30年以上前に見た深夜映画2本のタイトルです。

1本目
砂漠?に戦争中に墜落した飛行機の残骸がある。そこには成仏できない?その飛行機で死んでしまった乗員(アメリカ兵?)と思われる何人かの霊がいる。(普通に人の姿をしている。生きている人間には見えない)そこへ旅行者?がやってきて、乗員たちの骨を見つけていく。骨を見つけられた霊はその瞬間に成仏?し、姿を消していく。次々と骨を見つけられた霊が消えていくが、一人だけ見つけられず、取り残される。必死で自分の骨の場所をアピールするが、見つけてもらえない。旅行者は行ってしまう。一人取り残され、なんとも寂しそうな霊。・・・しかし、何か不思議な感覚を感じて旅行者が戻ってきて、骨を見つけてくれて、全員成仏?できる、というストーリーです。(たぶん)

2本目
白バイ警官が主人公です。申し訳ありませんが、ラストシーンしか覚えていません。不審車に職務質問?しようとしたら、銃で撃たれ、死んでしまいます。犯人の車が走り出し、死んでしまった白バイ隊員と白バイが、だんだん小さくなっていく、というもので、たいへん印象深いラストシーンでした。全体的にはすてきなけだるさが感じられる内容だったような気がします。情報少なくてすみません。

中学生の頃にみた深夜映画で、もう一度見てみたいと思っています。
お手数をおかけしますが、ご存じの方がおりましたらば、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2番目の「グライド・イン・ブルー」は当時映画館で見ました。

オープニングのステーキを焼きながら自殺に見せかけて殺すシーンと、ラストシーンの道路に崩れ落ちた警官と倒れた白バイを映しながら、カメラはドンドン上空に引いていき広大なアリゾナにかき消されていくシーンに衝撃を憶えましたね。

あと最初の映画ですが、探して探してついに見つけました。
「Sole Survivor] じゃないでしょうか。野球をやっていればこれだと思います。
1970年のTVムービーだそうですよ。DVD化されていないようなので、TV放送を待つか海賊版DVDを買うかになるかと思います。
詳しくは下のサイトの一番最後でご確認ください。
http://minkara.carview.co.jp/userid/358762/blog/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますっっっっl
まさにその通り! BINGO! っていう感じです。
リンク先のサイトを見て、まさに同じような思いを抱いている人もいたんだなと、感激です。
探して探してついに…ということで、本当にありがとうございます。本当に感謝です。スッキリです。

ぜんぜん偶然なのですが、そういえば今日は私の誕生日なのです。
タイミング的に誕生日プレゼントのようで、それが30年越しってほどのものなので、不思議な感じです。

jugger さん、そして ironman28 さん、本当にありがとうございました。
時間を割いて探してくれて、本当にみなさんいい人たちですね。

これからは、2本の映画を見ることにチャレンジしていきたいと思います。

お礼日時:2011/04/17 17:40

二本目は1973年の「グライド・イン・ブルー」じゃないですかね。



http://movie.goo.ne.jp/movies/p2736/story.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますっっっ!
ご丁寧にあらすじまでリンクしてくれて、ストーリーを読んですっきりしました。エンディングも記憶違いが少しありましたね。
初めての利用させてもらいましたが、なんて便利な時代で、やはり詳しい人もいて、すごいなあと思います。ちょっとした引っかかりですが、時々思い返しては何年も疑問に思っていたことがひとつ明らかになり、うれしいです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q昔(20年以上前)テレビで見た映画のタイトルが分かりません

映画の内容は、ある男が医者に復讐するもので、その男の家族が病気になった時に医院に行ったら、医者が診てくれずに死んでしまい、その男が医者を砂漠に連れ出して殺そうとするような映画でした。ラストでは医者が果てしなく続く砂漠に入り込んで行くシーンが印象的でした。どなたかご存知ではありませんか。

Aベストアンサー

正確には「眼には眼を」の方の字ですね(^^)。
'57年のアンドレ・カイヤット監督作品です。
フランス=イタリア合作で、原題「Oeil pour oeil」、英語タイトルは「An Eye For An Eye」でした。
中東のレバノンの開業医師は、ほんのちょっとした対応のまずさから、アラブ人のポルタク氏の憎悪を買ってしまいます。ほとんど逆恨みに近いものでしたが、彼のいやがらせはエスカレートしていき、後半は、お書きのように砂漠での恐怖を味わうことになります。
一度廉価版のビデオも出ましたので(現在流通しているか不明)、大手レンタル店に行けば見つかると思うのですが。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0049569

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q「映画のタイトルがわからない」 はじめまして!昔観た映画をもう1度見たいのですがどうしてもタイト

「映画のタイトルがわからない」


はじめまして!昔観た映画をもう1度見たいのですがどうしてもタイトルが思い出せません!

