寄せの問題で、 駒の配置は以下の通りです。
先手:7二金、8二銀
後手:7三歩、8一桂、8四歩、9一香、9二玉、9四歩
持ち駒は、
先手:金
後手:残り全部
正解は、▲7三金で寄っているとなっています。
私も解いてみてそのように解答しましたが、次の説明がよくわかりません。
△7二金の受けには、▲9三歩△同桂▲7二金で必至である。。。と
△1三飛(遠飛車)の受けにはどう詰ますのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

先の回答者さんの回答は▲7三金打ちとありますが、


ここでは▲7三銀成りが完全必至で、この局面では持ち駒が金一枚でも次は絶対詰みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

▲73金打に△同飛とされると、▲同銀成として詰みではなく、
相手に金1枚渡すので完璧ではないですね。
なるほど、▲73銀成がいいですね、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 21:53

△1三飛(遠飛車)を打った時点で金が2枚あります。


▲7三金打に△7三同飛ならば▲7三同銀成。
▲7三金打に△8三金打としても▲8一銀不成。
▲7三金打に△8三飛打としても▲9一銀成で万事休す。△9一同玉に▲8二金打まで。

△7二金のところで△1三飛(遠飛車)とするのであれば、▲8二金打で即死。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上の3例、十分理解できます。
ありがとうございました。
72金のところ13飛とするのであれば(多分しないとは思いますが)・・
83金打ですね。

お礼日時:2011/04/17 11:00

こんにちは!


これは必死問題ですから,▲72金△13飛なら,▲73金打で依然として必死です。詰みはありませんが,必死問題なのでこれで正解コースになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ADATARA 様、こんにちは
「72金で必至である」というのだから受けがあってはおかしいのではないですか?
73金打で必至なのは十分わかります。
「完全必至」というのでしょうか?
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング