分のところでお聞きしたいことがあるのですが、粉飾決算をするときに売掛金を大きくみせるのはなぜでしょうか?

売掛金を大きくみせるのではなくて、売上をごまかすと実際に誰かが買ったわけではないので、支払いがされません。そのため未回収の売掛金がたまってしまうのです。従って、売上に対する売掛金割合が大きい会社は要注意です。

>「売上の規模にくらべて現預金が少ない」のところで、現預金を売上の規模に比べて少なく表示するのはなぜでしょうか?

少なく表示するのではなくて実際少ないのです。
粉飾というのは利益を大きく見せるか、損失を利益のようにごまかすわけですが、その場合は利益操作はできても資金の操作は困難です。
利益は伝票操作である程度は創作できますが、資金は誰かが出してくれない限りは増やせません。
損失が出るということは、最終的には社内の資金が流出するということです。
従って、売上規模に比べて資金が少なく売掛金が多いというのは相互に関連があり、売掛金が回収できないから資金が少ないということです。

yosifuji2002です。
>[売上の増加に比べて売上債権(売掛金、受取手形)の残高が大きく増加している]の部分のところでお聞きしたいことがあるのですが、粉飾決算をするときに売掛金を大きくみせるのはなぜでしょうか?

売掛金を大きくみせるのではなくて、売上をごまかすと実際に誰かが買ったわけではないので、支払いがされません。そのため未回収の売掛金がたまってしまうのです。従って、売上に対する売掛金割合が大きい会社は要注意です。

>「売上の規模にくらべて現預金が少ない」のところで、現預金を売...続きを読む


人気Q&Aランキング