記憶に残っていることを箇条書きに致しますのでもしわかる方がいましたらぜひとも教えて致しまけますと幸いです!

・昔金曜ロードショーに出ていた(今のオープニングではなく、映写機をぐるぐる回す頃のもの)

・冒頭がスパイもので男性数名が映画祭の真っ最中の警備室を占拠したり、女スパイが映画祭の主演女優の女性をレズっていた
たしかトイレかなにかで、主演女優は豪華な金色の服(サンバの服みたいなもの)
その後黒人男性がトイレを待っていた主演女優のボディーガードを気絶か殺害していた

・映画後半では女スパイがマンション?のようなでかい建物の屋上からガラスを破って降りたりとアクション要素があった

おそらく中学校時代に見た記憶があるので10-12年前くらいだと思うのですがどうにもヒットしませんし、レンタルビデオ店に言ってもわからないと言われました。

以上なのですがよろしければ皆様のお知恵を拝借したいです!!

Aベストアンサー

おそらくブライアン・デ・パルマ監督作品で音楽を坂本龍一が担当した「ファム・ファタール」だと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=241629
あらすじはこんな感じ

カンヌ国際映画祭のメイン会場、ル・パレ。各国のスターが入場する華やかな雰囲気の中、水面下で不穏な動きをみせる連中がいた。彼らの狙いは、ゲストのひとり、ヴェロニカが身にまとっているダイヤで埋め尽くされた1000万ドルのビスチェ。さっそく一味のひとり、ロールがヴェロニカに近づくと、見事な連携で宝石強奪を成功させる。だが、宝石を手にしたロールは仲間を裏切り単身アメリカへ逃走する。7年後、別人となり新しい人生を歩んでいた彼女は、アメリカ大使夫人としてパリに舞い戻ることになるのだったが…。

Q「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンのとこ

最近、ビデオで見たんですが、ニコール・キッドマンの顔が違って見えるんですが私だけですか?以前からファンで彼女の出ている映画はだいたいチェックしているのですが、「めぐりあう時間たち」のニコールは別人のようです。映画情報が身近になくて気になっています。ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

ニコール・キッドマンは、演じるヴァージニア・ウルフに少しでも近づくため、わざわざ特殊メイクで鼻の形を変えて容姿を似せていたとのことです。
すごい女優魂ですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008K5NN/250-4723733-1272207

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008K5NN/250-4723733-1272207

Q今年見た映画のタイトルについてです。 2、3か月前に見た洋画のタイトルが思い出せません。 少し見

今年見た映画のタイトルについてです。


2、3か月前に見た洋画のタイトルが思い出せません。
少し見ただけなのであまり内容はわかりませんが、
どこかの惑星で銃を持った兵隊達と洞窟の中に隠れているカマキリのようなモンスター達と戦うというものです。
モンスターの親玉?は知性が優れている巨大なイモムシのようなものです
カマキリに胴体を刺された男が頭を刺されて吸血されたり、傷を負った兵士がカマキリ達と最後まで戦い、爆弾で自爆するといったシーンがありました。

映画の最後に洞窟の中から網で捕獲されて主人公?がイモムシの体に触れて「こいつ、怯えてるぞ。人類は勝ったんだ!」みたいなシーンで終わりました。

文章が下手で申し訳ないですがこちらの映画のタイトルが分かる方、教えてください!

Aベストアンサー

「スターシップ・トゥルーパーズ」かもしれません。
やたらと兵士が死にまくる映画です。
http://eiga.com/movie/45867/
http://aganism.com/movie/starship-troopers/

違う映画でしたらごめんなさい。

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q昔見た映画のタイトルが思い出せません。洋画で2004〜2010年頃に見ていたものです。たしかアクショ

昔見た映画のタイトルが思い出せません。洋画で2004〜2010年頃に見ていたものです。たしかアクション系です。アドベンチャー系、戦争系、コメディー系、物語系、怪物やエイリアン系ではないです。過去や未来に行ったりするやつでもないです。CGはそんなに使っていなかったような気がします。
少し覚えているのが、、、序盤のところの戦闘シーンで敵が付けているピアスを主人公が引きちぎるシーンです。後、潜入捜査かなにかで敵の男を誘導させるために味方の黒人の女がダンスをしたり服を少しずつ脱いでいってブラも取りパンツ1枚になり時間かせぎ?をしているシーンです。もう一つは、終盤らへんで主人公と敵のボス?と戦って敵のボス?に薬を飲ませるか注射をさして(薬かな?)それを飲ませたら喉が光るか溶けたりして口や目から光が漏れて死ぬ(周りは火で燃えていたような)っていうのは少し覚えてます。。ちょいちょい違うかもしれません、もし心当たりのある映画がありましたら教えて欲しいです。曖昧ですみません。

Aベストアンサー

『ブラック・ダイヤモンド』(2003)
ご記憶の通りです。
https://www.youtube.com/watch?v=jzJCWSPAUdc

薬みたいなのはプルトニウムのカプセル(?)でした。

Q映画館は人が入らない方が儲かる??? 映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね? 日本人の

映画館は人が入らない方が儲かる???

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?

日本人の映画館利用率は年2回が平均だそうです。

みなさんは年2回を年3回に、いや年4回見るようになると映画館は儲かると思うのでは?

でも、本当の映画好きは映画のポイントスタンプを貯めて10回見たら1回分の無料券をプレゼント!の上客はその映画館の株主になってるんですよね。

要するに本物の映画好きは株主優待券で見てるからタダで見てるわけです。

しかも株主は節約家か金持ちが多いので不味い映画館のポップコーンなんて食べないわけですよ。

だから映画好きが増えると株主が増える。

でもその株主は幾ら映画を見てもタダなわけです。年何回とかあるけど色んな映画館の株主になってるので映画のチケットを買うことがない。

で、映画好きが増えると株主が増えすぎて、映画館の資金より多くなってもう一個映画館を建てるか別のビジネスを始めて余剰金を回さないといけなくなる。

で、トチって破綻する。映画館がガラガラでも映画館は存続する。逆に映画好きが増えると余剰資金を回すために大きく出て破綻するケースが多い。

よって映画館はガラガラの方が経営は長続きするのである。

年2回客がポップコーンやコーラやらを買ってくれるから経営が成り立つ。

年3回、年4回と来る回数を増やす努力をした映画館は規模がデカくなりすぎて破綻するのだ。

映画館は人が入らない方が儲かる???

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?

日本人の映画館利用率は年2回が平均だそうです。

みなさんは年2回を年3回に、いや年4回見るようになると映画館は儲かると思うのでは?

でも、本当の映画好きは映画のポイントスタンプを貯めて10回見たら1回分の無料券をプレゼント!の上客はその映画館の株主になってるんですよね。

要するに本物の映画好きは株主優待券で見てるからタダで見てるわけです。

しかも株主は節約家か金持ちが多いので不味い映画館の...続きを読む

Aベストアンサー

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?・・・・思いません。理由は、配信会社が儲かるのです。
昔から映画は版権がありますね。あれが金になるから、少しシステムが違います。

Q映画のタイトルを教えて下さい。10年以上前に地方の深夜のテレビで放送さ

映画のタイトルを教えて下さい。10年以上前に地方の深夜のテレビで放送されていた洋画です。
バカンスの季節、高齢の父親の誕生日を祝う為に、親戚が大きな屋敷に集います。主人公の女性には、実は封印していた過去があって、懐かしい家で過ごしているうち、小さい頃のモヤモヤした記憶がハッキリしてきます。
バスルームや揺れるカーテンが印象的でした。
近親相姦が絡んでいて、最後年老いた父親が銃で自殺するんだったか…曖昧ですが、ずっと探して見つからない作品です。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すいません訂正します。デンマーク映画の「セレブレーション」(1998)のほうが可能性が高いです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31455/story.html

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31455/story.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報